あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」から見える主体性とキャリア(1)

2011-09-12 12:55:38 | コラム
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (小学館文庫)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (小学館文庫)
価格:¥ 580(税込)
発売日:2010-04-06

 

 

Railways

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」公式HP

*―*―*―*

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」から見える主体性とキャリア

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)

 

【松江を訪れて】

ついこの間の7月29日、島根県松江市教育委員会のお誘いで、松江市にてファシリテーションを行いました。ファシリテーションの内容は記事にしてありますので、それを読んでいただければいいのですが、松江市というところは不思議なところですね。大阪から米子道、山陰道を通って松江市に入ったとたん、目の前に、突然、海があらわれました。でも、ちょっと待てよ、ここは、松江市だから、「これが宍道湖か!!」と、「しじみで有名な宍道湖なんだ!!」と、ちょっと感動しながら研修場所へ向かっていました。研修まで時間が少々あったので、松江市内を車で周遊しながら、松江城やらしんじ湖温泉やらをちら見していたのですが、「松江港」という表示を発見したので、「何か、海・水産物でいいものがあるかも・・・」と考えながらその松江港をめざしました。そして、「松江港」という看板を発見したので、港内に入ってみると、そこは、どう見ても川なのです。「松江港」って川沿いにある港なんだとはじめて気づきました。念のために、ナビの地図で調べてみると、確かに「大橋川」と書いてあります。ナビの地図を西へ西へと移動させていくと、湾のようなものにあたりました。これは何という湾なんだろうと、また西へナビを進めると、これがまた「中海」という宍道湖と同じ汽水湖であることがわかりました。宍道湖と中海という汽水湖が川でつながれて、鬼太郎で有名な境港で日本海とつながっていました。後で、地図で調べてみると、ほんとうの松江港は東松江の中海に面してあるようです。でも、行ってみたわけではないので、少々自分的には謎のままです。それと、もう一つ謎だったのは、「宍道湖」という道路にある標示を見ますと、「宍道湖・斐伊川」と並列表記してあるのです。これも、あとで調べてわかったのですが、あの広大な、そして美しい夕日で有名な宍道湖は、斐伊川という川の一部であるということになっているようです。今までの自分の常識では、予想もつかないことでした。でも、島根県の方たちは、「そんなこと常識」みたいなことなんでしょうね。松江市自体も非常に魅力のあるまちですが、近辺には、出雲もありますし、勾玉を製造していた(現在でも、つくっていますが)玉造温泉があったり、どじょうすくいの安来節で有名な安来市もあります。今回の松江市訪問は、不勉強のまま行ってしまったので、もし、次にお呼びがかかるようなことがあれば、行ってみたいところが満載の地域です。

松江から大阪に帰ってきて、次のファシリテーションに備えて、ネットカフェにこもってブログを書いていたのですが、ブログ書きに疲れて配信されている映画の一覧を見ていると、興味深いタイトルを発見しました。それが「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」でした。「RAILWAYS?  それってもしかしてALWAYSの焼き直し?」みたいなことは、誰もが感じる疑問だと思うのですが、「RAILWAYS=鉄道、や!」と気づくのに少々時間がかかりました。それで、さっそく約2時間かけて視聴したのです。感動でした。もちろんなかみに感動したのですが、舞台は前日まで滞在していた松江市です。松江市から出雲市を結んでいる「一畑電車」という私鉄が舞台になった話だったのです。でも、「ちょっと待てよ、あれだけ松江市から出雲市近辺までうろうろしていたのに、JRは走っていたけど、一畑電車なんてなかったぞ!」「これってフィクション?」また、松江市に関する謎が発生してしまいました。その後、学校の夏期休業中は、怒濤のようなファシリテーションの連続でしたので、ブログアップに追われる日々が続いていました。その間、amazonで文庫本を購入して、同映画を小説で読んだりしていました。「もしドラ」のブログアップが終わったら、次は、この本と決めていましたので、9月になってやっと、Webでの調査に取りかかったのですが、やっとその謎が解けました。私は松江市と出雲市とをつなぐルートは宍道湖の南岸しかないと思っていたので、ずっとそこらを地図とかで調べていたのですが、あるはずがありません。実は、一畑電車は「松江しんじ湖温泉駅」から出雲市まで、宍道湖の「北岸」を走っているのです。松江の皆さん、申し訳ありません。まったくの私の固定観念でした。でも、そうと知って若干感動です。宍道湖のまわりをJRと一畑電車で囲っていることになるのです。そんな湖は、JRで囲われている琵琶湖しか思い浮かびません。一つの湖が、鉄道で囲われているなんて、囲われている地域の内外では、何かすごく生活感や、人生の喜びや悲哀があるんだろうなと感じませんか?

映画を観て、文庫本を読んだからそう感じるのかもしれませんが、島根と東京という二つの地域に関わりをもった主人公の人生が、どう変化していったのかということ・・・・、自分自身で整理をつけながらブログに書いていきたいと思います。

(2)へつづく 

Bataden

一畑電車HP

***********************************************************************************

あいあいネットワーク of HRS   

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/ 

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

(コメント欄のメールアドレスとURLは必須ではありません。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「もし学校の教師が岩崎夏海... | トップ | 「RAILWAYS 49歳で電車の運... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。