起業家精神、谷治 肇オフィシャルブログ

銀座Wall Builではたらく社長のブログ。独立自尊の精神|独立起業のススメ。

桜梅桃李とそれぞれの使命

2008年09月04日 22時29分09秒 | 人生の羅針盤アーカイブ・法華経の実践と実証

(写真:日本最初の商社である亀山社中(後の海援隊)を結成した坂本竜馬。
竜馬は北辰一刀流の剣豪でも知られるが、懐の右手に持っているのは、
回転式銃スミス&ウェッソン・リヴォルバーと袴にブーツを履いている
、いかにも革新の志士らしい。。。
龍馬が十代に作ったと言われる名言:「世の中の、人は何とも云えばいへ我がなすことは、
我のみぞ知る」すでにこのころから、他の凡人とは思考が違っていた)


日蓮正宗法道院で学んだこと、桜梅桃李とそれぞれの使命

9月に入っても、
なお起業やビジネス、個人投資の相談が絶えることがない。
昨日、20代の某大手メーカーに勤務するT氏が当社UCFへ来られた。
私の起業家精神のブログを読んで感銘を受け、なにか元気がでた
と言っていた。
T氏いわく
自分は特に、これと言った夢とか使命はないけれども
一度きりの人生なにかにかけたい、今の会社の仕事にはそれが見えない。

私は、彼は起業には向いていないと感じた。ならば、夢や使命感の強い人を応援、お手伝いするのも一つ。 
地域のボランティア活動とかで、そのことをみいだすのもいい。そして、今の会社へ始業開始ぎりぎりに出勤するのではなく、30分早く出勤してみるのはどうであろう。 自分自身の意識事態が変わり、周りの目も変わる。 そこで 雇われない生き方をお勧めする

なんでもそうだと思うが、自ら率先し意識を変えない限り、
言われたことだけをやり、やらされていると思った時点から、
そこ(会社、組織)に依存、ぶら下がる
されどその状態から脱したい、だが離れることのできない隷属状態が
かたちだけではなく、意識の上でも形成されてしまう
と伝えた。

私は日蓮正宗(日蓮正宗法道院支部の信徒)法道院で学んだ桜梅桃李 を彼に教えた
桜梅桃李(おうばいとうり)の己己の当体を改めずして無作三身と開見す」
仏教では、個々の当体を改めず、ありのままで
最高の個として成長することを「桜梅桃李」といいます。
桜は桜、梅は梅。。。

個々の違い(能力、性格、男女など)はあったとしても
人と比較するのではなく
個々が個々らしく、自分らしく今を最高に生きることが大切なのだと思う
誰一人として この世に存在価値のない人などいない
どんな人にも その人にしかできないことはある
なさんとすることが心からそのように想うことができ、そのことで人生で日々多くの時間を費やし、
さらに情熱をもつことができるならば、それがその人の本物の使命だと思う


人気ブログランキングへ
夢・情熱、あなたの想いが未来を創造する。


株式会社ユナイテッドコンサルティングファーム(UCF)

谷治肇の起業家ブログ

起業家精神が日本を元気にする



※法道院(ほうどういん)とは、
東京都豊島区に所在する日蓮正宗の寺院。主管は八木日照(5代目、総監)






















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧困の問題は、お金では解決... | トップ | 日本社会の仕組み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事