野山の花々

山歩きなどで見かけた山野草の写真です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新緑の金剛山を歩き九輪草に会いに行きました 2016年5月17日

2016-05-26 17:02:11 | 山野草の写真
金剛山のお花畑も終わりに近づいて、人が少なくなった頃を見計らって
新緑の金剛山を歩いて 九輪草の群生地へ花に会いに行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車料金600円を払い、新緑の林道を歩いていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水車は勢い良く回っているけど、LEDイルミは点灯していません。発電機が壊れたのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急坂の林道を約40分ほど歩くと 登山口です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新緑の源流地帯を歩きます。清々しいですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボランティアの方たちがロープをフィックスされた場所に咲く花々は終わっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これもボランティアの方たちの努力の階段です。感謝しながら通過します。

しかしこのような気持ちの良いボランティアの方たちばかりではありません。
中には根性の悪い人たちも沢山居て 分岐に取り付けた標識を片っ端から外すようないやな奴も
沢山います。あとで 触れますが そのために道間違いをする人が後を絶ちません。
今日もかわいそうな女性二人連れにあいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急坂の途中の水場で小休止です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駐車場は26度でしたが、ここはひんやりして14度です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんと浅黄マダラが水を飲みに来ていました。この蝶は沖縄の向こうの台湾やフィリピンあたりから来るそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お花畑は既に花が終わり 誰も居ません。新緑がきれいですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅惠草がはびこっています。この植物は精力旺盛で 他の植物たちとりわけ九輪草を駆逐するので
ボランティアの方たちが 九輪草を守るために梅惠草を駆除しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お弁当広場に着きました。ここも新緑がきれいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山の人たちが 新緑の下のベンチでお弁当を食べています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国見広場に到着。奈良県御所市が設置したこの看板はいつも気になるのですが、間違いです。
ここは金剛山山頂ではありません。ここは国見城跡の国見広場です。

湧出岳、葛木岳、大日岳、白雲岳の総称を金剛山と呼んでいますが、標高1125mは
葛木岳山頂の事です。ここ国見広場は標高1060m前後です。

まあ一般的にここを金剛山山頂と呼んでいるのでしょう。山上ヶ岳を「大峰山」と皆さんが呼ぶように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国見広場の金剛桜は 完全に葉桜になり、さくらんぼが出来ていました。
金剛桜は 山桜ですが御衣黄のような 黄緑色の花をつけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うどん屋さんの前の青モミジはすばらしいですねえ。
まず転法輪寺にお参りしてから、ここで食事をします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転法輪寺境内です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピンクの花が咲いて 花びらがはらはらと散り始めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海棠桜です。我が家の海棠桜は3月20に咲きましたが ここ標高1000mでは2ヶ月遅れで咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内にはあちこちに九輪草が咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秀吉が掘らせたと言う ひさご池の真ん中の弁天島にも九輪草が咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転法輪寺にお参りしたあとはうどん屋さんでお昼です。カップ麺とおにぎりで550円です。
飲み物とデザートは 持参しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さあ下山します。右はK谷道、左はT谷道で 私が分岐標識を何回取り付けても外す奴がいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山予定の左分岐ツツジ尾谷道と、直進は高畑道の分岐です。ここにも過去何回も分岐標識を取り付けましたが
すぐに取り外されます。
こんな悪意に満ちた事をするのは たぶんハイカーではなくて 地元の山仕事の人だと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山を始めて最初の滝F1です。名前が不明なので勝手につけました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新緑の中の次の滝F2です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

F3です。もしかするとこれは「腰折れの滝」と言うのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
途中で花の写真を取りながら歩いていると 同じく花の写真を撮っている女性に出会い、
その方に同行させてもらいました。
二人で歩いていると道の途中でしゃがみこんでいる二人連れの女性の方に出会いました。
聞くと K谷を降りるつもりが ここにきてしまい、ここがどこか分からないと 
しゃがみこんでいらっしゃいました。

だから私が今まで何回も山道の分岐標識を付けてあるいているのに 片っ端から撤去する
悪意溢れる奴がいるから こんな被害者が出るのです。高畑谷とツツジ尾谷を間違える人は
過去何人も会いました。

間違えやすい道の分岐を新設に私に教えていただいた アメリカ人のポールさんも数年前に
旅立たれました。

今度はその方たちも付いてこられて 4人で下山しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日であった花々
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

九輪草の群生地です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボランティアの方たちが 梅惠草の駆除をされているので 毎年花を咲かせてくれます。
この植物には毒があるので 動物は食べないそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多宝塔や五重塔の先端についている九輪のように花が何段にも咲くことからつけられた名前だそうです。
どう見ても園芸種の花のように見えますねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

九輪草の中には白い花もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キランソウです。地面にびっしりと生えるので 別名「地獄の釜の蓋」なんて下品な名前もあるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

花筏です。優雅な名前ですねえ。
俳句の世界で花筏と言うと桜の花びらが川面を流れる様を言うらしいのですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山紫陽花がもう咲いていました。始めは額空木と思い少し枝を折ってみましたが幹に
空洞はありませんでした。(ごめんなさい)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山鍬形の名前は 花の形ではなくて 実の形が 兜の形 つまり鍬形をしているからだそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常盤ハゼ。常盤と言うのは常緑のことではなくて 花期が長いからだそうです。
良く似た花の 紫サギゴケのように地面を這うのではなく、茎で立ち上がって咲きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森の恵み、ヘビイチゴ。沢山ありました。甘酸っぱい味がしておいしかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一瞬黒百合かと思いました。形は苧環なので深山苧環の一種なのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立浪草はあちこちで元気に立ち上がっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二人静です。この花軸は一本ですが 一本のものから5本くらいのものまでいろいろあるそうです。
必ずしも2本ではないようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷桔梗は谷沿いのあちこちに咲いていました。かわいい小さな花ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山野草トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/sanyasou/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩湧の森に春がやって来た 2016年3月21日

2016-03-23 17:48:19 | 山野草の写真
つい一週間前には岩湧の森は大荒れの天気で、山頂付近は息も出来ないくらいの凄まじい
ブリザードと吹雪きだったのだが、今日あちこち歩いたら なんと春の花が咲き出していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年3月14日午後3時過ぎの岩湧山頂付近です。
ものすごい風と雪で 深いところでは30センチ以上積もっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩湧の常連のHOTさんに教えていただいた雪割り一華の群生地に行くともう終わりかけていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この花は 別の場所では 2月1日の残雪の中で既に咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芹葉黄蓮も2月1日には 咲いていたのですが、もう終わりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かわりに「コガネ猫の目草」が咲き出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ヤマ猫の目草」もあちこちで咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蕗の薹も標高650メートル付近で出てきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩湧寺周辺では「土佐水木」の花が満開です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒萓も山道のあちこちに咲いて 花粉を飛ばせています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

稲森草も咲き出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この群生地ではもう少しするとあたり一面がこの花で白くなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

標高650メートル付近の水辺で見かけたこの花と葉っぱはワサビの花と思うけど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白花猩猩袴も咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この群生地では先週の雪が消えて4,5日で一気に咲いたようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横谷集落へ行ってみました。野焼きをして田植えの準備中です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもの滝へ花を見に行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福寿草はほとんど終わりかけていました。まさかこんなに早く咲くとは思いませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日当たりの良い場所では 紫花菜(むらさきはなな 別名諸葛采、花大根)がもう咲いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アマナももうすぐ開きそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貝母(ばいも 別名編み笠ユリ)も咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下から貝母を見上げたところです。編み笠といわれるのが良く分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日野の集落を回って帰宅しましたが なんと桜が咲いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも見かける場所の早咲きの桜です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

空気はまだ冷たいのに、やはり春が来たのですねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山野草トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/sanyasou/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全体のトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩湧の森の朱鷺草 2015年 6月13日

2015-06-13 17:30:19 | 山野草の写真
岩湧の森の常連 あつきさんに珍しい花を教えていただいた。

「朱鷺草」もしくは 「山朱鷺草」という花で欄のなかまである。

ネットで調べると そのかわいらしい容姿から山野草愛好家の

注目の的で、山野草専門店へ売りさばくプロが根こそぎ持っていくというので

既に「絶滅危惧種」に指定されているという大変な花である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いかにも欄の仲間のような姿である。いずれも6月13日の画像であるが、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月11日の雨降る岩湧の森の朱鷺草の様子もあまり変わりは無い様だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山野草のトップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/sanyasou/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山のお花畑を歩く 2015年5月8日

2015-05-08 18:51:46 | 山野草の写真
久しぶりに金剛山のお花畑を歩いた。
五月の連休は凄い人出だと 敬遠していたが、この日もお花畑のコースは 凄い人だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤の花を見ながら山道を登る。沢山の人がお花畑のコースへ歩いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

去年秋の台風で崩壊した斜面はもう既に復旧済みだ。さすが 将来発展都市富田林市は やることが早い。

それに比べて 将来消滅都市河内長野市は 岩湧山の崩壊した道は2年以上も放置していた。
税金だけ取り上げて 何もしない河内長野市役所は 情け無い。
ボランティアたちは 懸命に崩壊した山道の復旧工事をしたが市はなにもしない。

しかしこのお花畑コースの道や、山野草も沢山のボランティアの方たちによって守られている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山道を歩いていくと やがて一輪草の群落に到着。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一輪草の花。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見渡す限りの一輪草の大群落は 見事だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度は二輪草の群落だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二輪草の中に一輪草も混じっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二輪草の花。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お花畑を見ながらあちこちでお弁当を食べている人たち。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登っていくと今度は山芍薬の群落だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山芍薬がたくさん咲いている。
先週大峯奥駈道を歩いたときは まだ蕾も小さかったのだが、やはりここは標高が低いから咲いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蕾もたくさんあり、まだまだこれから咲くのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

九輪草の谷へ入ってみた。まだ少し早かったようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

咲いている花もある。例年5月末頃が満開だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

九輪草の花。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姿かたちが 多宝塔の屋根の上の九輪塔に似ているから名づけられたそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂の転法輪寺けいだいにも 二輪草が満開だ。お地蔵さんを囲んで咲いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

樹齢数百年といわれる金剛桜はもう散り始めていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金剛桜は 御衣黄に似た黄緑色の山桜だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国見広場では 遠足の園児たちが 満開の山桜の下でお弁当だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食べ終わった子供が先生を捕まえて大変だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日見たそのほかの花
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三つ葉土栗もお花畑の中で沢山咲いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷筋の登山道には 沢繁縷が咲いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

深山苧環の花
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雪笹の可憐な花も 開き始めている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

深山黄華鬘の花。華鬘は仏具で本来インドでは花輪を指していたが 日本では内輪型の装飾品で
此花とは似てもいない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常盤ハゼ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷桔梗も開き始めていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蛇イチゴ。こいつが一輪草や二輪草の群落の端に紛れ込んでいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳴子百合の蕾が小さく付いている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こちらは黄色ではなく、紫華鬘。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山吹の花も満開だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羅生門蔓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カキドオシ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ツボスミレは山頂に沢山咲いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山野草のトップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/sanyasou/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウエブののトップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片栗の花満開の大和葛城山  2015年4月26日

2015-04-27 10:40:20 | 山野草の写真
毎年今頃になると 片栗の花が咲く大和葛城山 へ出かけた。

※大阪府河内長野市の自宅付近には 葛城山 と言う名前の山が4ッあります。
和泉葛城山 、南葛城山 、中葛城山 、大和葛城山 の4つで 大和葛城山 は奈良県御所市にあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山口の水越峠は大阪府と奈良県の県境にある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山吹の花が咲き乱れる山道を気持ちよく登る。
しかし1時間で約300メートル登る山道はかなり急坂が多い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「片栗の花や岐阜蝶が生息しているけん、入ったらあかんよ」
と書いてある立て札のところにリュックが二つ置いてある。さては密漁かと見ていたら人が二人出てきた。
大きな補虫網を持った密猟者かとおもいきや、山仕事のご夫婦だった。
「木が茂りすぎたから少しきれいにしていた」らしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りの森は綺麗になっていた。森も手入れがいるものだなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パラグライダーグランドに到着。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は天気がよいのに遠くは霞んでいる。花粉はほとんど終わりなのでPM2.5だろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂付近は山桜が満開で 花びらが風に散り始めていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片栗の花は「自然探索路」の奥のほうへ歩いて行き、咲くの向こう側に咲いているのを望遠で
写真に撮るのだ。丁度12時半になり、お腹も空いたので先にお弁当を食べようとツツジ広場の
お弁当デッキに上がって食べ始めた。

食べながら 何気なく周りをよく見ると 紫の花が沢山咲いている。スミレにしては大きい花だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとお弁当広場に 片栗の花が大群生しているではないか。
あわてて写真を撮り始めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこらじゅうに咲いた片栗の花。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

群生している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

回りでは子供が走り回ったりしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よくこんな場所に群生しているものだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風に揺れてとてもきれいだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜかみなさん この場所をご存知ないようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よく見るとツツジの下笹を刈り取った跡に咲いている。熊笹の切り口が ちくちくして痛いのでみんな歩かないのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「片栗や その艶やか姿 春乙女」
どうか盗掘されませんように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岐阜蝶も飛んできた。羽がかなり痛んでいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この岐阜蝶も傷んでいるなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りのツツジのつぼみはまだ固い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事を済ませてゆっくり歩いて山頂へ。
金髪のままと男の子たちが 金剛山を指差してなにかしゃべっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあたりの赦免には片栗は無く他の花もまだ咲いていなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂では子供たちが走り回っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は岩湧山は微かに見える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は片栗の花を堪能したので 自然探索路へは行かずに ダイトレをそのまま下山した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金剛山を見ながら沢山の人がお弁当を食べていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山桜がこのあたりでも満開だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白っぽい八重の山桜だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タムシバの花も沢山咲いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山したら登山口付近出はスズシロ草が咲き乱れ道の両側が白くなるほどだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登山口付近の山ツツジはようやく開き始めていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山野草のトップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/sanyasou/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウエブののトップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加