気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

群馬県:浅間高原しゃくなげ園(6/2)レポ

2013年06月03日 | 山歩き


【シャクナゲ】

日曜はシャクナゲ目的で別の山の予定でしたが、急遽マゴタンと来たので
近くの手軽にシャクナゲが見られるところを捜しました。

草津温泉近辺の殺生方面は既に終了。
浅間北面の浅間高原しゃくなげ園の上の方が
まだ咲いているというので行ってみました。

場所はコチラ

トラックは北側が駐車場になります。

駐車場の標高約 1530m
尾根山頂の標高 1820m
標高差 290m


前日の草津温泉のペンションから駐車場に向かう途中、キャベツ畑から眺めた浅間山


駐車場は広く、駐車場案内する人が数名、売店や簡易トイレもあります。
でもその割に車が少ない・・・本当に咲いているのだろうか?と思ってしまいます。



石楠花の咲いている期間中は美化協力金大人200円、子供は100円。
我が家は子供料金はとられず、大人3名分600円でした。



開花情報を聞きますが、どうやら下の方はほぼ終了。
往復3.4キロ 約3時間という一番遠い(標高の高い)カモシカコースでないと
見られないようです^^;



入口から既にシャクナゲの木がずらり並んでいます。
咲いていたらさぞや見事でしょう。
石楠花が咲いていれば短距離のこまどりコース1時間で楽しめたはずですが残念!


チップの敷かれた歩きやすい道がありがたいですが
マゴタン弟はまたも歩きません。最初から抱っこです(^_^;)


女の子三人?はとりあえずはしっかり歩くのですが・・・(^^ゞ


おっと、もう一人最強の?いえ、弱々な元女の子(^^ゞ


つつじやタンポポでマゴタンは喜んでいます。






綿毛をフゥ~~~♪




目的のお花が無いのはさびしいですが、マゴタンズを見ているだけで癒されます(^^ゞ


タチツボスミレ


レンゲツツジ






麓の車道沿いにはレンゲツツジが満開でしたが
少し標高が高いのでここは今が咲き始め。

展望園地で
曇りがちですっきりとした展望ではありませんでした^^;


浅間山方面かな?


おやつを食べたら元気回復のマゴタン弟
少しだけ歩きました(^^ゞ


何しろまだ1歳半ですから(^^ゞ

ツィンズは順番にママに抱かれたり、おじいちゃんに背負われたり。




まだ咲いているというカモシカコース分岐点迄来ましたが、
なるほど少しある程度です。


活火山の浅間山山塊ですからここにはシェルターが設置されていました。
眼下には盆地が広がっていますがマゴタンには観覧車が見えることで楽しそうでした。
「観覧車乗ったことあるよ。タァータンは乗ったことある?」と話しかけてきます(^^♪




後は思ったほどのお花が無くマゴタンには退屈するような道ですが、
それでも手をつないで歩けるほどの道幅で安心して歩けるのが何よりでした。


ようやく見応えのある株


そこで下りてきた方に上の様子を伺ってみました。





尾根山頂まで行かれたそうですが、
上の方が咲いていたというのでもう少し行ってみることに。





これまでは人の手で植えられ自然に調和した自然園として
りっぱなシャクナゲの木が並んでいましたが、
この先はところどころに自生の木が花を咲かせているということでした。


あと30分くらいかなということでしたが
子供の足ではかなりかかりそう・・



ということで、トシちゃんがここでリタイヤ宣言。
私だけ写真を撮りに行って来いよ・・と言うことで
そうすることにします。




一人で歩き出すと、「聞いていた通りところどころに咲いてました。













私が先に行くと、マゴタンも上に行くと言って下りず、またしばらく歩いたそうです。


おじいちゃんのカメラで




下りてくる人に上までの時間など聞いて、上の標識辺りで再び下りることにしたそうですが





その頃私は山頂に着いておりました。




山頂辺りに咲いていたミネズオウ


コイワカガミでしょうか?



山頂にいたご夫婦の写真を撮ってあげて、お二人が下りた後は一人だけ。

雲がかかって上ははっきり見えませんでした。


晴れていれば展望は良さそうですが、残念。

山頂のコマクサが咲き始めていました。


まだ殆どが蕾ですのでこれから楽しめます。



マゴタン達が待っているので同ルートを急ぎ下山することに。
登りでは見えなかったシャクナゲが下りでは見えるものなんですね♪
自生しているのはアヅマシャクナゲ(吾妻石楠花)とハクサンシャクナゲ(白山石楠花)の二つだそうです。














今年は春先に雪が降ったりして気象の変化が激しく、
石楠花の開花も今一つのようでした。



でもこうしてそこにある木が花を咲かせてくれる、
そんな自然の巡りが嬉しく思えます。




落葉松の新緑もきれいです。シャクナゲはポツンポツンと咲いていますが
これが今年の様子のようです。





そんな風景を静かに楽しまれているご様子の年配の方と
時折話しながらカメラに収めてきたのでした。


するとマゴタンの声が聞こえてきてビックリ。
角を曲がり、顔を見るとマゴタンが走ってきました。




どうしても上に行くと言って、私の後を追って登っていたことをこの時知りました。

なんて愛おしいのでしょう(^^♪





山頂までは時間がかかりそうだと下りてきた人から聞いて下りたものの
今度は「もう歩けない」とマゴタンが言い、ここでおやつやジュースを飲んで
私をまってくれていたようです(^^♪

てっきり車に戻っていると思ったのですが・・(^^ゞ
休んだお蔭か、駆け寄ってくる元気がちゃんと
チャージされておりました(笑)


今回はこれで良かったように思いました。






マゴタンが撮った写真



シェルターまで戻った後は周回して下りることに。


この辺りは満開だったらさぞや見応えがあったことでしょう。
ここならもっと年をとってもまた来れそうです(^^ゞ







レンゲツツジ


登りの道にもどってきました。


登ってくる人に開花状況を尋ねられますが、
山頂近くまで行かれた方が楽しめるとしか言いようがありませんでした(^^ゞ




駐車場に戻ってきました。


駐車場管理やトイレ設備などありますから利用料、美化協力金というのは惜しむものではありませんが、
殆どがシャクナゲを見たくて来る観光客に、これで咲いていますというのは親切を欠いていると思いました。

私は上まで行って、自然のシャクナゲも楽しみましたし、
山に行けばこういうことはいくらでもありますから慣れていますが
腰を曲げて歩いているおじいさん、おばあさんを見ると
管理されている場所なのに・・と残念に思ったことでした。


ちょっとさみしい締めくくりになりましたが、土日はこうして
マゴタンズとの旅を楽しみました。

三人にとってはきっと大きな旅だったことでしょう。

「また行こうね、タァータン」と言ってくれるマゴタンの言葉が
嬉しいトシちゃん&sanaeでした。

子育てで毎日大変な娘にとって少しはリフレッシュできたら良いのですが、
長旅で疲れたかな(^^ゞ

まだまだ手のかかるマゴタンズですが
帰ってくればまた連れて行ってあげたいなと思うジジババです(笑)

山歩きのような危険なアドレナリンが出ているのでしょうか(^^ゞ

それも今のうち・・・あと何年できることか(^^ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬県:八間山山麓のシラネ... | トップ | 本『聞く力』 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お孫さんとの旅 (まきまき)
2013-06-05 22:37:04
こんばんは
 八間山のシラネアオイを見てから翌日はシャクナゲ園でしたか今年は花が少なかったようですね。一番上のコマクサも咲いていますね。何年か前ここから浅間山方面に行ったことも有りました。
Unknown (インレッド)
2013-06-06 06:52:22
お早ようございます。
山を楽しみながら、お孫さんに遊んでもらい。
楽しい日々ですね。
ここは山頂からさらに上部に行く事が出来ます。
黒斑の先のJバンドあたりに登り上げます。そこは
通称バカ尾根なんて言ってガレ場になっています。
まきまきさん (sanae)
2013-06-07 01:32:24
やはり浅間山方面に行けるのですね。
登山道が延びている様子がちょっと気になってました。
またきれいな時期にシャクナゲ見に行きたいです。
インレッドさん (sanae)
2013-06-07 01:37:08
おかげさまで遊んでもらってます(^^ゞ
山頂に立って、もしかしたら行けるのではないかと思いましたが、やはり行けるのですね。
浅間は黒斑山しか行っていないので
行けそうなら行ってみたい気もします。
ガレ場が気になりますが・・^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。