ハイパーチワワ 旧名『うめたん』そのままです。

静岡県磐田市の動物ボランティア『ミミの耳』の保護犬「うめたん」を家族に迎えての日々をのんびり書いています。

レジーナ富士 お部屋編

2014年01月21日 | 旅行

いつか行ってみたかった憧れのレジーナ。

近くに出来たし、さぁ!って意気込んで

行ってきました。

でもね。

チチの仕事の絡みもあるし、

(彼は会社員じゃないので平日の丸1日お休み不可能。)

かぁくんママも休日出勤して、この日を迎えましたの。

他にもいろいろね。。

(キャンセルするところだったのよねぇ・・・)

 

 

浮世離れを体感するのは大変ですね。

 

 

 

さて、さて。

昨日の記事の続き。

 

出発した19日の日曜日は近年まれに見る

強風のため、激寒。極寒。ちょーさむっ!

いつもおだやかな湖に白波が立ってて、

車から降りた途端に車に戻りたくなるほど、さむっ!!ってね。

(実際、湖畔では何度かそうしたし。)

 

きちんとタイムスケジュールも作ってあってね。

(私、そういうの好きなので。)

ランチの後は、去年も行ったけど『かちかち山ロープウェイ』

行こうって!

ちゃんとキャリーバッグも持ってきたし。

 

 

ええ。ええ。

みなさん、覚えてないと思いますけど、

無謀にも昨年乗ったときに

片道切符のみ購入して、歩いて下山したんですよ。

そんな人誰も居ない。。。。。

 

山道の階段をひたすら40分下る

最後はひざが笑ってました。

ハハハハハ。はははははは。てね。

 

 

なので、今年は往復ロープウェイで

上ったらわんことウロウロして記念撮影だって!って。

 

ロープウェイ乗り場の駐車場着くと

 

えっ?えええええ?

 

『強風のため、運転を見合わせてます』看板!

係りの人:「再開の予定は未定です。」と。ちーん。

 

 

少々、粘ってましたけど、ダメそうなので

目の前の湖畔の遊覧船に乗ることに。

イヌ的にはさ、まだロープウェイのが楽しめそうだったんだけどなぁ。

自然相手では仕方ありませぬ。

 

 

遊覧船、どのような、キャリーでもOKですが

きっちり犬の頭まで入れないとNGですと言われ

「犬の苦手な方もいらっしゃるんで。」と。ハイ。

そりゃその通りです。

 

抵抗するうめの頭を押し込んで

いざ、乗船!

(こんな時、カートは押し込めてる感がなくていいね。)

 

遊覧船のお客様はみんなフレンドリーで

半ばふれあい動物園のように、みんな寄ってきてくれました。

アラクレも閉じ込めてられてるので、

 

大人しいし、安全。

見た目強盗犯ですけどね。

 

湖と富士山コラボの写真目当ての観光客の方が多いので

みな、果敢にもデッキまで出て写真をパシャパシャ。

 

富士山、見慣れてるしぞーか県民の

かぁ君ママ&ハハは

船内からぬくぬく、パシャパシャ。

 

あっ、面倒くさがりのチチは

「俺は、車で待ってる。」と

乗ってませ~ん。

 

さぁー、ちょうどチェックイン時間となりましたので

本日の目的のレジーナに向かいましたよ!

 

 

昨日概観写真は小出ししたので、

今日はお部屋の中を。

 

 

玄関の車寄せに

わが家の年季が入った国産(?)のベンツ(そう呼んでるの)

寄せると、運転手以外は降りて

貴重品以外の荷物は運んでくださいます。

犬だけでも荷物だから、助かりま~す。

ちょっとセレブな気分を早速味わいました!

 

私はチェックイン係り。

ウエルカムドリンクのぶどうジュースをいただいて、

いざ、お部屋へ。

104号室。

 

異国の地のような空間を歩いてお部屋に向かいます。

地形の関係から階段もあるけれど

担当のホテルマンの鈴木さんが

かぁくんママのカートもちゃんと持ち上げてくれます。

 

入った途端。

わぁーーー!なんて素敵!!

ひろーい!!

極寒の外と違って、なんてあったかーい。

まずは、

わんこ達の足を拭いて、IN

 

11月にオープンしたばかりのレジーナ。

床はピカピカ。

住宅メーカーに勤務するかぁくんママが鋭く、

この床は、滑らないワックスだよ。

高いけどいいんだよねぇ。」と。

本当に、ぜんぜん滑らない

わんこもいわゆるフローリングを歩くときの歩き方とぜんぜん違う。

 

 

しかも、床暖房。温度も調節できる。

エアコンは天井埋め込み式で、機械的な部分は見えない。

大きなすわり心地満点のソファー。

大人もゆったり寝れるほど。

ミニキッチンもあるし。

家具調度品もどれもおしゃれで、まるで普通の家のように

無数の収納まで!

 

パジャマも浴衣じゃないよ。

バスローブ。

 

お風呂は温泉もひかれてる。

洗面所のタイル敷の床もすごく暖かい。

 

ベッドのスプリングは寝転んでも、まったく沈み込みのない

かなり高級なマットレスだと私にもわかります。

 

犬たちにも3つもケージが用意されてました。

しかも大型犬用ビッグサイズ。

 

 

この度は、3人で泊まれる

2ベッドルームのお部屋を予約しました。

仕切りの引き戸を引っ張ると寝室が2つ出来上がるのです。

 

 

時折、よせばいいのに一服する人は

寒いのにねテラスがあるので、外に出てました。

 

すべてが完璧。

非の打ち所のないサイコーのお宿です。

 

 

 

残念だったのは、ドッグランが雪で埋もれてしまっていて

少しは走ったのですが、何せ凍っている。

 

 

今度は、もう少し暖かくなったらまた行ってみたいな。

 

 

 

 

長くなったので、次回に続きます。

お料理編です。

せっかくのお出かけネタなので

引っ張ります。

ご訪問ありがとうございます。

ぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ
にほんブログ村

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レジーナリゾート富士Suites... | トップ | レジーナ富士宿泊 夕食編と... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かぴ)
2014-01-22 23:11:56
荷物、運んでもらえるのですか?
荷造り下手で、いつも大荷物なので、恥ずかしいかも~。
犬の荷物だけカバン一つ余分になりませんか?

遊覧船、次に行ったら乗るって決めてます。
私もデッキまで出るでしょうね、たとえ北風ぴゅーぴゅーででも(^_-)

リンクの件、よろしくお願いします。
ちょっと事情があるのですが、ここまでは追手は来ないと思いますので(笑)
Unknown (さのあママ)
2014-01-23 00:55:19
すぺさるなお宿にお泊りだったのね
寒くても(ホントに寒そうだわ・・)
ロープウェーでてっぺんまで登りたかったんだ・・すげーぼそっ
強風で動いてないロープウェー、動かしてけろって
交渉したの?さらにスゲー
だって風強いとガタってなるロープウェイ・・そんな風の中
乗ろうと思う強いアナタ様・・
アタシもKぴさんもロープウエイ乗って具合悪くなったクチです・・
ゴージャスお宿 全国の色んな場所に次々オープンしてるみたいですね!
次はキャマタかな んなわきゃないね笑
お食事は最初から全部撮ったのよね・・ぼそぼそぼそ
かぴさま (うめハハ)
2014-01-23 12:37:13
もしかして、ハンドルネームもお変えになりますか?

荷物はたくさんですけど、ゴルフ場のカートみたいので
運んでくれるのです。
うちなんか、人用、犬用バッグに犬のベッドも。
恥ずかしいけどお願いしちゃいました。

デッキから戻った若いパパが
すっげー寒いって言ってましたもん。
出ないと決め込みました。
でも、遠くから来たらせっかくですもんね。
ぜひ、遊覧船乗ってください!
ロープウェイとセット券だと安いですよ。

本当は山中湖のカババスが面白いって
聞いてるのですが、高いし
イヌ的にはどうかなと。
水陸両用だそうです。

ホテル推奨のわんこカート
多頭飼用もあるのですが、なかなかよろしいですよ。
さのあママさま (うめハハ)
2014-01-23 12:43:49
ロープウェイ、乗車時間3分なの。
歩いて下山すると40分だけどね。
直角に上るからかしらね。

いつごろ再開ですかって
やさーしくやさーしく聞いただけですのよ・・・ほほほ。
オバといえど、優しくね。
顔怖かったかしら。。。

遊覧船よりロープウェイで山の上歩くほうが
犬には絶対楽しいと思ったから。
そこからの富士山絶景なんですよ~
山梨側だけど・・・ぼそっ。
あげないけど。



お料理は写真忘れてると思う。
写真もヘボですけど
見た目よりぜんぜんボリューミーですし
おいしい。
オバにも不満一切なしです。

イヌ関係なくも泊まりたいお宿ですよ。

ささ、りおころちゃんの運転で
清水行く途中に1泊して
アリーナ広場で走り回って
うめとガウガウしませうよ!

中央高速河口湖ICからすぐですよ。
(宿ね)
まってまーす。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。