tokotoko花日記

富山発 我が家のガーデニング便り

趣味のフュージングガラスの制作についても発信しています。

「弱虫博物誌」を観に・・・

2017-02-20 | ブログ2017
昨日は、西田美術館で開催されている、川越ゆりえさんの「弱虫博物誌」を観に行ってきました。



展覧会に出品した作品を観に行った事は何度かありますが、彼女一人だけの作品展は初めて観ました。
なかなかの見応えです。











3/11(土)まで開催されています。
興味のある方は、是非足を運んであげて下さい。



その後、富山市ガラス美術館キラリへ行ってきました。
富山市ガラスコレクション展「うごき」と「へんか」の視点と



富山ガラス研究所の卒業制作展を観に行きました。



1日で3個所の展覧会で少しハードでしたが、晴れ渡ったすがすがしい2月の青空の日、心地良い疲労感と心の充実感に浸った一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひな様の雛道具

2017-02-18 | ブログ2017
射水市本江の旧田中家 勘兵衛はうすで開催する「ひな祭り会」に向けて、着々と準備を進めています。
自分で作ったミニチュアのお雛様に金屏風を飾りたくなり、お雛様を置いているお店に買いに行きました。
どこのお店も殆どがお雛様と道具類をセット販売していて、なかなかバラで置いてあるお店が無くて、探すのに結構苦労しました。
インターネットで調べて、初めてのお店に入ってみた所、屏風の他にも色々な雛道具が置いてありました。
可愛い道具類を眺めていると、ついつい欲しくなり、金屏風の他にも桃、橘、菱餅、桜餅を買ってしまいました。



他にミニチュアのぼんぼりもあったけど、売れてしまったと聞き、もう少し早く来れば良かったと後悔しました。
ついでに展示してあるミニサイズのセットのお雛様を眺めていると、これくらいならなんとか作れそう・・・と思える物も何点かあり、しっかり記憶に留めて、家に帰って早速作ってみました。



ぼんぼり、橘、桃です。
なかなか良く出来たでしょ。
材料は、紙、布、木、ビーズ等です。

100円ショップで見つけた二つ折りの色紙に、主人に桃の絵を描いてもらいました。
二つに折って立てれば、屏風にぴったり。



早く飾ってみたいなぁ・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チロルチョコのお雛様

2017-02-13 | ブログ2017
昨日、一昨日は、射水市本江の旧田中家 勘兵衛はうすに行っていました。
陶芸同好会とお雛様の搬入の為です。

26日のひな祭り会に向けて、沢山の方が勘兵衛はうにお雛様を飾って下さり、とても賑々しくなりました。
伝統的なものや、古いお雛様や、手作りのお雛様、ずらりと並んだ様々なお雛様で勘兵衛はうすはとても華やいだ雰囲気です。
可愛いお雛様達にお菓子を供えようと思いコンビニで探していたら、チロルチョコのお雛様がありました。
あんまり可愛いので、お菓子メーカーのアイデアに乗せられて、ついつい買ってしまいました。
勘兵衛はうすに持ち帰り、早速組み立てて、他のお雛様達の仲間入り。



なかなかのものでしょ。
お内裏様とお雛様だけじゃなくて、三人官女、五人囃子、右大臣、左大臣まで揃っているんですよ。
白木のぼんぼりと土人形の恵比寿さんも結構いい感じです。



陶芸同好会の方は、今回私は二日がかりで透かし彫りの行灯を作りました。
太陽、







月と星をイメージしたものです。


中に灯をともしたらどんな感じになるか、想像するだけでワクワクします。
せっかくだから、3月の陶芸同好会で中子を作り、透かし彫りの花活けとしても使える様にしたいと思います。



藍染めしたデニムバッグに、早速パッチワークのポケットを縫い付けてみました。



ボタンは、100円ショップで買ったくるみボタンに、藍染めの布の切れ端をくるんだものです。
最初、パッチワーク部分がちょっと単純すぎたかと反省していましたが、こうしてみると結構いい感じです。
何せ、手作りは大好きなものの、何日もかけて作る大作はちょっと苦手。
すぐに結果が見えるものじゃないと、飽きてきてしまうんですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蜘蛛の巣もようの藍染めチュニック

2017-02-12 | ブログ2017
金曜日は月に一度の染色の日でした。
午前中、コープとやまの手作りウインナー教室に行った後、大急ぎで先生の工房へ。
今回は、型染めの糊置きをしました。



白い生地が手元になかったので、浴衣地で型染めの練習をする事にしました。
糊が乾くまで、染色出来ないので、続きは来月行います。
余った時間で、大好きな藍染めをしました。

今回持ち込んだ中で一番力が入っていた物は、蜘蛛の巣模様のチュニックです。
ろうけつ染めにしました。
前は、



後ろは、



ろう置きでかなり失敗したんですが、さほど目立たず、なかなかの出来です。
蜘蛛の巣は、大好きな模様です。
生地が綿なので、もう少し暖かくなってから着る事にします。
早く暖かくならないかなぁ・・・。

他には、気に入っていたのに黄ばんでしまったシャツ。
藍染めの薄め液で染めてみました。



襟や袖口の黄ばみがすっかり目立たなくなり大満足。
前立てや後ろに入っている刺繍も美しいままの染め上がり。
気に入っていて、長い間捨てるに捨てらずにいただけに、生まれ変わった姿にほれぼれ。
試してみて本当に良かった

それから色が気に入らなかった空色のTシャツ。
ネットに押し込んで藍染めにしてみました。



こちらの出来にも大満足。
Tシャツを着る季節は、まだまだ先。
早く来てみた~い。

もう一点。生成りのデニムバッグを藍染めにしました。



こちらは、藍染めの端布をパッチワークしたポケットを付ける予定です。
今回は、どれも物凄く気に入った出来になりました。
冷た~い藍染め液の中に手を入れて染め、雪が降りしきる中で干して空気に当てを繰り返し、根性で染めた成果です。
頑張って作業した甲斐がありました。
良かった。良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作りウインナー教室に参加

2017-02-11 | ブログ2017
昨日、コープとやま主催の「手作りウインナー教室」に参加しました。
先ずは講師の桜井ハムさんから手順の説明を聞いて、



各自がそれぞれやってみました。



私が作ったウインナーです。
なかなか良く出来たでしょ。
これは、黒ゴマ入りのウインナーです。
出来上がったウインナーで楽しいランチタイム。



出来立てのウインナーはとっても美味しかったですよ。
レシピももらったので、これで何時でも我が家で作る事が出来ます。
う~ん、ちょっと手間がかかるから・・・。

お食事をしながら桜井ハムさんから、市販のウインナーにまつわる色々なお話をお聞きしました。
まず驚いたのは、ウインナーって火を通さなくてもそのままでも食べられるですって。
ハムやソーセージはそのままでも食べますが、ウインナーもそのまま食べられるなんて、ちょっとびっくり。
それと、ウインナーに火を通す時は、フライパンに水を張って茹でてから、お湯を捨てて空炒めすると美味しく出来るんですって。
なるほど・・・。
一緒に参加していた友人は、家で採れたハーブを入れて作ってみると言っていました。
ハーブ入りのウインナー、美味しそう
作ったら少しおすそ分けして欲しいなぁ・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加