xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「CASSHERN」DVDにて

2005年01月04日 | cinema-japan
DVDで『CASSHERN キャシャーン』を観ました。

監督「紀里谷和明」、主演に「伊勢谷友介」(ファンの方すいません。誰ですか?この人)、共演に「麻生久美子」「寺尾 聰」「樋口可南子」「唐沢寿明」などオールスターキャスト。


世界は二つに分かれていた。大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合は50年もの長い間戦争状態にあり、世界は荒廃していた。
『東』博士(寺尾 聰)は新造細胞の理論を学会で発表した。この研究を進めれば妻ミドリ(樋口可南子)の病気が治せると信じるが為であった。学会では見向きもされなかったが、独裁者『上条』将軍(大滝秀治)の思惑により軍部が密かに接触、研究を開始するのだった。
『東鉄也』(伊勢谷友介)はそんな父に反発し、幼友達であり婚約者でもある上月ルナ(麻生久美子)を一人残し、志願して戦場へと向かう。
新造細胞の研究は進められたが、まだ完成には至らなかった。そんな東博士のもとに連絡が入った。鉄也が戦死、遺体はもうすぐ運ばれてくるという訃報であった。同じ時、研究施設に事故が発生。新造人間が次々と作り出され、それらは自我を持つに至った。軍部の手を逃れ、新造人間のごく一部のものは訃報に接し、施設に向かっていた『ミドリ』を人質にとり逃亡に成功する・・・


ここまでメッセージ色の強い作品だとは思いませんでした。設定をアニメの『新造人間キャシャーン』に借りているだけで全くの別物と考えた方が良いかもしれません。
違和感を感じたのは人物と背景のCGとの合成具合。もう少し背景をぼかしても良かったのではと感じます。背景が強すぎて人物が負けている印象を受けました。
世界観などに関しては割合好きな部類に入るので私はよかったと思いますが、人によっては拒否反応が出てしまうでしょうね。
個人的にはもう少しアクションが欲しかったですね。特に後半は人間ドラマが前面に出ていた為、作品としてのバランスが崩れてしまった気がします。
愛というメッセージを伝えたいのは分かりますが、伝えたい愛の形を欲張りにも幾つも表現している為、逆にボケてしまっています。人類愛についていいたかったのか、家族愛、それとも・・・


アニメの『新造人間キャシャーン』を好きな人は見ないほうがよいと思います。


評価 星 にーてん ご


公式サイトはコチラ
Yahoo特集サイトはコチラ
CASSHERN@映画生活


P.S.
麻生久美子さんは綺麗でしたね。邦画を見ない私ですら名前を知っている彼女、要チェックです。
麻生久美子さんと鶴田真由さんて声が似てると思いません?鶴田真由さんもでててちょっとうれしかったりして・・・


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ



Amazonで買う


キャシャーン
関連

伊勢谷友介 関連
麻生久美子関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「火山高」DVDにて | トップ | 体調不良・・・ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yujin)
2005-02-26 23:08:35
はじめまして。

TB貼らせていただきました。



贅沢な俳優達を活かしきれてない

印象を受けました。



凄いCG技術だろ!って

堂々とすればよかったのものを、

映画として観せることを

意識しすぎたのかなーと。
Unknown (experience#21)
2005-08-26 09:11:44
レビュー拝見しました。僕も悪い映画ではないとおもいましたが、おっしゃるとおり、最後あたりに、テーマがぼけたかなーって思いました。色々詰め込みすぎたかんがありますよね。
Unknown (koki)
2009-03-02 15:24:16
これだけ評価しておいて「誰ですか?この人」はないんじゃないですか?
あなたのレビューは一言多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
CASSHERN ( 【 bOooPs! 】 世界中の(゚∀゚)な話題をレビュー!)
CASSHERNのDVDが発売になるようですね。 個人的には結構、お勧め。 どの映画にも賛否両論あるとは思いますが、 初めての作品でこれならば 次回はもっと期待できるのではないかと思いますね。 まー、ただちょっと無駄に長い部分も多い気がしますけど。 しかし、何故か
『CASSHERN』 ☆ (軽快?携帯の世界)
 いやいや本当は☆を二つにしたかったのですが時間がたつにつれ☆がなくなってしまいました。時というのは恐ろしいものです。  監督は紀里谷和明。ご存知宇多田ヒカルの夫で映像クリエーターらしいです(よく知りません)主人公は伊勢谷友介彼の作品は今回が初めてで若手実力
CASSHERN (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
 1973〜74年にかけて放送されたTVアニメ「新造人間キャシャーン」の映画化
キャシャーン (こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!)
見ました。 感想はキャシャーン早えー&意外と長い。 まぁあれだけCGをドカーンと
CASSHARN ★★ (目指せ!映画批評家)
エンタメ装っておきながらテーマが重過ぎる!観客が求めていたものは反戦映画ではない。 監督は宇多田ヒカルのPVでおなじみ紀里谷和明監督。一言で言うとこの人は監督やるべきじゃない!背景美術や映像表現、CGの色彩感覚は日本でも非凡なレベルに達していてそこは高く評
キャシャーン (極私的、格付け!映画ガイド)
★☆☆☆☆ 幼稚なセリフも許しましょう。 説教くさいのも。 説明的すぎる会話にも目をつぶりましょう。 なんと言っても、月を背にしたキャシャーンの雄姿にしびれますから。。 ロボット軍団をコテンパンにやっつけるシーンからはカタルシスをうけるし、 チョップで
「CASSHERN」 (日々嘉綴批評)
2004  日本 配給:東宝 監督:紀里谷和明 出演:伊勢谷友介、樋口可奈子、唐沢寿明、寺尾聰、麻生久美子 ほか オススメ:★...
キャシャーン (レンタルシネマ漂流記、主に。)
あ〜、うっと〜し〜〜〜。ええかっこして反戦とか人類愛とかメッセージされても、制作者のあざとさとかっこつけが目立って、しょーもないだけやん。 井筒さんの「パッチギ!」は未見やが、きっと雲泥の差に違いない。今度こそ「ガキ帝国」のごとくきちっと娯楽しながら、メ
「CASSHERN」観ました。 (STUDIO+U)
インフルエンザウイルス撃退間近! 頭痛が治まったので、iBookにDVD 入れて映画鑑賞しました。 この映画、日本のラズベリー賞にあたる 木いちご賞受賞作品なんだそうです。 早い話、\"ダメ映画\"ということです。 しかし個人的には、紀里谷監督の描きたかった 世界、彼のや
CASSHERN(キャシャーン)・・・ (サクっと)
CASSHERN日本初の本格CG映画?というのでちょっと興味あったので 借りてみました 「CASSHERN」 さてさてどんなもんですかねぇ・・・...
-映画のご紹介(42) キャシャーン がやらねば誰がやる 俺がやるぞ! (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(42) キャシャーン キャシャーンをDVDで観た。 まずはYahooムービーから映画データをご案内 70年代に人気を博したタツノコプロの名作アニメを、製作費6億円をかけて実.
宇多田ヒカル -CASSHERN- (ぐぅちゅえんの見たり読んだり)
昔を期待してはいけないのだろう。 これは、アニメじゃないし、作り手の年代も違う。CASSHERN。 でも、新しい物としての期待。かまわないんじゃない。 しかし、戦争を題材にした作品は多いけど、どれも 考えさせられる。特に、理由が自分の常識の範ちゅう外だと。 CAS
「CASSHERN」 (こだわりの館blog版)
松竹 CASSHERN 特集【日本映画を語ろう!】 【プレイバック2004】本日は2004年に興行的には大ヒットを記録。 評価は賛否両論真っ二つに分かれた 紀里谷和明の「CASSHERN(人造人間キャシャーン)」。 私は完全に【否】側です! 2004年劇場公開作品 監督:紀
CASSHERN (土曜の夜は・・・)
大戦は50年も続き、世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。長い戦いの末に、大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯
CASSHERN キャシャーン (ネタバレ映画館)
 とてつもなく壮大な映像とストーリー、内戦による残酷な描写とロボットの群のCG効果、どれをとっても見たことのない素晴らしい作品となった。
CASSHERN (映画、言いたい放題!)
宇多田ひかるの旦那様の紀里谷氏の初監督作品。 いろいろな意味で公開当時話題になりましたが テレビで放映されているのを観ました。 世界が大戦を経て荒廃と化した世界。 戦争の後遺症は強く、 東博士はその再生と妻の病気を治すために 人間のあらゆる部位を自在に
「CASSHERN」 若さゆえの身勝手さ (はらやんの映画徒然草)
現在公開中の「GOEMON」の紀里谷監督の劇場作品のデビュー作です。 「GOEM