さくらねこ見守り隊

しあわせを運んでくれる猫たちを守りたい
さくらねこのPhoto Blog

さくらねこ見守り隊🌸ご支援一覧

2021年09月07日 | ねこさんのこと
皆様のあたたかいご支援に支えられて
毎日の見守りパトロールと
TNRの啓発活動を
続けることが出来ています。
活動を継続していくため
ご協力をよろしくお願いいたします。


2021/11/30まで
クラウドファンディング実施中です。

欲しいものリストはこちら

オリジナルグッズの購入はこちら

★ PayPay銀行へのご支援はこちら

⚫︎ゆうちょ銀行からのお振り込み

ゆうちょ銀行

記号  15130

番号  38404761


⚫︎他銀行からのお振り込み

ゆうちょ銀行

店名  五一八

店番  518

種目  普通預金

番号  3840476


あたたかいご支援に
心から感謝いたします。

 
 
 
 
コメント

まめおくんの手術

2021年09月07日 | ねこさんのこと
まめおは8月30日に手術を行いました。
血液型サラサラで人間で言うヘモグロビンが
正常値は30
まめおは13
極度の貧血でした。
このままでは、手術はできません。
急遽、輸血がされ
夜遅く手術がおこなわれました。






まめおの手術は無事に成功し
その後しばらくの入院生活が続きました。

そして9月6日に無事
退院することができました。
来週は抜糸の予定です。

ご心配をくださった皆様
本当にありがとうございました。

#頑張れまめおくん
#さくらねこ見守り隊
#外猫も保護猫も守りたい

コメント

骨折した黒猫さんを保護!

2021年08月27日 | ねこさんのこと



2021年8月25日…
近所の方から
住んでいるアパートの駐輪場に
今朝からずっと黒猫がいて
動かない…
とても痩せている様子。
…と連絡が入りました。

面識のない方でしたが、
私が貼っている掲示板のチラシや
ポスターを見て
『さくらねこ見守り隊』で検索をして
ご連絡くださったとのことでした。

パトロールが終了間近でしたので
場所の詳細をお伺いし
10分ほどで現場に
到着できることをお伝えしました。

そこには、とても立派な
美しい黒猫がいました。
警戒して『ウーウー』と
言っていましたが
前日までの大雨を彷徨って
この場所にたどり着いたとは
考えられませんでした。

黒猫さんは、足を引きずっており
肉球には泥や土がついていませんでした。
直ぐにこの場所に
捨てられたんだとわかりました。

情報をくださった方とも合流
保護することをお伝えして
キャリーバックを取りに行く間
黒猫さんを見守っていただきました。
キャリーで、すんなり保護をすることができて一安心でしたが、
足の状態と健康状態がとても心配でした。背骨が浮き出るほど痩せていたからです。




翌日8月26日…
動物病院で検査したところ
大腿部の骨折
推定3歳の男の子
体重は2キロしかありませんでした。

しかも骨折してから
数ヶ月は経っていました。

こんなに美しい猫が
骨折したまま放置され
食事も取れていなかった時間を思うと
つらくてたまりませんでした。







骨折してすぐにら固定をしていたら、
自然にくっつく可能性もあったそうですが
数ヶ月放置されたことで
筋肉で補おうとして足が
不自然な方向へ曲がり始めていました。

放っておくと膝の向きが
真逆になり重い障害が
残る可能性があることもわかりました。

明日、動物病院の整形外科専門医に彼のレントゲンを見せて、どう治療することが一番よいか検討していただけることになりました。

ただ、これからの彼の暮らしのためには手術は避けられません。

彼を助けるために
クラウドファンディングを
することに決めました。

フリーマーケットや
チャリティーコンサートなど
いろいろなアイデアも
たくさんお寄せいただいています。

現在、クラウドファンディングの
チャリティーバザー開催の
準備を進めております。
詳細は、InstagramTwitter
告知予定です。
よろしくお願いいたします🙏





#頑張れまめおくん
#家族を捨てるのは犯罪です
#明日もいっしょにおきようね
#クラウドファンディングで手術します


コメント

音声配信のお知らせ

2021年04月22日 | ねこさんのこと



この度…
🌸さくらねこ見守り隊🌸TNRってなあに?
…というラジオ放送を始めます。

『stand.hm』というアプリを使って
少しずつTNRについて皆様に
お伝えできればと思っています。

これからも
どうぞよろしくお願い致します。

こちらのリンクより
第1回目の放送をお聴きいただけます。

コメント

さくらねこ見守り隊🌸通信

2021年04月21日 | ねこさんのこと
 2021年春…
さくらねこ見守り隊の活動も
4年目を迎えました。
毎晩の見守り活動も
変わりなく続けています。
 
2020年、私たちの町では
仔猫が1匹も産まれませんでした。
最初の目標にやっと
到達することができました。

しかしながら
多頭飼育崩壊や高齢者の飼育放棄など
辛い出来事にもたくさん直面いたしました。

今年は、さくらねこたちの
家族を見つけること
ずっとのお家を見つけること
そして今以上に、啓発活動に
力を入れてまいります。
 
現在、市議会議員の先生とご縁があり
動物管理センターの在り方や
地域猫活動について
広島市独自のモデルを作って頂けるよう
話を進めています。
 
さくらねこ見守り隊は、未来に向けて
日々の活動は続けながら
新たな啓発活動に向けて始動いたします。
 
これからもどうぞ
よろしくお願い致します🤲
 
さくらねこ見守り隊
くわはら かよ
コメント

NHKの番組に取材協力で参加しました

2020年10月31日 | ねこさんのこと

NHK お好みワイド広島 で【広がる地域猫活動】が放映されました。

さくらねこのこと、耳のカットのこと、少しでも多くの方に伝わりますように…

お好みワイドひろしま

猫と共存するまち・ひろがる地域猫活動

youtube#video

 

 

 

コメント

さくらねこ見守り隊は『保護モフ』たちのために!

2020年02月25日 | ねこさんのこと

 

さくらねこ見守り隊の

ブログをお読み頂き

ありがとございます。

これからも猫たちの

安全と健康と幸せのために

日々、活動して参ります。

365日そして出来れば24時間

猫たちだけのために使いたいので

ブログは休止を致します。

時折 TwitterやInstagramで

呟くと思いますので

アカウントを載せておきますね。

 

Twitter : @Kayo045

Instagram : aoi45

 

これからもどうぞよろしく

お願い申し上げます。

さくらねこ見守り隊

 

 

 

コメント

初めてのクラウドファンディング

2020年01月30日 | ねこさんのこと

いよいよ、残り二日となりました。

さくらねこ見守り隊のサポーターの皆さま。

いつも応援してくださっている皆さま。

そしてまだお会いしたことのない皆さま。

たくさんの励ましのお言葉や応援…

お寄せ頂きました支援に心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

プロジェクトページ

 

【TNR活動】保護猫たちの医療費と地域猫たちのフード費のご支援をお願いします!

外で暮らす猫たちの暮らしは過酷です。外猫さんを守るため、去勢・避妊手術の実施。術後の健康管理のため毎晩、見守りパトロールを続けています。仔猫...

 

 

 

 

コメント

令和元年の奇跡

2019年12月30日 | ねこさんのこと



今年、私は名前を公表してTNR活動を始めました。

最初は、何をどう告知していいのか手探りだったけれど

挨拶や声がけを続ける中で、応援してくださる方が少しずつ増えていきました。

町内会の活動としても承認され、動物管理センターで

無料で不妊手術が受けられるようにもなりました。

毎日の見守り活動にも参加者が現れました。

これは、私にとっては想像もしていないことでした。

見守りエリアのお水を替えて下さったり、

お掃除を手伝って頂いたり、

フードのご寄付を頂いたり…

時には私におやつを持って来てくださる方まで(^^)

本当にありがたい限りです。


さくらねこ見守り隊を応援して下さる方々を

サポーターさんと呼ばせて頂くことにしました。

サポーターさんの数が20名を越したので、

さくらねこ見守り隊のグループラインも作りました。


始めてのことばかりでしたが、勢いって本当に怖い💦

私は外猫さんの里親探し、仔猫の保護、地域猫の啓発活動、

クラウドファンディングまでやっちゃうことになります。


この1年、私の生活が大幅に転換したのは言うまでもありません。

でも、ただただ私は、がむしゃらに走り続けたに過ぎません。

この1年に起こった奇跡の数々は、全て

猫たちとサポーターさんが引き寄せて下さったものです。


たくさんの幸せとたくさんのご縁を運んで来てくれた猫たちと

その猫たちのために初対面の私と一緒に行動を起こして下さった皆さまに

心からお礼を申し上げます。

どんな感謝の言葉でも足りないくらいです。

ありったけの愛と感謝の気持ちを込めて…


今年一年、どうもありがとうございました。

皆さまにとって新しい年が最高の一年になりますように⭐️



 

 

 

 

コメント

ミルクティー

2019年12月06日 | ねこさんのこと

ミルクティー


 こちらがミルク

こちらがティ


11月16日…たまちゃんの最後の仔猫5匹を保護しました。

周りをぐるりと道路に囲まれた空き地が子育て場所。

たまちゃんは見守りエリアに毎晩現れ食事が済んだら

危ない道路を横断して仔猫たちのもとに帰っていました。

たまちゃんを尾行して、仔猫たちを発見!!!

たまちゃんの保護と避妊手術も仔猫たちの保護もまさに奇跡 ✨

 

さくらねこ見守り隊サポーターの皆様と

仔猫保護に協力してくれた母猫のたまちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

保護した仔猫5匹は、男の子チームと女の子チームに分かれて

人にしっかり慣れてもらった後、里親さんを探します。

 

こちらは男の子チーム♫

マスクマン

ちょび髭男爵

ハチワレくん

保護直後の仔猫たちの様子

ひっつき

もっつき

猫団子🍡

 

たまちゃんの健気な子育てを見てきていたので

仔猫たちを保護する判断は難しく、とても悩みました。

 

 

 

仔猫たちの成長に伴い行動範囲が広がります。

どちらに出ても道路に囲まれているこの場所では、常に危険と隣合せです。

毎晩、道路を横断するたまちゃんの負担や危険も大きく

寒波の接近もあり、保護することを決断しました。

夕方、会社から直接、現場に向かいました。

23時過ぎまでかかりましたが、奇跡的に5匹は同じ日に保護できました。

そして仔猫たちの保護から3日後、

たまちゃんは無事、もと過ごしていた安全なエリアに戻ってきました。

賢い母猫たまちゃんは、メインエリアの小太郎とめいめいのお母さんでもあります。

安全な場所でゆっくりのんびり過ごして欲しいです。

たまちゃん…子供たちのことは任せてね ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

コメント