山用品の不良品について

年間200日前後の山歩きを通じて感じた 山用品の不良品について述べます

ジョギング用靴下を履いてみましたが、なかなか快適な山歩きが出来ました。2018年6月3日 薊岳

2018-06-10 22:25:37 | ミズノとトレクスタの粗悪な山用品
前回紹介した 靴下職人さんの手作り靴下は 素晴らしいはきごこちですが、1足2千円程度とかなり高価です。
今回は1足600円程度の ジョギング用の普通程度の靴下を履いてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが今回はいてみたジョギング用のくつしたです。底に滑り止めがついています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の組み合わせです。ジョギング用靴下の上に トレッキング用靴下を重ね履きして、
靴はモンベルのトレッキングシューズ(靴底が柔らかく、長距離に向くけど岩場の連続には少ししんどい)
を履きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良県東吉野村大股林道をスタートして、気持ちの良い新緑の道を進みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

渓流沿いの道は何回か渡渉を繰り返します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川底も歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明神平到着です。そのまま薊岳へ向います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薊岳到着です。歩き始めて3時間半です。標高1406mです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界遺産大峯奥駈道のサミット、弥山八剣が左奥に見えています。手前右のギザギザは大普賢、小普賢です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が家の裏山の岩湧山も見えています。右が岩湧、左が和泉葛城山 です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

標高差と距離の記録です。アップダウンを繰り返して 約14キロ歩きましたが 快適に歩けました。
ちなみに モンベルの底の柔らかな靴も 川底歩きや 渡渉でも何の問題もありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1足千円も取った挙句 刺繍が足首に食い込んで痛くて歩けなくなった美津濃のボッタクリ商品です。
文句を言うと「お前の足がおかしいのやろ」とのへんじです。
こんなヤクザまがいのブラック企業は早く社会的に抹殺されて消えれば良いのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山歩きのトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/yamatabi/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしい靴下に出会いました。美津濃の高価格低品質粗悪品靴下とは雲泥の差です。その1

2018-04-21 00:07:32 | ミズノとトレクスタの粗悪な山用品
素晴らしい靴下に出会いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツ洋品店で すばらしい靴下と出会いました。靴下産業のさかんな 奈良県のメーカーで
靴下職人が手作りしたものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

履いた瞬間足全体を包み込み サポートするのがよくわかります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあためしに裏山の岩湧山のロングコースを歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歩いていると足裏から やわらかく弾力のあるサポート力が伝わってきます。
グリップ力もあるので 靴と靴下が一体になり、とても歩きやすいのです。
この日は靴全体が硬い イタリアのシりオ製の登山靴を履きましたが、とてもやわらかく靴下が包み込んでくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すばらしい感触とサポート力でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この刺繍の裏側の糸が足首に食い込んで痛くて歩けなくなったのです。
なんとか帰宅して ミズノに文句を言うと
「人間の痛いという感覚は 個人によって違うけん、お前の足がおかしいのやろ」ときました。
美津濃のアホ共も頭を使い 腕のいい職人を雇い あんな高価格で粗悪品の靴下をつくらず
みんなが 感心してはくような靴下を作れや、馬鹿美津濃め。
客にたいして よくそんなえらそうな口がきけるなあ、やっぱミズノの社長は 日本人ちゃうわ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素晴らしい履き心地に感心したので もう一足買いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

履いてみるとやはりしっくりと サポートしてくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は柔らかい靴で試してみます。モンベルの柔らかい靴で 靴底はよくしなります。
岩場では少ししんどいのですが、岩場の少ないロングウォークに 向いています。
靴底が柔らかいので 10本刃とか12本刃のアイゼンは 締めこむと靴底が反るので使えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この靴下と靴で 今日は我が家の裏山の岩湧山で ロングコースの曼荼羅尾根道を歩きます。
新緑のまぶしい林道を歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらくは渓流沿いに歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二つの川の合流点にきました。二つの川の間から尾根が はじまり、その尾根が 曼荼羅尾根です。
ここで林道みを下りて川を渡ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二つの川の間が 尾根の始まりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登り始めは急登が続きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤブ椿のきれいな花が 散乱していました。見上げてもどの記なのか分かりませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相変わらず急な尾根道を進みます。左右は深い谷です。あの合流点で出会う 二つの川の谷です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尾根道が 急斜面に突き当たって 尾根道は終わります。道は不鮮明になり ジグザグの急登が
始まります。道が分かりにくいので今回もテープを付けました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジグザグを繰り返すとやがて 曼荼羅桜の正面に出ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山桜の巨木です。目通りで私が抱きかかえるくらいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上を見上げると 残念ながら花は終わっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

足元に、名残の花びらが残っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみにこの画像は去年の4月24日、満開の曼荼羅桜の花です。
今年はかなり早まりましたね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曼荼羅桜の周りだけが 少し平らな広場で 直ぐに道はなくなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も5メートルおきくらいにテープをぶら下げました。テープを辿って進みます。有るのはみんなの踏跡だけです。
迷うことは有りません。上へ上へと行けば 必ずダイトレに出ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて中の谷からの山道に出ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中の谷道に出たところにも シルバー少年さんが看板をぶら下げてくれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
曼荼羅尾根道その2へ続く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしい靴下に出会いました。美津濃の高価格低品質粗悪品靴下とは雲泥の差です。その2

2018-04-21 00:06:16 | トレックスタの粗悪登山靴
素晴らしい靴下に出会いました。曼荼羅尾根道を歩く その2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中の谷からの道に出てしばらく歩くと ダイトレの五つ辻に出ます。
11時10分に歩き出して 12時55分に到着です。今日は テープ付けやら枝打ちに時間が取られて
1時間45分かかりました。いつもは90分くらいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五つ辻からダイトレを歩いて約25分で 岩湧山山頂です。
今日は 途中で知り合いに久しぶりに出会い お話が弾み30分以上話していたので
歩き出してちょうど3時間で 山頂到着です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月1日の山焼で 山頂付近は黒焦げのハゲヤマですが、もうかなり萱の新芽が出ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モンベルの柔らかトレッキングシューズと この靴下の相性も良く 今日も快適に歩けました。
シリオの冬用登山靴のような硬い靴にも この靴のような柔らかい靴にも この素晴らしい靴下は
フィットして 足をやさしくサポートしてくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黄砂が酷く 天気は良いのに 大阪湾も淡路島も見えません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪平野も霞んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黄砂の影響が山側は少ないのか 世界遺産大峯奥駈道は霞んでいますが 微かに見えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11時10分に歩き出して 2時10分着、お弁当休憩を30分、2時40分に下山開始します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩湧寺境内の石楠花も沢山咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

林道を歩いております。八重山吹が咲きみだれています。
第六駐車場に帰着したのは16時ちょうどでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日の4時間の山歩きも 靴下と靴のお陰で快適でした。
美津濃のインチキ靴下やトレクスタのモノマネトレッキングシューズではこうは行きません。
人を騙して金儲けする奴らにはろくなヤツは居ませんね。人を不愉快にさせるだけです。

早くつぶれればいいのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日見かけた春の花
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

花韮でしょうか、歩き始めて直ぐの林道の道端に咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

葵スミレは葵の葉の模様に似ているから付けられた名前だそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タチツボスミレは山のいたるところで満開でした。ハート型の葉が特徴です。
葉の形が 大工さんの使う墨壷ににているから という名前の説もあるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小葉の三つ葉ツツジも 山で満開でした。名前は姿そのままですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金瘡小草(きらんそう)は別名「地獄の釜の蓋」。地面にびっしりとはびこるからだそうです。
かわいい花にこんな恐ろしい名前を良くつけますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コブシの花は山頂付近で満開でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三つ葉土栗は 山焼の後の焼け跡に沢山咲いていました。逞しいやつです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんと稚児百合が毛咲いていました。例年よりかなり早いですねえ。
曼荼羅桜が今年は散ってしまっていたのが分かりますネエ。温暖化のせいなのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高度と距離の記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミズノの靴下とトレクスタの登山靴を追放したら 今年の冬は快適な山歩きが出来ました。

2018-03-29 10:41:28 | ミズノとトレクスタの粗悪な山用品
靴下のmizunoの刺繍が足首に突き刺さり、痛くて歩けないと文句を言うたら、ミズノのアホは
「痛いという感覚は個人の問題ですけん、お前の足がおかしいのやろ」ときました。
客にたいして 良くこんな暴言がいえますねえ、ミズノの馬鹿ドモは。


一方新品のトレクスタを履いて 憧れの越後駒ケ岳を無事に登頂し下山途中に 靴の内部から
異物が突き上げてきて 痛くて歩けなくなりましたが たまたま通りかかったアメリカ人二人連れが
どうしたのか訪ねるので 説明すると 異物の部分を外側からカッターで切断して取り出したほうが
良いと言うので 切開すると 何も無くて異物は捩れたインナークロスでした。

販売元のスポーツオーソリティーを通じて トレクスタに文句を言うと 
「靴が切断してあり突起物は何も無いので 文句は受け付けられない」ということで、朝鮮半島のやつらは
登山靴を作るノウハウも無いくせに ゴアテクスを使いながら低品質登山靴を高値で売りつけやがって。

ということで ミズノとトレクスタは共通した根性ですねえ。朝鮮半島の奴らも支那大陸の奴らも
絶対に「ごめんなさい、私が悪かった」とは言いません。日本で粗悪品を高く売り付けて儲けようとする
共通の汚い根性です。

ミズノの社風は 日本のものではないですね。社長は日本人ではないでしょう。
社長が良い人であれば 社員が勝手に悪徳商法するはずがありませんから。

終戦後のドサクサ紛れで日本名を名乗り 日本人に成りすます輩が 日本には沢山いますからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年の冬の山歩きは ミズノやトレクスタを追放したおかげで 安心して、しかも快適に歩けました。
たった一つの失敗以外は。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
猛吹雪とブリザードで敗退した大山 2017年12月24日鳥取県大山町大山
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たたきつけてくる吹雪とブリザード。この木のポールは八合目付近の木道の手すりポールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

剣が峰尾根の方から次々に竜巻のようなブリザードが襲ってきます。その風の隙間を突いて少しずつ
高度を上げて行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上からは次々に強風が降りてきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

強風が来ると立っていられないので 凍りついた急斜面から滑り落ちないように ピッケルを差し込んで
それを支えに雪面に身を潜めて風をやり過ごします。しかし吹雪はますます強まり、何人か下山して行きます。
私も身の危険を感じて ここで引き返しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし大山では良くあることですが 不思議な事に六合目の避難小屋から下は 晴れて風もほとんどありません。
この日もナンバーとモンベルの靴下、イタリアのシリオの靴で快適に歩けました。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雪の明神平で 快適にスノーシュー散歩 2018年2月22日 奈良県東吉野村明神岳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえずアイゼンを履いて明神岳山頂へ行った後スノーシューを履きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前山を目指します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このきれいな景色が大好きで、毎年来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スノーシューのお陰で 足が埋まる事も無く 快適に散歩できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前山のサミットです。ここから降り、スノーシューからアイゼンに履き替えて下山しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の靴下はアシックスとモンベル、それにシリオの靴です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大日キレット直前のトラバースが出来ずに引き返した稲村ヶ岳 2018年3月17日 奈良県天川村稲村ヶ岳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山上辻を通過します。ここはかなりの残雪です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

危険なトラバース箇所を慎重に進みます。ピッケルを差し込んでホールドしながら一歩ずつ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かなり残雪が覆いかぶさり危険に見えます。かつてこの場所で雪庇が崩れて滑落しました。
運良く灌木に引っかかり助かりましたが 急斜面の這い上がりにピッケル一本で苦労していたら 
運良く通りかかった後続の方にザイルで助けられました。日曜日でよかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一旦山上辻まで引き返して食事をしてから考えましたが この日は誰も来ませんので ここで引き返しました。
一人では滑落してもどうしようもありませんからね。もう少し生きたいですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日活躍したモンベルのトレッキングシューズは 雪の上でも滑りにくく、安心して歩けます。
しかも底が硬く 12本アイゼンを締めこんでも靴が反ったりしなく安定しています。
かなり優れものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年は雪が少なく簡単に山頂へいけた大峯山 2018年3月25日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

去年のこの時期はこの平成新道と旧道の合流地点手前で あまりの残雪と郡に阻まれてトラバースできずに
引き返した場所です。ことしは ご覧のようにアイゼンも付けずに通れました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単に大峰山寺に到着できました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宿坊の龍泉寺をはじめ 沢山の宿坊群はまだ雪に埋っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大峰山寺本堂は5月15日の戸明け式まで閉まっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂へ行ってみましたが山頂も雪は少なかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も大活躍のモンベルトレッキングシューズです。この日はノーアイゼンで快適、かつ安全に歩けました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人出賑わう 日曜日の雪の金剛山  1月18日 奈良県御所市
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日曜日なので人で賑わっていますが、ほとんどの人は 大阪府側からロープウエーで来ています。

ちなみに金剛山と言う名の山は無く この国見広場を皆さんが 金剛山山頂と呼ぶみたいです。

このまえNHKのアホな女子アナが「大阪府最高峰の金剛山」と鶴瓶のなんとか乾杯という番組で
5回も6回も叫んでいました。馬鹿なスタッフとアホな女ですね。

ブラタモリの番組スタッフなら こんなあほな事いいませんよねえ。タモリと違い鶴瓶の番組は知能程度が低い。

金剛山系には 四座あり、湧出岳、葛木岳、大日岳、白雲岳とあり、いずれも奈良県御所市です。
大阪府千早赤阪村はロープウエーの駅までで そこからはこの広場まで歩いて30分ほどかかります。

山の中腹までが大阪府なのに 「この山は全部大阪府の山だ」なんて頭脳程度が低すぎますね。
地図を見れば一目瞭然なのに。

あんなアホな間違いだらけの番組を作りながらお金を取るなんて、最低だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金剛山系最高峰の葛木岳です。古代出雲王朝第八代副王の事代主を祀る葛木神社境内は標高1120mです。
金剛山系サミットで、葛木岳サミットの1125mポイントは この本殿の右奥で 神域の為立ち入り禁止です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日は沢山の人が雪の上を踏み固めて ツルツルの圧雪状態でした。しかしモンベルのトレッキングシューズは
ノーアイゼンで 安全にしっかりと歩けました。トレクスタのシューズは 無理です。アイゼンが必要で、
しかも砂利道でも良く滑ります。靴底のゴムの品質が悪いのです。
ノウハウの蓄積の無い 朝鮮半島のやつらに 良い靴なんて造れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雪の大和葛城山  2月8日   奈良県御所市の山で 金剛山の北隣にあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

葛城山と言う名前の山は この界隈に四座あり、この山は「大和葛城山」と言います。ここは「恋人達の聖地」
と呼ばれるポイントで 向こうに見えるのが 金剛山系大日岳と置くに湧出岳、葛木岳が見えます。
ちなみに 他の葛城山 は 中葛城山 、南葛城山(大阪府最高峰922m)、そして和泉葛城山 です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂は沢山の人がいましたが このお弁当広場は誰も居ませんでした。春にはこの周りは
ツツジと片栗の花が咲き乱れて 大勢の人が集ります。この日も モンベルのシューズでアイゼン無しで
山歩き出来ました。天狗谷から登り ダイヤモンドトレイルを降りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が家の裏山の岩湧山 2月14日  大阪府河内長野市
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が家の庭の温度計が12度あったので 安心して軽装で しかもトレクスタの靴を履いて 出かけました。
2足あったトレクスタのシューズのうちひとつは切り裂いて メーカーに送りましたが 残った1足は比較的新しく
近所の散歩程度の山歩きに使っていました。この日も雪があるとは思いもせずに散歩気分で出かけたら
凄い雪でした。山頂付近は10センチ以上ありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

軽アイゼンなど持っていってなく 慎重に歩き始めたら 下りの「急坂の道」の途中からジグザグ道の圧雪状態で
 何度もスリップして転びました。靴底の溝はかなり残っているのに ゴムの材質が粗悪品なのでしょう。
トレクスタの靴は何をしてもあかんわ。頭にきて 帰宅して直ぐ廃棄しました。

やはり 登山靴のノウハウも無いやつらが 登山靴など作るのが間違いです。朝鮮半島の奴らが登山などするようになったのは極最近で
登山靴メーカーがあるなんて知りませんでした。
トレクスタが朝鮮の靴と知っていたら 絶対に買わないのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミズノの高価格不良品靴下とトレクスタの高価格低品質のトレッキングシューズはもう二度と買わないぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の甲信、上越山旅の長距離歩行で質の良い靴と靴下が活躍!粗悪品ミズノの靴下や粗悪品トレクスタの靴では遭難したかも。

2017-11-17 23:32:01 | ミズノとトレクスタの粗悪な山用品
靴下と靴はやはり本物を!

不良品専門の大阪南港のミズノの粗悪品靴下や朝鮮半島の粗悪靴トレクスタでは山歩きで命取りになる場合があります。

今年も甲信山旅や 上越山旅で長距離の山歩きをいろいろとしました。
またこれからは本格的な雪山のシーズンです。


特に雪山では 不良登山用品が命取りになることもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろいろと試して現在のお気に入りの靴下です。
まず足底のアーチサポートタイプの5本指靴下を履きます。
その上から 登山用靴下を履きます。上履きの靴下は クッション性、通気性と保温性を兼ね備えた繊維だと 
商品タグに書かれています。

私が良く買い物をするスポーツオーソリティやヒマラヤ、モンベルショップのトレッキングアドバイザーの方は
「靴下の二重履きは靴の中で足がずれて 疲れたり指を痛めるのでやめたほうが良いです」と必ず
仰いますが、昔から靴下の二重履きはやめられません。

足をきゅっと包み込む五本指靴下の上からクッション性がある厚手の靴下を履くと 丁距離を歩いても
あまり足が疲れないように思います。あくまでも私個人の感じ方ですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今履いている靴です。
イタリア製のシリオ社のくつは 底が硬く、12本爪のアイゼンをきつく締めこんでも全然反らないので
主に冬山で使用しています。岩場歩きにも 足首が安定するので 向いています。

ニューバランスの靴は底が柔らかいので 低山のトレッキング用に使用しています。
モンベルの靴は底が適当に柔らかく、かつ10本爪アイゼンも装着できるので非常に重宝して履いています。

「粗悪品のトレクスタ」は2度痛い目に会っているので 捨ててしまうつもりでしたが 裏山の岩湧山程度の
散歩用に使っています。この靴を朝鮮半島の会社とは知らずに買ったのが間違いでした。

この靴の前は 旭靴製造の「ブルックス」を長い間履いていましたが 製造中止になったので やむなく
トレクスタを買ったのが間違いでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年の山歩き 甲信山旅と上越山旅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靴下の使用例です。これは巻機山で履きました。靴はケースバイケースで使用していますが もちろん
「粗悪品トレクスタ」は使用していません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金峰山 累積標高差1300m  歩行距離20km  歩行時間 9.5時間(30分の休憩含む)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瑞牆山  850m   8km   6時間 (休憩なし)       
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

甲武信岳山頂から 金峰山の向こうに左北岳、右甲斐駒  1100m  18km  8.5時間(休30分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巻機山  1360m  13km  7時間(休30分)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

武尊山山頂から歩いてきた中岳、家の串、剣が峰を振り返る
     1250m  14km  9時間(休30分) 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他1 大菩薩嶺 歩行3.5時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他2 草津白根山 歩行3.5時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪な山用品による あわや遭難紙一重の事故について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品 「トレクスタ 登山靴」ケース1 

朝鮮半島の会社が登山靴の技術やノウハウも無いくせに安い中国で製作して日本で高値で売り暴利を貪る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒ケ岳を歩いたときです。山頂から駒の小屋を見下ろしたときです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6時間かけて登頂し 順調に下山していたのですが、トレクスタ登山靴の内側から 何か硬いものが突き上げてきて
次第に痛くなり、小倉山でついに歩けなくなりました。最初は靴の中に小石が入り込んだと思ったのですが
靴を脱いでみても何もありません。しかし内側を触るとなにか硬い突起があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初から突起物があれば この靴を買いませんし、始めは何も無かったのです。座り込んで思案していたら
たまたま下山中のアメリカ人二人連れが「どうしたのか」と声を掛けてくれました。

状況を説明すると 二人はかわるがわる靴の中を触り「靴のテクスタイルの間で 中間のシートが撚れて
塊を造っている。カッターで切ってみればどうかなあ」と言い、三人でカッターで切ってみたら 粗不思議
嘘のように塊は無くなりました。

これで下山できます。まさか裸足で歩くわけにも行かず 二人のアメリカ人に丁重にお礼を言って三人で下山を再開
したのですが、なんせ彼らは背が高くて それに足が長く 私はどんどん遅れだして「先に行ってくれ」と言うと
横浜まで今日中に帰らなくちゃといい、あっという間に消えていきました。

この山はとてもタフなコースで いままで歩いた日本の山で最高にグーな山だと言っていました。
上の写真は 私を助けたあと ビューポイントで 越後駒の遊子を眺めて感激している二人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒を歩いた記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越後駒の高度記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪に戻って この靴を購入した コムボックス光明池店の「スポーツオーソリティー」へ持ち込んで
文句を言ったのですが、オーソリティーは「当店は単に売っただけなので メーカーに送り調べさせます。
と言うだけで 「当店は知らんけん」の一点張りです。そのとき この靴が朝鮮半島のメーカーだと初めて知りました。
知っていたら絶対買わないのに。

後日連絡があり、「突起が出ている状態だと調べることが出来ますが この状態では何も分からないけん
トレクスタも知らんけん」ということでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
登山なんてやった事無い 朝鮮半島の奴らが 技術ノウハウも無いくせに 登山靴を作って売るなんて
とんでもないやつらです。

登山を知らない君たちに教えてやろう。

越後駒ケ岳は 日本有数のロングでタフなコースなのだよ。
どこの馬鹿が 12時間も歩くのに スペアの靴なんか持ち歩くのか。

無知な奴らはとんでもない事を言って逃げたのです。
靴を脱いで 裸足で歩けばいいのに と言いたそうでした。やっぱ ドモならんわ あいつらは。

写真はコムボックス光明池店の靴の修理やさんで 600円で修理してくれました。
切断面を接着剤で固めて、内側に薄くて強いシートを貼り付けて 内側のシートとの段差をなくすべく 
よく研磨してくれました。履くとなかなか調子よいので 近所の山歩きにしばらく使用していましたが、
この靴の傷を見るたびに あの朝鮮半島の奴らの狡賢さを思い出すので しばらくしてこの靴を捨てました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品 「トレクスタ 登山靴」ケース2

残ったもう一足の粗悪品トレクスタを短距離歩きに使っていたが 二度目のトラブル発生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬のある日 日帰りで樹氷の名所「三峰山ー奈良県と三重県の県境」へ出かけました。
残ったもう一足のトレクスタは まさか 短距離では大丈夫と思ったのが間違いでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山開始してしばらくしたら アイゼンの金具が足の甲に食い込んで痛くて歩けなくなりました。
この山は人気の山で大勢の人が歩き回り、登山道はツルツルなので アイゼン無しでは危険です。

そこで ハンカチを折りたたんで 靴の中に差込み、靴の内側と靴下の間にくっしょんとして入れました。
するとなんとか 痛いけど歩けるようになり、我慢して下山しました。
雪道を長年歩いているけど こんな事は初めてです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この朝鮮半島の靴は何をやらしてもどないもならんなあ。
雪の無い里山歩きくらいしか 能のないやつやなあ。山歩きも知らんくせに ゴアテクスの靴なんか造るからや。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰山の記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三峰山の高度記録です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポーツ用品ミズノの「粗悪品靴下」について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この新品のショート靴下を履いて その上に登山用靴下を履き、いつも行く「世界文化遺産大峯奥駈道」
へ、和佐又から大普賢経由伯母谷覗きというロングコースに出かけました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩き始めて約1時間で 奥駈75靡き第62番「笙の窟」に到着しましたが、左足に何か硬いものが食い込んで
痛くて歩けなくなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靴を脱いで調べても小石は入っていません。靴下を縫いでも小石は入っていません。
しばらく考えていると なんとミズノの刺繍の裏側が以上に硬くて それが皮膚に当たり食い込んでいたのです。

考えた挙句 タオルを切り裂いて刺繍と足の皮膚の間に当てたら かなりましになりました。
このまま引き返そうかと思いましたが しばらくゆっくりと歩いていたらなんとか歩けそうなので そのまま歩き続けました。

後で気がつきましたが 刺繍部分をカッターで切り取ればよかったんですねえ。
※この写真は帰宅後 靴下を洗濯した後の写真です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笙の窟から大普賢岳を越えて更に奥駈を歩き 小の窟から3時間程で伯母谷覗きになんとか到着しました。
この断崖絶壁のビューポイントからは 伯母谷が一望に見下ろせて、大普賢岳、小普賢岳が一望できるので
有名ポイントです。今日の目的はここで 大普賢を見ながらコーヒーを入れて飲むことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
靴下のその後
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰宅後 大阪南港のミズノに電話して文句を言うと その靴下を送ってくれと言うので送りました。
その後ミズノから電話があり

「この靴下は ミズノが外注下請けに作らせたもので、ミズノの製品ではないので その下請けに
文句を言ってくれ。ミズノは知らんけんね。」

「足が痛いというのは、個人の感じ方の問題なので あんたの足がおかしいのだろう。
私が履いても痛くないよ」

と全く相手にしてくれません。この時代、製造者責任もヘッタクレも無く ミズノという刺繍まで入れて
高いお金で売りながら、「ワシャ知らんけん」とか 「お前の足がおかしいのだろう」と言うのが
ミズノの言い分です。開いた口がふさがりませんでした。

ヨーシ もうミズノの製品は二度と買わないぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
考えてみたら この考え方は日本人の考え方ではないですよねえ。
私は海外や日本国内で ずる賢い民族を相手に仕事をしてきました。

ミズノの言い分は あの朝鮮半島のトレクスタの言い分と通じるものがあります。
恐らくミズノの社長や企業体質は 日本人のものではありませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭にきた私は 靴下を捨てようと思いましたが そうすればあのずる賢い悪徳商法のミズノの思う壺なので
もう少し履いて ミズノ製品を調べてみようと思いました。

そのままでは痛くて履けないので 木槌で少し叩いて なめしたら何とか履けるようになりました。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テレビ番組「グレートトラバース」で田中陽希さんが金剛山へのルートとして走りぬけた道、「和歌山県橋本市杉尾の
明王寺の635段の石段を駈け登り、ダイトレへ出てそれを東へ進み金剛山へ」と言うコースをそのまま8時間かけて
往復歩きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰宅して靴下を脱ぐと ご覧のとおり、アナが開いていました。
傲慢で 詐欺商法のミズノのスポーツ靴下は 高い上にご覧のように 足が痛いわ、アナが開くわの
素晴らしい 粗悪品でした。高い買い物をしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗悪品の登山用品はダメです。命にかかわる事があります。

トレクスタの登山靴やミズノの靴下を履いて 山歩きをしたら とんでもなく危険な事が起きます。

私の雪山のホームグランドは鳥取県米子市の大山です。

大山は標高1750メートルですが、日本海に面していて豪雪地帯で 雪の多い年は山頂避難小屋の二階建て建物が
すっぽりと雪に埋るほど 8メートル以上積もる事もあります。6合目の避難小屋は ほとんど毎年雪に埋もれます。

そして一旦天気が荒れると ブリザードとガスのホワイトアウトでたちまち地獄と化します。

毎年何人かの方が遭難されます。私の知っている千回登山経験者の地元の方でも 私の知るお二人が亡くなられました。
冬の大山は いったん牙をむくと恐ろしい死の山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大山の様な 豪雪地帯の雪山で 一旦ブリザードに会うと氷点下20度以下になるのは普通にあります。

そんな極寒の環境で何処で 登山靴や靴下を脱げるでしょうか。しかも 登山道を一歩でも外れると
頭の先まで すっぽりと雪に埋るような場所で。

特に大山では 山頂付近は大山伽羅木の原生林に覆われて 木道を歩くようになっています。
積雪すると木道と原生林との境が見分けられなくなり、ボランティアの方が木道の端にポールを建てて
目印にしてくれますが、ブリザードや ホワイトアウトになると もう見分けられません。

木道を踏み外して キャラボクの原生林へ転落すると 生きて這い出るのは ほとんど不可能です。 

そんな状況で 痛む足を引きずりながら ホワイトアウトの中をまともに歩いていけるはずがありません。
登山道探しに神経を集中できず まず遭難するでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バッタモン靴下のミズノや 朝鮮半島の粗悪品登山靴のトレクスタで歩けなくなると たちまち死と直結します。
わたしはもう少し生きたいので 山歩きでトレクスタやミズノの悪徳商法の粗悪品は 使いません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホームへはここから戻れます
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加