テルミンとJAZZ
テルミンやマトリョミンの話。私、こちろうこと相田康一郎のプロフィールは左メニューバーのCATEGORYを。
 



新型マトリョミンMatryominQT(ME03)をじっくりさわる機会を得たのでレポートする。

まず、外見で違うところ(ただし、正面からの見た目は旧型とまったく変わらない)。

1.調整ツマミ・・・後ろに3つのつまみがあった旧型だが、新型は一つになっている。これはスイッチ兼用ボリューム。

2.LEDランプ・・・スイッチをひねると緑のLEDが輝く。スイッチ切る瞬間に赤く光るのは、もしかして電池の状態をこれでチェックできるようにしているせいかも(不明・・・やっぱりそうでした・・・2005.9.20追記・・・こちら参照)。

3.イヤホン端子(ミニプラグ)が二つ(これまではなし)・・・一つはイヤホンを差し込むと本体内蔵のスピーカーがミュートされる端子で、もうひとつはそうでないもの。こちらはラインアウト(外部アンプへの接続用)を兼ねているようだ。旧型のラインアウトはRCA端子だったが、新型はミニプラグだ。

4.音色切り替えスイッチ・・・brilliantという音色に変更できるスイッチ。その名のとおり、明るい音色になる。大勢に聞いてもらうときなどによいようだ。

5.底版が金属板に・・・旧型のアルミ箔貼り付けから、大きく質感および実用性がアップしている。これで底のアルミがはがれる心配がなくなった。

6.底にチューニングつまみ・・・演奏(準備)上、最も重要な変更点。いちいち右手でつまみを回していた旧型からの大きな改良。マトリョミンを支えている左手の人差し指で前後に回す。チューニング動作をしながらチューニングをとることができる。仮に演奏中に大きくチューニングが変動した場合などでも対応可能だ。


フタを開けると・・・

7.なな、なんと、基板が縦置きに。そしてこの基板からループになったアンテナが突き出ている。旧型のようにフタを開けるときにクリップの断線などに気を使わずによくなった。
よーく見ると基板にコイルがパターン形成されている。表面実装の部品もちょっと見えて嬉しかった。当然電池ボックスの形状や置き方も違っている。電池の出し入れは旧型よりちょっと不便だが、このくらいはいたし方ない。


演奏してみると・・・

8.まずはチューニングが簡単。ちょっと操作に慣れは必要だが、つまみを大きく動かすことができる(とても微妙なつまみ回しが必要だった旧型からの大きな改善点)。

9.演奏によく使う中音域でのオクターブ幅が広くとられている(全体の音域は5オクターブ超あった)。旧型マトリョミンはよくチューニングをとっても、1オクターブ変化させる距離がテルミン(イーサウェーブテルミン)に比べて短かった。新型は少なくとも中音域においてこれが拡げられている。したがって1音変化に使える距離が大きくとれるので、演奏が楽になっている。テルミン式の指使い(竹内正実氏のテルミン教則本で教えられている手首と指を使う演奏法)がテルミンにほぼ近い形で行える。

(2005.9.20追記)10.佐藤教授のブログに書いてあったので思い出した、そうそう、旧型に比較して、高音で音量(音圧)が落ちない。


感想は外見以外、別物といっていいような大改良。これだけ進歩していれば、コストアップは仕方ないと思わせる出来であった。
お待ちになられた方はその甲斐があったことと思う。

ただ、旧型の大変クリティカルなチューニングや、新型よりも多い手作り感を愛する方も多いだろう。
「旧型マトリョミン使い」ということで世間の尊敬を浴びる日も遠くないかも。
旧型オーナー仲間の皆さん!、団結ガンバロー!といいながらこっそり新型に乗り換えたりして。

音色は1台だけしか聞いていないのでなんともいえないが、私が弾いたものはちょっとカタメの音色だった。これは個体ごとに違うのでたくさんの新型を聞いてみないとわからない。



・今日の今日だが、佐藤沙恵さんの今日のライブでも新型マトリョミンが登場するらしい(ご紹介)・・・詳細はこちら

・あさっての竹内正実氏(マトリョミン開発製造者)による1日体験講座では新型の試奏ができるようだ。
■講座名:「マトリョミン」ってなんだろう
■会場:池袋コミュニティ・カレッジ
     東京都豊島区南池袋1-28-1 池袋西武イルムス館8,9F
■日時:9/18(日)
      Aクラス:14:30-15:30
      Bクラス:15:45-16:45
■講師:竹内正実(テルミン演奏・研究家、Mandarin Electron代表)、
     マトリョミン・アンサンブル「マーブル」
■受講料:2,625円(会員・一般とも、各1回)
■備考:チューニング合わせ方や演奏法に関する細かなレクチャーはありません。
     演奏をご覧いただくのと、気軽な演奏体験を主な内容としております。
■主催、お申し込み、お問い合わせ:池袋コミュニティ・カレッジ
    Tel.: 03-5949-5488
     http://www.seibu.co.jp/c_college/
     http://www.seibu.co.jp/c_college/topics/index.html

・まだあるマトリョミン演奏
17日(土曜日)お寺のホールでニチェボー!を聞こう。15時からトップバッターです。詳細はこちら




コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )



« ライブ(ボナ... お寺ホールの響き »
 
コメント
 
 
 
待ち遠しい (KANA)
2005-09-16 11:28:33
あと半月ほど待つと届くのでしょうか、

楽しみです!

音を出さずに密かに練習できるのが

嬉しい(笑)。
 
 
 
ほんとに (こちろう)
2005-09-16 12:50:09
楽しみですね。



無責任発言ですが、いったん出荷が始まったので、これからはスムーズにいくのではないでしょうか。



「音を出さずに練習」まわりからみたら、音出しながらよりもさらに怖い風景ですね。病院に連れていかれたりしないように注意してください。
 
 
 
待ち遠しいⅡ (mieno)
2005-09-16 13:16:19
情報ありがとうございます。

音色が変わるというのは 凄いですね

それにチューニングが楽にできるというのは初心者にはなにより嬉しいです(もう困った顔をしなくてもよさそうです;)

先日教えていただいた 指を開く奏法も本家テルミンに近いという事は テルミン教室の復習がよりリアルにできると言うわけですね。
 
 
 
困った顔も見てて楽しい? (こちろう)
2005-09-16 18:49:50
「ボヤキ」に対する反応が結構ありましたねー。読みましたよ。



右手はテルミンに近づきました。

おっしゃるとおりだと思います。
 
 
 
こんにちは。 (めい)
2005-09-17 18:21:22
mianoさんのマトブロ!からやってきました。

運良く(?)旧型を手に入れる事が出来ました。

もお、毎日うなっています。

来月からは、ちゃんと教室にも通える予定です。



やっぱり新型マトちゃんも予約しようかなぁ。。

ってまだ、何も出来ないんですが。。。(うなるのみ)

絶対、歌えるようになりたいです!

いつか、こちろうさんのライブも聴かせていただきたいです。
 
 
 
拝見してました (こちろう)
2005-09-18 10:47:26
めいさんのブログもこっそり覗いてました。

カラフルな写真がいいですね。



きっと可愛く歌うようになりますよ。
 
 
 
きゃ~~~ (ゆきやこんこん)
2005-09-18 11:10:52
昨日発送ですって。

きゃ~~~~~~

きゃ~~~~~~
 
 
 
私も一緒に (こちろう)
2005-09-18 18:57:11
「きゃー」。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
お次は教則DVDに期待 (テルオとマトコのテルミン入門記)
マトリョミンQTの発送がいよいよ始まったようですね(こちろうさん、その他の方々のブログ、Mishmash Club、hbkr、思いつくまま、などでも紹介記事がアップされ始めています)。wasanegiが