いつか、どこかに…しろりん家の里親さん募集

近所ののらねこ一家をTNRしました。
のらねこ家族から温かい家庭の一員へ
~ステップアップをめざして~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめに (募集記事・日々の様子は次のエントリからです)

2012-01-12 11:39:44 | はじめに

静岡のとある場所、ごく小さなエリアでTNRをしています。
  TNRとは のらねこを捕獲(TRAP)
             不妊手術(NEUTER)
             元の場所に戻す(RETURN)

                       頭文字をとったものです。
      TNRには、のらねこを無くす力はありません。
      「増やさない」ための危急的手段にすぎません。
 のらねこを無くすためには、「捨てない」こと。
 そして「増やさない」こと。
 最後に、「管理の下、1代限りの生を全うさせる」
      または「家族にする」こと。
   
    =のらねこコロニーから家族の輪の中へステップアップをめざして=
 
    人もねこもみんな自然の中に同じ命を燃やしていきています。
    本来、命には何の区別もないはずです。
    このこたちを家族として迎え、
    「のらねこ」という「くくり」を外してくださる里親様を
    募集しています。


    ◎里親様には、終生飼育と完全室内飼育及び避妊手術をお願いしています。
     静岡市からお届けにあがります。
     尚、募集の範囲は基本的に近隣県とさせていただいております。
   お問い合わせは…buchi46qoo★mail.goo.ne.jp(←★を@に変えてください)まで。
             ※スパムメールが多いため、タイトルには
              【●●(猫の名前)の里親募集】と
              必ずお入れいただきますようお願い致します。

    日々の様子は、募集記事の下にエントリさせていただきます。
    またコチラでもご覧いただけます。
----------------------------------------------------------------------

<<おしらせ>>
 しろりん家の里親募集~ただいま見習い中~は ↓こちらから。
                 

この度、我家の保護猫…里親募集未満の子たちの様子を別ブログにて
綴っていくことにしました。
ご訪問くださった皆様は、少なからず「里親」になることに関心をお持ちだと
思います。
外で生まれ暮らしてきたこたちが、ヒトとの暮らしに適応し、新たな家族探しを
始めるまでには、たくさんの越えなければならないハードルがあります。
そのハードルのひとつひとつを、どんな風にクリアし、家族探しの旅を
始める日を迎えて行くのか…をお伝えしたいと思いました。

たくさんの子が新しい家族を探して、赤い糸を手繰っています。
皆様にこれから、どんな子との運命の出会いがあるのかはわかりませんが、
猫達は一生けんめいにヒトと暮らすことを学び、努力をしてきたということ…
どうかそのことを頭の片隅に置いてください。
甘えん坊の子もいれば、スリスリ、ベタベタの飼い猫にはなれない子もいます。
けれどそれは共に暮らすヒト次第で、なにものにも替えがたい愛しい個性に
なっていくものです。
自分の生活に猫をプラスするのではなく、共に生活を作り上げる…そんな風に
考えていただけたら…と思っています。

                      管理人 しろりん 
         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里親さん募集中 茶白の仔猫♂ 「ぽぽ」

2011-06-26 08:29:08 | ぽぽ
隣の町内に住む友人から、前日朝より母猫の姿がなく
屋根裏で仔猫がずっと啼いている…と
連絡があり、2011年4月27日保護しました。
保護時BW約200g 1昼夜以上屋根裏に1匹という状況でしたが、体温低下はなく状態は
比較的良好でした。
ただし、開眼していませんでしたが両眼に目やに(左>右)と軽度くしゃみが認められ
抗生剤内服とゲンタシン点眼処置。現在、点眼のみ継続していますが、目やには減少して
来ています。眼球の白濁等はありません。
当初、ミルクの飲みにかなりムラがありましたが、離乳食を始めてからはコンスタントに量が
摂取できるようになりました。
現在ウェットフード中心に良く食べており、トイレトレーニングも完了しています。
とにかく活発、いつ見ても走り回って遊んでいる元気で陽気な一緒に暮らして楽しい子です。

血液一般・生化学検査問題なし。FIV(-)Felv(-) 内外寄生虫駆虫済。
2011年6月2日 BW1.0kg 3種ワクチン 1回目接種済 ※2回目は7月初めの予定。


瞳の色はまだよくわかりません。

遊びに興じすぎると若干甘噛みする傾向がありますが、少しずつ矯正できてきています。
今後オトナ猫による教育的指導が入る予定です(笑)

最近になり、姿を消していた母猫が時折友人宅の庭へ現れるようになりました。
どういう経緯で、ぽぽがたった1匹で屋根裏に取り残されることになってしまったのかは
わかりませんが、母猫から受け取った命のバトンを、未来へとつないでくださる里親さまを
探しています。

ぽぽの様子はこちらでもご覧いただけます。
尚、日々の様子はこの募集記事の下にエントリさせていただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復習も忘れずに。

2011-06-19 13:10:58 | ぽぽ
拡大延長の社会化実習。
ぽぽのすけは大歓迎&テンションあげあげ。
オトナ猫は気配を消すワザを必死に練習中。テンション完璧フラット。

そんなことは全然気にならないぽぽのすけは、とうとう天然木の爪とぎをよじ登って
廊下のステップに上がれるようになった。ピンチだ オトナ猫。

隙あらばパァ~で飛び掛り、容赦ないしゃーしゃーと猫パンチをもらっているが懲りないし
負けてない(爆)これは、天然もんかも。

フルタイム稼動の実習時間のあとは、ぽぽルームで今度は乳母を獲物に復習。真面目な子だ。



新聞紙のカサカサいう音が、キンチョー感を醸し出すのか?ゴキゲン。イケイケ。

ちょっとひと休み。


最近のマイブームは、へたれの乳母を狙うこと→アルミホイルを丸めたボールをドリブル 
にチェンジ。
が、動きが速すぎて全然撮れない…。

で、これまたお気に入りの竹かごに放り込まれたボールを取り出そうとしている後ろ姿…のみ(汗)

復習もバッチリしたからゴハンがうまいね。

ようやく激しい動きは止まったが、今度は顔上げない…(号泣)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メイワクデリバリ継続ちう

2011-06-13 11:50:08 | ぽぽ
やんちゃ小僧の強制的デリバリにかなり退き気味のオトナ猫たちだが
日を重ねるにつれ、すこーしずつすこーしずつ前進している場面もある感じ?

廊下でうとうとしているしっぽにそぉっと鼻ちょんで挨拶。しっぽも嫌がらずに応えてくれる。
初日、2日目と全く姿を見せなかったウォルも、ぽぽのすけにパァ~で飛び掛られるのは
ちょっと…って逃げるけど、興味津々なのはありあり(笑)だけど、ぽぽのすけ自身は、最初
相手にしてくれたしっぽの方が寄り付きやすいようで、どーもしっぽのあとばかりついて廻る。
      
最初はこんな風に遠くから見守っている感じだったウォルだけど、終いには、襖の向こうで
うぉーんうぉーんって啼き始めちゃって。なんだろ、こっちおいでよ~みたいな。
ぽぽのすけは、まだちょっと腰が退けているけど、ウォルが好意的なのはわかったらしく
ちょっとずつちょっかいを出しにいったりするようになった。
ひとり遊びかニンゲンが相手の遊びばかりだったけど、もう少ししたら猫と猫で遊べるように
なるかな?


      
ワイヤーバードもみんなで順番にやると、もっと楽しいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おさわがせしとりますっ

2011-06-11 09:20:24 | ぽぽ
保護部屋で一人暮らし中のぽぽのすけ。
わがまま一杯のやりたい放題で若干の社会化教育が必要…っつーことで、ワクチン接種も
済んだことだし、お前本人が出張してこいや!でマッタリオトナ猫ルームへ、大迷惑の
デリバリ中。
      
オトナ猫…は案の定の反応でして。。。
初日、カゴで寝ているぶちの隣にムリムリ入り込もうとしてシャーとパンチをもらった。
キャリーに近づいてきたちびと一応鼻ちょん挨拶をこなしたけど、ついでにシャーとパンチを
もらった。
ベッドルームに自主避難していたまさおにちょっかいだしてメガサイズのシャーシャーを
もらった。
      
興味津々で近寄ってきたしっぽは、少し相手をしてくれたが思いのほかうぜぇ…と感じたようで
ステップへ自主避難。
果敢にそのステップに飛び上がろうとしたぽぽのすけに、上からパンチで阻止。
ウォルは…どこにいたんだろう???
そして孤高のくぅ姐さんは…。
窓際のステップからじぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーーーっと視線を外さず。
盛大なシャーではないが、なんかシューシューって音がずっとしていたwwwww

ちっせぇのはウザいんだよーーーーの気質テンコ盛りのオトナ猫たち。まぁ予想通りの反応。
が、ぽぽのすけは全く動じないっつーか、気にしてねぇっつーか(苦笑)の大はしゃぎ。
パンチされようが、シャーされようが、なにもかもが楽しくて仕方ないらしい。
みんなと一緒なら食べれるよ!とでもいうのかねぇ。普段はどーしても口にしないドライの
皿に顔突っ込んだり、ほぐした焼きかつおに口をつけてみたり。
ただ…どんどん上昇していくぽぽのすけのテンションと反比例して、オトナ猫のテンションは
急下降(苦笑)15分後にはフロアにいるオトナ猫はゼロ。みんなステップや出窓に退避(爆)
オトナ猫には激しくメイワクではあろうが、ちょっとずつ協力してもらうしかないよねー。
ってことで、今日も行くぜ、メイワクデリバリ@15分が限界かっ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初対面だよ、ギアチェンジ。

2011-06-08 00:14:37 | ぽぽ
     
        大暴れちう。なかなか電池が切れないんだよね…これが。。。

今朝は3時起きのぽぽのすけ。つまり私も3時起き。どもありがと(眠)
夜明け前からハイテンションでドリフト走行。日に日に刺激に対する反応が速くなる感じ。
ケージ上段への移動もいつの間にか難なくこなせるようになっていて、
できることがどんどん増えていくのは、見ていて楽しい。

久しぶりにダンナにかまってもらったぽぽのすけ。大はしゃぎで飛び回っていたそう。
これまで保護部屋ぽぽルームと(私が居る時限定で)隣接する台所が行動範囲だったけれど
今日初めて、廊下へ出してもらった。
いつもとちがう空間にテンション上がりまくり(笑)あちこち探検。
実は廊下の奥はニッキともじゃの保護部屋があり、入り口はラティスをドアに仕立ててあるので
2匹からははしゃぐぽぽのすけが丸見えなわけで。
MNコンビ、初めて見る仔猫を激しくガン見(爆)もじゃは「あ゛ーあ゛ー」と声も上げ。
が…当のぽぽのすけは探検に夢中で何の反応も見せなかったらしい。

それならば…と、ラティス越しのMNコンビの前に連れて行ったら一気にバックにギアチェンジ。
ひとり自主的にぽぽルームへ引っ込んだそうだ(笑)
そういえば、ぽぽのすけが初めて見た猫がMNコンビになるってことなのか!!
いや…ちょ…ちょっと厳しいデビューだったかも?
強面のニッキとメガサイズのもじゃ。
ぽぽのすけの目にはいったいどう映ったんだろうねぇ?
猫だってわかったのか?ちょっと聞いてみたいところだなー。
つか、ぽぽのすけ自身も自分が猫だって認識してるかどうかも甚だあやしいところでは
あるんだが(苦笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里親さん決定しました~白キジの女の子「キキ」~

2008-02-04 22:10:41 | おしらせ
先月末よりトライアル中だった「キキ」
本日2月4日 正式に里親様が決定いたしました。

トライアル開始時から、里親様のそばを離れようとしなかった「キキ」
どんな理由で彷徨うことになったのかは、キキにしかわかりませんが
もう、それを思い出す必要もありません。
ふたたび、大好きなヒトと暮らす毎日を取り戻した「キキ」
今度はそのぬくもりで、里親様を幸せに導くことでしょう。

保護から譲渡に至るまで、たくさんの方から暖かい励ましをいただきました。
改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。
                      しろりん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里親さん募集中 白キジの女の子 「キキ」

2008-02-03 13:30:29 | キキ
2008.2.4 里親様が決定致しました。

ニックネーム:キキ(希希)
年齢・性別 :1歳ぐらい メス
保護の経緯:
2007年12月中頃、TNR済エリアである我が家の庭に現れました。
初日は、声をかけると逃げてしまいましたが、置き餌を後から食べていました。
翌日は勝手口付近までやってきていたので、ゴハンを見せて呼んでみると
ためらいながらも50~60cmほど近くまで寄ってきて食べて行きました。
そして3日目、足元で食べている背中を撫でると、その手にスリスリし始め、
簡単に抱き上げることが出来ました。
この地域は出入り自由な猫も多く、一概に捨て子あるいは迷子とも判断できず
3週間ほど様子を見ていましたが、県道を渡って行動していて危険なこと、
朝晩欠かさず天候が悪くても食べに来ること、近隣のお宅にも同じ頃から
突然現れるようになったことなどにより、オーナーレス状態と判断、
08年1月初めに保護しました。
FIV(-) Felv(-) 5種ワクチン接種済

保護後の経過:
保護当日はケージの猫ベッドですっかり固くなっていましたが、撫でたり
抱っこにはすりすりゴロゴロと甘えた仕草を見せていました。
猫トイレも問題なく使え、翌日には食欲もすっかり戻りました。
保護前は、私以外の人間には警戒して姿を隠していましたが、保護後は
これまで接触のなかった家族にも盛大に甘えています。
慣れない外の暮らし、他猫との接触の中で怖い思いもしたのでしょう、
最初は我が家の先住猫に対してケージの中から威嚇することもありましたが、
現在はそういった行動は全くみられません。
とにかくヒトが好き、呼べば走ってやってくる、ふわふわの甘えたさんです。


たくさんの命を奪ってきた道路を
キキは毎日必死に渡って、ここまで命をつないできました。
これからの日々を共に生きて、この命を未来へとつないでくださる里親様を
探しています。

キキの様子はこちらでもご覧いただけます。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キキ トライアルに入りました。

2008-01-31 12:53:42 | キキ
里親さん募集中の「キキ」
本日1月31日よりトライアルに入りました。

従いまして、募集は一時中止させていただいております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おりこうだって褒められました。

2008-01-24 12:11:17 | キキ
22日に予定通り不妊手術を済ませた「キキ」
本日退院してきました。

縫合部を舐めることもなく、
とってもおりこうにおとなしく
2泊3日の手術入院を乗り切りました。

「すっごくいい子です~」って褒められたのよ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保護前。

2008-01-21 08:18:50 | キキ
どのくらい外で暮らしていたのかな?

去年のクリスマスのちょっと前に現れた「キキ」
久しぶりに見た小さな猫(笑)

最初はヘーゼルに見間違えた。
だけど大きさが全然違うし、第一ゴハンを催促して啼かなかった。

このあたりは猫が多いから、玄関先に置き餌をしている家がある。
県道を渡った先の住宅地には特にそういうお年寄りが多い。
キキもそんな家で食べることは出来ていたのかもしれないね。
最初はほんの少し口をつけるだけだったもの。
だけど、そこは決して安心して食べられる場所じゃなかったんだろうね。
怖い県道を渡っても、我が家で食べるほうがよかったんだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寛ぎの場所

2008-01-15 23:14:09 | キキ
7匹の先住猫に囲まれても
臆することなくわが道を行く感じのキキ。
我家の猫に混じると、そのカラダはとっても小さく儚げに見えるけれど
だけど、たとえ短い間でも
ひとりで生き抜いてきた強さとたくましさがある。

そんなキキの寛ぎの場は、ダンナの胸の上。
いつの間にか、ちょこんと乗っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モコの里親さん決定しました。

2007-04-04 19:19:56 | モコ

4月4日トライアルが終了し、正式にモコの里親さまが
決定いたしました。

事故による緊急保護、そして里親募集まで、たくさんの方から
あたたかいエールをいただいてきました。
そして目の前の問題をひとつひとつクリアしてきたモコです。
これからもゆっくりと自分のペースで、里親さまと歩いて
いくことと思います。
近況は親ブログにてお知らせしていきます。
これからも、モコを見守っていただきますよう
よろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

里親さん募集中 長毛の茶トラ 「モコ」

2007-04-04 19:09:57 | モコ

   4月4日「モコ」の里親様が決定しました。


ニックネーム 「モコ」
性別・年齢  オス  2歳半
保護の経緯
2005年9月に去勢をし、近所のTNR済エリアに兄妹で暮らして
いました。
毎日欠かさず顔を出す子でしたが、2006年9/13の夕方
事故にあったらしく、翌14日の朝チラッと見かけたきり姿を
消してしまいました。
9/17の早朝ようやく戻ってきた時には左後ろ足を引きずっており、
フラフラでしたので、急遽保護しました。
レントゲン上骨盤骨折が認められ、右下肢の不全麻痺がありました。
修復術対象外とのことで安静にて経過観察。脱水の改善後退院しました。
事故や急激な環境変化によるストレスと思われる運動麻痺症状を呈して
一時再入院しましたが、退院。
その後室内保護にて経過観察。
精神的に落ち着き食事が摂れ始めると運動麻痺は消失。
心配されていた排泄系の問題もみられません。
現在事故の後遺症として、左後肢に不全麻痺が軽度みられますが
90センチ程度の高さまでのジャンプは可能です。
歩行時やや足を引きずる感じはありますが、日常生活になんら支障は
ありません。
FIV(-) FeLV(-) 五種混合ワクチン接種済み。 
ノミ・ダニ駆除済
健康状態に問題ありません。

現在、かなり人馴れしており、抱っこすることが出来ます。
ネコトイレも上手に使えます。
マーキング等を含めて、保護後粗相は一度もありません。
若干明け方啼くことがあります。
相当な精神的ショックを経験しておりますので、
何かの拍子でパニックを起こすことがあります。
まれに威嚇をすることもありますが、噛むこともツメを立てることも
ありません。
基本的には非常におとなしい、甘えん坊なコです。
先住猫の威嚇や攻撃にも、やり返すこともありません。

数ヶ月前までは完全な野良だったことを考えると、
今後まだまだ人に馴れる可能性が高いコです。
その点を充分ご理解いただき、
気長に「モコ」と暮らしてくださる里親様を探しています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「モコ」トライアルに入りました。

2007-03-23 12:11:59 | モコ
3月22日より、「モコ」はトライアルに入っております。
従いまして、「モコ」の里親募集は一時中止とさせていただいております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加