高尾山下

最近はゆるゆる更新です。ごめんあそばせ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

侍・忍者・夏の旅③

2015年08月02日 | 旅行/愛知・長野(2015年7月)
お昼には、豊橋名物・第二弾として「菜めし田楽」をいただきに、江戸時代から続く老舗「きく宗」さんに伺いました。

老舗らしい、渋い店構え。



間口に対して、奥に深い造りになっていて、途中に小さな中庭もあり、いくつかのお部屋に分かれています。

通されたのはこんなお部屋。


開店して間もなくで、私一人だけだったのですが、しばらくすると次々にお客さんが通され、このお部屋も満席に。
観光客だけでなく、地元の方にも根強く支持されているお店のようです。


オーダーが入ってから田楽を焼くので、「ちょっとお時間かかります」とのことで、20分ほど待ちました…

“江戸時代に多くの人が行き交った東海道の街道沿いに店を構えて百八十年。
「菜めし田楽」一筋に、連綿と一つの味を受け継いできた名店。
創業文政年間(1818~1829)以来続く秘伝の味噌で食べる田楽はまさに絶品”…だというので、期待が高まります!

菜めし田楽定食、キター!


甘辛く香ばしい田楽が、ほんのり塩気のある菜めしとよく合います。
八丁味噌を使った田楽のタレは、かなり濃い味に見えますが、不思議と見た目ほどくどくないです。
タレの上の黄色いのは辛子で、これも良いアクセントになっていました。
田楽のお豆腐は、きく宗さんの田楽用に作られているものだそうです。


菜めしはたっぷりだし、田楽も7本あるので、オナカいっぱいになります。
半分の量でもオーダーできるので、もし次に来ることがあれば半分でお願いして、
揚げ豆腐やみぞれ和えなど他の豆腐料理もいただいてみたいなと思いました。


さて、次はもう一つのお目当てのお店へ。

駅前大通にあるパン屋さん、「ボン千賀」さん。
明治時代に菓子問屋としてスタートして以来の歴史あるお店なんだそうですよ。





レトロ可愛いモノが好きな方は、ここゼッタイに好きなハズです!




白あんなのに「くろんぼパン」とは…パンを割った時に見える白あんが、
黒人が笑った時に見える白い歯みたいだから…なんだとか(汗)


喫茶スペースもあります。




壁紙や照明がとにかく可愛い!






パンのパッケージがどれもレトロかつキュートで、全部買いたくなります(笑)
悩みに悩んでいくつかパンを買い求め、喫茶スペースでアイスコーヒーをいただきました。

本や雑誌、ブログ等で紹介されているので、レトロ好きな人がよく訪れるらしく、店内の写真撮影も快く承諾して
いただけて嬉しかったです。
店員のお姉さんがとても気さくで感じが良い方で、いろいろおしゃべりして、楽しいひとときを過ごせました。

…そしてすっかりいい気分になって、飯田線に乗り込みました。

(続く)






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

侍・忍者・夏の旅②

2015年08月01日 | 旅行/愛知・長野(2015年7月)
せっかくなので、豊橋市内を散策してみることにしました。


豊橋は、かつての吉田宿、江戸時代には東海道五十三次の宿場町として、さらには城下町・湊町としても栄えた街であり、
色街としても名高かったところらしく、遊郭跡があるというので見に行ってみました。

駅前から出ている市電で15分ほどの最寄駅は「競輪場前」です。




ここから歩いて3分くらいのところにある、東田(あずまだ)町。











細かい意匠がすばらしいです。


こちらの↓「新光宝」さんは宿泊ができるそうです。なんでも内部がスゴイらしい…!
機会があったら泊まってみたいものです。




遊郭や赤線跡を訪ねている方々には有名な場所みたいで、素敵な写真をアップされてる方がたくさんいらっしゃいますので、
ご興味のある方は検索してみて下さい(^-^)

それから豊橋にはもう一か所、遊郭建築が見られる場所があるのですが(豊橋鉄道渥美線・小池駅近くの有楽町)、
そちらは現役(!)の色街だそうです。


ブラブラしているうちにオナカがへってきたので、お昼ごはんを食べに目当てのお店に向かいます…

(続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

侍・忍者・夏の旅①

2015年07月26日 | 旅行/愛知・長野(2015年7月)
7月の連休に、戸隠に行ってきました。

お蕎麦好きなので、日本三大蕎麦のひとつである戸隠蕎麦が食べてみたかったのと、
林芙美子が度々訪れていた場所であったからです。

当初の予定では、戸隠で二泊して戸隠神社を参拝し、お蕎麦屋さんのハシゴをするつもりでした。
ところが…

旅行に先だって、6月28日の林芙美子の命日に、新宿にある「林芙美子記念館」の内部見学会に参加しました。
(この見学については、また改めてアップしたいと思っています)
記念館の最寄りの駅は中井駅で、電車の時間を調べようと「中井」と入力すると「中井侍」という駅名も出てきまして。
「何?この侍って??」とふと気になって調べてみたら、長野県にある秘境駅でした!

中井侍駅は、眼下に天竜川を望む急傾斜地にあり、周辺には茶畑が点在しています。

 
絶景!(↑某所から拝借…)

急斜面で機械による作業が困難なため、昔ながらの手摘みで収穫されている中井侍のお茶は、
収穫量が少なく市場に出回ることがほとんどないので、「幻のお茶」と言われているとか。
天竜川から立ち上る朝露を浴びて育つお茶は美味しく、高い評価を受けているそうです。
今年の5月には、お茶摘み体験ツアーがあったり、期間限定でお茶カフェがオープンしてたらしい…!

…なんて情報をネットで読むうちに、すっかり「中井侍に行ってみたい!」となりまして、
さらに調べていると、この中井侍駅のある「飯田線」がなんだかとても面白そう!

どうせ長野へ行くんだからと、侍の誘惑(?)に乗ってみることにしました(笑)

飯田線は、愛知県豊橋市の豊橋駅と、長野県上伊那郡辰野町の辰野駅を結ぶ路線。
続けて戸隠へ行くので、豊橋側から乗車することに。



…そんなわけで前置きが長くなりましたが(苦笑)、品川から東海道新幹線で豊橋へ。


豊橋。

駅前にはなぜかスペースシャトル…


東海道新幹線はたびたび利用していましたが、豊橋で下車するのは初めてです。
初めての場所では、やっぱり土地の名物は食べておきたい!ということで、朝ごはんはコチラ↓をチョイス(笑)

駅構内の壺屋で、かけそばと、豊川名物・稲荷寿司。(あわせて390円!)


愛知県に来たことだし、きしめんにしたくもありましたが、東京の駅そばとの比較もしたくて、かけそばをチョイス。
「かけ」なのにドッサリとトッピングされている、きざんだお揚げとネギが嬉しい♪
ネットで調べていたら、「タモリ倶楽部の、うどん出汁が一番濃い駅はどこだ?の企画で1位に選ばれたのがコチラらしい」
という書き込みがありましたが、確かに真っ黒なおつゆでした(笑)
だけど、ものすごくしょっぱい!ということもなく、美味しくいただけました。

「壺屋」は、明治21年の豊橋駅の開業と共に、127年続く老舗!
「日本一美味いと評価されることもある豊橋駅の稲荷寿しは、 明治末期に登場した全国最古級の稲荷寿司駅弁」なんだそうです。

掛け紙もこんなふうになかなか素敵。


昔から変わらぬ味といわれる稲荷寿司、こちらは私の好みよりは甘目で、おそばと共にいただいて丁度良かったかんじです。



…まだまだ食べ食べツアー(苦笑)、続きます…




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芙美子に引かれて?善光寺参り⑧

2015年06月28日 | 旅行/長野(2015年4月)
チェックアウトして、湯田中駅まで送っていただき、あとは乗車して長野駅まで行くつもりでいましたが、
前日食べた郷土食堂さんのお蕎麦が美味しかったので、もう一軒の気になっていたお蕎麦の店に行ってみたくなりました。

最寄りの駅は都住。



旅情をかきたてられる駅です!



このように、山と果樹園しか見えないのどかな道を歩いて行きます…


そば玄・せきざわ



お蕎麦好きには有名な、行列のできる店。
開店10分前に到着しましたら、すでに20人くらい並んでらっしゃいました。
開店し、一巡目に入れなかったので、店内で待つこと約30分…

生粉打ち・変わりそばの2種類のそば切りと鴨南蛮がいただける「茜三昧」と、
「そばがき」をオーダー。


まずは、そばがき。
まあるいふわふわのものが4つ、ゆで汁の中に浮かんでいます。
しょうゆとお味噌と薬味が添えられてきますが、なんにも付けなくても美味しい!!
郷土食堂さんのとは違うそばがきですが、これはこれで好き!

そばがきもそうですが、そば粉100%の生粉打ちそばは、そばそのものの美味しさをいだだくかんじ。
変わりそばは季節によって変わり、この時は「よもぎ」。緑色がきれい。

最後の鴨南蛮は温かい汁蕎麦です。
「このまま食べた後に、これを入れてみて下さい、味が変わります。」と添えられた薬味が、
きざんだ玉ねぎにタバスコを加えたもの。
そのまま食べてもとても美味しい鴨南蛮のおつゆが、不思議な美味しさに変化してビックリしました。

せっかくなので、デザートも。
そば粉入りの蒸しようかん、「むらくも」
これもこのまま食べても、あっさりした甘さで美味しいお菓子でしたが、添えられたブランデーをちょっとかけていただくと、
また違った美味しさに!

しみじみ美味しいのもいいけれど、こんなふうに美味しさに「わっ!」って驚いちゃうのが、楽しく感じたお店でした。

木をふんだんに使った店内は、とっても居心地が良いのですが、待っている方がたくさんいらっしゃるため
あんまりのんびりできないのと、現在店内での写真撮影が禁止になっていて、美しいお蕎麦やお菓子の写真が
撮れなかったのが残念。
検索すると、たくさん美味しそうな写真がヒットしますので、ご興味のある方は是非どうぞ。
…お蕎麦が食べたくなっても責任持てませんが(笑)


せきざわさんからはそう遠くないところにあるので、岩松院まで歩いて行ってみました。


ここも桜が真っ盛りでした。




ヘタウマなかんじで可愛い仁王様(笑)




岩松院は、葛飾北斎が描いたといわれる天井画「八方睨み鳳凰図」で有名なお寺です。



観光客がたくさん来るのでしょうね、券売機が妙に現代的です(笑)



この鳳凰図、本当は北斎自身が描いたものではない、という説があったりしてアレなんですが、
天井いっぱいに描かれた鳳凰は、迫力ありました。

キティもコラボ!





残り時間も少なくなってきたので、長野駅へ向かいました。

最後のミッションは、長野市内でゼッタイに行きたい!と思っていた喫茶店、ラランスルール。



入り口のドアを開けると、地下へ降りて行く階段が…



そこにはゴージャスな空間が!






元は高級クラブだったのを改装したお店なのだそうですが、「高級クラブ」の雰囲気、ありますよね。

お手洗いもレトロゴージャス!



可愛いシャンデリア




人気のパンケーキをいただきました。カルピスバターとクリーム、シロップが添えられています。



焼き菓子もたくさん。長野を訪れた際は、このゴージャス空間と美味しいお菓子を味わってみてください。おススメ!





…そんなこんなで、食べてばかりの信州旅行記になってしまいました(汗)

でも本当に、何を食べても美味しかったです。
長野県、初めて訪れましたが、好きになっちゃったかも。
キッカケを与えてくれた(?)芙美子さんに大感謝です。

というわけで、早くも次の信州旅行の予定を立てているところです。
まだまだ、食べますよ(爆)!

終り


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芙美子に引かれて?善光寺参り⑦

2015年06月27日 | 旅行/長野(2015年4月)
塵表閣さんで泊まったのは、「二人静」というお部屋。



林芙美子が滞在した部屋…とのことですが、現在のお部屋はもちろん改装されたもの。
宿の方のお話では、部屋からの眺めと窓の外の合歓の木は、芙美子が滞在した頃と同じなんだそうです。







お部屋がなにやらいい香りがするーと思っていたら、練り香の箱が置いてありました。素敵!


…「一人」で泊まるのが、もったいないような、むなしいような(苦笑)、すばらしいお部屋です。

でも、私には広すぎて、なんだか落ち着かなかったです…(←貧乏症)

部屋のお風呂も温泉です。



ここでひとっ風呂浴びて、くつろいでいると、夕食の時間になりました。

仲居さんに案内されて、お食事処へ移動…



塵表閣さんのお食事は、すべて女将の手作り。
御献立表も、女将が描いてらっしゃいます。
この日の夕食は、こんなかんじ。



どれもこれも美味しく、かつ美しいお料理。うつわも素敵なものばかり。



いただいたお酒は「縁喜」、近くにある創業200年になる酒蔵・玉村本店さんのものです。

林芙美子のエッセイ『ある一頁』に、
「信州のえんぎという地酒も舌にリンと浸みてうまかった。」
とあって、是非味わってみたかったのです。
大吟醸、さらりとした味わいです。

玉村本店さんのビールやワインもあって、これもいただいてみたかったなあ。



りんごを食べ、モーツァルトを聴いて育ったという(!)信州牛のしゃぶしゃぶ、
おしょうゆのタレと、岩塩が添えられていました。
仲居さんのおススメで、岩塩を付けてみたら、お肉のうまみが引き立って、すごーーーく美味しかった!
結局、全部のお肉を岩塩で食べてしまいました(笑)

デザートの別腹も使えないくらい満腹!で、部屋に戻り、しばらく休んだら、また温泉へ。
…もちろんデザートは、お部屋に運んでいただいて、後でちゃんといただきましたよー(笑)

女湯…またしても貸切状態でした。




こちらは女性用露天風呂




他に誰もいなかったので、混浴露天風呂にも入ってみました。



湯河原の加満田さんの露天風呂もそうでしたが、笠がありました。
…雨や雪のときに、かぶるのかしら??


翌朝、もう一度温泉を堪能してからの朝食。



お味噌汁に使われているお味噌も、女将の手作りなんだそうです。


お料理は美味しいし、女将の細やかな心配りがすみずみまで行き届いた宿で、カップルで泊まるのはモチロンのこと、
仲良しの女子二人旅にもピッタリではないかな?と思いました。

ひとつ残念だったのは、「円実(つぶらみ)」が改装中で見学できなかったこと。
「円実」は、塵表閣さんにゆかりの文人墨客・政治家等に関する品々が展示されている展示室で、
林芙美子の書などもあるとのことだったので、楽しみにしていたのです(涙)
若女将のお話では、7月頃には改装が終わっている予定とのこと。またいつか訪れて、是非見学したいと思います!

(続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加