(○'ω'○)ん~?

風の向くまま気の向くまま勝手にしゃべくり

七峰参加10周年

2017-03-14 00:20:21 | 歩く・走る

大会が近づくと更新されるブログ

昨年春の外秩父七峰縦走ハイキング大会のレポート以来のご無沙汰になっちゃいました~。(;´Д`)
年明けには年始の挨拶するつもりが、あれよあれよと3月になっちゃいましたね。
ツイッターばっかやってるせいで、こっちで書く事なくなっちゃってさぁ…。
いや、ホントに反省してますデス。

さて今年も年に一度のお楽しみ(それだけかい)、第32回外秩父七峰縦走ハイキング大会が近づいて参りました訳ですが、第22回大会の初参加からついに10周年を迎える事になりました~
まぁよくぞ飽きる事なく参加し続けたもんですわ。

初めは身の回りの品かき集めて普段着で参加してたド素人が、サポートタイツやらトレランシューズやらトレランリュックやらハイドレーションやら徐々に買い増して、気が付けば立派なトレイルランナーみたいになってるしさ~。
もちろん格好だけでなく、日頃のトレーニングもウォーキングから始まり、その後ランニングへとステップアップして肉体改造されてるしね~。
ここまで自分を変えてくれたこの大会には心から感謝ですよ。

まだまだこの大会の話題は尽きませんが、今回はブログ更新のリハビリ?と久々のご挨拶と言う事で~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外秩父七峰縦走ハイキング大会2016

2016-04-27 23:35:24 | 歩く・走る

※軌跡や画像、その他活動記録は『YAMAP』でご覧ください

 

今年も外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加して来ましたよ~。
この大会をきっかけに体づくりを始めたのですから、これほど成長の変化を計るいい機会はありませんからね。

今回も登山道での渋滞嫌って小川町に前泊して、夜じゅう降り続いた雨もうまい具合に出掛ける直前に収まり、無事スタート会場に向かう事が出来ました。
いやね、今回このままの調子で受付終了時間まで降り続くようなら辞退する覚悟してて、いくら雨対策の準備してるとは言え、初っ端から足元濡らして42キロの長丁場に挑む気力はありませんものですから。

今年も大勢の参加者を乗せた都心方面からの下り一番列車を始めとする列車3本が集中的に到着する直前の5時50分頃に並び始め、受付済ませたのが6時頃。
今回はいつもと違い小川町役場がスタート会場で、まろが着いた時には既に行列が流れ始めてたので、今回は6時前から受付が始まってた模様。

例の如く受付済ませてからは急ぎ足で歩き進め、官ノ倉山の渋滞スポットを通過するまでは気が抜けません。
遅いんだか早いんだか、官ノ倉山の第一チェックポイント(CP)を397番で通過。
ん~、あと3番遅ければキリ番ゲット出来たのにさぁ~。(何も貰えませんよヾ(・ε・。))

和紙の里を通過して舗装の林道をぐんぐん高度を上げ、昨年物議を醸した(?)物見山登山口に来てみますと…


Googleマップストリートビューより
昨年の指導標はこんな感じだったと思う…


ブレブレでスイマセン
今年の指導標はここ

昨年は指導標が物見山登山道を指してるように見えたのが、今年ははっきりと舗装路側を指してたので、今回は素直に舗装路を進みました。
なので、昨年の自己ベスト更新は非公式のショートカットコースによるものではないかと思われ、9時間37分は参考記録と言う事に致しました~。

笠山の第二CPには305番で通過。(この辺から昨年の継続参加者も加わるので正確な順位を意味してません
あと5人早ければキリ番ゲット出来たのにさぁ~。(だから何も貰えませんてばヾ(・ε・。))


これを生憎の天気と思うか絶好の天気と思うかは人それぞれ

今回白石峠までは肌寒い霧の中を歩く状況が続き、人によっては「生憎の天気」と思われますが、まろにとっては幻想的で火照った体を冷たいそよ風で冷やしてくれる絶好の七峰日和です。
もうね、堂平山なんか吐く息が白かったほど。(笑)

次第に天気も回復して、大霧山に着く頃には爽やかに晴れ渡りました。

そして秩父高原牧場のソフトクリームには目もくれず(ドライブ時に散々食べてるからね)、ズンズン進み続けて皇鈴山~登谷山クリアして、釜伏峠の給水所でいつもの名水百選日本水と柑橘いただいてリフレ~ッシュ
そういや以前は柑橘の他にきゅうりと奈良漬けもあったのに、年々品数減ってしまいましたねぇ…。
いずれ水だけになるんですかね?(それだけでもありがたく思え~
そうそう、いつもこの柑橘が夏みかんなんだかはっさくなんだか謎でしたけど、係の方が言うには夏みかんとグレープフルーツの掛け合わせなんだってさ~。
長年の謎が解けてスッキリしました。(笑)

今回釜伏峠からの10キロの舗装路で失速して、昨年とは打って変わって何人もの人に追い抜かれちゃいました。

そしていよいよゴールの鉢形城公園にとぉちゃ~く
ここで結果発表です。
6時01分発・15時52分着と言う事で…9時間51分でした。
今回腰降ろして休んだのは定峰峠と大霧山1.1キロ手前の広場だけで、休憩時間も切り詰めて歩き通したのに、参考記録除いても今までで2番目とはちょっとがっかり。
まぁしかし、初参加では粥新田峠でリタイヤ同然の時間切れ、初めての一日完歩では12時間弱掛かってたあの頃に比べればよくぞここまで成長したと自分を褒めてやりたい。ヾ(´ε`*)
ましゅまろよくやった

個人的な記録はどうあれ、今回は官ノ倉山の下りでランニングシューズで滑りまくってるお姉さんとかリュックのファスナー閉め忘れて歩いてるお兄さんとか色々な人々と言葉交わして、みんなで思い出共有出来て楽しかったわぁ。(笑)

今回の参加賞には記録カード、缶バッジ、のど飴サンプル2種、コースマップ、広告宣伝物。
完歩賞には完歩証明書と帽子(緑色と紺色から選択)でした。

参考までに今回の通過タイムはこんな感じです。

  • 小川町役場(スタート) 6:01
  • 官ノ倉山CP 7:05
  • 笠山CP 9:38
  • 堂平山CP 10:12
  • 剣ヶ峰CP 10:22
  • 大霧山CP 12:35
  • 皇鈴山CP 13:50
  • 登谷山CP 14:14
  • 鉢形城公園(ゴール) 15:52

今年からスタート会場が町役場に変わり、そして2年継続での完歩と帽子の進呈も終了して、果たして来年からどんな大会へと生まれ変わるのでしょうか。
いきなり参加費3千円とか言わないですよね?

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

外秩父七峰縦走 服装と持ち物

2016-04-22 20:47:08 | 歩く・走る

今年の外秩父七峰縦走ハイキング大会を直前に控え、ここ最近持ち物の情報求めて検索サイトからこのブログに迷い込まれるお客様が多数いらっしゃるようなので、自分の備忘録も兼ねてここしばらく定着したましゅまろ流七峰縦走服装と持ち物リスト載せておきますね。(;´∇`Aアセアセ
一人でも多くの方の完歩のお手伝いが出来ましたら幸いです。
(もしこれで完歩出来なくても苦情は受け付けません

服装

  • 帽子
  • 手袋
  • 半袖シャツ+アームウォーマー(気温変化の激しい山では着脱容易なこの組み合わせが便利)
  • ナイロンパーカー
  • サポートタイツ
  • ズボン
  • 5本指靴下(爪と指の摩擦防止に有効)
  • トレランシューズ(舗装路多く、速さと距離が求められるこの大会では登山靴は不利)

持ち物

  • リュック(15~20リットル程度で可)
  • ザックカバー
  • レインウェア
  • 折り畳み傘(ハイキング前後で必要な場合あり)
  • ヘッドライト(まず使いませんが万一の備えに)
  • タオル(汗拭きや首周りの防寒、日焼け防止に使用)
  • ハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • トイレットペーパー(かさ張らないように芯を抜いた半分程度のもの)
  • ビニール袋(ゴミ入れや荷物の小分け、防水に使用)
  • 新聞紙(使い道色々)
  • 爪切り
  • 絆創膏
  • ワセリン(唇の荒れ、靴擦れなどに使用)
  • 敷物(百均の折り畳みクッションがおすすめ)
  • 財布(バス乗車時に小銭必要)
  • 筆記具
  • 保険証
  • 腕時計
  • 携帯電話(電波の弱い山間部は電池消耗激しいので必ず満充電または予備電池持参の事)
  • カメラ(お好みで省略可)
  • 食事(おにぎり、カロリーメイト、ゼリー飲料など立ちながら・歩きながらでも食べられるもの)
  • 塩分補給キャンディ
  • ハイドレーション+水1~1.5リットル(こまめな水分補給は結果的に消費量少なく軽量化に貢献)
  • 予約確認書と参加誓約書(大会時これ忘れたら話にならないわ

42kmを身軽に歩く為の割り切った内容で、これでリュック含めて3~4kgの重さになると思います。
山歩きを趣味とする本格派の人には物足りない内容に思われそうですが、普段のハイキングのようなお昼にレジャーシート広げてお弁当と温かい飲み物での~んびり過ごす…なんて事まで考えておりませ~ん。
この大会はハイキングの名を借りた苦行です闘いです

これを参考にあとは各自お好みで足したり引いたり工夫してみてくださいね。

それではみなさん、安全で楽しい思い出が作れますように。(*´∇`*)


※2016/5/1追記 一部補足を加えました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大会間近

2016-04-14 21:26:08 | 歩く・走る

ブログ放置癖のついたましゅまろです。('ω')

何かもうツイッターばっかやってるせいで、ブログの書き方忘れたわ
年に一度のお楽しみであり、人生に多大な影響を与えてくれた外秩父七峰縦走ハイキング大会が迫ってますので、このくらいはブログで触れておかないとね~。

まろがこの大会に魅了されてる理由は、誰でも気軽に参加出来る鉄道会社主催のウォーキング・ハイキングイベントでありながら、42キロもの長距離を、それも7つの山を越えながらゴールを目指す無茶っぷりではないでしょうか。(笑)
そして幅広い年齢層で、山好き、ランニング好き、ウォーキング好き、ただの物好き(笑)のあらゆるジャンルの人々が入り乱れて、それぞれ違う目的を持って参加してるのが愉快なんですわ。(^m^)
ある人は賑わいを求めて、ある人は完歩にこだわらない純粋なハイキングを楽しみ、ある人は完歩を目指して、ある人は自己最速記録に挑戦…などなど。

ところでこの大会も昨年に第30回を迎え変革を模索してる模様で、今年からネット応募が可能になったり、今回限りで2年継続での完歩制度を廃止したり、名物の完歩賞の帽子進呈も終了するとの事。
そして応募時のアンケートに今後の有料化を匂わせる設問があったりと、今後はハードな玄人志向の大会になって行くんですかねぇ…。
今までのゴール会場は2年継続完歩者と一日完歩者が入り混じって和気あいあいの雰囲気でしたけど、来年からゴールに居る全てが一日で42キロを歩き通した人々ばかりな訳だから、その場にはこれまで以上に達成感と疲労感に包まれた独特の雰囲気が漂ってるのでしょうか?(笑)

まろの個人的な参加の歴史を振り返りますと、初参加前年にたまたまコース周辺をドライブしてこの大会に遭遇したのをきっかけに興味を持ち、第22回大会から毎年参加を積み重ねて、1度病気治療で欠席したのみで、今回で9回目。
初参加の頃はまだ日常的に体鍛えてなかったから半分歩くのもやっとで、一日で完歩出来るようになってからもしばらくは12時間近く掛かってて、そして今やランニングで鍛えてるおかげで10時間切って完歩出来るまでに成長しましたな。
装備だって初回ではジーンズとスニーカーの街を歩く普段着姿だったのが、今やトレランリュックとハイドレーションとサポートタイツとトレランシューズで身を固めたトレイルランナーみたいになっちゃってるしさ~。
そして昨年は9時間37分の自己ベスト更新により9時間半も目前に迫り、今年はあと7分何とかやり繰りしてぜひとも9時間半の壁を打ち破りたいもんでありますな。

昨年はアメーバピグのお友達が参加してくれたり、今年はツイッターのフォロワーさんが参加するしで、お知り合いが参加する事でいい刺激になって、年々楽しみが増して行きますな。

それでは参加予定のみなさん、最後の完歩帽子が手に入れられますようゴール目指してがんばりましょ~エイエイ (ι´Д`)ノ オー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅いご挨拶

2016-01-11 15:39:18 | ごあいさつ・お知らせ

ご挨拶大変遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年もましゅまろブログをよろしくお願いいたします。

いやもう、最近ブログ書けなくなったねぇ…。
いつもなら更新はしなくてもクリスマスやお正月にはテンプレートのデザインだけでも変えて手入れはしてましたけど、ここ最近は完全放置状態で大変申し訳なく思っております。
決してネット上での発信活動が衰えてる訳ではなくて、ツイッターでこまめにつぶやいてるおかげでガス抜きされてるもんだから、改めてブログに書くまでもなくなっちゃってねぇ。
それに歩きや自転車のような人力移動でのお出掛けネタは軌跡も記録出来るYAMAPの方で公開してるもんだから、なお更ブログに書く機会減っちゃったのさ。

いつも口だけになっちゃってますけど、肩肘張らず初心に返って些細な事でもいいから更新して行けたらなぁ…と思っておりますよ。
ツイッターやらアメーバピグやらYAMAPやら手広く活動してますけど、あくまでもこのブログこそがまろの本拠地ですから、gooブロガーましゅまろあってのツイッターでありアメーバピグでありYAMAPでの活動なので、このブログはいつまでも大切にして行きたいもんであります。(*-ω-)

いやまぁ、お友達によってはツイッターやアメーバなど複数のパイプでつながってるので日頃から交流してるし、ご挨拶は済ませてるものの、ブログだけでつながってるブロ友さんにはご無沙汰してしまってるのが気まずくてね…。(・Θ・;)アセアセ
はよ挨拶回り行かなくては。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加