極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

パ★テ★オ (1992)

2021-01-14 18:46:14 | なつかシネマ

 真理と婚約者の信一は婚前旅行で訪れた南の島で幸せなひとときを過ごしていたが、翌朝信一が失踪してしまう。真理は高校時代のクラスメート・優と偶然出会い、彼の協力を得て信一の行方を捜すが、二人に保険金殺人の容疑がかけられてしまう。真理は信一にそっくりな茂と婚約者・あゆみの存在から、すべては「パテオの赤いバラ」と呼ばれる幻の宝石が関係していることを知る。政府、大使館、マフィアまでもが狙う「パテオの赤いバラ」に隠された謎とは?


 日映専 ★★★


 この「パ★テ★オ」はバブルが崩壊している真っ只中の1992年にPART1とPART2はフジテレビ系列でテレビ放映され(PART1は1992年9月18日放送、PART2は1992年10月23日放送)、完結編となるPART3が1992年11月14日に全国松竹系で劇場公開されたものです。合計で4時間半ほどになるかな?

 当時、フジテレビ系の番組(たとえば笑っていいとも!)でめちゃ宣伝していたのを覚えている人も・・・って、28年も前なので、覚えている人は確実に35歳以上ですが(笑)

 昔々にビデオでTVドラマ版は発売されていたそうですが、DVD化はされておらず、「日本映画専門チャンネル」で放送されたものを見た私です。この「日本映画専門チャンネル」はフジテレビ系なのでフジテレビに関連するドラマはよく放送されますが、私は当時PART1だけ見たような記憶があります。

 トンデモ映画なのですが、あちこちに海外ロケに行き、めちゃお金をかけています。なんと言っても出演者がめちゃ贅沢で、キャストと当時の年齢を挙げておきます。

菊池桃子 24
加勢大周 23
保坂尚輝 25
鈴木京香 24
鶴見辰吾 28
松雪泰子 20
宝田明 58
奥菜恵 13
塩見三省 44
本田博太郎 41
佐川満男 53
江原真二郎 56
佐藤慶 64
江口洋介 24
鈴木杏樹 23

 みんなめちゃ若い(爆)当たり前の話だけど。
最年長の佐藤慶ですら64歳なんだもん。

 奥菜恵はこのドラマがデビュー作で、役名をそのまま芸名にしたまだ中学1年生です。
なんと言っても、菊池桃子、鈴木京香、松雪泰子の水着姿が拝めるという貴重な作品です(笑)
特に松雪泰子・・・本当にかわいい。江口洋介も鈴木杏樹もほんのワンカット出演って感じです。

 加勢大周・・・どうしてるのでしょうね(笑)



コメント   この記事についてブログを書く
« いよいよ大阪も緊急事態宣言へ | トップ | 久々に(笑) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

なつかシネマ」カテゴリの最新記事