昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

エッセイ(371)オレたちファースト時代(8)

2017-03-31 06:22:21 | エッセイ
 英国のメイ首相は、EUからの離脱をEU大統領に29日正式に通告した。
 
 これで欧州の29か国を束ねていた近代理想国家(組織?)の一端に綻びが生じることとなった。
 ここで思い起こすのは、マルクス・レーニン主義の理想に基いて社会主義国家として建国されたソヴィエト連邦が69年を経て崩壊したことだ。 
 さらに、第一次大戦後、国際連盟創設に貢献したアメリカのウイルソン大統領
 さらにオバマ大統領という世界協調といういわば平和的な<理念>を掲げたアメリカが、そのような<理念>をかなぐり捨てて<我欲>に基づく<アメリカ・ファースト>を掲げたトランプ大統領を出現させた。
 そして、今や世界は中国の習近平主席
 ロシアのプーチン大統領 を加えた3人の自国ファーストの指導者に率いられる時代に入った。

 人類も今や、<叡智>に基づく行動より、動物的な<わが身ファースト>の行動をセレクトする時代に立ち戻ったようである。その方が性に合っているというわけだ。
 ただ、自然に任せて行動する動物とは異なり、人類の行動は<強欲>に基づくだけに性質(タチ)がよくないのが気がかりだ。
         

 <好奇心コーナー>
 
 「オレ、ファースト!」と豪語していた羽生がフィンランド世界戦、フィギュア―・ショートでジャンプに失敗して5位!
 
 フリーでどこまで巻き返せるか?


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセイ(370)ハリル・... | トップ | エッセイ(372)オレたち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL