emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

最高の離婚 第5話

2013-02-08 13:13:04 | 2013冬ドラマ
第5話 「出来るもんなら浮気したい!!」

灯里(真木よう子)とラーメンを食べていた結夏(尾野真千子)は、上着のポケットから上原諒(綾野剛)と灯里の婚姻届が出てきたため慌て、気分を紛らわすためにカラオケ店へ灯里と行く。
濱崎光生(瑛太)は、婚姻届が入った上着を持ったまま家に帰らない結夏を探しに歩いていると、コンビニに行くと言って戻ってこない灯里を探しに歩いていた諒と合流。
光生は、カラオケ店の前で結夏と灯里がナンパされているのを目撃し、止めに入るが、凍った水たまりの上で滑って転び、肋骨を3本折って入院してしまう。
退院手続きの手伝いに来た結夏に光生は「いちおう俺だって反省しているってことをさ・・・」と言うが、結夏は「その反省、次の人に活かせるといいね」と言って去っていく。
退院した光生が祖母・亜以子(八千草薫)のカフェに立ち寄ると、そこに諒がやってきたため、婚姻届の事を灯里はもう知っていると伝えて責めると、諒は「灯里のこと、好きです」と話すため、光生は「浮気ダメ絶対とか言いませんよ。男ならみんなそういう気持ち、どっかにあるでしょう。僕だって出来るもんなら浮気したい!!」と怒る。
亜以子は光生に、骨折によく効く熱海の温泉に行くことを勧め、横で聞いていた諒が「ウチも温泉に行こうって話していたんです」と言い、亜以子の後押しもあり、4人で温泉に行くことになってしまう。
4人は温泉に行き、男湯で諒は「僕、全然自由じゃないですよ。僕、つまらない奴です。全然こんな人間になりたくなかった」と光生に話す。
結夏が男湯を出てきた諒に「奥さん、幸せだって。好きだからこのままでも幸せだって」と声を掛けると、諒は部屋に戻って灯里に土下座し、「ごめんなさい」と謝る。
そして「前の(婚姻届)は、もう期限っていうか切れたと思うんで、帰ったらもう一回書いてもらって良いですか?」と言うと、灯里は恥ずかしがりながら「うん」と答える。
週明け、諒は浮気相手・有村千尋(小野ゆり子)に別れを切り出し、仕事道具を投げつけられる。
そして別な浮気相手にも別れを切り出すと、「諒君、なれると思ってるの?普通のダンナさんに。無理だよ。今まで一人の女と一番長く続いたの何年よ?諒君そういう人なんだもん。通り過ぎてく人・・・何の感情もなく、ただ人の前を上手に通り過ぎていくの。あなたと付き合った女は、たぶんみんなそう。何かを諦めるの。諒君を恨んだりしないと思うよ。だってみんな知ってるから、あなたは絶対幸せになれない人だって」と言われる。
諒が「今度はそうならないよ。灯里とは上手くいく。俺、今度こそ変わるから」と答えると、相手の女性から紅茶を投げかけられてしまう。
結夏は、待ち合わせていた初島淳之介(窪田正孝)に光生の悪口ばかり話していると、淳之介から「他の男の話なんか聞きたくないです」と言われる。
光生は、亜以子のカフェにいると、歯科衛生士・海野菜那(芹那)が男性と一緒にお客として入ってきたため、とても気になる。
男性がトイレに行っている間に、菜那は「もしかして濱崎さん、私が男の子と一緒だから感じ悪いとかあります?もしそうだったら嬉しいです。私、濱崎さんの性格、普遍的だと思っていないですよ。普通とは違うけど楽しいです」と言うため、光生は嬉しくなり、明後日にデートの約束をする。
灯里は、地元の青森に住む妹が東京旅行のついでに立ち寄った際に「お姉ちゃん、基本ダメンズ好きだもんな。お母さんと話したがらないのは認めたくないからだろうな、自分がお母さんに似ていること。そういう血なんだ」と言われたことを気にしていた。
そんな中、諒が帰宅し、二人は婚姻届を書き始めるが、諒の胸の火傷の痕を見て、灯里はしきりに理由を尋ねる。
諒が「紅茶をかけられちゃって。灯里さんと結婚したい、これから灯里さんとずっと一緒にいたいと思ってる・・・時々会ってる女の人がいた。その人に別れ話して、紅茶かけられた。だけどもうそれは終わりで・・・」と話すと、灯里は諒の頬を平手打ちにする。
「結婚しよう。結婚して幸せに・・・」と言う諒だったが、灯里は首を横に振り、「もうダメ。嫌なの。私こうじゃないの。諒さんが知ってる私と違うの」と言って、自分が如何に諒の事をこれまで嫉妬していたかを話をして、これまでずっと我慢して見ないようにしていたことを話す。
そして、自分の母も父の浮気に悩んでいたことを話し、「お父さんの事は少しも嫌いにならなかった。泣くお母さんの事を嫌いになった。だから私も、あんたのこと嫌いになる代わりに自分のことを嫌いになるんだと思う。ホントの私は、お母さんと同じ人間だから。嫉妬深くて感情的で、夫を憎みながら、なじりながら、醜く泣くんだろうな。側にいながら恨んで、同じ家に住んで、憎んで生きてく」と泣きながら話して、婚姻届を破り出す。
諒は家を出て、用意していた結婚指輪を見ながら呆然とする。
するとその時、紅茶をかけられた浮気相手から電話が入り、「やけどしてない?今から会わない?」と優しく声を掛けられたため、諒は「今、どこ?」と言って、指輪を川に投げ入れて歩き始め・・・


というような話でした。

前半は、光生がコミカルで面白かったんですけどね・・・
終盤は、灯里が激変して、グーーーンと重くなりました

諒は、灯里の事が本当に好きになって、変わろうとして、過去を清算しようとしたんですけどね・・・。
でも、浮気相手から電話が掛かってきて、また会う約束をしてしまいましたが
やっぱり浮気をする男は、繰り返しちゃうんですかね??(よく「一般論?」として言われていますよね)
灯里も諒も好き同士なんですけどね~。
どうなることやら。

灯里の両親のエピソード、急にぶち込まれて、少しビックリしました
今回のストーリーには必須だったのでしょうが、急に灯里の妹が青森弁でまくしたてた時には、最初何を言っているか分からず・・・。
本性を見せた灯里ですが、これから豹変しちゃうのかなぁ??
仮面をかぶり続けていた分、反動が怖いですね

光生・・・
「ナンパは人妻AVに繋がっている」・・・どんな思想の持ち主だ(笑)
ほんと、極端な考えですよね
でも、亜以子に「浮気したいの?」と聞かれて、首を振る光生は可愛いかったです。
結夏とやり直したいという気持ちは残っているようですが、でも歯科衛生士・菜那に迫られて悪い気はしていないという・・・。
灯里にフラフラ・・・の次は菜那にフラフラ・・・
話があまりグダグダすることのないように願っています

ストーリーとは関係ないですけど
温泉シーンで、オノマチさんって結構小顔なんだ!ということにビックリしました(笑)

※これまでの感想
第1話 第2話 第3話 第4話
※公式HPは(こちら
___________

来週末、予定が入っているので、このドラマの感想を書くのは大幅に遅れると思います。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« おしゃれイズム 関根麻里さん | トップ | 四大陸選手権 男子ショート... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわん (ルル)
2013-02-11 19:42:38
>浮気相手から電話が掛かってきて、また会う約束をしてしまいました

諒(←バツイチ?)的には今度こそ変わろうと
思ったでしょうに
あーなると誘いに、なんでしょうね。

女の所に行くかどうか?
諒、、綾野君を信じてます(笑)
しかし
一般的に浮気は繰り返すは聞きますよぉ

灯里が本性を見せただけに
自分的には面白くなってきました(^^ゞ
>ルルさんへ (emi)
2013-02-11 22:43:21
ルルさん、コメントありがとうございます!

>諒、、綾野君を信じてます(笑)
>しかし一般的に浮気は繰り返すは聞きますよぉ
おぉ(笑)一般的にはやはり繰り返しちゃうのですね~!
綾野君・・・いや、諒w・・・変われるのかなぁ??
指輪投げちゃいましたし・・・ね。

>灯里が本性を見せただけに
恋愛関係のタイミングって難しいですね~。
あんなに大好きな諒が自分だけを選んでくれたのに、ああやって許せなくて爆発してしまうなんて(^_^;)
でもまぁ、浮気していたことを認めて「今日清算してきた」というようなことを言われてすぐに、婚姻届を出したいと思う女性はそうそういないと思いますが(笑)

4人のすれ違い、どうなるんでしょうね~

コメントを投稿

関連するみんなの記事

5 トラックバック

最高の離婚 第5話:出来るもんなら浮気したい! (あるがまま・・・)
なして指輪ば捨てるんだべ!?ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! ドラマでは度々あるこうゆうシーンだけど、結婚指輪てそこそこの値段するものなのに 何でポイッて捨てちゃうの?その方がドラマチックだから? そんな事ばっかしてたら、もったいないお化けが出ちゃうよ~~~(...
最高の離婚 第5話 (ドラマハンティングP2G)
第5話「出来るもんなら浮気したい!」2月7日木曜 夜10時  同居中の元夫・濱崎光生(瑛太)とケンカをした結夏(尾野真千子)は、家を飛び出す。その際、結夏は、橋の上で思い詰めた表情をしている上原灯里(真木よう子)の姿に気づき、彼女を誘って一緒にラーメン...
最高の離婚(5) (ドラ☆カフェ)
視聴率は 11.3%・・・前回(12.3)より 出来るもんなら浮気したい!
最高の離婚 第5話 (ぷち丸くんの日常日記)
諒(綾野剛)との婚姻届が出されていなかったことを知った灯里(真木よう子)は、呆然としながら結夏(尾野真千子)とカラオケに行ったようです。 始めは、結夏、灯里、諒の証言によって話が展開していまし...
《最高の離婚》★05 (まぁ、お茶でも)
立ち食いそば屋の店員に、とにかくことの顛末を話したくて。 婚姻届、出てきて、受理されていなくて、その奥さん茫然自失。 悪のスパイラルか、離婚してからよくないことが続けて」起きていた。 カラオケで、散々歌って、延長を避けて、すぐに出たら、大学生にナンパされ...