高尾山下

最近はゆるゆる更新です。ごめんあそばせ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リーを訪ねて三千里・二日目③

2014年04月19日 | 旅行/香港(2014年4月)

博物館においてきた相棒と九龍塘站で合流して、次の目的地へ。

 

九龍塘站を出て、多福道→律倫街→金巴倫道・・・

2014041341

金巴利道(Kimberley Rd.)、金馬倫道(Cameron Rd.)とゴッチャになりそうですが、

ここはCumberland Rd.です。

 

しばらく歩いていくとたどり着きました。

金巴倫道41

2014041325_2 羅曼酒店(Romance Hotel)

2014041324

 

かつて李小龍が住んでいた 「栖鶴小築」、今はラブホテルになっていることで有名(涙)

“功夫界の貴公子”アレクサンダー・フーシェン(傳聲)が、新婚時代に住んだ家でもあります。

それにしても、なんでこんな装飾にしたんだか・・・(溜息)

 

以前の写真をネット上で見つけたので、ちょいと拝借。

Bruceleehouse2 門の上のカーブは当時のままですね

Bruceleehouse1 左がリー邸の門

 

門から中を見たところ。

庭だったところは、駐車場になってしまっています。

2014041328

 

2014041327 門から入って左側の壁。

 

この壁画は当時のままだそうです。李小龍もこれを眺めていたんですかね。

 

 

せっかくなので、中へ入ってみますよ!

2014041348 生活感あふれるホテルの入り口 (笑)

 

うろうろしていると、中から白い上っぱりをきたオバちゃんが出てきました。

「ここで少し休みたいのですが」というようなことを、つたない英語で話してみると、

「私は広東語しかわからないの!広東語で言って!」と怒り口調で言うので、

「休息」とメモして見せたら、わかってもらえました(ホッ)

「どのくらい?」と聞かれたので、「やっこじょん(一個鐘=1時間)」と答えると、

「おお、広東語!」と、オバちゃんは嬉しそう。わかってもらえて私も嬉しいよ(涙)

 

入ると、「どの部屋にする?」なんて聞かれることもなく、いきなり1階の部屋に

通されそうになるところを、2階の部屋にしてもらいました。

 

こんな部屋でした・・・

2014041349 奥はバスルームです

2014041330 もちろんダブルベッド(笑)

2014041336_2 ソファーもテレビもクーラーもあるよ!

2014041356 涼しげなスリッパにはへんな日本語・・・

2014041331 バスルームは広々

2014041334 レトロポップなかんじ

 

内装は直しているでしょうが、この柱はもしかしたら当時のままなのでは??

2014041333

 

2014041332 このタイル、古そうだもの!

 

私たちが通された部屋は、K5。

2階には6つ(だったかな?)の部屋があって、ここがたぶん一番広いです。

他にお客がいないのを幸いに、別の部屋ものぞいてみました。

 

お向かいのK6

2014041351 バスルームの壁が可愛い

20140452 斬新なグリーンのシャワーブース

20140450 この椅子も可愛いです

こじんまりとしていて、この部屋はけっこう好き♪

 

お隣のK4

2014041353

ベッドとソファーがブルーで統一されていて、なかなかシックな印象。

 

A3

2014041354 ベッドヘッドが凝っていますね

 

ストックヤード

2014041355 シーツとかは一応替えてる?

 

あちこち写真を撮っているうちに、あっというまに1時間が過ぎました。

 

料金は先払いで、1時間のご休憩は「いーぱっいー」とオバちゃんが言ったので

202ドルだな、と500ドル出したら返ってきたお釣りが270ドル。

サービス料として、10~15%とられてるんでしょうか??

 

ちなみに1泊いくらか聞いてみたら、500ドルだそうです。

部屋は広々しているし、繁華街のヘタな安ホテルに泊まるよりお得かもしれません。

 

まわりになんにも無いところですけどね・・・

2014041358 ほとんど人通りもありません

 

この九龍塘地域は、高級住宅地なのですが、ラブホテル街でもあり、なぜか幼稚園などの

子供のための施設も多いです。

 

2014041359 金持ちになれそうな名前のラブホテル

 

世界的なスター・李小龍の住んでいた家がラブホテルって、やっぱり悲しいですね・・・

博物館になる話は何度も頓挫しているそうですが、いつかは実現して欲しいものです。

 

(続く)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リーを訪ねて三千里・二日目② | トップ | リーを訪ねて三千里・二日目④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。