TOPPO WORLD

TOPPO(ダックスフンド)から見た周りの出来事いろいろ。

動物園 動物写真その38 『チベットモンキー』

2017年01月16日 | 動物園 動物紹介
今回の動物園の動物紹介は『チベットモンキー』です。
これまたズーラシア動物園の紹介記事と動物図鑑からの説明です。



チベットモンキーは、中央アジアの高地の森林に住むオナガザル科の猿です。



顔は肌色で顔の周りに白い毛が生えています。



チベットの修行僧を思わせる風貌ですが、なぜか親しみを覚えます。



全身が濃い茶色や茶褐色の長い毛で覆われていて、目や鼻筋、口には毛が生えていないが、その周りは毛で覆われています。



チベットモンキーはニホンザルに似た社会構造をもっていて、複数の雄と雌、その子ども達で構成される20~60頭程の群れをつくり生活しています。
日中に行動し、ほとんどの時間を地上で過ごしています。



標高800-2,000mの亜熱帯の常緑樹林帯から温帯の落葉広葉樹林に生息し、木の葉や新芽、根、果実、昆虫等の小動物などを食べています。



体長は雄が約60cm、雌が約50cmで、体重は雄が約15kg、雌が約10kgです。



雄も子ザルの面倒をみるサルで、雄どうしは子ザルを使ってあいさつをするという珍しい行動も見せます。



南方系のサルに比べて短足ですが、サルなので金網を登ったりしますが、敏捷性は他のサルに比べたらいまいちの感じです。



近年の森林開発などによる生息地の減少に伴い、チベットモンキーの生息数も激減していて、その数は10,000頭以下と推測されています。



次回は『オットセイ & イルカ』の紹介です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トッポパパの日本気まぐれ紹介、 その174 『新湊きっときと市場』 

2017年01月15日 | トッポパパのディスカバー・ジャパン
富山の宿泊先は黒部峡谷トロッコ電車・宇奈月温泉・信濃大町から富山へと続く立山黒部アルペンルートに近い金太郎温泉です。



金太郎温泉は湯量豊富な天然温泉で、食塩泉と硫黄泉が混合している国内でも珍しい泉質な温泉です。



露天風呂も規模が大きく、何種類もの温泉が備わっていて、温泉をゆっくり楽しめました。
写真はホテルの広報写真です。
下の浴場は立山連邦をイメージして大きな岩がアレンジしてあります。



移動中の車中から立山連邦を撮りました。



昼食は新湊きっときと市場でとります。
富山きときと空港でも『きっときと』が使用されていますが、『きっときと』とは 新鮮な、生き生きした、活き活きした等の 生きのいい状態をいうそうです。



富山湾の富山新港エリアにある新湊きっときと市場は、日本海からの新鮮な海の幸が集まる海鮮市場です。



ホタルイカ、甘エビ、カニなど富山にはたくさんの魚介類が水揚げされます。



ベニズワイガニも有名のようで、朝採れのベニズワイガニが釜茹でされています。



数時間のうちに数百匹のズワイガニが茹で上がりました。
普通のカニと違って生でも赤いのが特徴です。



活茹でしたものは、甘みもあり非常に味が良かったです。
ほとんどの観光客がベニズワイガニと格闘です。



昼食に一人大きなカニが一杯つき、カニだけでお腹がいっぱいになりました。



遠くに見えるのが新湊大橋です。
富山新港に架かる日本海側最大の2層構造の斜張橋で、地元の人いわく『富山のベイブリッジ』だそうです。



次回はまた動物紹介に戻ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トッポパパの日本気まぐれ紹介、 その173 『高岡大仏、雨晴海岸』 

2017年01月14日 | トッポパパのディスカバー・ジャパン
高岡の大仏です。



阿弥陀如来坐像『高岡大仏』は、日本三大佛に数えられ昭和8年(1933年)の造立以降、市民から親しまれる象徴的な存在となっています。



奈良、鎌倉につぐ日本3大仏に数えられるという説には、他所にも大きな大仏がありますので、そこの住民には異論があるようです。
奈良の大仏と鎌倉大仏は決定していて、残り1枠を様々な大仏が争っている状況で、3位争いが正しいのでしょうかね。



仁王像です。



大仏が座っている台座は、回廊になっていて中を見て回ることができます。
こちらは以前の写真ですが、そこには阿弥陀三尊像や仏画などがありました。



総高15.85m、坐像の高さ7.43mの青銅製の大仏は、伝統産業高岡銅器の粋を集め、30年の歳月をかけて完成しました。



町中にあるので、奈良や鎌倉の大仏に比べると、逆に親しみやすいのかもしれません。



1933年、歌人の与謝野晶子が高岡を訪れた際に、高岡大仏を「鎌倉大仏より一段と美男」と評したとも伝わり、端正な顔立ちの大仏と言われているようです。



富山の紹介をしているので、高岡市の北部にある雨晴海岸を昔の写真で再度紹介します。



日本海沿岸屈指の遠浅で、絶好の海水浴場としても知られている能登半島国定公園の雨晴海岸です。
日本の渚百選のひとつにも選ばれています。
写真は女岩と呼ばれる浅瀬の小島です。



横山大観が高岡に滞在した際、1903年に描いた雨晴義経岩が有名です。




源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨が降り出し弁慶が岩を持上げ雨宿りをしたという伝説があり、地名の「雨晴」の由来もここからきています。



次回は新湊市場の紹介です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トッポパパの日本気まぐれ紹介、 その172 『富山城と越中富山の薬』 

2017年01月13日 | トッポパパのディスカバー・ジャパン
富山を移動中、富山城の前を通りました。
移動中の車中から撮った写真なので、これ一枚しか撮れませんでした。
本丸南側の堀と石垣、そして本丸枡形虎口の石垣上には、三層の模擬天守が建てられています。



富山城の写真は以前の写真で紹介します。
慶長5年の関ヶ原の戦功により金沢城主前田利長は、加賀・能登・越中の3ヶ国120万石を得ました。



慶長10年に利長は隠居して富山城に移りますが、慶長14年に主要部の建物を焼失したため、高岡城を築いて移りました。
寛永16年、3代前田利常は、次男利次に10万石を与えて分家させます。



利次は、廃城と化していた富山城を修復後、寛文元年に入城して富山藩が成立し、以後富山前田氏13代の居城として明治に至ります。



富山といえば『富山の薬売り』で知られています。
トッポパパの子供の頃は、家にその薬箱があったように思います。
歴史ある池田屋安兵衛商店に寄ってみました。
創業昭和11年、初代池田実が現在の地に和漢薬種問屋として暖簾を掲げました。
染め抜かれた角三の屋号は、「信用」「伝統」「研鑽」の三つを極めるという家訓を表すものです。



富山10万石の二代目藩主・前田正甫は、質実剛健を尊び自らも、薬の調合を行うという名君でした。
元禄3年(1690年)正甫公が参勤で江戸城に登城したおり、福島の岩代三春城主・秋田河内守が腹痛を起こし、苦しむのを見て、印籠から『反魂丹(はんごんたん)』を取り出して飲ませたところ、たちまち平癒しました。
この光景を目の当たりにした諸国の藩主たちは、その薬効に驚き、各自の領内で『反魂丹』を売り広めてくれるよう正甫公に頼み、この事件が「おきぐすり」(配置販売業)の発祥とされています。



前田正甫公の『用を先に利を後にせよ』という精神から生まれた「おきぐすりの先用後利」販売システムは、当時としてはかなり画期的な商法でした。
下の写真は数年前に富山城址公園内で撮った前田正甫公の銅像です。



『反魂丹』は備前の医師・万代常閑の先祖が、堺浦に漂着した唐人からその秘法を授かって作ったもので、正甫公自身が腹痛を起こした時に服用して平癒したという妙薬です。
正甫公は「人の病患を救う妙薬を秘しておくことは惜しい」と、天和3年(1683年) に常閑を招いてその処方の伝授を受けたとされています。



たくさんの種類の薬が置かれています。
懐かしい薬も散見されます。



反魂丹は、丸薬の一種。胃痛・腹痛などに効能があります。
トッポママもその作り方に挑戦!です。



いまでもよく聞く、歯痛に効く今治水です。



西洋薬の影響を受けた多種多様な薬の製造が始まりまり、明治、大正、昭和の時代の中で、富山の売薬業は県を代表する産業へ育っていきました。
池田屋安兵衛商店も戦後まもなくの薬の製造を始め、越中反魂丹を現代の人々にも通用する新しい形の和漢薬として復活させ、その精神を今に引き継いでいます。



次回は高岡の大仏の紹介です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物園 動物写真その37 『スマトラトラ & オセロット』

2017年01月12日 | 動物園 動物紹介
今回は『スマトラトラ & オセロット』の紹介です。



ズーラシア動物園で、今回は珍しく居心地のよさそうな寝床?でくつろいでいました。



トラの仲間のなかではもっとも体が小さいそうですが、それでもするどい爪と牙で自分より大きな獲物も捕まえます。
スマトラトラは他のネコ科のように水を嫌わず、泳ぐのも巧みで、時々木に上ることもあります。



インドネシアのスマトラ島中央部の熱帯モンスーン林に、アジアゾウの亜種スマトラゾウ、スマトラサイ、トラの亜種スマトラトラ、そしてオランウータンといった、貴重な野生生物が棲んでいます。



シカやイノシシなどの大きな動物から、ウサギや鳥までいろいろ食べます。



体色は黄色みがかった赤褐色をしていて、腹部や四肢の内側、目の上、頬などは白です。
耳の裏側は黒く、トラに見られる白い斑紋があるが、スマトラトラの体にある黒い縞の数はほかのトラに比べて数が多くて幅広です。



オセロットです。
なかなか写真を撮ることができませんでしたが、寒くなりヒーターを入れたのでネコと同様あたたかいところで丸まっていました。



オセロットは主にメキシコから南アメリカのウルグアイ、アルゼンチン北部にかけて分布する小型のヤマネコです。
体長は65~120cm、体重 11~16kgぐらいです。



熱帯雨林や落葉広葉樹林、沼地、マングローブ、サバンナなど多様な環境にすんでいます。



体毛は短く、毛色は灰色から黄白色、淡褐色などです。
体にはヒョウのようなリング状の黒い斑があり、斜め下に向かって鎖状につながっているように見えます。
頭部や四肢にも小さな黒い斑点があり、耳の後ろは黒く、トラのように白い斑があります。



次回は富山城他の紹介です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加