自分の花を

カメラ好きによる、写真で伝える自己満足の世界。

愛犬と散歩

2017年02月27日 |   photo モノクロ
天気の良かった日曜日、愛犬の散歩に近くの公園へ出かけた。 丸太の道を3つほど越えたあたりで立ち竦む。 どうやらこれ以上進むのは無理のようだ・・。 まだまだ気温は低いが、太陽の暖かさを感じる。 . . . Read more
Comment

杓子山登山

2017年02月20日 |    山梨
2/6杓子山へ登山に出かける。 実は1月の終わりごろから、感染源不明のインフルエンザA型を発症し、 かなりのしんどさを味わい、何とか完治した後のリハビリを兼ねた登山となる。 忍野村ふれあいホールに車を停めさせていただいて 9時半出発。 まずは高座山を目指す。 富士山には少し雲がかかっていたけど、 この時が一番見えていたかな。時間とともに雲が増してきていた。 このところの暖かさに . . . Read more
Comment

冬はやがて・・。

2017年02月16日 |   photo trekking
寒い冬もそろそろ終わりかな。 春に一番敏感な体のセンサーが少しずつ反応してきた。 . . . Read more
Comment

檜洞丸登山

2017年01月14日 |    丹沢
昨年度末の12/29に檜洞丸登山へ出掛ける。 同僚の「だい」くんと二人で・・。 だいくんとの登山は知らぬ間になぜか年末恒例行事となっている。 7:15分西丹沢自然教室を出発。 思いのほか駐車場は2~3台だけの駐車で空いていた・・。 登り始めは雪が無い。ゴーラ沢出合を8時に通過して 徐々に高度を上げて標高1300mくらいから登山道に雪が出てきた。 この日は兎に角風が強かった。 雲の流 . . . Read more
Comment

2017年初登り、塔ノ岳で迎える初日の出

2017年01月04日 |    丹沢
1月3日に、ここ例年の恒例行事としている初日の出登山。 塔ノ岳へ出かける。 3日ともなれば、もはや世間では初日の出ではないのだけど、 やはり色々と時間が空くのが3日なのだ。 昨年とほぼ同じで大倉からバカ尾根ピストンコース。 AM3時40分駐車場出発。 ゆっくりと歩いて花立山荘を6時に通過。 予定通りだ。 空がだんだんと夜から朝を迎える準備にかかってる。 このグラデーションはやはりいい時間だな~ . . . Read more
Comment

黒富士登山

2016年12月30日 |    山梨
黒富士へ向かうために、曲岳を下山してから一度八丁峠まで戻る。 11:30八丁峠を通過し東側の黒富士へ。 途中、木々の隙間から八ヶ岳が見えていた。 すっかり雪化粧している。 升形山との分岐を過ぎていくと黒富士までもう少しだ。 黒富士山頂到着。 八丁峠から約30分。 山頂では木々が邪魔をし見晴らしがほぼ無いため、 少し北側に移動すると、これがびっくりするぐ . . . Read more
Comment

曲岳登山

2016年12月28日 |    山梨
12/12曲岳登山へ出かける。 9月に訪れて色々とアクシデントもあって途中撤退してから 約3カ月、改めて再訪した。 登山口は前回と同じにしたが、季節が違えば木々も冬枯れし ここ最近騒がれている鳥インフルエンザとやらで黒富士農場施設内の路面には 白い消毒粉が撒かれていた。 靴底を真っ白にしながら9時出発。 足元にゴロゴロと大きな石が多いと思ったら この岩から崩れているのだろう。 落石を . . . Read more
Comment

金時山へ登る~登山部の巻

2016年12月24日 |    箱根外輪山
11/16 金時山登山へ義姉親子と出かけた。 以前に近くのとんかつ屋へ外食に皆で出かけた際に、 アレヨアレヨとバラバラの予定にナンダカンダと 奇跡的に一致する休みで急遽決まった登山。 第一回の大菩薩嶺に続いて 登山部第二の山となる。 だが残念ながら天気がイマイチだったな~。 登山口のゴルフ駐車場を9時出発。 ガスガスで真っ白。 今年はホントにこんな天気ばかりも俺は諦めが付くけど、 み . . . Read more
Comment

小金沢連嶺テント泊縦走#終わり

2016年12月19日 |     奥秩父
ハマイバ丸を9時過ぎに出発して次のピーク大谷ケ丸へ向かう。 登山道は落ち葉の絨毯で歩いていて気持ちが良い。 標高もだいぶ下がって来たこともあり、このあたりから雲の中に入ってきた。 雲の中はかなり気温が下がる。いや寒いほどだ。 しかも雨がポツポツと・・。 ザックカバーと上着を頬る。 米背負峠に到着。 峠は標高も下がるので真っ白だ。 今年は気づけばこんな天気の登山日が多かったな . . . Read more
Comment

小金沢連嶺テント泊縦走#4

2016年12月16日 |     奥秩父
朝方まだ夜が明ける前、日の出が予想以上に期待できたため、 テントの中で早めの朝食を取り、 最高の舞台に期待し準備万端に備える。 いざ日の出時刻。 いや~、この日は雲海がすごかった・・。 辺り一面雲海に包まれている。雲海とはよく言ったものでホント海に囲まれているようだ。 見える山は富士山の手間にチョコンと三つ峠山が標高1785m、 そしてこの日この後に縦走する終点滝子山(1620m)が雲の下に . . . Read more
Comment