移動式オービス/固定式オービス/対応アプリなど

調査したデータは、サイト「オービスガイド」や「早耳リアルタイム地域情報」、また各アプリとリンクしています。

全国の高速道路でも移動式オービスが運用拡大

2020-07-01 21:35:57 | 業務連絡

移動式オービスはとてもコンパクトでどこにでも設置でき、ネズミ捕りのように切符処理を行なう場所も必要ありません。レーザーやレーダーにより違反車両の速度を計測して、写真撮影し後日呼び出す方式です。畳1枚ほどのスペースさえあればどこにでも設置できるのが特徴です。当初は通学路や生活道路で活躍していましたが、最近は国道やバイパス道路などの運用も多くなっています。自動車専用道路でも2016年7月6日、首都圏中央連絡自動車道の久喜JCTと幸手ICの間に半可搬式という中型の移動式オービスが初運用されて以来、首都高速、東名高速、名古屋高速、南知多道路、阪神高速、松山自動車道などで、つぎつぎと運用が確認されます。

先日も北陸自動車道を走行中に移動式オービスに遭遇しました。場所は徳光パーキングエリア横ですが、片側2車線の見通しの良い走りやすい場所でした。その分速度も出やすく注意が必要なポイントなのだと思います。パーキングエリアと本線の間にある芝生スペースに移動式オービスは設置されていましたが、付近には石川県警のワゴンタイプ警察車両2台と警察官3名が確認でき、本線上の1キロメートル手前には「速度違反自動取締中」の警告看板が路肩に設置されていました。(※警告看板は都道府県や設置状況により設置しない場合があります。)

私は業務で全国を長距離移動することが多いのですが、見通しの良い単調な道を走り続けている時などに、つい制限速度をオーバーしていることに気がつくことがります。でもこれからは移動式オービスがどこにあるかわからない状況になったわけで、今まで以上に気を引き締めて安全運転に心がけたいと思いました。そう考えると移動式オービスの効果は絶大で、固定式オービスや覆面パトカーを察知できるドライバーも控えめな運転になるかもしれません。首都高速などでは設置できるポイントは限られますが、全国の道路で見ると移動式オービスが置ける場所は無限です。この移動式オービスは今まで警察が導入してきたあらゆる取り締まり方法の中で最高の速度抑止効果を上げるかもしれません。

車載動画 YouTube
コメント

千葉県警が導入した移動式オービスを見ました

2020-02-05 11:29:42 | 業務連絡


2020年2月4日14:30頃、成田市にて調査
場所:千葉県成田市不動ケ岡
国道51号線 下り方面(大栄方面)
不動橋交差点から市役所方面へ300mくらい走ったところ

手前の警告看板は無かったです!
You Tube 動画で見る

千葉県警が導入したのはセンシスのMSSSというタイプです。レーダーにて速度を計測する高性能の可搬式オービスです。オービスはストロボとカメラ部分が別々に配置するセパレート式になっています。現在、千葉県以外では埼玉県・岐阜県・北海道・香川県で導入しています。特徴はコンパクトで黒っぽい筐体なので、特に夜間などは目立ちません。
コメント

中央自動車道下り駒ヶ岳SAと松川IC間に新設オービス

2019-03-10 11:55:19 | 業務連絡

以前あったHシステムがLH式オービスになり復活
中央道下り方面、駒ヶ岳SA通過後に設置されていたHシステムが2019年1月撤去されましたが、わずか3ケ月でLHシステムとなって復活しました。
場所は、長野県上伊那郡飯島町で駒ヶ岳SAから4キロほど走ったところです。
ここは制限速度80キロですが、見通しも良くつい速度が出やすいので注意が必要です。
撮影ポイントの白線マーカーは追い越し車線のみ。

YouTube動画で紹介
オービスの位置関係が分かるように駒ヶ岳SAより録画
駒ヶ岳SAからの合流 00:12
看板1枚目(227.3kp) 02:22
看板2枚目(228.8kp) 03:11
オービス(229.3kp) 03:34

オービスガイド掲載詳細情報
【データ】
長野県上伊那郡飯島町
中央自動車道
下り(名古屋方面)
駒ヶ岳SAと松川ICの間
LH式オービス
2019年3月設置
コメント

宮崎自動車道下り、田野IC手前にLH式オービスが新設

2019-02-26 18:42:51 | 業務連絡


2019年2月23日、九州は宮崎自動車に新たなオービスが設置されたとの情報をいただいたので早速確認してきました。
看板が未設置だったので稼動は少し先(3月中)と思われるが、本体は既に万全の体制で完成していました。
できたてのオービスはキラキラしていて奇麗です。
【データ】
道路:宮崎自動車道
方向:下り(宮崎IC方面)
ヒント:田野ICの1km手前看板付近
キロポスト:66.7kp
住所:宮崎県宮崎市田野町甲

【詳細】
オービスガイドへ
http://orbis-guide.com/point/?key=1551084247

【動画】
You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=xQ5t72SJ5rE


警告看板が設置されるあろう支柱。(64.6kp付近)


大きな垂れ幕が目印になります。(66kp付近)


最後の目印は「田野・日南出口1km」の看板です。看板付近では既に計測済みとなります。
路上白線マーカーは追越車線にのみありましたが、対象がそちらのみかは定かではありません。
コメント

首都高5号池袋線のHシステムオービス撤去

2019-02-18 15:27:10 | 業務連絡

首都高速5号池袋線下り方面の東池袋出口手前に設置されていたHシステムオービスの撤去を確認してきました。

手前の看板は残っていますが、カメラやレーダーはきれいに無くなっています。もしかしたらレーザー支柱型のLsオービスに生まれ変わるかもしれませんが、随時アプリを対応させて行きます。
オービスアプリ/オービスガイド/ドラコミ
コメント