思う心の作詞

感謝の心を

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最低限知る必要ある思い 私なりに(お釈迦様)とんじんち

2014年03月27日 | 日記

人は生まれたら死に向かっていくだけ
どんな道を行くかは人それぞれ
天国へ行く人もいれば地獄へ行く人もいる
その人の現状の条件次第でどちらにも転ぶ
それがこの世の世界 止めるも行くも己しだい
誰かが善人であり 悪人でなければならない
宿命なのだ これはどうにもならない煩悩があるから
選ぶのはあなた 苦悩の世界にしているのはあなた自身
思うがままになると思うからいけない
なってくれたら いいんだが ぐらいで止めておく
素直な心が一番 いつまでも

全てのものは移り変わるものである雲のごとく
人生は修行なのだ忘れないように
よかった探しをしよう人の間で一人じゃないよ
煩悩の中にどっぷりと陥らないように出る道が
わからなくなりますよ自己中 三毒(貧とん、瞋じん、痴ち)の
貧=心がまずしい、瞋=いかる、痴=なってはどうにもならなくなります
これは地獄だ人をみさげる、全て私の言うことは正しいと、
思ってしまう自分では解らない、また夫婦は丁度よく似ますから困る

人間は何がために生きているのか食う為じゃないよ
人にほめてもらう為 努力しているのです

いつも笑顔の人と手をつなごう人の悪を言っている者には
近寄らない 楽しいも苦しいも自分の心の思いだから笑顔を

物事にしがみつかないように どんな事も それなりで良い 
強く求めないように悩みが増えますから身体に好くありません

だから欲張らないように 足りるを知ることが大事です
求めるものではなく求められるように努力しよう
子供は神からの預かり者と思えば来てくれてありがとうと思えます

死まで人生現役なのです どう生きますか最後まで輝こう
コメント