tokotoko花日記

富山発 我が家のガーデニング便り

趣味のフュージングガラスの制作についても発信しています。

ステンドグラスの鳥

2017-05-26 | フュージングガラス2017
今日は、ステンドグラス教室の日でした。
習い始めて3回目。
第一作目が出来上がりました。
早速リビングの窓辺に掛けてみました。



ガラスを切るのは慣れているので、どうという事は無かったのですが、形を線に合わせて削ったり、銅線を巻いたりは初めて。
大雑把な性格の私は、「結構神経を使う面倒な作業」に思えましたが、こうして出来上がってみると凄く幸せ
「この窓辺にあと二つ位あると良いかも・・・」なんて思ったりして・・・。



先日coopとやまの「ふれあいサロン」で「ガラスのアクセサリー教室」の講師をしました。
皆さんが作られた作品を焼成してみました。



作品の大きさを4cm角以内に仕上げてもらったのですが、皆さんついつい大きくしてしまいがち。
ガラスも色々な色のものを盛り沢山。
この作品をお渡しするのは、6月のふれあいサロンの日です。
気に入ってもらえるかしら・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルトナージュの小物入れ

2017-05-25 | ブログ2017
一昨日は、布あそび講座の日でした。
カルトナージュの小物入れが出来上がりました。



なかなかの出来でしょ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラスのアクセサリー作り

2017-05-23 | フュージングガラス2017
昨日は、coopとやまのふれあいサロンの日でした。
今回は私が講師となり、「ガラスのアクセサリー作り」をしました。
私がcoopとやまの「まなびあい」に講師登録している関係で依頼を受けました。
8人の方が参加して下さり、ブルズアイの板ガラスを使ってアクセサリーを作りました。



皆さん初めての方ばかりで、アクセサリーや箸置きを思い思いに作られました。



これらの作品は我が家に持ち帰り焼成して、6月のふれあいサロンの時にお渡しする予定です。
どんな風に仕上がるか、楽しみ、楽しみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草間彌生とミュシャ、歌舞伎座

2017-05-22 | ブログ2017
昨日、一昨日と東京へ行っていました。
一昨日は国立新美術館の草間彌生「わが永遠の魂」とミュシャ展を観ました。





土曜日なのと会期がもうすぐ終わりなのとで、物凄い行列。
なんと草間弥生は40分待ち、ミュシヤに至っては60分待ちでした。
平日に来るべきだったと後悔しても後の祭り。
来たからには何としても両方観ねば・・・。
5月とは思えない程の気温の中、根性で並んで観ました。
行列はもちろん、外へと長く続き・・・。
その間に外の樹木の水玉模様を観たり



かぼちゃの造形物を観たり



出てきた頃にはもうへとへと。
何処へ行く勇気も元気も無く、その日はそのまま息子が住む横浜に帰りました。

国立新美術館へ行く途中で、初めて原宿の竹下通りを歩いてみました。
原宿のシンボルの時計



この前で写真を撮りました。

2日目は歌舞伎座へ。



私は建て替え前の歌舞伎座へも来た事がありません。
歌舞伎そのものは、富山のオーバードホールで観た事がありますが、もちろん歌舞伎座で歌舞伎を観るのは初めてです。

取り合えず前日に引き続き、またまた一幕見の行列に1時間程並んで、なんとか「梶原平三誉石切」を観ました。



昼の部最後の「魚屋宗五郎」に寺島しのぶの長男がでっちの役で出るんだそうですが、そこまで見る時間の余裕も無く、銀座でランチを食べました。

銀座和光の時計台



その後、最初の予定では浅草の浅草寺でもと思っていましたが、三社祭と聞き、わざわざ人込みを見に行ってもしょうがないので、「2K540」へ



ものづくりの人達の作品をのんびり眺めてウインドウショッピングをしました。
後は飛行機で一路富山へ。

飛行機の中から、美しい夕日と水を張った光輝く水田を眺めたら、本当にほっとしました。
空港の廻りで蛙の唄を聞きながら「やっぱり富山はいいね」と主人と・・・。

ここ何年か5月の連休明けに東京へ行き、横浜の息子の所に泊まるのを日課にしていましたが、歳と共に東京の慌ただしさについて行けなくなってきています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだわりのみずなす漬け

2017-05-20 | ブログ2017
昨日は、coopとやまの漬物教室に参加しました。
講師は境共同漬物さんです。
我が家は、漬物は全て家で漬けているので、今まで全く利用した事がありませんでした。
今回初めて「みずなす漬け」を食べてみて、その美味しさにびっくり。
本当に目からうろこの美味しさでした。



この水なすは、富山の水なすとは全く別物のようです。
形も全く違います。
切れ目を入れて握ると水がじゃぶじゃぶ出てくる程みずみずしいんです。
試しに生で食べてみましたが、その美味しさにびっくりです。

みずなす漬けのつけ汁でドレッシングを作ってサラダにかけたり



ピクルスを漬けたり



白菜漬けを入れた餃子



など、色々な食べ方の提案をして頂きました。
これを機会に次にチラシに掲載された時は、是非購入したいと思いました。
地元では、みずなすの糠漬けを良く食べておられるとの事。
糠漬けも食べてみたかったなぁ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加