珠玉の音楽に囲まれて

オーディオのこと、音楽のこと、思いついたまま記していきます。
by 横浜のVienna Acousticsファン

丹沢遠望

2016-12-28 12:51:44 | その他
早いもので昨日仕事納めで、冬休みに入りました。レコード探したり、PCオーディオに再トライしたりと、冬休み中の構想はあります。さて、西高東低の冬型の気圧配置が続くと、横浜方面は晴れ続けることとなります。先日お越しいただいたakahanamizukiさんからすると、何とも羨ましい青空、とのことでした。この時期の上越方面は雪か曇りが続くそうですから、日差しがさぞ眩しかったことでしょう。17日はとりわけ天気が良く、朝夕、散歩がてら丹沢を遠望してきました。横浜市と町田市の境に位置する尾根道がいつもの散歩コースです。その尾根道をしばらく進むと、展望の効く広場に出ます。

町田市街と丹沢山塊です。例によって富士山は丹沢にブロックされてしまいます。


ズームで見るとよく分かります。羽田空港辺りから見る富士山ですと、丹沢がぐっと低くなり富士山が映えるのですが、致し方ありません。


大山、別名、雨降山です。この山のピークに雲がかかるかどうかで、麓の天気が占えると言われてます。普段、私も知らず知らずピークの見え方を気にしているようです。


この時期は日が短いです。昼間、南町田に行って買い物した後、夕方、再び同じ場所へ。今度は夕景です。町田の夜景と空のコバルトブルーの対比が見事です。


写真中央の三角形のピークが日本第2位の高峰、南アルプスの北岳です。午前中は雲に隠れていましたが、ばっちり見えました。三脚が欲しいところです。


大山の左上方には金星が見えます。しばらくは日の入り後、西の空に見えますが、4月になれば日の出前、東の空に見えるようになります。


実は今朝も同じコースを散歩しました。昨日の低気圧通過と寒気の影響で、丹沢にもすっかり雪が積もっていました。登るにしてもアイゼンは必須でしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師走のサウンド交流 | トップ | 正丸峠~伊豆ヶ岳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。