昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

エッセイ(432)朝日新聞に物申す

2016-08-29 05:24:38 | エッセイ
 昨日の朝日新聞に着目した。
 
 
 安倍首相がオリンピックという神聖な場「平和の祭典」を政治利用したのが鼻持ちならないと言っているのだ。
 しかし、彼が政治に「平和」を希求するきっかけとしている、と見ることもできる。     
 ボクは敢えて朝日新聞を購読している。
 我欲ををベースとする「現実」よりも、あるべき姿「理想」を希求しているかに思えるからだ。
 しかし、世界を仕切る政治は、世界平和という「理想」を目指しているというより、「力」をもって我欲を競い合うという面が強い。
 朝日新聞は安倍政権も「力」を持って暴走しがちな政権と認識しているようだ。
 現実的な安倍政権が「平和」を求める政治を行っているとは鼻から思っていない。
 そして「政権批判」こそ新聞の役割だと思っているから今回の記事になったのだろう。

 以前ボクは朝日新聞のモニターをしていたことがある。
 
 たまたま当時のS編集長に直接お話しする機会を得て、ボクは言った。
「貴紙はボクの仲間には人気がない。なぜなら国益に軸足を置いていないから」と。
 当時、世界のパワーポリテクス「核抑止力」外交に自立して対応するには「核武装」が必要だという論議があった。
 そこで例に挙げたのが「来日した中国高官から『日本は核三原則を守るのでしょうね』と言われた」という記事だ。
 ボクは編集長に言った。
「そんなこと中国に言われたくない、となぜ即座に反発しなかったのですか?」と。
 編集長は「そうですね・・・」とご異論なかったと記憶している。

 今回も「珍奇な安倍首相」と単にケチをつける記事になっているが、「これをきっかけに政治も世界平和を目指せ!」と場合によっては政権を後押しする姿勢があってしかるべきだと思うが。
 
 今回朝日新聞は時の政権を非難することだけに徹したのかもしれない。
 それが朝日新聞のやり方だと言われればそれまでだが・・・。
 しかし、時には独自の価値観に基づいて、政権を後押しする場合があってもいいと思うが。
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ(431)東京五輪への期待

2016-08-28 05:11:23 | エッセイ
 中国から訪れる人たちにインタビューしていました。
 東京について印象的だったことは?
 そんなことかい。
 えっ?中国では子どもを甘やかしているってこと?
 中国の子どもの育て方が問題だな。
 そんなことでびっくり?
 たしかに・・・。
 だよね。
 日中間の問題は中国の民間人をどんどん東京へ呼び込めば解決しそうだ。

 東京オリンピックまでの4年間に世界の紛争が治まって、文字通り世界の平和を祝う祭典になるといいね。
 
 期待しよう!東京オリンピック



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど!と思う日々(429)世界最高齢のヒップホップグループ

2016-08-27 05:00:46 | なるほどと思う日々
 ギネス認定世界最高齢のヒップホップグループ
 
 平均年齢83歳
 
 
 
 ともかく何事もやってみよう!

 最近災害が多い。防災の意識を持たなきゃ!
 だけど、年寄りは「めんどくさいし・・・」「どうせ死ぬんだから・・・」と、
 家に引っ込んだままなんだよな・・・。
 ともかく、近所で楽しいことを盛り上げてお互いが触れ合う機会をつくらなきゃ!

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ(430)86歳の退院

2016-08-26 04:42:13 | エッセイ
 携帯が鳴って久しぶりに聞きなれた声が入ってきた。
 会長(ボクが幹事長をしている麻雀会の)だ。
「携帯が直ったんですね?」思わずご本人のことより携帯電話の具合を問うてしまった。
 先月とつぜん連絡が取れなくなって、ご自宅に電話してもリンリンなるばかり、携帯に留守電を入れても返事が一向に帰ってこない。
 ・・・ひょっとして?・・・
 ご本人は何年か前に心臓の手術をしている。かかりつけの杏林大学付属病院に電話してみた。
 
 たしかに入院しているようだが、電話では詳細は確認できない。麻雀会代表としてお見舞いに伺ってみた。
 ナースセンターで確認して病室に入ろうとしたら出てきた若い看護師に「お客さんが見えたようだからと出ていかれましたよ」と言われた。
 広い病院の来た通路を下がったり上がったり、曲がったりして入り口に向けて戻る。
 いたいた。リンゲル装置みたいなのを引きずって歩いている。
 
「おー、その辺に座ろうか・・・」
「携帯で何回か連絡を差し上げたのですが・・・」 
「携帯を落として壊しちゃってね。直したくても外へ出れないんだ」
「それはともかく、入院することになったのは?」
「下血したので調べてもらっているんだが、何かできてるみたいなんだ・・・」
 突然リンゲル?装置がピーピーと音を立てだした。
「電池がすぐ切れちゃうんだ。充電しなければ・・・」
 そう言って立ち上がると歩き出した。
「今まで飲んでいる血液さらさらにする薬を、手術に際して取り除くための薬を注入しているんだ」装置の役割を説明してくれた。
 途中、相談コーナーを見つけて入った。
 
 相談者は出ていったばかりみたいで席が空いている。
「スイマセン、これ充電させてもらっていいですか」
 係の人に断ってそこのコンセントにつないで、我々は相談席に座ってしゃべり出した。
「病室の隣の男はアートかウーとかわけのわからんことを言うので、あんなとこにいられないよ。ともかく退屈で退屈で・・・」
「・・・」
「腸になんかできているらしいんだが、どういうふうにやっつけましょうかね、なんて言いながらまだいつ手術するか決まっていないんだ・・・」
「・・・」
「そこのコンビニで、コーヒーかなんか買ってきてくれないか」
 
 というわけで、相談室を独占しておしゃべりをした。
 同窓会幹事会で、副会長だった彼の現状を報告したので、その後お二人ばかりお見舞いに行かれたようだ。
 月初めに手術をされたが、お元気そうで、ただやはり退屈で退屈でと仰っていたようだ。
 そして、昨日入院して50日目でボクに携帯がかかってきて、冒頭の会話となった。
「明日退院することになったよ」
「よかたですね。ともかく退院おめでとうございます」
「ところで、28日の麻雀会のメンバーは足りているのかい?」
 ・・・足りなかったら参加するつもりなのか?・・・
「退院早々で参加なんてムリですよ。それに現在一人余り状態ですからご心配なく」
「そうか、でもちょっと顔を出すつもりだから」
「お元気ですね。御年86歳ですよ!」
「医者からも歳の割には元気でびっくりされてるんだ」と誇らしげだ。
 元気な先輩に気合を入れられました。
  

          


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ(429)70周年記念

2016-08-25 06:05:17 | エッセイ
 ボクが30年間お世話になった会社の社長から、思いがけずも手紙が届いた。
 残暑お見舞い申し上げます。
 お元気でお過ごしかと思います。
 我社も70周年を迎えることができました。
 ささやかな記念の品をお送りします。
 ご笑納いただければ幸いです。
 叉、若かりし頃の写真も同封します。
 お身体ご自愛下さいます様。

 ・・・こんな時代があったんだ。
 あの頃を思い起こしながら、早速返事の手紙を書いた。
 
 果たして目いっぱい務めたか内心忸怩たるものがありますが、懐かしくも楽しい日々でした。
 そして、アルバムの中からパレス乗馬倶楽部の15周年記念馬術大会にご招待いただいたときの写真の中から一葉ピックアップして、社長の少年の頃の写真を同封した。

 退社してから20年余り、こんなボクを忘れないでいてくれた社長に感動です!
     



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど!と思う日々(428)SMAP、ONLY ONEでいい

2016-08-24 02:17:01 | なるほどと思う日々
 リオオリンピックの興奮冷めやらぬうちにマスコミを騒がせた「SMAP解散」劇。
 
 メンバーの中で初めてマスコミのインタビューに直接答えた木村拓哉は語った。
 
 つまり、ジャニーズ事務所の副社長、メリー女帝が勘違いしてSMAPの女性マネジャーに「SMAPと一緒に出て行け!」と叫んだことから事は始まった。
 
 創業社長ジャニーを中心に業界に確たる地位を築いたジャニーズ事務所のお家騒動にSMAPが巻き込まれたのだ。
 
 というより、女帝のヒステリーが引き金となったと言う方が的確か。
 自分たちを親身になって育ててくれた飯島三智マネジャーがくびになることにメンバーは感情的に痛く反応した。特に香取慎吾は・・・。そして中居正弘はメンバーのリーダーとして。
 ただ、木村拓哉だけは冷静に対応した。
 マネジャーと言うより、ジャニーズ事務所と言う組織に育てられたのではと・・・。
 そして木村の仲介で一度は問題解決したかにみえたのだが、感情的しこりは簡単にはなくならない。くすぶっていたのだね。
 そして今回、木村なしでの4人とジャニーズ社長の間で解散が決定された。
 夫々の思惑はともかく、彼らは個々の素材として成長しているということだ。
 彼らのベストヒットソング「世界に一つだけの花」の中で歌っているじゃないか。
 
 ONLY ONEでいい・・と
 
 
 
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ(308)リオ閉幕、日本のサプライズ演出

2016-08-23 04:03:33 | エッセイ
 リオデジャネイロオリンピック閉会式。
 次期開催都市東京の小池百合子東京都知事が和服姿で壇上に立ちました。
 
 リオ市長、バッハIOC会長を経て小池東京都知事へ、無事フラッグハンドオーバーされました。
 さて、画面は東京のど真ん中、ドラエモンとマリオが登場。
 マリオが赤いボールを持って土管の中を眺めています。
 なんと、土管は東京から地球を貫通してリオまで。
 
 会場に届いた土管から姿を現したのは、なんと安倍首相ではないか。
 
 まさにサプライズ、笑っちゃうね!
 
 赤い日本の演出球は北島浩介率いる日本選手団の手に。
 そして、日本を紹介するシーンが会場いっぱいに展開。
 
 
 
 次期東京オリンピックを期待させる平和で楽しいサプライズ演出でした。
 (カネがかかったろう、なんてセコイことは言わない) 
 
<ジジイの目>
 
 既に東京オリンピックのメダル争いは始まっている!
 東京五輪追加種目「スポーツクライミング」
 
 

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ(307)思い出の信玄餅

2016-08-22 06:01:50 | エッセイ
 山梨県、富士山周辺をドライブした娘家族からおみやげに信玄餅をもらった。
 
 信玄餅プリンなんてのもある。
 水信玄餅なんていうのもあるそうだが、これは現地でしか食べられない。
 
 
 昔、ボクはここに山荘を持っていたんだが・・・。
 
 今やボクには残念ながら水信玄餅を食べるすべはない。



 今夏始めて、マンションの回廊に仰向けになっていたセミを助けました。
 
 ジッと鳴いて雨天へ飛び立っていきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど!と思う日々(427)高価な青い血液

2016-08-21 05:46:58 | なるほどと思う日々
 このブログを愛読していただいているボクの中学生時代のYさんから貴重な科学的情報を頂いたのでお届けいたします。
 2億年前から形を変えない、生きる化石と言われるカブトガニの青い血液が人類に貢献しているそうです。
 
 細菌内毒素と反応、汚染があった場合は凝固し、1兆分の1レベルの汚染に対しても反応する。
 ということで医療機器やワクチンの汚染の有無を確かめるLAL試験で、凝固しなければ汚染がない証拠になる。
 
(エドトキシンとは内毒素のこと)主な生物学的作用は、致死性ショック、発熱など。 
 今までのウサギによる試験に比べれば格段の有効手段だ。 カブトガニの血液抽出物1リットルで120~170万円で取引される。
 
 HIVの特効薬にもなっているそうだ。

 Yさんからご指摘いただいたので、「青い血液」について説明します。
 人間のような赤い血液を持った動物の他に青い血液の動物がいる。
 
 対内に酸素を運ぶうえで、ヘモグロビンに含まれる鉄の代わりに銅を利用して運ぶので青色になるのだ。

  
      


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど!と思う日々(426)動物と住む家族

2016-08-20 03:49:22 | なるほどと思う日々
 世界にはいろんな動物を飼っている家族がいるんですね。
 *鷹と飼っているモンゴルの家族。
       
 いわゆる「鷹匠」ですね。
 娘さんもなんだ。
 娘さんが放った鷹が獲物を捕えました。 
 キツネだ
 お父さんが娘さんに諭します。
 ロシアではなんと、熊が家族の一員です。
 家族として一緒に遊んでます。 
 熊といえども家族の一員であることを認識しているんだ。

 ちなみにボクの家族にスズメがいたことがあったんだ。 
 詳しくは、左欄のカテゴリー「ペット」をご覧ください。
 ・・・犬や猫だけじゃなくてどんな動物も、家族の一員として暮らすと心が通じるんだね。 

 




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加