思う心の作詞

感謝の心を

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

91 どう生きるべきか

2016年07月25日 | 作詞
この世は すべての人が 幸せにはなれない
誰かが 病の人 罪な人 ほどほどの人 輝く人※
人は助け合う事を 求められているから 繋がりを大切にしなさい
そうでなければ この世は 成り立たない※
病の人がいなければ 医者がいらない 薬局も繋がる物もいらない
罪な人がいなければ 警察がいらない 其れに繋がる物がいらない
その他もいろいろありますが※
だけど そうはいかないのが この世の中 すべて自分が選ぶ事なのだから
冒険もして 厳しさも知って 悩む事 それが生きる道 修行※
悩みも楽しさも 溢れているが 思えるようにはならないこの世
どこが別れ目か 病の人 罪な人 ほどほどの人 輝く人 選ぶのはあなた
よ~く 考えなさい 己を知りなさい 難しいが 楽しくやれるように※
目が輝いている人 楽しく喋る人 揺ったりとした人に
そんな良い縁を大切に 欲望も時には強く 時には柔らかく
ほどを知って 悩まないように ここをしっかりやらないと
悪魔が覗いてきますよ お相手を探していますから※
病の人 罪な人 ほどほどの人 輝く人になるかの 境目なのですよ
輝いたとしても ほどを忘れれば 病の人 罪な人に
落ちるかも知れない それも修行と思えば それで良し※
そうなりたくはないと思えば 素直に足りるを知るように
楽しくほどほどに 全てのものを抱え込まないように
吐き出しなさい ほどを知って 器を作れ 良い縁を笑顔で
どんどん作れ 好きな事を演じなさい あなた

コメント

90 何十年目の同窓会

2016年07月20日 | 作詞

年を重ねた顔がポツリポツリと現れて
どこか場違いかと思えるほど そんな私
若いと思っているのだろう 皆もそうでしょう
だけどじっくり見ると幼い思い出の顏が浮かんでくる
何と~な~く 分かって楽しいもの 面影が笑顔
だけど つらがまえが図太くなって 遠慮 上品さも
そんなものあるはずもない ここは年を重ねた同窓会
子供の時と同じ 雰囲気に包まれて 何となく
皆が分かりあえて ふけた顏を あだ名 名前を
呼び捨てで 呼び合う声が懐かしく※
時がどんどん昔に戻っていく 感じがいいのだろう
何となく分かる者 何十年も経てば うっすらとするが
身体はどうだいと まだまだどってことはないよと
いいながらも まあいろいろとあります お互いにね
話のタネは親をどう見ているか 大変だが 元気で良かった
楽しくやっている者 夫が亡くなっている者
仲間も亡くなった人 そうでしょうこの年だから
楽しいよ悲しい時も あっちこっちで飛び交う声が※
元気のない者には何かしなさいよ あんた
呆けっと しないで 私なんか色んな事をやっているよ
何でもやる事よ やらねば分からんもの
笑いもあり 馬鹿にされる者もあり 時と言うものはあっという間に
会えなっかった者もいるが 皆 にこにこ顔で時が流れて
良かったじゃない ほどほどに皆さん 集まってくれてありがとう
幼いころにもどって 心も和らぐよ 笑顔が出来ていいね
たまに会うのがやっぱり丁度いいのだろう また逢う日まで元気でね



コメント

89 息子より痴呆老人ホームいいじゃないの

2016年07月07日 | 作詞

いい所じゃないの 何も悩む事はないじゃないの
悪魔といる必要なんて どこにもないじゃないの
ここは楽しい所だよ お袋さま帰りたいなんて 思わない方がいい
あの家には悪魔が居座っている以上は
お墓にも参りに行く必要もないじゃないの
あの息子夫婦鬼がいる所には ちかずくな
そう言っているのだから いいじゃないの 許してくれるでしょう
よく今まで一緒にいたものだ 冷たくのけ者にされても
帰ってくるのを どれだけ待っていたか 何の事はない
金だけ取って 痴呆老人ホームに ここがお前のいる所
だって いきなり怖い事を 奴は悪魔に成り下がっていたのだよ
これも我が家のシナリオか 面白いものだ この欲望の世界は
だけど良かったじゃないの 楽しい痴呆老人ホーム
良い所だよ 皆さんいい人ばかりじゃないの
お袋の顏を見ればよく分かる 皆に感謝 暖かい感じ ありがとうと
笑顔だね 暖かい日差しも 窓からさしてきて
今日も楽しい一日で ありますと言っているようだ
田舎はいい ゆったりとして ますます元気
あの悪魔より長生きしてやりなさい これもシナリオなのか
悪い事ばかりではない 楽しいと思って100歳以上を目指して
すべて輝いていますよ 良かった良かった 
今が丁度いい
コメント

88 悪魔に落ちるな

2016年07月04日 | 作詞
人は 縁の上に 繋がっている
悲しくも 楽しくも なるもの※
だから 忘れてはならない
親を思え 人を愛せ
その心が いつも溢れているように
己の魂にたたき込め※
だけど 人は己の事ばかり 思うもの
それがこの世 悲しいかな ほどを知れ※
人には与えよ与えよその心 だけど求めるな
これがなかなか分からないのは 人の心
良い縁を求めるなら これしかない 与えよ笑顔で※
だけど己が困れば 人の事などどうでもと思う心
何をするか分からない 考えられない事をしてしまう
それが分かるように 器を作れ
親を思え 人を愛せ 与えよ与えよ笑顔で※
楽しくやりなさい ほどほどに心が乱れないように
笑顔や笑顔や あいさつ挨拶 忘れるな※
それでも 困れば人は落ちてしまう 欲望の世界
よく分かっているのだが 目覚められない
悪魔が微笑んでいるよ※
分かっているが分からない目覚めよ悪魔の心
良縁悪縁渦巻く この欲望の世界ほどを知れ※
神様が微笑むように 楽しく行けるよう親を思え
コメント