CINECHANが観た映画について

映画ブログ。感想というより記録のようなもの。

17-122「イップ・マン 継承」(中国・香港)

2017年04月26日 01時37分19秒 | 中国映画
一番大事なのは、そばにいてくれる人だ
 1959年、好景気に沸く香港。イップ・マンは最愛の妻ウィンシンと小学生の息子とこの町に暮らし、詠春拳の普及に努めていた。
 そんな中、町では裏社会を牛耳る不動産王フランクが、小学校の土地を狙って悪行を重ねていた。イップ・マンは学校に放火しようとしていたフランクの手下を見つけ、これを撃退する。
 その時戦いに協力したのが、息子が同じ学校に通うチョン。彼もまた詠春拳の達人だったが。(「allcinema」より)


 ブルース・リーの唯一の師匠だと言われる詠春拳の達人、イップ・マンの姿を描いた「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」に続くシリーズ3作目。

 アンソニー・ウォンがイップ・マンを演じた「イップ・マン 最終章」という作品があったが、ドニー・イェンがイップ・マンを演じる本シリーズとは全くの別もののようである。

 原作も「葉問3」となっている。


 香港で詠春拳の普及に尽力しているイップ・マン。

 その息子が通う小学校が不当な地上げにあいそうになり、イップ・マンが小学校を守るために立ち上がる。

 無法地帯になりつつある香港ということで、その相手は武術の達人や違う流派の武術家たちではなく、西洋人である凶悪な不動産王とその配下のチンピラたち。
 結構容赦なくチンピラたちを叩きのめすイップ・マン。

 しかし、その不動産王のフランクを演じていたのが、あのマイク・タイソン。

 期待通り、イップ・マンとフランクの激闘があり、詠春拳とボクシングの異種格闘技ではあるが、そこは一つのクライマックスだったな。

 しかし、この対決の決着には、どこか遠慮があるように感じたのは、考えすぎかな。


 そんな悪人たちとの闘いがメインかと思ったが、後半は、息子の同級生の父親であり、自らも詠春拳の達人であるチョン・ティンチがイップ・マンに挑んでくるという展開。

 しかし、イップ・マンとその家族に思いも寄らぬ不幸が降りかかる。

 
 イップ・マンは常に穏やかというか、冷静で、それでいて悪行を尽くす相手を倒していく様はスマート。
 あまり怒りを表に出さない感じであるが、家族に降りかかった不幸には涙する。


 武術と闘いの日常を送っていたイップ・マンが家族との時間を優先させる終盤はなかなかドラマティック。

 いつも思うのだが、イップ・マンって武術だけでなく、人間的にもよく出来た人だなと。


 冒頭でブルース・リーが出てきて、タイトルも「継承」だったので、ブルース・リーへの教えや鍛錬がメインとなるのかと思ったが、全くそんなことなかったな。

/5

監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、マックス・チャン、リン・ホン、パトリック・タム、マイク・タイソン、カリーナ・ン
    ケント・チェン、レオン・カーヤン、ルイス・チョン、チャン・クォックワン、ベイビージョン・チョイ
於:新宿武蔵野館
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17-121「闇金リアルゲーム」... | トップ | 17-123「新宿スワンⅡ」(日本) »

コメントを投稿

中国映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イップ・マン 継承 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらずドニー兄貴かっけー!
「イップ・マン 継承」 (ここなつ映画レビュー)
ここ数年で映画でイップ・マンその人を演じてきた人は、私の知っている限りでは、アンソニー・ウォン、トニー・レオン、そしてドニー・イェンである。本作はドニー・イェンがイッ......
『イップマン 継承』を新宿武蔵野館1で『美女と野獣(吹替)』『帝一の國』を109シネ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
最強3本を忘れる前にレビュー ◆『イップマン継承』 ▲「この手が、この手がいけないんだあ!」 五つ星評価で【★★★★★不安を瞬殺する傑作】 実の所、映画を褒めるのは ......
イップ・マン 継承 (ネタバレ映画館)
詠春拳武館をブルース・リーが継承する話ではなかった。
イップ・マン 継承 (銀幕大帝α)
葉問3/IP MAN 3 2016年 中国/香港 105分 アクション 劇場公開(2017/04/22) 監督: ウィルソン・イップ 『イップ・マン 葉問』 アクション監督: ユエン・ウーピン 出演: ド......