Indoor airplane world
 



 Fabbopでクラウドプリントしながら、Raspberry Pi Zeroの消費電流を調べてみた。0.5ミリ銅板+ケープのベッドで、初めて大きなアイテムのプリント。ヒートヘッド220℃、ベッド100℃設定。 Raspberry Pi Zeroに4ポートハブと無線LANアダプタをセット。  消費電流は0.17A~0.26Aの範囲で変化。最大消費電力で1.3Wといったところ。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 これやってみたい! . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 最近はPimoroniにRaspberry Pi Zeroの在庫が順調に補充されるようになってきた。しかし残念ながらまだ国内では調達できない。  前回はRaspberry Pi Zero + Adaptorsを注文したが、今回はRaspberry Pi Zeroのみ注文。1回の注文で1個までは今も変わらない。  Zeroが£3.33で送料が£5.50。注文時のレートで533円+880 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 前回のテッポウウオのローリング対策は、ある程度効果はあったが、まだローリングする。そこで今回は船底に垂直安定板セットしてみた。  悩んで考えた方法だが、果たしてこれでローリングは改善されるだろうか。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 これは以前Raspberry Pi Model B+でクラウドプリントしたものをRaspberry Pi Zeroで再検証した。結果はOK。  今回はここからRaspberry Pi 3に対応したAstroBoxイメージファイルをダウンロードした。  今まで32GBのmicroSDカードを主に使ってきたが、32GBは全く必要ない。今回は8GBを調達してimgを書き込んだ。同じCl . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今回はFabbop Castの代わりにRasopberry Pi ZeroでFabbopにアクセスしてプリントできるか試してみた。結果はOK。  Fabbop CastのmicroSDカードをRaspberry Pi Zeroにセット。FabbopではSTLファイルをアップロードすれば、スライスからプリントまでお任せなので便利。  ただしABSフィラメント使用時のヒートヘッド温度が2 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 いつもより少し遅く家を出たが、暑いので木陰でないと体が持たない。今日は新たなテストもないので、いつもの鴨とテッポウウオで楽しんで、早めに帰宅。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 いままでRaspberry Pi Model B+でOctoPrintにアクセスしていたが、そのmicroSDカードと無線LANアダプタを外してRaspberry Pi Zeroにセットしてプリントしてみた。  OctoPrintへのログインも問題なし。  無事プリント完了。プリントしたのはジョイスティックノブ。初めはRepetier-HostのCuraでスライスしたが、サポート . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 マグネットアクチュエータ・ドライブのインドアプレーン用TWE-Lite受信機基板、TWE-Lite超簡単!アプリ用PWMtoServoコンバータ基板、それと前回パターンに間違いのあった、TWE-LiteモジュールtoDIP変換基板の3パターンを5センチ角にまとめたもの。  画像下列のインドアプレーン用TWE-Lite受信機基板は、自分では試作が困難なので、いきなりのパターン描画。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 メカフグに搭載している、とても高性能で使いやすいミネベア製のΦ10ミリブラシモータを、少量ですがテスト販売しはじめました。 . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ