アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

映画祭関係上映のアジア映画あれこれ

2019-06-12 | アジア映画全般

今年も、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が開催されます。先日ラインアップが発表されたのですが、それを見てびっくり! 私の大好きな韓国の俳優キム・ユンソクが、何と監督作品を作っているではありませんか! 主演ではありませんが、準主演もしていて、これは見逃すわけにはいきません。そのほか、日本と中国の共同製作作品もあって、ちょっとこの2本だけご紹介しておこうと思います。

 

SKIP シティ国際D シネマ映画祭2019(第16 回)
■期 間: 2019 年7 月13 日(土)~ 7 月21日(日) 9 日間
■会 場: SKIP シティ 映像ホール/多目的ホールほか 〔 埼玉県川口市上青木 3-12-63〕
     メディアセブン 〔埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ7F〕
■公式サイトはこちら

国際コンペティション 10 作品中の、次の2作品だけのご紹介ですみません。映画祭の全容詳細は上記公式サイトをどうぞ。

©SHOWBOX

『未成年』

2019/韓国/96分/英語題名:Another Child/原題:
 監督:キム・ユンソク
 出演:ヨム・ジョンア、キム・ソジン、キム・ヘジュン、パク・セジン、キム・ユンソク

©SHOWBOX

複雑な関係の二人の女子高生を描く、韓国の人気俳優キム・ユンソク監督(下写真)デビュー作。
女子高生のジュリは、父が同級生ユナの母ミヒと浮気をしていることを知り、ユナに忠告するが、逆にミヒが父の子を妊娠していることを知らされる。口論の末、ユナはジュリの母に夫の浮気をばらしてしまう。(公式サイトより)

 

キム・ユンソク監督、来日するのでしょうか? 公式サイトの上映スケジュールには、7月20日(土)の上映に「Q&A」が入っているのですが、彼の舞台登場なら、ぜひお顔を拝みたいです。


© 旅愁2019

『旅愁』
2019/日本・中国/90分/英語題名:Travel Nostalgia
 監督:呉 沁遥(ウー・チンヤオ)
 主演:朱賀、王一博、呉味子

© 旅愁2019

異国の日本で出会った中国人の青年ふたり。彼らのやるせない思いの行方とは?
東京で民泊を営む李風は、近所で個展を開いていた画家の王洋と出会う。李風は、王洋に民泊で絵を飾ることと接客の手伝いを提案し、二人の同居生活が始まる。ある日、王洋の元カノが泊まりに来るのだが…。(公式サイトより)


 呉 沁遥監督のプロフィールは、「中国四川省生まれ。2015 年に来日後、2017年立教大学大学院に入学。万田邦敏教授の元で映画演出を学び、修了作品として本作を製作した。現在はフリーランスで映像関係の仕事をしている」とのこと。将来が楽しみな若手監督の誕生です。

 *************************

もう一つの映画祭関連上映は、Periploさんに教えていただいた次のものです。本年4月末から5月にかけて、<カナザワ映画祭「田舎ホラー超大全科」>という催しが名古屋で開催されたようなのですが(ノーチェックですみません)、このたびそれが、東京池袋の新文芸座でも開催されるとのことです。詳細はこちらのブログ「カナザワ映画祭主催者のメモ帳」に掲載されていますので、

開催は8月9日(金)~11日(日)で、その中で「亜細亜怪談オールナイト」と銘打って、アジア映画の旧作が4本上映されます。作品のデータを、上記のブログからコピペさせていただきました。

『アマン』
1995年 インド 129分
監督:コーディー・ラーマクリシュナ
脚本:サッティアナンド
出演:サウンダリヤー、ラムヤー・クリシュナ、ベイビー・スナヤーナ

[注]原題は『Amman(アンマン)』(タミル語)または『Ammoru(アンモル)』(テルグ語)のようです。今は亡きサウンダリヤの主演作で、シヴァガミ役で知られたラムヤ・クリシュナも出演、下のような女神様(アンマン、アンモル)が出現するようです。上映されるのは、タミル語版かも知れません。

Ammoru / Amman

『首だけ女の恐怖』
1981年 インドネシア 85分
監督:H・ジェット・シャリル
製作:アブダイル・ムイス・ソフィアン
原作:プトラ・マダ
特撮:エル・バドラン
出演:イロナ・アガテ・バスティアン、ソフィア・ウェデ、ヨス・サント、シンシア・デウィ

[注]ここに付いているポスターはタイ語版のようなのですが、タイで上映された時のもの、とかなのでしょうか? IMDbをいろいろ調べてみたら、恐らくこの映画では、というのが出てきました。英語というか、ローマナイズのデータを付けておきます。

 

Title: Leak(aにアクサン)
Director: H. Tjut Djalil
Writers: Putra Mada (novel), Jimmy Atmaja (scenario)
Stars: Ilona Agathe Bastian, Yos Santo, Sofia W.D

Leák Poster

『妖獣都市 香港魔界編』
1992年 香港 90分
監督:マック・タイ・キット
製作・脚本:ツイ・ハーク
原作:菊地秀行
脚本:ロイ・ツェト
撮影:アンドリュー・ラウ
音楽:荻野清子
出演:レオン・ライ、ジャッキー・チュン、ミシェール・リー、ユエン・ウーピン、仲代達矢、葉山麗子

『怪屍』
1980年 韓国 85分
監督:ガン・ボング 
出演:ユグァン・オク 、ガン・ミョン、バク・アム 、ワンオク・ファン

ご興味がおありの方は、詳細が新文芸座のサイトに出たら時間等を確認して、いらしてみて下さい。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 週一『SANJU/サンジュ』<7... | トップ | 週一『SANJU/サンジュ』<8... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア映画全般」カテゴリの最新記事