xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場にて

2005年11月19日 | cinema-japan
金曜日、『エリザベスタウン』を見た後、続けて見たのは『ALWAYS 三丁目の夕日』です。

原作は「西岸良平」の名作マンガ『三丁目の夕日』から選りすぐったエピソード12編。


東京タワーの建設が進められる昭和33年。上野駅に集団就職で上京する一団の中に『六子-ムツコ-(堀北真希)』もいた。彼女の就職先『鈴木オート』の社長『鈴木則文(堤真一)』が迎えに来ていた。大きな自社ビルを持つ会社を想像していた『六子』だったが、二人が向かったのは下町の夕日町三丁目の片隅にある小さな自動車修理工場だった。
『鈴木オート』の向かいにある駄菓子屋の主人『茶川竜之介(吉岡秀隆)』は売れない小説家。賞に落選し続ける彼は子供雑誌に連載することで生計を立てていた。夕日町にやってきたばかりの飲み屋の美人おかみ『ヒロミ(小雪)』に気を寄せる『竜之介』はひょんなことから身寄りの無い少年『淳之介』の面倒を見ることになるが・・・


本当の幸せとは何なのか、考えさせられる作品です。

私は昭和41年の生まれです。この作品の年代とは異なりますがどことなく懐かしさを感じました。
私も就職は田舎ではなく横浜でした。今は東京駅が地方への受け入れ口になっていますが、私の時の受け入れ口はやはり上野駅でした。上野駅には地方出身者になんとも言えない郷愁を誘う何かがあるように思います。


鑑賞前、実は最初主人公の一人『茶川竜之介』を演じるのが「吉岡秀隆」であることに実は不安を抱いていました。しかしそれは杞憂な心配でした。

色々なキャラクターが画面に出てきますが、全員がキャラになりきっており、あの時代に本当に生きているかのように見えました。
高度成長期に向かおうとしている時代、下町では豊かではありませんが、人と人の触れ合いがありました。テレビ・冷蔵庫が当たり前のようにある現代とは異なり、三種の神器といわれそれが家に来ること自体が大きなイベントになってしまう、物の大切にする心がまだ残っていた時代だと思います。(しかし冷蔵庫が来たことにより今まで使われていた貯蔵庫が捨てられているところに今の使い捨ての時代へ向かう兆候も描かれています。)

美人に弱い私が目を引かれたのは『ヒロミ』を演じた「小雪」です。最初は水商売の女性らしく周りとは浮いた雰囲気を漂わせていましたが、物語が進むにつれ三丁目に馴染んで確かにその町に住む一人の住人になっていました。目に見えない指輪はきっとどんなにお金をかけた指輪より輝いていたことでしょう。
「吉岡秀隆」が演じた『茶川竜之介』は前半はコミカルな面が目立ちます。しかし『ヒロミ』との淡い恋、『淳之介』との親子にも似た愛情には感動を覚えずにはいられませんでした。
鈴木オートの社長『鈴木則文』、職人気質で頑固、でもどこか早とちりな社長にはおもわず『いるいる。』と思ってしまいました。演じていたのは「堤真一」。
鈴木オートの奥さんには「薬師丸ひろ子」。一家の大黒柱である父親を立てていますが手綱はちゃんと握っている、あの時代はそんなお母さんがたくさんいたんですよね。今は父親を立ててくれる奥さんが少なくなってしまったようですね。(未婚の私にはよく分かりませんが・・・)
ほっぺが赤い純真娘『六子』には「堀北真希」。希望と不安を抱えたその姿に、なんとなく昔の自分を重ねていたような気がします。


物質的には満たされている時代に生きている私たちですが、物語の彼らよりも不幸せな時代に生きているのかもしれません。
何度も何度も見たくなる作品だと思います。


評価 星 いつつ(満点)


公式サイトはコチラ
ALWAYS 三丁目の夕日@映画生活


P.S.
私の町富山には今も路面電車が走っています。Uターン後は乗る機会が無いのですが、高校時代に乗った車両は板張りの床だった事を思い出しました。




このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク



これまでのレビュー一覧はコチラから



Amazonで買う

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版

バップ

このアイテムの詳細を見る

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

バップ

このアイテムの詳細を見る

-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ

バップ

このアイテムの詳細を見る



ALWAYS 三丁目の夕日関連

西岸良平関連

吉岡秀隆関連
堤真一関連
小雪関連
堀北真希関連


Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エリザベスタウン」劇場にて | トップ | グレープ「三年坂 完全盤」購入 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (アンちゃんパパ)
2005-11-20 11:17:16
コメント、TBありがとうございました。

こちらもTBさせていただきました。



その時代を知っているものとしては、なつかしくもありましたが

何よりも夢があった時代だったんだ、って今実感しています。



あの当時の幸せな時代はもどりませんが、

これからを考え見つめ直していくには、

いいきっかけの作品だったように思います。

明日、後編を公開しますので、ぜひごらんください。
こんにちは♪ (ミチ)
2005-11-20 20:24:26
あ、満点ですね~♪

この時代には生まれていなくても、例えば上野駅とかダイハツミゼットとか個人的に思い入れがあればすんなりとこの世界に入っていけるし、もしそうでなくても何らかの刷り込みによって誰もが懐かしいと感じることのできる作品でしたね~。

富山って路面電車走っているんでしたっけ?

積雪の時は大変でしょうね~。

今年は暖冬だといいなぁ。(地元ネタ失礼!)
Unknown (takeshi)
2005-11-21 00:53:24
はじめまして



TBさせていただきます。

とてもいい映画だったと思います。

堤真一さんのガンコ親父がなかなかかっこよかったと思いました。
こんにちは! (ふくちゃん)
2005-11-21 20:20:57
xina-shinさんも星いつつの満点ですね!

ほんとに何度も何度も観たくなる映画ですね。

DVDが出たら、必ず買おうと思ってます。気が早いですが・・・(笑)

出演者がみんなはまり役でした。特に六子ちゃんかわいかったなぁ。
なんどもなんども (ぐ~)
2005-11-22 22:53:57
なんどもなんども観たくなる映画、ですね!

DVD購入即決でした♪早く出ないかな~♪♪

1人1人のキャラクターすべていかされていて、

かなり楽しめました!&はまりました!!
赤いほっぺ (ななな)
2005-11-28 20:03:20
六ちゃんは可愛かったです。

シュークリームって何だか素敵な食べ物に見えてしまいました。

何だかにっこりしてしまうほどゆったりと温かい時間が過ごせた映画でした。

懐かしすぎます (カクジー)
2005-12-02 11:04:16
昭和33年だと私、小学3年。一平と同じ位ですね。



都電も町並みも下町のおじちゃん、おばちゃんたちもみんな懐かしくて、あっちこっちで泣いちゃいました。



都電往復25円、銭湯大人12円、中華そば30円、冷蔵庫用の「氷」一貫目で35円、鶏卵1個5円の時代です。



私が住んでいたのは、東京都墨田区吾嬬町西4丁目38番地で、東武亀戸線「小村井」からすぐの7軒長屋でしたね。



下町の人、感想下さい。



はじめまして!! (トモゾウ)
2005-12-04 13:43:33
TBありがとうございました。

とても感動しました。

吉岡秀隆さんヨカッタですよね♪



こちらからもTBさせてもらいます。
コメントありがとです。 (ALICE)
2005-12-05 11:30:46
xina-shinさん

あたしのブログに遊びに来てくれて

コメントまで頂いてありがとです。

小雪の演技も良かったですね。

三丁目には入れない人なんて居ないんだ、すごく

あったかい街なんだって思えましたね。

こういう映画を荒んだ心の人に見てもらいたいです。



また遊びに来ますね。
こんばんは。 (偏屈王)
2005-12-05 20:26:51
コメント&TB有難うございました。



ほんとうにいい映画でしたよね。

>しかし冷蔵庫が来たことにより今まで使われていた貯蔵庫が捨てられているところに今の使い捨ての時代へ向かう兆候も描かれています。



捨てられた貯蔵庫を悲しそうにじっと見ている、ピエール瀧演じる氷屋のアップが妙に心に残りました。



富山に都電が走っていること、知りませんでした。

素敵ですね。

東京タワーは誰が壊す? (masato1)
2005-12-15 01:13:45
ロングランも決まったようで、やたら評判良いみたいですね。



この作品はあんまり好きではないんです。

鎮魂歌として作ったんだと思うのですが、ノスタルジーへ流れてしまったように思えます。



完成した東京タワーをどうやって壊すのか?

次回作を待ちます。



遅ればせながらTBをありがとうございました。
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-09 00:45:40
はじめまして、TBさせて頂きます。

この映画、なんとも懐かしいあたたかい映画でしたよね。

最後の完成後の東京タワーと、夕日を見るシーンは、

印象的で感動する場面でした。
Unknown (exp#21)
2006-07-29 18:09:28
この映画、評判どおりでよかったです!泣けました、笑えました!吉岡君の演技が個人的にとっても気に入りました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
少年向、青年向、成人向、家庭向、文部科学省選定作品。 チラシ広告の宣伝文句では観に行こうと思ってなかったけど 予告編を観たり、試写会に行った人のブログの感想を読んだりして
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の方がたくさん観に来ていました。 映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/} ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。 「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/} 昭和33年春から冬までの、鈴
オードリーが好き[42] ALWAYS 三丁目の夕日 前編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} 覚えていますか? わが家にテレビがやってきた日のこと。 もちろん年代によっては、テレビ放送が始まった頃には 生まれてなかった方もいらっしゃるのですが 少なくとも昭和28年(1953年)までに生まれた方でしか この頃の記憶はないはずです。 でも、
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
ALWAYS 三丁目の夕日 (loop the loop)
「ALWAYS 三丁目の夕日」をみてきました。 ふわっとしたあったかさのある映画ですね。 原作の漫画は読んだことないんですが、いい映画になっていると思いました。 実は予告編を何度か見て、よくあるなつかし系の映画かな、と見くびっていました。 そのあと、
ALWAYS 三丁目の夕日について語る (*ASCENT -The Fragment of My World.)
「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。 久しぶりの映画館です。こういう映画を見ると古き良き時代に憧れてしまうなぁ。この手の映画にありがちな中だるみもなく、内容も分かり易くて、終始楽しんで見れました。誰が見ても楽しめると思う。 今年見た映画の中で、No.1
オードリーが好き[42] ALWAYS 三丁目の夕日 後編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} この映画をごらんになった当時を知る方は、 どんな思いで観ていたのでしょう? ある方は、楽しかったことを、ある方は辛かったことを また、なつかしさに涙した方も。 それでも・・・幸せだった時代です。 未来への夢があった時代です。 {/heart_pink/} い
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、
ALWAYS 三丁目の夕日 (Saturday In The Park)
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代
映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかった
ALWAYS三丁目の夕日 (のんびりぐ~)
作品:ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 主演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ 制作:2005年 日本 映画館 ALWAYS三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 今年ももう
ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。 「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き
ALWAYS 三丁目の夕日 (cinema capsule)
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (音の鳴る木)
 時は昭和33年、東京タワー建造中の東京のとある町が題材の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。あまり邦画は好んで見ないんですが、そんな俺からも言わせてください「見ないと損な映画」です。チョットばかし期待はしていましたが、それおを大きく超える期待以上の作品
ALWAYS 三丁目の夕日 (Alice in Wonderland)
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな~って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について) (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。 誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。 今回は映像のことに絞って語ります。 「神は細部に宿る」といいますが、この映画にはまさに細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執とでも
ALWAYS 三丁目の夕日 (トモゾウのオススメ!!映画情報)
 ども~。こんにちわ~。今日は、明日(11月5日)公開の映画です。ジャンルでいえばヒューマンかな。シリーズの総発行部数が1400万部を記録する西岸良平のコミック「三丁目の夕日」を映像
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (KINOKANAL)
監督:山崎貴 出演:堤真一,吉岡秀隆,小雪,薬師丸ひろ子,掘北真希,もたいまさこ,三浦友和 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビが.
ALWAYS 三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。 ”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (わかりやすさとストーリー)
●昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品●平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた (アロハ坊主の日がな一日)
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。 「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。 でも、よかった。またまた感動してしまった。 昭和33年。東京タワーが建った年。 東京の夕日町三丁目には、個性的な人
ALWAYS 三丁目の夕日 (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
製作:2005年、日本 原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。 舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。 VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい! 自分はまだまだ生まれてもいない。 小さい頃でも、この映画に出て
ALWAYS 三丁目の夕日 (週末に!この映画!)
僕の期待値:91%  クリスマス・イブということで愛情たっぷりの映画。(ちょっと
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
ALWAYS 三丁目の夕日 (いつか深夜特急に乗って)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★★(中劇1) 2005
ALWAYS 三丁目の夕日 (mugimugiの自己ちゅー映画レビュー)
むぎむぎ評価10★★★★★★★★★★ 映画館で観ました。 ★10個来たよ~っ!言いたかないけど私は36年生まれ。でも昭和33年を描いたこの映画は、充分なつかしく、心のど真ん中にストライ~クっ!って感じでした。私がいつも行くシネコンは、いっつもガラガラなのに、ほ...
ALWAYS 三丁目の夕日(2005年) (勝手に映画評)
タイトル ALWAYS 三丁目の夕日 ---感想--- 既に平成も18年になり、「昭和」と言う元号は懐かしいものになりつつありますが、この映画は昭和33年、東京タワーが建設中であった頃の時代の物語。劇中、建設中の東京タワーの絵が随所に出てきますが、非常に良く出来ています。
【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
CINEMA●STARR「ALWAYS三丁目の夕日」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版  昭和33年、東京タワーが完成したこの年、夕日町三丁目の個性的な面々が巻き起こす、笑いあり、涙あり、心温まるストーリー。     心温まるエピソードの ...
母の気持ちが痛すぎる。 (AI and U* 半熟オトナすたいる。)
↑60's風でキザステキングでふね きょ、実家から宅急便が届いた(*・ω・)/ オーストラリア旅行中に来てた『ピンクセーター』とか、 『ベロアのレーススカート』とかとか・・。 あと、新米とかΣ( ̄ロ ̄|||) made by お祖母ちゃん家 ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・・ (サクサクっと・・・)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 友達と最近全然DVD借りてないんだぁって話してら、 これいいょぉって貸してくれた 「ALWAYS 三丁目の夕日」 そぅそぅこれ見たかったのょ・・・・・・
「ALWAYS 三丁目の夕日」でじんわり。 (末っ子長女にしえみのイラスト日記)
←応援御願いします。 いいなあ。 人って。 みました。 「ALWAYS 三丁目の夕日」 人情って アツイなぁ。 いいよなぁ。 豊かだなぁ。 大切なものって 目にみえるものじゃぁないんだよなぁ。 お金持ちの家、とか 実際の指輪、とかじゃな ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (kasumidokiの日記)
always 三丁目の夕日 発言者:→宵里、
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 三丁目の夕日 (Blossom Blog)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督 山崎貴 出演  吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 日本 2005
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...