すぐ近くにある世界:野鳥,昆虫,航空機などの写真

都市部の近隣でも身近で見られる野鳥を中心に、
捏造(餌付け、ヤラセ)のない「本当の世界」の
写真を載せています。

コアジサシ|狙う

2022年07月02日 | 野鳥・鳥類
上空から 狙いを定めて・・・





このまま垂直に飛び込むのが 基本パターン。
たまに 飛び込まずに すくい上げることもある。

飛行機[JA3949]第一航空

2022年06月25日 | 航空機
ほぼ正面向きで飛んできたプロペラ機が・・・















近付いてきたところで 少し旋回した。

オオヨシキリ巣材運び

2022年06月18日 | 野鳥・鳥類




巣材を運ぶ メス。

青空と雲に 高空の飛行機

2022年06月16日 | 航空機




だから何、ということもないながら x x x

オオヨシキリ飛翔

2022年06月11日 | 野鳥・鳥類
巣材を探しに行くメス...の はず。



オス・メス 共に、 全身が枯れ草風の 薄い茶色で、 葦原での活動では目立ち難い。



照り返しの色で 下面が緑っぽく写っている。

ツバメ飛翔|翔け回る

2022年06月04日 | 野鳥・鳥類
だいぶ前に募集されていた goo blog トップページ掲載
テキストは、 知っている人には当たり前すぎること... なんですが・・・
当たり前のことに目を向ける気もない 全く違う趣向が 「鳥を写す」の共通だけで一緒くたにされているのが、 困った現状で。

ここからは ツバメの写真。



旋回で傾いて 背中側が見えるタイミング。
こっちを見てるような 雰囲気も??



飛翔シーンを写すと、 目視では何も見えないところにも 虫がたくさん飛んでいるのが写っていたりする。

ツバメの類の 捕食行動は、 飛び回りながら かなり遠くにいる特定の1匹に狙いを定めてから 飛びついていく印象。
虫の近くを通っても、 遠くのうちから捕捉できていなかったものは素通りしているよう。

青空と雲に 高空の飛行機|旧い分 x x x

2022年06月01日 | 航空機
何年前に写した分なんだか...

どちらも、 ANA の、 前部に 大きく「787」と書かれている機体のよう。
このデザインは、 もう ずいぶん前から 見かけなくなっている印象。





雲の中に空いた 小さな隙間から見える 一瞬。

チュウシャクシギ飛翔

2022年05月28日 | 野鳥・鳥類
シギ・チドリの類の飛び方は、 はばたきが 良い形に写るタイミングが少なくて、 ちょっと残念な画になりがちな印象がある。





わりあい 光が良いルートで 飛んでいった。

ヘリコプター[JA7887]白|上空で旋回

2022年05月21日 | 航空機
相当に遠かったが x x x







順光の位置で 旋回した。
その後・・・



しばらくして、 低めを真っ直ぐ通過していった。

前記事の機体とは対照的に、 機体記号以外は 何も書かれていない、 全身 白一色のよう。

ヘリコプター[JA9785]|何かと色々と...

2022年05月14日 | 航空機





「つくば航空」 「トモヱ乳業」 「TKB」、 上の方には 前記事の「アジア航測株式会社」と、 ずいぶん色々と書かれている。
形状の方でも 機体の下に 何か 四角い物が付けられていたり、と、 目につく要素が多い。

リアル世界(現実世界)に ちゃんと実在している本来の情景のままを写した、 “人の勝手な嗜好に合うように状況を作為的に改変して創作された虚構”のない 絶対非演出スナップです。

野鳥写真:大空を自在に翔ける飛翔写真 = 鳥の行動で「最も鳥らしい特徴が表れた魅力」とも言える 飛ぶ姿を中心に、 カワセミ(翡翠),オオタカなど猛禽類(鷹)といった人気の種類から バードウォッチングで“ものさし鳥”にも使われる普通種まで 幅広く。 多くは ネイチャーフォト系や動物写真系のフォトコンテストでの入選・入賞が出ている場所でのものです。 (撮影地は記載しません)
他に、 昆虫写真や ネコ写真(野良ねこ写真)、 航空機 など...
.