移動式オービス/固定式オービス/対応アプリなど

調査したデータは、サイト「オービスガイド」や「早耳リアルタイム地域情報」、また各アプリとリンクしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中央自動車道下り駒ヶ岳SAと松川IC間に新設オービス

2019-03-10 11:55:19 | 業務連絡

以前あったHシステムがLH式オービスになり復活
中央道下り方面、駒ヶ岳SA通過後に設置されていたHシステムが2019年1月撤去されましたが、わずか3ケ月でLHシステムとなって復活しました。
場所は、長野県上伊那郡飯島町で駒ヶ岳SAから4キロほど走ったところです。
ここは制限速度80キロですが、見通しも良くつい速度が出やすいので注意が必要です。
撮影ポイントの白線マーカーは追い越し車線のみ。

YouTube動画で紹介
オービスの位置関係が分かるように駒ヶ岳SAより録画
駒ヶ岳SAからの合流 00:12
看板1枚目(227.3kp) 02:22
看板2枚目(228.8kp) 03:11
オービス(229.3kp) 03:34

オービスガイド掲載詳細情報
【データ】
長野県上伊那郡飯島町
中央自動車道
下り(名古屋方面)
駒ヶ岳SAと松川ICの間
LH式オービス
2019年3月設置
コメント

宮崎自動車道下り、田野IC手前にLH式オービスが新設

2019-02-26 18:42:51 | 業務連絡


2019年2月23日、九州は宮崎自動車に新たなオービスが設置されたとの情報をいただいたので早速確認してきました。
看板が未設置だったので稼動は少し先(3月中)と思われるが、本体は既に万全の体制で完成していました。
できたてのオービスはキラキラしていて奇麗です。
【データ】
道路:宮崎自動車道
方向:下り(宮崎IC方面)
ヒント:田野ICの1km手前看板付近
キロポスト:66.7kp
住所:宮崎県宮崎市田野町甲

【詳細】
オービスガイドへ
http://orbis-guide.com/point/?key=1551084247

【動画】
You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=xQ5t72SJ5rE


警告看板が設置されるあろう支柱。(64.6kp付近)


大きな垂れ幕が目印になります。(66kp付近)


最後の目印は「田野・日南出口1km」の看板です。看板付近では既に計測済みとなります。
路上白線マーカーは追越車線にのみありましたが、対象がそちらのみかは定かではありません。
コメント

首都高5号池袋線のHシステムオービス撤去

2019-02-18 15:27:10 | 業務連絡

首都高速5号池袋線下り方面の東池袋出口手前に設置されていたHシステムオービスの撤去を確認してきました。

手前の看板は残っていますが、カメラやレーダーはきれいに無くなっています。もしかしたらレーザー支柱型のLsオービスに生まれ変わるかもしれませんが、随時アプリを対応させて行きます。
オービスアプリ/オービスガイド/ドラコミ
コメント

移動式オービス、栃木県も手前に看板がありませんでした

2018-11-14 14:41:42 | 業務連絡

栃木県警が導入した移動式オービス(LSM-300)を那須塩原市にて確認してきました。
2018年11月13日(火)午前7時過ぎ、栃木県那須塩原市波立の市道(制限速度40キロ)です。
設置場所は、東北自動車道/黒磯板室ICからほど近い田園風景が広がる見通しの良い直線道路ですが、近くには波立小学校があります。
撮影時にはたまたまなのか子供たちの姿は確認できませんでしたが、可搬式オービスが本来あるべき場所に設置されたと感じます。
カメラの付近には私服姿(おそらく警察官)の男性が2名、反対側には警察車両が2台と数名の警察官が確認できました。

そこで問題の事前警告看板ですが、2kmくらい手前から確認しましたがそれらしきものはみあたらりませんでした。
那須塩原市の移動式オービス動画 YouTube
既に愛知県や東京都では看板無しで運用中ですが、栃木県もないようです。

この看板画像は埼玉県で撮影したものですが、岐阜県でも看板が設置されていることを確認しています。
コメント

東京都でも移動式小型のどこでもオービス運用開始

2018-07-12 15:34:58 | 日記

2018年7月12日、テレビ東京の昼前のニュースで移動式オービス運用開始が流れました。
さっそく、場所をユーザーさんが教えてくださり、葛飾区白鳥3丁目と判明しました。

地図などの詳細は、オービスガイドへ登録してあります。
http://orbis-guide.com/point/?key=1531364430

導入されるオービスは、東京航空計器株式会社製のLSM-300です。
通称:iSオービスと言われる可搬式タイプです。
愛知で導入された時の愛称は「スーツケース型オービス」で、東京は「どこでもオービス」です。
その他にも、新型オービス/移動オービス/移動式オービス/小型オービス/コンパクトオービス/三脚オービス/
ステルスオービス/最新オービス/レーザーオービス・・など様々な呼び方があるようです。
----
このオービスはレーザーで速度を計測するため、現在市販されている
レーダー探知器では探知できません。
当面の間は、ゾーン30や生活道路が主な設置場所となりますが、
しばらくすると深夜の環七や環八、首都高でも威力を発揮するかもしれません。
オービスがある/なしに関わらず安全で慎重な運転を心がけたいものです。
コメント (1)