goo

Vespa Sprint 150


 久しぶりにバイク購入。ローマの休日で有名になったイタリアのスクーター ヴェスパの スプリント150。ヴェスパといえば丸いヘッドライトが有名だけど、これは角形ヘッドライト。1960年代のモッズブームでヴェスパと並んでモッズスクーターとして当時のモッズが乗っていたランブレッタの面影を残す。THE WHOの映画「4重人格」を少年時代に見て、この角形ヘッドライトのスクーターにいつかは乗りたいと憧れていましたが、40年の想いがようやく叶った感じです。笑 


このカタチで高速道路走れます。昔のヴェスパからすれば、カタチもエンジンもずいぶんと変わりましたが、デザインのあちこちに当時の面影がみられますね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LANケーブル(STP)のお手入れ


 博多から戻って来て、オーディオに電気を入れるも、なんか音が良くない。。。帰省する際にコンセントプラグを抜いたのが悪かったのか? 原因を探るべくコンセントや機器周りを見直す。原因は、帰宅して電源プラグをコンセントを挿す際、中途半端に挿していたのが原因だったようだ。電源プラグがコンセントから外れそうになっていた。これだけで音が滲んだりするから、電源プラグがどれだけ大切か分かる。これで元の音を取り戻せたが、LANケーブルをチェックした際、STPケーブルをよく見ると、画像左の通り汚れている。。。よく考えてみると、いろいろテストしているうちに手の脂がついて、そこにホコリが付着している。せっかくのGWだから、すべてのケーブルのシールド部分を脱脂することにした。脱脂したのが画像右である。これで何が変わるとも思わなかったが、音楽を再生して驚きました。明らかに音質が良くなっている。。。しかもこの違いは大きい。STPケーブルのシールド部分がいかに大切な働きをしているのか実感できる瞬間です。また仮想アースの効果もあるのでしょう。改善すればどんどん良くなりますね。お手入れしない自分が悪い。。。という結果ですが、見逃せないポイントだということが判りました。



おさらいになりますが、ネットワークオーディオのシステムは上図通り。各機器がSTPケーブルのシールドを通して、シグナルグランド(SG)とフレームグランド(FG)が接地され、仮想アースに落ちている状態。シグナルグランドがすべてつながると各機器が同電位になり、システム全体がノイズの影響を受けにくい状況になります。逆に電源側のグランドはすべて浮かせて、アースループが起きないようにする。いままでのオーディオのようにインターコネクトケーブルで各機器がつながるのとはちがい、ネットワークオーディオではLAN(STP)ケーブルが各機器とFGやSGがつながるため、さらに電源側でアースをとると多重アースやアースループが起きやすくなります。3Pプラグをタップにつないだだけで、他機器とつながるため、タップも含めすべて2Pで処理します。LAN側の仮想アースはかならず、ネットワーク根幹にあたるモデムやルーターからとります。機器や途中のHUBからは落とさない。このようにSTPケーブルのシールド部分は、ネットワークオーディオにとって大事な働きをしますので、上記のように汚れさえ音質に影響しますし、このような事象が起きたことは、STPシールドが機能しているからだと思われます。結果は言うまでもなく、すばらしい音質で、仮想アースがLANのアースに有効であるこが分かりました。ただし仮想アースについては、Wアースにすることで大きな効果が得られたことから、よい音を出すならそれ相応の容量とクオリティを確保しなければならないということ。中身が電磁波を吸収しやすい備長炭であることから、トランスや電磁波の影響を強く受けない場所に設置しなければなりません。STPのシールドも音質に大きく影響するでしょう。今後の課題です。大きな図は、こちら
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

唐人町 - 博多帰省


 GWを利用して博多に帰省しておりました。特に用事もなく実家でぼーっといていたのですが、東京に帰る日は乗る新幹線の出発時間まで少しあったので、地下鉄で唐人町まで行きました。ここは市内でも見るべき処もなく、福岡の人でさえ素通りしてしまいがちなところ。歴史的には、奈良時代すぐ近くの荒津の港から遣唐使船が一度に数十隻の大船団を組み大陸と往来していて、当時交易のため訪日した唐人や高句麗人が多く住んでいた場所であり、江戸時代は福岡城下町の西の出入り口(黒門)として、ここから長崎方面へ唐津街道が延び、栄えたところです。地下鉄の駅のマークは、唐代の焼き物をデザインしたものでしょう。いまは町名だけが残るところです。



昔は、ここに黒門川と黒門があって、西への出入り口として唐人が住む町と城下町を隔てていました。私が子供の頃は、ここは黒門川という川が流れており橋がかかっておりましたが、現在は道になってます。黒門飴の木造家屋のみが唯一、昔の風情を醸し出していますね。唐人町には商店街の中に、中華風のお寺があったのですが、いまは見当たりませんね。



唐人町の大通りから少し入ったところに西に向かう緩やかなカーブの道があります。これが江戸時代までの唐津街道。太閤秀吉が朝鮮出兵のため多くの武士を引き連れて、幕末は坂本龍馬がこの道を通ったのでしょうか。。。西は長崎までつながっています。



すぐ近くにある福岡市民の憩いの場所「大濠公園」。江戸時代までは福岡城の西側の大堀の名残です。築城以前は草香江といって、海の入り江だったところを福岡城築城の際、堀として海と切り離したのでしょう。この草香江は、奈良時代の歌人 大伴旅人が

草香江の 入江にあさる あしたづの
あなたづたづし 友なしにして

と詠んだ詩が万葉集にあります。草香江の入り江で餌を探す葦鶴(あしたづ)の様子は何とも心細いものだ。共に語り合える友もなくて。「友」とは、奈良時代の高僧 沙弥満誓(さみまんせい)のことで、満誓から、

まそ鏡 見飽かぬ君に 後れてや
朝夕(あしたゆうべ)に さびつつ居らむ

何度会っても見飽きることのない君に取り残されて、朝夕淋しく暮らしています。と贈られた詩への返詩になっているそうです。堀はもっと大きかったようですが、昭和2年の東亜勧業博覧会開催のため埋め立てられて、現在の大きさになったようです。


博多を離れる前に食べたのは、ラーメンではなくて、博多の「丸天うどん」。うどんは奈良時代、中国大陸から伝わった食べ物とか。そういう意味では、ここから日本中に広まったのでしょう。脂っぽいとんこつスープも良いけれど、あっさり薄口しょうゆのうどんも美味しいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雑 感


 ゴールデンウィーク2日目に入り、ひさしぶりにオーディオざんまいな一日を過ごしておりました。仮想アースは以前のまま、とくに変なところもなく普通に聴けております。以前「ナチュラル」になったと言いましたが、私的には「普通」という意味でしょうか。変化を求めたのではなく、安定を求めた結果なのかもしれません。そういう意味では一聴変化は少ないようですけど、長時間聴いても疲れないようです。今後は、この結果をもとにW仮想アースをシングルに戻し、再度新しい仮想アースづくりにチャレンジしてみたいと思います。
さて話は変わりますが、昨日のニュースでオリコンチャート1位のCDの売り上げが1000枚を切ったとありました。裏を返せばダウンロードで稼いでいることになりますが、このニュースを聴いて2007年にLINNがCDプレーヤー市場から撤退し、DSに切り替えた話を思い出しました。日本ではダウンロードも頭打ちで、若者の音楽離れというニュースも出ていますね。最近の子はテレビ観ないからCMソングでヒットも出ないのであろう。ただ思うのはいまはインターネットで世界の音楽が聴ける探せる時代。だけど音楽の整理がIT技術で出来ていない。ただダウンロードできるだけではなく、年間契約で聴きまくれるのではなく、パーソナル化が進む世の中では、好きな音楽を見つけやすくする技術が必要なのかも。新しい音楽との出会いは、カルチャーショックでもある。CD屋のレコメンドは、競馬の馬券と似ていて当たりはずれが大きい。美人ジャケもワクワクする。そんなワクワク感がダウンロードサイトにはない。そもそもitunesもそうだけど、アーティストを知っているを前提に作ってあるんだね。以前、itunesに登録されているJAZZ部門のアーティストをAから順番に視聴してたときがある、多すぎてやめたけど。笑 少年時代輸入レコード屋で、もうLPレコードをマシンガンのように探しまくってたけど、新しいアーティストに出会いたい気持ちは、この年になっても変わらないし、その逆で昔の素晴らしいアーティストにも出会いたい。音楽アーティスト検索アルゴリズムを開発するとか、音楽業界は、音楽をただ並べるのではなく、音楽との出会い方を工夫して欲しいと思う。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

paris match “11” premium night live @ duo MUSIC EXCHANGE


 ゴールデンウィークの初日、4月29日(金)は、パリスマッチの「paris match “11” premium night live」を観に、久しぶりに渋谷のライブハウス「duo MUSIC EXCHANGE」に行ってきました。4月29日は、ボーカルのミズノマリちゃんの誕生日ということで、「バースデーライブ」という方が正しいかも。パリスマッチのライブは、昨年の恵比寿でのクリスマスライブ以来。duoは何年ぶりだろうか?ほんと久しぶりで、懐かしいですね。DUOは定員どれくらいだろう?昨年の恵比寿に比べたら半分も入らないかも。演奏始まる前は、立ち見も含め会場はもうパンパンになってましたね。今回の座席はなんと最前列でした。DUOの最前列は、アーティストと近すぎて、少し恥ずかしかった。笑 さてライブの方は、昨年の恵比寿とは変わって、アットホームというか、会話も長くて楽しいひとときを過ごせました。演奏は、恵比寿と同じフルメンバー体制。小さな箱で、これだけ重厚なサウンドが聴けるのはほんと幸せですね。曲良し、歌良し、演奏良しで良かったです。
このライブの後、パリスマッチは自由が丘ビューティー・プロジェクト・キャンペーン・ソング「Killing you」でしたっけ?を歌っていることから、自由が丘で4/29(金)〜5/5日(火)の日程で開催される「自由が丘スィーツフェスタ」の駅前特設ステージで5月5日(火)ライブをやるそーです。バンドは今回のライブと同じフルメンバー。無料なので、お近くにお住まいの方は、ぜひ。だそーです。

◎ 自由が丘スィーツフェスタ2016
http://jiyugaoka-abc.com/event/2016/jiyugaoka-sweets/index.html



道玄坂歩くの何年ぶりだろーか?街路樹もこんなに高くなって。。。東京に出て来た頃は、半分くらいの高さでしたでしょーか。通りの雰囲気もすっかり変わりましたね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ