goo

春全開。


気がつけば、桜の花は緑に変わり、春全開の季節になっていた。今年の春は乗るぞ!と決めて、昨年からずっと修理続きのDUCATI888。修理終えて、いざエンジンをかけて走り出したはいいが、一度走り終えてからエンジンを再スタートしようとセルを回すが回らない。バッテリー上がりである。えっ、バッテリーは満充電のはずだが。。。ここに来てまた電気系統のトラブル。充電しないということは、オルタネーターかレギュレーターの故障が考えられる。バイク屋にふたたび入院させ調べてもらったところ、オルタネーターで発電した電気をレギュレーターに送る配線が焼き切れていた。おまけにレギュレーターも焼けて使い物にならず。。。嗚呼、レギュレーター故障はこれで4度目。さすがイタリア車である。とはいえ、このバイクと付き合って24年。もう少々のことでは驚かないのである。サクッと新しいレギュレーターに変え、配線も新品に変えた。バッテリーも昔のままだったので、これを機会に最新のリチウムバッテリーに交換。バッテリーの重量が7キロから1.5キロまで軽量化。この軽量化は、走りにも大きな効果を発揮し、さらに軽快な走りに変貌。プラグのスパークも元気良いようで、セルを回すとドカン!とLツインが目を醒ます。ようやく間に合った感じですね。これでGWは久しぶりに真紅のバイクで新緑の山々を楽しめそうだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イーハトーブ (理想郷)


雄大な自然の中で、風と語り、透き通った空気を人生の“糧”とする、子供等のドリームランドとしての岩手県。
宮沢賢治が正しい者の種子の発芽をたくして、世界中の子供達に贈った言葉です。 ホンダは、自然との融和の中に、人間の幸せがあり、それを育む1つの手段としてのモーターサイクルを考えました。人間と自然との関わりを、モーターサイクルを介して、より良いものにしようとの願いをこめて、“イーハトーブ”と命名いたしました。 (ホンダ オフィシャルサイトから引用)

36年前に発売された、野山をトコトコ走るホンダのトレッキングバイクです。車体のブルーのグラフィックは岩手の田園風景でしょーか。若い頃はとにかく速いバイクに乗りたくて、あまり見向きしませんでしたが、さまざまなバイクに乗って来て、いまこうして駆って見ると不思議な魅力に満ち溢れています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

謹賀新年


 旧年中はお世話になりました。
 本年も宜しくお願いいたします。

 昨年は、バイクの整備をメインにやっていましたので、オーディオは後回しになってしまいました。今年はどうなるのでしょうか。。。笑 画像は、実家のある福岡に帰省していたときの画像。愛車のベスパ号に乗って、子供のころ育った百道の浜にやって来ました。お正月三ヶ日はお天気にも恵まれ、福岡を走り回っていました。50cc並みのボディに150cc3バルブのパワーユニットを乗せたベスパ号はとても速く、高速道路も走れちゃいます。さすがベスパの快速号「スプリント」です。



愛宕神社から百道浜を望む。若い頃は、よく来てましたね。とてもなつかしい風景です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

UTPとSTPケーブルについて



UTPとSTPケーブルについては、このブログで散々試して来ましたが、ようやくLINNの公式ページに、公式な見解が示されましたね。試してみるとどちらが正解ということは私的には言えませんが、STPケーブルについては、各機器のシグナルとシャーシグランドが繋がるため、アースや電源環境がしっかりと対策されていないと、各機器の電位差やアースループが原因となって、音質劣化、ノイズを発生させる要因を作ってしまいます。UTPケーブルを使えば、各機器のシグナルやシャーシは絶縁されますので、以前書いた記事のとおり、ノイズとなる確率がグンと減りますので、これからネットワークオーディオを導入される方や導入されたばかりの方は、UTPケーブルを使ったほうが無難といえますね。日本の電源環境では、本格的なアースや電源環境を設備されている方以外は、STPケーブルの恩恵を得るのが難しいのが本音。それでもと、仮想アースを作ったり、専用電源つくってもらったり、タップを改造したりして、なんとかならないのか?と、ジタバタしているのが当ブログという訳ですね。なんでそこまでやるのかって? エヘヘ ご理解ください。

ご注意:DS、DSMに使用するLANケーブルにつきまして - Linn Japan
http://linn.jp/lancableforlinndsanddsm/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中村製作所 NSIT-80Tを使ってみる。


 HUBやNASの電源にFidelixや相島技研などのDC用のローノイズ電源を使っている。結果はこれまでお伝えしたとおり素晴らしいもの。AC側の対策としては、光城精工のクリーン電源や中村製作所の絶縁トランスを持っていますが、現状では必要ないかな?と思いつつも、せっかく持っているのだから試してみようということで、上図のとおり、中村製作所のNSIT-80T 2台をNASとHUBのAC対策として導入してみました。実はこのNSIT-80Tは1台で2系統の電源がとれるのですが、NAS(HDD仕様)の起動には、大きな電気が必要で、このNSIT-80T 一台でちょうど良い感じせしょうか。このNSIT-80Tの下のグレードとして、NSIT-70RMK2も所有しているが、NAS用としては、ちと容量不足である。さて導入してみた結果は、良いですね。音色はさらに美しく、クリアで伸びやかに、レンジも広くなるようです。NSIT-80Tのほうが余裕がある分、70RMK2より音が良いようです。ただ絶縁トランスを使用しない音もナチュラルで自然な印象もあり、この辺りで個人個人の好みで分かれてくるのかな。効果は以前よりもハッキリと感じることができました。大きい図は、こちら



これが中村製作所のNSIT-80T。NSIT-70RMK II は生産終了していますが、このNSIT-80Tは、キットとして現在も販売中。HUBなどの小さな電源にしても、少し余裕あるほうが良いようだ。

◎ 中村製作所ホームページ
http://ns-t.com/products/trans/nsit42.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ