日々のこと

自然素材の家づくりに取り組むBois設計室の日々のこと。

この頃のこと ーレモンバームー

2020-05-01 | 出来事

 

ウチの玄関脇に、4月になってレモンバームの新しく若々しい葉っぱが茂って来ました。
ある朝、思い立って葉を摘んで、ハーブティーにして飲んでみたら美味しくて

それから毎朝のように飲んでいます。

『ハーブと精油の基本辞典』林真一郎著、池田書店、2010年

によると、レモンバームの主な作用は

鎮静・鎮痙・抗菌・抗ウイルスで

緊張による神経性胃炎などの機能障害や不安、不眠、偏頭痛、神経痛に

適応できるみたいです。

玄関脇のスペースは、一日にほんの数時間しか日が当たらないのですが

レモンバームはおかまいなしにぐんぐん育っています。

とても育てやすいハーブの様です。

 

旦那さんが、在宅勤務になってから

ほぼ毎日自炊。(←普通のお家は当たり前ですよねー)

普段は私一人だから、お惣菜とか外食ですごく適当に済ませていたけど
買い物も毎日行くのを控える様になって
尚更、徐々に自炊スタイルに。

 

色々不安もあるし、

自由に動けない日が続くのはしんどいけど

こうやって自分たちの暮らしを整える

良い機会にはなってるなと、この頃は感じます。

 

 

 

コメント

この頃のこと ーお花とマスクー

2020-04-22 | 出来事

 

今、会いたい人に会いたい時に会いに行けない
こんなこと、皆んな初めての経験。

一人暮らしの友達や

遠くにいる家族や

大好きなあの人の顔を思い浮かべて

会いたいなあ、一緒にご飯食べながら話したいなあって日々思う。

一方で、お仕事ではWeb会議のシステムを利用して打ち合わせをする様になってきました。

それはそれで、人との新しい距離感覚。面白い。
初対面や仕事相手との話は、この方が良い距離感を保てる気がする。
住まい手ご家族とのお話も、直に会って打ち合わせするのと遜色ないなあ、とも思う。

でも、やっぱり会いたいなあ。。。会ってお話ししたいです。

自由にどこへでも行けるってこと、特別な事じゃなかったのに。

 

うちも、旦那さんが在宅勤務になり
ずっと二人。毎日二人。いつか煮詰まる?!
何かと小さな用事を作っては外に出たがる旦那さん。
私は旦那さんの世話の「手間」が増え、何故か小忙しい毎日・・・

 

↓素敵なもの作ってる友達が作ってくれたマスクと、いつも忙しい友達が持ってきてくれたお花。

こういうのすごく嬉しい・・・

   

あの人どうしてるかなって気になりつつも、追われる様に1日が過ぎて行っちゃうけど

明日は時間作ってLINEしてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

小さなリフォーム 【キッチン】 : 横浜市Rさんの家

2020-04-22 | 家づくり

 

Rさんとは、Bois設計室が毎年開催している企画展「木の家と暮らしの手仕事展」に来てくださってからのご縁。
某住宅メーカーの一戸建てにお住まいで、白いシステムキッチンをお使いでした。

リフォーム前は、ガスコンロとシンクが横並びで、リビングダイニングにお尻を向けて作業をする配置でしたので
そっちにいる家族と会話しながらキッチンを使いたいというのが一番のご要望。

それと、

イメージを変えて楽しい気持ちで日々を過ごしたいというオーダーでした。

 

↑リフォーム前のキッチン。引き出しも収納も天井から床までたくさんあるけど高い所はほとんど使っていない状況。こういうお家、多いと思います。

 

キッチンだけの小さなリフォームですが、住まい手の方と一緒に考えるべきことはたくさんあります。

設計段階で、住まい手の方に同じ質問をしても返ってくる答えは十人十色。

それを一つ一つ、出来るだけ取りこぼしの無いように掬い取って設計に反映していくのが私の仕事です。

 

↑完成引き渡しから1週間後の様子。4月から高校生の娘さんにモデルになって貰いました。タイル以外の部分の壁は漆喰塗り。天井は杉板貼りです。

 

タイルや引き出しの取手、タオル掛けや天井・壁の仕上げなど、デザインに関わる所は私の方からご提案して話し合いながら決めて行きます。

今回タイルに関しては、Rさん、最後まで粘ってご自分の好みを追求されました。

これはホント、良かったなと思うことの一つです。

出来上がりを見て、私が当初提案したものよりも、ずっとRさんらしい選択で素敵だと思います。

発注してしまった直後の変更検討依頼だったのですが、タイル屋さんが素早く対応してくださったことも良かったです。


設備機器については、
コンロは歳を取ってからの安全性を第一に考えてガスからIHへの変更をご希望で、

食器洗い乾燥機も元々お使いでしたので組み込むことになりました。

機器の使い勝手も、ほんと人それぞれ。

最近はその機能も格段に便利になっていますが、それだけに操作がちょっと面倒だったりすることもあります。

なので、こういった機器はなるべくメーカーのショールームへ行って、ご自分たちで実際に触って確認して頂くことをオススメしています。

 

Rさんも未経験のIHコンロに関しては、ショールームへ行ってご自分達が納得したものをお選びになりました。

食洗機は、以前は引き出し式の収納力の小さいものをお使いで、特に不便を感じていなかった とのことでした。

(そんなご意見は珍しい!のです。思うように食器が入れられない・使えないなど不満の声を聞くことの方が多かったのですが・・・)

ですが今回はリンナイのフロントオープンの食器洗い乾燥機を採用することになりました。
イニシャルコストも外国製の食洗機に比べるとお手頃ですし、引き出し式より収納力はぐんとUPしますから。

収納は、引き出しをメインに提案。

手の届かない高い所には収納は作らずに、Rさんのお使いの食器や道具、食材やストックなどを

隈なく見せて頂き、それらに有効に使える収納を心がけました。

 

この小さなリフォームは述べ8日間で完成しお渡し出来ました。

着手からしばらくはキッチンが使えない状況でしたが、工事の途中でとりあえず流しを使える状態に持って行くなどして、

各業者さんにご協力いただいて完成までの不便な期間を出来るだけ短縮出来ました。

 

そして

完成引き渡しから1週間後に伺ったのですが

写真のように、すでにスッキリ!!片付いていました。

 

このリフォームのお陰で、暮らしのこと・身の回りのモノについてたくさん考える機会になったようで

キッチンだけのリフォームだったけど、お家全体をリフォームした感じがするーー!とRさん。

楽しそうに使ってみた感想をお話しくださる様子に、私も嬉しくなりました。

 

今、こんな時期だから・・・

あんまりじっくり撮影も出来なかったので

もう少し使って頂いて、

また改めて様子を伺いに行きたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

20.04.03

2020-04-03 | 出来事

 

今日は、最後のお別れの日でした。。。

 

海遊びが大好きなご家族Wさんご夫妻との出会いは

自由が丘にBois設計室の事務所があった頃

道路を挟んでお向かいにお店を出されたWさん夫妻が訪ねていらしたのが最初でした。

Bois設計室の家づくりにすごく共感してくださって

海好きのご夫妻と3人の子供たちのための週末を過ごす家を私が設計させていただきました。

建築中に東北の震災が起きてしまったりしましたが

何とか無事出来上がってからは良く遊びに使って頂いていました。

年賀状や事あるごとに、今度は自宅を藤田さんに設計してもらいたいです!

と奥さんの言葉をいただきました。

その言葉を聞くたびに

私は、自分の仕事に邁進していいんだという気持ちになれるのでした。

何年か経って、Wさんの奥さんのご実家で、ご家族みんなが使える様に古民家を改修したいというご依頼があって

引き受けました。

ところがその後、私の怪我もあったりで、中々その設計に着手出来ずに延び延びとなってしまっていました。

Wさんの奥さんは、いつでも良いですよ〜藤田さんのペースで進めてくださいと言ってくださっていましたが

そうこうするうちに・・・・・

昨年奥さんに癌が見つかってしまいました。

私は、自分の力不足と不甲斐なさに打ちのめされた気分でした。

どうしてもっと早く着手してあげられなかったのか・・・

 

それからは、彼女の癌と競争する様に工事着手まで辿り着き、工事が始まりました。

彼女もすごく気丈にそして常に明るく、希望を持って癌と闘っていました。

本当に強い人でした。

我慢強過ぎて心配になるくらい、ほかの人のことばかり気にかけて

自分のことは後回しにしてしまう、優しい方でした。

あともう少しで完成するのになあ・・・

 

すごく頑張って、希望を絶対捨てなかったWさんの奥さんは

先日旅立ってしまいました。

 

そして今日、彼女をお見送りしました。

 

これまで闘病を支え続けたご主人の深い深い悲しみやお子さん達の不安や悲しみ

ご両親や妹さんの心中を思うとやりきれない、、、、

 

工事がなかなか思う様に進まず焦る私に、

Wさんの奥さんは頑張れとは言わずに

楽しみにしてます、一つ一つ出来上がっていくのを写真で見てそれを嬉しいです、

といつも言ってくれました。


今日、葬儀で彼女を見送りながら思った事は、
工事が完成しない限り、私はまだ、Wさんの奥さんからのミッションを達成してないって事。
これではまだ、本当にはお別れできないなと。

本当に不思議な事で
彼女はもう居ないけど、まだ私の背中を押してくれてる気がする。。。
泣いてないで、良いもの作ってねって言われてる。

葬儀の帰り、うちの近所の菅生緑地に桜を見に立ち寄りました。

いつもは閑散としている緑地で、子供達や家族連れが遊んだりお花見したり。

また来年、桜を見る時はWさんの奥さんを想おう。。。

 

 

 

 

コメント

戸建てリフォーム ー シロアリのはなし

2020-03-25 | 家づくり

 

某大手住宅メーカーで40年以上前に建てた鉄骨造のお家のリフォーム物件です。
新築の数年後に増築した木造の建物に、蟻害(蟻の食害)を発見し相談に来られました。

壁を剥がすと、そこにあったはずの柱や梁が見事に食べられて消失している状態でした!

    

シロアリの画像は、ちょっと気持ち悪いのでここには載せません。。。

一番大きな被害を受けたのは増築した木造建物でしたが、大きな鉄骨造の建物に付属する形で立っている小さな増築部であった事と、外壁をALCパネルというパネル状のもので作ってあったので柱や梁が無くなっても直ぐに倒壊する状態ではありませんでした。

だけど、一体どうして柱や梁が無くなってしまう様な状態になってしまったのか。

原因は

(1)壁面や屋根からの漏水に気が付かず、長年湿った状態の外壁や室内の状態になっていた事。

(2)蟻害のあった部屋は物置として使用され、たくさんの荷物で壁面が見えず、ほとんど使わない部屋となっていたため長期間漏水などの異常に気が付かなかった事。

(3)建物外部の周囲は植物が茂り、エアコンの室外機が置かれ、白蟻の活動しやすい暗がりを作ってしまっていた事。

(4)建物周囲の雨樋からの雨水を受けて流す役割の排水枡が土で埋まるほど詰まってしまい、雨水が流れず地面が長期間常に湿った状態になっていた事。

など、複数の要因が重なってシロアリちゃん達のの天国!の様な環境を作り出してしまっていました。

大抵の築40年以上のお家の床下は土のままです。

その為、シロアリが建物周囲や床下に生息すると、土を伝ってどんどんその範囲を広げて行きます。

案の定、このお家も木造の増築部分だけでなく、鉄骨造の建物側のキッチンや勝手口、玄関など比較的湿り気を帯びやすい箇所に範囲を広げて、あちこちにシロアリが生息していました。

建物全体のリフォーム工事を計画する中で、シロアリ駆除のエスケイユニオンの金子さんに点検と駆除の必要な範囲の特定を行って頂き、工事の工程に合わせて駆除作業に入ってもらいました。

    

シロアリ対策は、床下や建物周囲の点検と、シロアリが好む環境を作らないことが最大の予防策です。
新築の場合も、リフォームの場合も、シロアリ対策についてのアドバイスはいつも行うことの一つです。

そんなこんなで色々問題山積だったこのお家ですが、無事大規模リフォームも完了して猫たちとの暮らしを楽しんでおられます。

 

 

コメント

家づくりの楽しみ

2020-03-23 | 家づくり

 

マンションリフォームでも、壁や天井は漆喰や土壁で仕上げます。

呼吸できる材料の土や漆喰の天井や壁は、マンションの室内環境を快適な状態にする助けになってくれます。

漆喰や土に藁スサや麻スサ、砂や顔料を混ぜる事で様々な色や表情を作ることも出来ます。

どんな色の漆喰や土壁にするか相談するための色見本を左官屋さんにたくさん作って貰うのですが

  

それを住まい手の方と色々迷いながら選ぶ作業は

何度立ち会ってもいつも楽しくワクワクする時間です。

この住まい手の方は、大切にしていた陶片のいくつかを玄関土間に埋めました。

あんまり主張しない様に、センス良く、

埋める場所は住まい手の方がよくよく吟味して決め、

  

後で取れてしまったりしない様に、左官屋さんが上手く仕上げてくれました。

こうやって、住まい手も家づくりの作業にちょくちょく参加して工事を進めていくって事

作ってくれた職人さんの顔がわかるって事

大事な事なんだよなぁって思いながら

毎回、住まい手ご家族との家づくりを私も楽しませて頂いています。

 

 

 

コメント

瓦のはなし

2020-02-20 | 家づくり

 

今、愛媛県今治市で進んでいる現場は瓦葺工事が完了したところです。

  

愛媛県今治市はタオルで有名ですが

「菊間瓦」という瓦のブランド産地でもあります。

いつもは、関東でも淡路島の「淡路瓦」を使用するのですが

今回は地元産の瓦、「菊間瓦」を敷いてもらいました。

 

現場のご近所は、古い家屋が残る集落です。

散歩しながら瓦を注意して見ていると

それぞれの家にそれぞれのデザインの鬼瓦が見られます。

  

  

この集落の家々の鬼瓦はほぼ100%、「立浪」という波を模した形が基本のようです。

屋根瓦は、火事対策で使われるようになったこともあり、鬼瓦には厄除け以外に

火除けの意味合いも込められているようで、水や海、波に関連したデザインが多いのです。

波の形に合わせて、鶴亀など子孫繁栄の願いを込めた形も見られます。

 

「菊間瓦」の産地は、瀬戸内の海沿いの菊間という地域で瓦の製造工場さんが立ち並んでいます。

今回の現場では菊銀さんという瓦メーカーさんにお世話になりました。

瓦造りの工程の様子も見学させて頂きました。

瓦のプレス機が開発されたのは1970年代後半だそうで、

プレス機導入以前は、木製の型に板状にした粘土を押し付けて叩いて一枚一枚成型していたのだそうです。

ですがプレス機がある現在でも、基本の形の成型以外のほとんどの工程が人の手に依るものなのにびっくりしました。

  

菊銀さんには、鬼瓦や水板という屋根の装飾部分を製作する鬼師さんがいらっしゃいます。

社長さんのまだ若い娘さんです。

お祖父様が鬼師だったため、小さい頃から鬼師の仕事を見てこられて仕事を覚えたのだそう。

     

日本の伝統的な手仕事が

若い人の手に渡り繋がっていく「希望の光」を感じた、貴重な時間でした。

 

 

 

 

コメント

2020あけましておめでとうございます

2020-01-04 | おしらせ


今年は大阪へは帰省せずに年末年始は自宅で過ごしました。

お陰様で、片付けも思う存分出来てスッキリ新年を迎えました。


私の作るお雑煮は、お澄まし+角もちの関東風です。

実家は関西ですが、父が関東出身だったので母はいつも

関東風のお雑煮を作っていました。

元旦の朝起きると、

着物を着た父がどことなく楽しそうに

火鉢でお餅を焼いている姿が

私のお正月の記憶の一つです。

今ではその火鉢は私が貰い受けました。

うちでは旦那さんが炭を起こして餅を焼く係です。


明日は、今月中旬に棟上げ予定のお家の基礎配筋の検査に愛媛県の今治へ行きます。

めちゃくちゃ早起き・・・頑張ります!


今年もまた、それぞれのお家の住まい手の皆さんと

良い家づくりが出来るように

心楽しく取り組んで行きたいです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

コメント

年末年始のお知らせ2019

2019-12-28 | おしらせ


今年も終わりまで後わずか。

まだまだ走っている途中・・・

なのですが

今年も無事、健康に過ごせた事に感謝しつつ

引き続き、年末年始もコツコツ仕事します・・・

メールやお電話での対応は

明日12/29から1/3までお休みとさせて頂きます。



寒い?のかそうでもないのか・・・

もう12月も終わりなのに

外の景色はまだあまり冬っぽくない・・・ですよね。


不順な天候の様ですので

皆さま、くれぐれも体調には気をつけて

良い新年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。





 

 

コメント

企画展終了!ありがとうございました!

2019-11-19 | 出来事

 

  

今年の「木の家と暮らしの手仕事展」は関わって下さった方皆さんのお陰で

大盛況で終了できました。

参加頂いた作家の皆さま、ヴィーガンマフィンの七曜日さん、デザインの山本さん、カメラマンの砺波さん

日々忙しいのにお休み無しでお菓子やお弁当まで出して下さった池田さん、準備や運営を手伝ってくれたさとうさん、

いつもアロマワークショップでご協力いただいているUZUMAKIの佐々木さん、

ポスティングでお世話になっている政野さんやスタッフの皆さま。。。。

それに、自宅で開催するイベントに嫌な顔一つせず協力してくれる家族にも

本当に感謝です。

  

  

 

そして遠いところをこんな山の上まで時間をやりくりして来て下さった皆さま、

本当にありがとうございました。

今回は、私にとって実はちょっと特別な企画展でした。

以前設計させて頂いたお家の奥さんKさんが、今年の3月末に末期の肺がんであることが判明して

それ以降、暑中見舞いとこの企画展の案内を差し上げたりしたのですが連絡がなく、

また私からどうお声を掛けて良いか分からず

ずっと心に重いのもを抱えていました。

それが、、、

企画展の初日の日にKさんは歩いて一人でここへ来てくれました!

奇跡的にお薬が効いて、もちろん闘病中である事は変わりないですが

また会えた!!

初日は予想外に沢山の方にお越し頂き、OPEN前から並んで頂いている状態で

テンパリまくっていた私でしたが、思わずKさんに抱きついてしまいました(泣)

  

  

 

そして来て下さった方には、みんな楽しんで頂けたかなあ。

私はめちゃくちゃ楽しかったんですけどね。

今回は直前まで大忙しで、このblogで全部の作家さんの紹介が出来なかったですが

ここに写真いっぱい上げますね。(insutaglamではほぼ毎日発信してたんですが)

それと、企画展終了後に来場くださった方にお礼のハガキをお送りしていたのですが

データを収納していたハードディスクの破損!により作業がストップしているので

お送りするのは断念します。

   

   

 

また来年、楽しくてワクワクする様な企画展ができる様にしたいです。

さてさて、しばらく本業に専念します!

 

 

 

 

 

 

コメント

木の家と暮らしの手仕事展 2019 参加作家さん紹介(3)

2019-10-31 | おしらせ

 

木の家と暮らしの手仕事展

続いて

陶磁器の作家さん3人目は、伊藤叔潔さん。

昨日、益子からご自身で作品を届けて下さいました。

    

白の器は陶器ではなく磁器です。

鉄分の多い土を高温で焼きます。

この白は、柔らかい象牙色でアンティークの皿のような雰囲気が素敵です。

陶芸家になる前は、窯を作るお仕事をされていたそうです。

窯のこと、土のこと、釉薬のこと、

知り尽くしているから出来る釉薬や土の配合を探求して

ものづくりをされています。

 

 

コメント

木の家と暮らしの手仕事展 2019 参加作家さん紹介(2)

2019-10-31 | おしらせ

 

木の家と暮らしの手仕事展

引き続き、参加いただく作家さんのご紹介です。

陶磁器のお二人目は石岡信之さん。

 

形も色も絶妙で、デザインも楽しくて

しかもとても使いやすい。

今、届いた作品をレイアウトしていますが

見ているだけで心が浮き立ちます。

写真は、ちょうどDMの撮影のタイミングと合ったので

砺波周平さんに撮っていただきました。

 

 

コメント

木の家と暮らしの手仕事展 2019 参加作家さん紹介(1)

2019-10-31 | おしらせ

 

 

木の家と暮らしの手仕事展

明後日11/2(土)から。

準備に追われております。身体があちこち痛いです・・・

 

今回参加頂く陶磁器の作家さんは皆さん益子を拠点にされています。

益子は昔から、地域の外から作家が集まって今に至っています。他の土地から入ってくる人を大らかに迎え入れて認め合いながら成長しして来た焼きものの町です。

今回参加頂く作家さん達も、そのスタイルは三人三様。楽しい展示になると思います。

  

   

写真は石川若彦さんのアトリエ。

昨年に引き続き今年も参加いただきます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

19.10.15

2019-10-15 | 出来事


先週から関西方面へ出張していて、台風の夜も大阪でずっとニュースを見続けて不安な夜を過ごしました。

明けてみれば、うちの周辺は雨風も前回の台風よりひどくは無かったとの事でした。

独立してからずっと連れ添っていたオリーブの植木が倒れて鉢が割れてしまっただけで済みました。

ですが多摩川や茨城の那珂川など河川氾濫の被害がまだまだ深刻で

大変な思いをされている方があちこちに沢山いる状況・・・


住まい手が家を建てる時、

私は設計者としてその立地条件によってあらゆる事態を想定して

仕事をしてきているつもりではありましたが、

ニュース報道を見ながら、

まだまだ出来る事、考えるべき事があるのでは無いかとあれこれ考えてしまいます。


 


倒れてしまったオリーブの木は、以前より安定感のある大きな鉢に植え替えて

無事元気でいてくれています。

最初に自由が丘に事務所を作った時からずっと一緒だったオリーブ。

虫に根っこを食べられてしまったり、大雪や台風にも何度も遭っていてもうダメかも・・と思った事も何度も。

ウチは日当たりもあまり良く無い場所だし、

忙しいと水やりを長い間忘れてしまう自分勝手な飼い主にも関わらず

それでも毎年花を咲かせて実をつけます。

葉っぱは少なめ、、フサフサじゃ無いけど。

その強さと生命力に時々励まされています。


 

 

コメント

木の家と暮らしの手仕事展 2019

2019-09-27 | おしらせ

 

今年も手仕事展、開催します〜

フライヤーが出来上がってきましたので、これから発送します。

今回も昨年に引き続きカメラマンの砺波周平さんに写真をお願いしました。

ロケ場所は今回初参加頂くご近所さんの調理室池田さんです。

窓からの柔らかい光が素敵だったので無理を言ってご協力いただきました!

またしても素敵な写真の数々、、、選びきれなかったので、

候補になったものを企画展までの期間にinstagramやこのblogにあげて行きますね。

 bois instagram→

今年はまた新たな作家さんたちに参加いただき、workshopやfood企画も新しい試みを予定しています。

みなさまどうぞ楽しみにしていらして下さい。

 

木の家と暮らしの手仕事展

日時 2019.11.2~11.10    13:00ー17:30 会期中無休 

場所 Bois設計室 川崎市宮前区犬蔵3-11-25   (駐車スペース2台敷地内にあり)

 

【参加作家】*敬称略

・木工 相原利行

・陶磁 石川若彦

・陶磁 石岡信之

・陶磁 伊藤叔潔

・ホームスパン 松島しづ

・木工 塩原直子/ものつくり工房「都築の杜」

・花と古道具 Urikke

 

【work shop】

『ナチュラルケアサロンUZUMAKI』

11/4(祝)・11/5(火)13:00~17:30随時受付

自然療法クレイテラピー・・・クレイパックでお疲れの部位を癒します。

1箇所/1000円

 

【food】

『ヴィーガンマフィン屋  七曜日』

11/2(土)13:00~ ヴィーガンマフィン限定販売

クッキーとグラノーラも並びます。


『調理室池田』

11/10(日)限定お弁当販売会11:30~14:00事前予約分お渡し(予約は11月初旬よりinstagramで告知・受付します。)

ジャムやお菓子の販売も期間中随時行う予定です。







コメント