珠玉の音楽に囲まれて

オーディオのこと、音楽のこと、思いついたまま記していきます。
by 横浜のVienna Acousticsファン

大岳山

2017-01-15 10:54:18 | その他
先の3連休の丹沢縦走が流れて、今年の初登りは奥多摩の大岳山になりました。メンバー3名で新年会を兼ねた初登りです。週半ばから最強寒波が話題になりましたが、実際、登山中はさほどでもなかったです。奥多摩も昔から近くて遠い山域です。学生時分、最高峰の雲取山他、2、3の山に登りましたが、その後は日本各地の山を優先してしまいました。燈台下暗しの状況がずっと続いてきたのですがが、このところの丹沢通いで風向きが変わりました。定義にもよりますが、奥多摩の山域は広く、個性的な山も多いです。この機会に見直したいと思いました。

集合のJR御嶽駅からバスでケーブルカー乗り場へ移動、急峻な勾配を上るケーブルカーで御嶽神社に移動しました。神社付近からは筑波山を遠望できました。奥多摩から筑波まで遮るもの無し、です。関東平野のフラットぶりがわかるかと思います。


8日、9日の雨は、山の上では当然のように雪を積もらせました。御嶽神社を出てしばらくしてアイゼンを付けました。アイゼンと言えば2年ほど前のダイヤモンド富士登山(七面山)でえらい目にあったことがあります。実際北側の凍った斜面ではアイゼンが有効でした。


大岳山の頂上が見えてきました。大岳山はピーク部分で一段と高さを増すのが特徴です。ここまでは比較的緩い勾配できましたが、最後は急登が待っていました。この週末は大寒波とのことでしたが、風が全くと言っていいほど無く、いい汗をかきました。


標高1267m、大岳山のピークです。奥多摩三山とは大岳山に加えて、御前山、三頭山を指します。ここで1時間ほど昼食休憩をとりました。体を動かさないとさすがに冷えます。カップヌードル(ちなみにカレー味)やコーヒーの温かさに救われました。


奥多摩からは、丹沢を斜めに見ることになります。拙宅付近からですと大山と丹沢はあたかも一体のように見えますが、両者が分離していることが分かります。本来は丹沢の右後方には雄大な富士山が見えるはず、なのですが・・・残念。


御前山、三頭山方面です。その奥は大菩薩連嶺と思われます。雲取山は確認できませんでした。


昼食を終えてからは一気に下山です。馬頭刈尾根を経由して大嶽神社方面へ下りました。下山中、富士山の姿を一部見ることができました。この日は関東でも山域となると雪が降るとの予報でした。これが精一杯の富士山、となります。


予定より3時間ほど早く大嶽神社に着きました。武蔵五日市駅に向かうバスは1時間半に1本程度しかありませんが、幸い、待ち時間数分ほどで乗ることができました。武蔵五日市から拝島に出る五日市線、実は生まれて初めての乗車です。あきる野の「あきる」が秋留だったと知りました。


立川駅に着いたのはまだ午後3時台でした。新年会の開催が危ぶまれましたが、駅近くで空いている飲み屋さん「玉河」を見つけました。予想に反して結構、お客さんが入っていました。皆さん出来上がっている感じ満載でいい雰囲気でした。とは言え、こちらはまだお腹が空きません。つまみ軽めに普通のペースで飲んだため、結構酔っ払いました。最後は駅ビル内の「西安餃子」で締めの麺を食べて散会としました。これでオーディオに続いて山の方も、2017年始動となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年スタート、GRFさん宅訪問

2017-01-09 14:23:24 | オフ会
2017年がスタートしました。結局、冬休みの8日間、横浜方面は晴天続きとなりました。休み明けは初日は新年挨拶、方針説明が中心、2日目は京都方面への出張でした。その後3連休ですから、仕事の本格的再開は明日から、ということになります。この3連休はGRFさん宅訪問、K&Kさんご夫妻との丹沢縦走を予定していました。残念ながら8日、9日は悪天が見込まれ、登山は延期となりました。予報通りとなったので判断は正しかったと思います。関東にとっては乾燥を和らげる恵みの雨となりました。GRFさん宅は1年ぶりです。ご一緒は先日お越しいただいたpat_mthny7205さんです。

この冬休み、夕空に輝く金星を見る機会が多かったです。1月2日は三日月と金星が接近しました。


6日は京都日帰り出張でした。帰りは京都駅近くの、すき焼で軽く一席持ちました。ずっと若い後輩がリーズナブルなお店を見つけてくれました。先にプライベート旅行で来たばかりですが、冬の京都は、何度訪れてもいいものです。新横浜に着く頃にはすっかり酔いも醒めました。


GRFさん宅への移動は、3年半前と同じく、pat_mthny7205さんの車でした。阿佐ヶ谷のカフェで時間調整したことなど、昨日のように憶えています。当時、その後の私自身の関西行は想像できませんでしたから、光陰矢の如しです。3年半前の記事に、T4をずっと前に置いた平行法の実験の様子がありました。現在のTroubadour 80との組み合わせの原風景でしょうか。途中、pat_mthny7205さんの案内で千歳烏山のラ・ヴィエイユ・フランス本店に寄りました。自宅用に焼き菓子を調達しましたが、GRFさん宅でもこちらの名物のエクレアをいただくことに・・・。千歳烏山はケーキ屋さんの激戦地のようです。


11時前に到着し、車好きのお二人の談義が落ち着いたところで、和室へ移動しました。いつもの光景ですがラックのラインナップには多少変化がありました。最上流はクロック改造の入ったSONYのMS-1で、以降、新顔のMola Molaのプリアンプ→是枝さんパワーアンプ→ユニコーンの流れです。


この日、和室およびGRFのある部屋で活躍したオランダMola MolaのプリアンプMAKUAです。Mola Molaとは魚のマンボウのことだそうです。すっきりしたデザインは音にも通ずるものがありました。このプリアンプにはフォノイコとDACの組み込みが可能です。EMMよりはリーズナブルといっても、値は値です(苦笑)。


クラシック、ジャズ、昭和歌謡の流れでかけていただきました。各種の管楽器の鳴らし分け、第2ヴァイオリンの大切さ、コントラバスの低音と高調波成分の時間ずれなど、オーケストラ再生のポイントを解説いただきました。勿論、モノにできるか否かは我々次第です。


1時間半ほど聴いたところでランチへ。この3月に閉まってしまう洋食屋さんへ向かいました。私が選んだのはガーリックの効いたポークソテーの定食です。付け合わせの人参、ジャガイモ、スパゲッティと共にがっつり、いただきました。こうして一つ一つ、昭和の味が無くなっていきますね。


午後はGRFのある部屋へ移動しました。例によってモノラル音源でTroubadour 80の位置調整を行い、午後の部スタートです。お腹いっぱいの後のクラシックにうつらうつらしつつ・・・失礼しました。Troubadour 80+TW3は完成形と伺っていましたが、床を這う複雑な配線は実験室さながらです。


Mola Mola導入以後、GRFさんがアナログ盤を聴き直されていることは、ブログにある通りです。この日もプレイヤー2種、カートリッジ3種、さらにMAKUAでのイコライザーカーブ設定を組み合わせて、音の違いを実演いただきました。面白いように表情が変わります。昨年コーナー型GRFでアナログを聴かせていただきましたが、音場はそれより後方に展開します。フランク永井は昨年よりすっきりした印象ですが、設定次第で濃く、薄くはできるようです。こちらの部屋ではまず掛からない岩崎宏美は「万華鏡」をリクエストさせていただきました。大空間に個々の音が配置される様子が、新鮮でした。


最後はMAKUAをCDプレイヤー側に移動し、再びデジタル再生です。この音は個人的にはとても気になりました。ジャック・ルーシェのピアノ、カンターテドミノのハーモニー(きよしこの夜)では、空間に満ちては消える美音に浸りました。圧巻だったのは、ピリシュのモーツァルト幻想曲です。一音一音の訴求力に参りました。やっぱり細部に宿るんですね。システムの完成度も勿論あるのでしょうが、同時にMAKUAのポテンシャルを感じました。この日のサウンドの印象は「澄」でしたが、マンボウの貢献は大きかったように思います。狭スペース派としては、プリアンプへのオールイン化にも魅力を感じます。


私が持ち込んだ唯一の音源です。Apple Mmusicで気に入ってⅥを購入したばかりなのですが、シリーズⅠ~ⅥをすべてGRFさんはお持ちとのことでした(笑)。歌よし、サウンド良しで、楽しめます。お願いした「コーヒールンバ」以外にも沢山掛けていただきました。


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。お約束の夕刻となり散会としました。少しずつ日が伸びていること感じながら杉並のお宅を後にしました。GRFさん、正月明け早々の訪問でお邪魔いたしました。完成形のサウンド共に次への展望もいただけたような・・・。pat_mthny7205さん、行き帰りの運転ありがとうございました。久しぶりのGRFさんのサウンド、楽しまれたご様子でした。上手く表現できませんが、ほっこりと余韻が残る1日となりました。自宅に戻ってから、この日掛かった音源の復習です。音そのものは比較にはなりませんが、2017年のオーディオライフ、好スタートを切れたことは間違いありません。

というわけで、今年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年振り返り

2016-12-31 18:31:03 | オーディオ
ここに来て1年が経過するのがとても早くなっているように感じます。今年もあっという間に終わってしまいました。8日間の年末年始の休みも間もなく折り返しです。年単位であれ週単位であれ、どうも針の動きが早くなってしまったようです。以前より時間が貴重になったとも言えます。その一方で、オーディオや音楽鑑賞のように、ある意味、時間を積極的に使う趣味を続けてきたことになります。結果、オーディオや音楽の奥深さ、幅広さを知ることとなり、時間は益々足らなくなりました(汗)。それでも趣味の時間を確保することの大切さもよく実感しています。時間のいい浪費ができたらと思います。

30日の早朝、日の出前にいつもの散歩コースに出ました。するとタイミングよく陽が昇ってくれました。シルエットになっているのはランドマークタワーなど、みなとみらい方面です。偶々居合わせた方によると、元旦は50人くらい人が集まるスポットとのことでした。


そのまま、見晴らしのいい広場へ出ると、今度は朝日を浴びた南アルプス、北岳の出迎えです。早朝、山の頂が朝日に照らされる状況は、モルゲンロートと呼ばれます。もう少し時間帯を早めれば手前の町田市街も夜明け前、といった写真が撮れたはず。


家に戻る途中、梅の花が早くも咲いているのを見つけました。年明けはともかく、年末の開花は記憶がありません。先の金木犀の二度咲きといい、何か変です。ここの梅は散り終わるのも遅いので、しばし早春の散歩の愉しみとなります。


同じ日の昼間、目黒の香港園で腹ごしらえして、いざ神田へ。中古CD、レコード探しでしばし時間を過ごしました。こういう傍から見れば無駄な時間はやっぱり失くせません(笑)。行きたかったジャズ喫茶は冬休みだったため、来年へ持ち越しです。


戦利品です。CDは室内楽で攻めてみました。モーツァルト/ハーゲンカルテット、シューベルト・シューマン/ラサールカルテットの組み合わせです。まだ流し聴きですが、シューマンのピアノ五重奏曲がいい感じです。ピアノが有名な指揮者レヴァインだったと後で知りました。


アナログは昭和歌謡です。キャンディーズも森山良子も熱烈に聴いていたわけではありませんが・・・。「年下の男の子」は意外にオーディオで聴けます。6月のアナログフェアで森山良子の『日付けのないカレンダー』が印象に残りました。高額なガラスCDは見送り、アナログ盤との遭遇を待ちます。


さて、2016年のオーディオの振り返りです。今年も大型の投資はなく、いわゆるチューニング中心のオーディオでした。変化点を列挙すると、
(1)出水電器アイソレーショントランスHarubaru仕様導入
(2)球ころがし:Seimens製E88CC(金足)へ入れ替え
(3)アンプのラック上段への移行
(4)ヤマハの調音パネルの向の変更
(5)SPの足元からボード撤去→3点受けへ
順番は投資金額順で(3)より下は投資ゼロ。まあ、健全化したオーディオライフと言えるでしょうか。

一方で、サウンド交流の方が例年以上に活発化しました。こっちにお金かかっている?という話もありますが、東は福島から西は九州まで、多くの方と交流させていただきました。今年に入って初めて対面する方、定点観測される方、数年ぶりに相互訪問する方など様々でしたが、それこそ貴重な時間を共に過ごさせていただきました。一つとして同じ音はありませんが、音源を知れて、オーナーさんの想いに触れることができれば十分ではないでしょうか。来年は西日本方面へ出る機会が減りそうですが、気持ち的には今まで以上に交流を大事にしたいですね。


2017年は久しぶりにPCオーディオに注力したいと思っています。JPLAYを中心に動きが活発化していますが、長らく取り組んできたLinuxベースのMPD系も進展がある模様です。前回のマイブームが震災の年でしたから早6年。当時構築した方向性は、微修正こそあれ、現在も変わっていません。廃れることなく研究が進んでいるのは頼もしい限りです。私自身ハンダを使うことはできませんが、ファイル再生の最上流を弄るPCオーディオには、ある種、自作派の愉しみを感じます。材料は揃えました。途中で躓いたらhimaさんに相談しましょう(笑)。

来年はブログ開設8年目に突入します。引き続きよろしくお願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

正丸峠~伊豆ヶ岳

2016-12-29 20:15:12 | その他
3連休の中日、クリスマスイブの日は、メンバーー5名で奥武蔵の伊豆ヶ岳に登ってきました。年内登り納め、の忘年登山でもあります。今年は石鎚山、筑波山と、二つの百名山に登りましたが、いずれも晴天に恵まれました。他の山も全般に天気がよく、満足の1年ではなかったかと思います。この日も冬晴れの下、いい締めくくりとなりました。西部池袋線の某駅で集合後、車で正丸駅へ向かいました。途中、見事な富士山が見えました。埼玉方面は、丹沢や奥多摩が邪魔しない分、富士山の眺めが素晴らしいです。眺めの良さがそのまま地名となった、富士見市があるくらいです。

正丸駅から一気に伊豆ヶ岳に向かうコースもありますが、我々はまず旧正丸峠を経由し、尾根伝いに伊豆ヶ岳を目指すこととしました。


旧正丸峠からいくつかの山をアップダウンしながら進むと、開けた車道に出ました。現在の正丸峠です。といってもほとんどの車はトンネルを使うため、通行は少ないです。


正丸峠にある一軒のお店の向かいに正丸峠の標識がありました。ここから再び登山道に入り、本日のメイン、伊豆ケ岳を目指します。


奥武蔵の山々です。有名な山は少ないですが、こういった地味な風景にも冬らしさが感じられます。


しばらくは穏やかなルートが続いていましたが、伊豆ケ岳のピークの前に岩壁が待っていました。岩壁が男坂、迂回コースが女坂と呼ばれています。メンバーには女性1名いましたが、皆で男坂挑戦です。


男坂はあっさりクリアできました。しばらく岩稜を上り下りして、伊豆ケ岳のピークに着きました。残念ながら富士山は雲の中に隠れてしまいましたが・・・


東京方面は見事な眺望でした。スカイツリーが見えます。北風を岩陰でよけつつ、こんな景色をみながら昼食にしました。たとえカップ麺でも山で食べればとても美味しい!これは昔から変わらぬ法則です。


昼食後は一気に正丸駅へ下りました。いいペースだったようで、当初の予定より2時間ほど早く到着しました。拍子抜けの感もあり、打ち上げでも・・・と持ち掛けたら皆さんの賛同が得られ、蒲田方面へ繰り出すこととなりました。というわけで、クリスマスイブにも関わらず中華に餃子という組み合わせです。勿論、生ビールと紹興酒で。無事一年、登って下りて来られたことに感謝しつつ、これから登る山の話の花を咲かせるのは楽しいひと時です。リーズナブルながら十分お腹と肝臓が満足したところで散会となりました。2017年は丹沢、そして奥多摩の新春登山からスタートする予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢遠望

2016-12-28 12:51:44 | その他
早いもので昨日仕事納めで、冬休みに入りました。レコード探したり、PCオーディオに再トライしたりと、冬休み中の構想はあります。さて、西高東低の冬型の気圧配置が続くと、横浜方面は晴れ続けることとなります。先日お越しいただいたakahanamizukiさんからすると、何とも羨ましい青空、とのことでした。この時期の上越方面は雪か曇りが続くそうですから、日差しがさぞ眩しかったことでしょう。17日はとりわけ天気が良く、朝夕、散歩がてら丹沢を遠望してきました。横浜市と町田市の境に位置する尾根道がいつもの散歩コースです。その尾根道をしばらく進むと、展望の効く広場に出ます。

町田市街と丹沢山塊です。例によって富士山は丹沢にブロックされてしまいます。


ズームで見るとよく分かります。羽田空港辺りから見る富士山ですと、丹沢がぐっと低くなり富士山が映えるのですが、致し方ありません。


大山、別名、雨降山です。この山のピークに雲がかかるかどうかで、麓の天気が占えると言われてます。普段、私も知らず知らずピークの見え方を気にしているようです。


この時期は日が短いです。昼間、南町田に行って買い物した後、夕方、再び同じ場所へ。今度は夕景です。町田の夜景と空のコバルトブルーの対比が見事です。


写真中央の三角形のピークが日本第2位の高峰、南アルプスの北岳です。午前中は雲に隠れていましたが、ばっちり見えました。三脚が欲しいところです。


大山の左上方には金星が見えます。しばらくは日の入り後、西の空に見えますが、4月になれば日の出前、東の空に見えるようになります。


実は今朝も同じコースを散歩しました。昨日の低気圧通過と寒気の影響で、丹沢にもすっかり雪が積もっていました。登るにしてもアイゼンは必須でしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加