宇多田ヒカル

ULTRA BLUE UNITED BLOG
ULTRA BLUE UNITED BLOG

6月14日に4年振り・4枚目のアルバム「ULTRA BLUE」をリリースし、7月1日より6年振り・2回目となるツアー「UTADA UNITED 2006」 を行う宇多田ヒカル。
そのアルバムの発売&ツアーの開催を記念して設立された期間限定ブログです。宇多田ヒカルとスタッフがアルバムやツアーに 関することを綴っていきます。また、このブログではみなさまからのコメント、トラックバックも定期的にテーマを作って募集しております。



< ニューリリース >
ULTRA BLUE
NEW ALBUM
「ULTRA BLUE」
2006.6.14 On Sale !
TOCT-26067 \3,059(tax-in)
発売元:東芝EMI株式会社

< リンク >

< 回答者紹介 >
 ・宇多田 ヒカル

宇多田ヒカル
得意分野:質問全般

 ・くまちゃん

くまちゃん
得意分野:人生相談、宇多田ヒカルのプライベートについての質問

 ・宇多田 照實

宇多田 照實
U3MUSIC
代表取締役社長/宇多田 ヒカルプロデューサー

 ・小澤 啓二

小澤 啓二
Fes inc.
代表取締役社長/アーティスト・プロモーション担当

 ・三宅 彰

三宅 彰
東芝EMI
Foozay Music Co.プレジデント/担当プロデューサー


 ・沖田 英宣
沖田 英宣
東芝EMI
担当ディレクター

 ・梶 望

梶 望
東芝EMI
マーケティング担当

 ・鴫原 愛

三宅 彰
東芝EMI
マーケティング担当

< カテゴリ >
TOUR SPECIAL REPORT(73)
今回のテーマ(7)
過去のテーマ①(10)
過去のテーマ②(9)
過去のテーマ③(8)
過去のテーマ④(9)
過去のテーマ⑤(9)
過去のテーマ⑥(8)

< エントリー >
【御礼】ありがとうございました!
[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.71
[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.70
トラックバック・コメント募集!!最後のテーマは・・・
今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?
今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?
今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?
今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?
今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?

< トラックバック >

< コメント >
Lina/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
Yurie/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
真実のファン/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
berry/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
wataru./今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?
wataru./トラックバック・コメント募集!!最後のテーマは・・・
ひろし/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
sevenstar3279/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
sevenstar3279/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72
拓也/[UTADA UNITED 2006] SPECIAL REPORT! no.72

→現在の  comment ( 0) | Trackback ( 0 ) 

コメント・トラックバックの受付は終了致しました。
たくさんの素敵なトラックバック、コメント、本当にありがとうございました!!





→現在の  comment ( 52) | Trackback ( 8 ) 

【2006.9.12】



終わったよーーー。

「UTADA UNITED 2006」は終わった。

時に我を忘れて暴れまくり、時に演出という額縁の中にぴったり収まり、みんなと一体になり、煽り、煽られ、宇多田ヒカルは自分の全てを出し尽くしたと思う。少なくとも、「この時点」で出せる力の全ては出し尽くしたと思う。

「UTADA UNITED 2006」を終えて、宇多田ヒカルは次の一歩を踏み込む事が出来る。みんなの声援と期待を糧に。この感謝の気持ち、どう伝えれば良いのか、未だ言葉が見つかりませんが、一先ず「ありがとう」。

優秀なスタッフに恵まれた事も、ヒカルにとって、主催者にとって、幸運なことでした。感謝の毎日でした。その一人一人に「ありがとう」。

さて次はどうしよう? 自問を始める時が来ました。

うただ てるざね
9/12/06 14:44

























→現在の  comment ( 6) | Trackback ( 1 ) 

【2006.9.12】

9.10.06

Last Show

Tonight’s show marks the end of Utada United 2006.  Although this one is over, I am sure there will be another tour in the future.  This tour has been a wonderful experience!  It is almost hard to describe all the amazing memories.  There are so many.  I am little sad to see Utada United 2006 come to an end but I am looking forward to the next time we can come together as Utada United and tour again!

The show tonight was especially good since everyone knew it was going to be the last one for a while.  The band connected with the crowd in a nice way and the fans loved it!  The fans love Utada United, and it was so cool to see the last crowd at Yoyogi enjoy themselves.  The fans at each city that we visited were special and important to Utada United.  Without you there would not be a Utada United!

Did all of you enjoy the show last night?  Thank you to all of the fans for making this tour special and for coming out and supporting Utada United 2006!   

SEE YOU AGAIN SOON!

-Pat Woodward






→現在の  comment ( 18) | Trackback ( 16 ) 

【2006.9.10】

6年ぶりの代々木!

2000年の「Bohemian Summer」は、ここ代々木からツアーがスタートしました。そして「UTADA UNITED 2006」はここで終了します。

天候にも、スタッフにも、来場してくれた皆さんの歓迎ぶりにも、遠くから応援してくれた方々にも、心から感謝します。「やって良かった。」の一言に尽きる思いです。

「東京のお客さんはコンサート慣れもしてるし、もしかすると凄くクールなんじゃないかな?」なんて、6年ぶりの反応をとても気にしていた宇多田ヒカルでしたが、そんなヒカルの気苦労を見事に払拭してくれた声援と拍手。サンキュー、みんな!!

代々木初日の様子です。

うただ てるざね




















→現在の  comment ( 12) | Trackback ( 18 ) 

【2006.09.11】

今回のテーマ:

「今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?」

みなさまのご協力のもとに続けてまいりました、テーマを設けたコメント・トラックバック募集も今回で遂に最後となりました。
最後のテーマ『今もっとも情熱(Passion)をかけているものは?」』
をテーマに、みなさまのご意見をお寄せください!
ご意見はコメントとトラックバックで受け付けております。トラックバックはこの最初のエントリーのトラックバックアドレス宛にトラックバックください。

また、Blogをお持ちでない方にも、右上部の”コメント”にてご意見をお書きいただけるスペースをご用意しましたので、そちらで是非ご参加ください。

お願いと確認事項:コメント/トラックバックは表示されてるテーマに沿ったもののみ受付ます。テーマと関係のない内容と判断したものに関しては削除させていただく場合があることをあらかじめご了承ください。なお、本サイトに掲載のエントリー本文中の文章/画像(バナーを除く)の無断引用・転載は、お断りさせていただいておりますことをあらかじめご了承ください。






→現在の  comment ( 1) | Trackback ( 1 ) 

【2006.09.20】

今思うと、学生時代はやはり生活の範囲が狭かったせいか、テニスとかスノーボードとかクラブ活動のようなものに情熱を傾けていました。数少ないものに「のめり込む」情熱があったと思います。
毎日山の上のテニスコートで練習したり、スキー場のリフトの係員さんと仲良くなるほどスノーボードに行ったり。生活のほとんどがそればかりでした。

でも社会人になり、生活の範囲も出来ることもしたいこともどんどん広がり、情熱を持つものが多くなったと思います。
仕事・趣味・音楽・プライベート・・どれが一番というものでもなく、全てにそれぞれ情熱を持って生活しています。「それしか見えない!!!」という情熱ではなく、もっと静かな情熱。
大人になった今(本当に大人になったのか?というそもそもの疑問は置いといて・・・)、情熱を注ぎ込むのも大切ですが、その情熱をもち続けることも大切で大変な気がします。

ちなみに今一番身近な情熱は、秋に引っ越すので新しいソファー探し。
気に入るものをとことん探します。
・・・この情熱は買うまでしか持ち続けられないですが・・・。

鴫原 愛





→現在の  comment ( 2) | Trackback ( 0 ) 

【2006.09.17】

あー一番つまんない答えになっちゃうのかも知れませんが、いま自分の時間の中で大半を占めているものとなると、やっぱり「仕事」ってなっちゃいますよね。
でも、

「じゃあなんのために仕事してんの?」

って話しになるワケなのですが、「会社のため?」「家族のため?」「この音楽を待ち望んでいる人々のため?」とかいろいろありますよね。
でも、一番大切なのは結局は「自分のため」であるんだけれども、でも自分だけの力では仕事は動かないし、結果も出ない。
大切なのはみんなそれぞれが、それぞれに情熱を持っていて、そのパワーが何重にも積み重なった時に、本当にイイ仕事ができるような気がします。
このプロジェクトのスタッフは、ほんとみんなキャラが違うんですが、本当に情熱を持った人達(ある意味濃い人)ばかりで、そんな人々と出会えて、一緒に仕事ができることを心から感謝しています☆

梶 望






→現在の  comment ( 1) | Trackback ( 0 ) 

【2006.09.15】


情熱。

渦中にいる時は闇雲ですよね。特に恋煩いが酷い時などは(笑)

僕の場合、あとになって「あぁ、あの時は情熱的だった」なんて振り返ることが多いんです。

だから今は、総勢120人越えのスタッフと共に駆け抜けた「2006年の夏」をしっかりと記憶に留めているところです。

因みに、国語辞典で「情熱」を引いたら、隣が「少年」でした。さ・す・が!


で、最後のテーマにして、ちょっと個人的なこと。

今、20数年振りの運転免許の取得に空いている時間の殆どを費やしています。

最初に取った免許は、ある日気が付いたら失効していました(ToT)

昨今、法規を破ったあげく他人の人生をもメチャメチャにしてしまうドライバーが増えていますよね。

繰り返し届く悲惨なニュースは、他人事ではなくなって来ました。

いつ何時被害者の立場になるやも知れない状況です。もちろん加害者にも。

僕の過去の運転マナーには一点のシミも無かった、などと言うつもりはありませんが、故に今回はより慎重により真剣に教習を受けています。

東京の恵比寿にある日の○さんは厳しいとの評判なので、入り口としてとても満足。

最近タクシーに乗っても、やたらと「急いで貰えます!?」などと言わなくなってきたかな。

よしよし。

小澤啓二







→現在の  comment ( 1) | Trackback ( 1 ) 

【2006.09.14】


たくさんの失敗と劣等感と孤独に蝕まれる時間と無力感に苛まれる瞬間と共に生きていく力を頂戴よ。
粗雑な振る舞いと真意を表に出さない卑劣さと暴力的な衝動と困っている他者を見て見ぬふりをする臆病さと肥大したエゴを打ち破る力をくださいな。
俺は弱い人間だから、油断をするとすぐ諦めそうになる。
そうならないように、泣きそうなぐらいせっぱつまって、がんばりたいの。
目の前の事実を受け入れて、新しい見解を見出したと思ったのも束の間、その向こう側にひろがる果てしなくだだっぴろい未知をあらためて認識しても、怯えない、ようでいたい。
近づきたいよ、俺の理想に。
それこそが情熱の源泉です。
おとなしくなれないよね、まだまだ。

おきた





→現在の  comment ( 3) | Trackback ( 0 ) 

【2006.09.13】

健康なことはよいことだけどたとえ不健康でも一生懸命生きることに情熱を傾けている。楽しいことばかりじゃないし、辛いことや苦しいこともある。だが毎日立ち向かい生きている。誰もが尊い唯一な生の中輝いている。たとえ君が広いステージのピンスポット浴びていなくても。生きるという美しいスポットライトは心の中で君を照らし続けているよ。だからなにがあっても、もっともっと生きるんだ。

三宅 彰




« 前ページ   


これまでのコメント・トラックバック総数
2193件

このブログを携帯で
チェックする


URLをメールで送信する
URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
QRコード
使い方
QRコード



gooブログ




gooID:
パスワード:
ログイン状態を保持する
ブログの作成・編集 ブログの作成・編集



このブログにコメントをするにはgooIDが必要です。
gooIDの取得はコチラから。



XML