Toshizoh's Bar

大阪を愛する編集者トシゾーのほろ酔いメッセージ。

馬車できた12人のお客

2016-09-19 18:10:23 | Weblog
もいちど読もうよアンデルセン物語 25
馬車できた12人のお客
軽い冗談話のような一作。
12ということは……と思うそれです。
事件は何も起こりません。

月の名前には、重大な秘密が隠されていることに、さすがのアンデルセンも気づいていなかったようで、それは10月をオクトーバーということ。オクトーバーのオクトは8を意味し、つまり8番目の月。でも10番目の月の名前です。これは今の3月が1月だったころの8番目の月を指しているのです。で、正月が3月から1月に変わってかつての8番目の月は10番目になっても名前は8番目のまま残ったのです。オクトーバーフェスといえばドイツの収穫祭です。キリスト教がカレンダーを決める以前の慣わしと関係があるのでしょう。
日本の古代も春から秋、秋から春、で1年を考えていた可能性があります。
余談ではありますが、キリストの誕生日は12月25日ではありません。太陽信仰に合わせて教会が捏造したのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三連休の最後 | トップ | イソップ寓話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事