あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2014年8月4日 大阪府松原市立三宅小学校 校内研修会

2014-08-04 07:01:26 | 研修会

はい。昼からは松原市立三宅小学校です。校長先生は、またまた松原第三中学校時代になじみの橋本幸一先生です。人間関係づくりの授業のための基礎研修その1、でした。みなさん、なかなかストレスマネジメントと言っても、その本質をつかむことが難しくて、ストマネの課題が敬遠されがちなようでしたが、今日の研修で一歩進みましたか?
わたくしの個人的なことで申し訳ありませんが、現役だった頃、恵我小学校に週二回ほど行ってたとき、後藤先生のクラスによく入らせてもらってたので、後藤先生のお顔を拝見すると、懐かしくなってきました。変わってませんね、後藤先生!

右の写真は、時代の変化を語ってくれている「ちゃき」さんです。
松原北小学校からもお二人参加してくださいました。ありがとうございます。

Miyake

 










*********************************************************

Book

深美隆司著「子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業」

2013年10月下旬、図書文化社より発売

価格:¥ 1,800(+税)

*********************************************************

 Facebook「深美隆司」

  「友だち」依頼をして情報を交換しましょう。

*********************************************************

Aiainet

 

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年8月4日 大阪府... | トップ | 2014年8月5日 大阪府... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日はお忙しい中、ありがとうございました。 (ちゃき)
2014-08-04 15:34:56
本日はお忙しい中、ありがとうございました。
最初から最後まで引き込まれるようなお話で、
まるで、社会の授業を受けているような…落語を聞いているような…
大阪の面白いおじさんの話を聞いているような。
いろんな気持ちになりました。
ストレスを感じやすい子どもたち、多様化する社会にのまれる
子どもたちを『支援』していくには、私たち教師が力を身につけていかなければ
と思いました。
そして、まずは自分自身の心の健康に気をつけ、笑顔で子どもと接していきたいと思いました。ありがとうございました[E:wink]
今日は楽しい時間をありがとうございました。成長... (りんご)
2014-08-04 15:35:02
今日は楽しい時間をありがとうございました。成長社会から成熟社会に変わることで、学校での教え方も変えていかなければいけないことを学びました。[E:apple]
ありがとうございました (まつっん)
2014-08-04 15:35:34
ありがとうございました
私は、100ます計算の時に、やりませんと聞いて
ホッとしました。
そのあとに、残念だったと思う人や、怒ったりする人もいると
聞いて、感情はいろいろあるんだなあと思いました。
その後に、ホッとした人は、ノルアドレナリンっていう
ホルモンが出て、ストレスにつながるときいて
驚きました。私は、ストレスを普段感じないので
知らないうちにストレスが溜まってしまっているのかも
しれないと感じました。
ありがとうございました
今日はありがとうございました。 (きのぴー)
2014-08-04 15:35:43
今日はありがとうございました。
深見先生が楽しくお話をされるので、私も2時間楽しく過ごすことが出来ました。
今は「指導」ではなく「支援」とおっしゃっていたことがとても心に残りました。
子どもに対して、指で教えるだけじゃなくて支えながら一緒に成長できるようになりたいと思いました。
『脳科学の観点からの理解』のお話しなど、科学に... (ぽにょ)
2014-08-04 15:36:28
『脳科学の観点からの理解』のお話しなど、科学に基づいた興味深いお話が聞けました。いつも受けている研修と、一味もふた味も違うテイストでしたので、とても楽しい時間となりました。
本日はありがとうございました。
今日はありがとうございました。 (廣田陽子)
2014-08-04 15:36:33
今日はありがとうございました。
今日、私が体験したことを子ども達にどう返せるのか…まだまだ勉強不足なのでわからないことがたくさんありますが、長い夏休みを利用して、もう少し勉強しながら考えたいと思います。
現代が様々な課題が山積し、社会そのものが大きく... (なっちゃん♪)
2014-08-04 15:38:46
現代が様々な課題が山積し、社会そのものが大きく変わってきているのに、教育が変わっていないのがよくわかりました。
子どもの一次感情をうまく捉えていくことが、大事だなあと思いました。
今日はありがとうございました。自分が担任してい... (けんぴぃ)
2014-08-04 15:44:17
今日はありがとうございました。自分が担任している学級にも自分の気持ちがコントロールできずに怒りを行動に表してしまう児童がいますが、言語化させてその背景にある感情や何がそうさせたのか気づかせてあげたいと思います。一度すとストレスを感じたときにどのように対処したらよいのかという授業をしたことがありますがその授業のときだけでなく、ふだんから児童の様子を見ながら自分自身のコントロールができるように支援していきたいと思います。
今日は楽しく、そして興味深く研修を受けさせて頂... (あずあず)
2014-08-04 15:45:25
今日は楽しく、そして興味深く研修を受けさせて頂きました。
怒りというのは2次感情であるということを初めて知りました。
怒っている子どもたちひとりひとりの1次感情をしっかりと受け止めてあげることを大切にしないといけないと思いました。
今日の研修の学びを早速2学期からいかしていきたいです。
本日はありがとうございました。
今日はありがとうございました。 (ムッシュ)
2014-08-04 15:48:57
今日はありがとうございました。
自己開示を大人になっているするのは、いろんな抵抗があり難しく、小さな頃からの訓練が必要だとかんじました。
また、そのためにも教師自身が自己開示し、子どもにとって安心できる環境づくりをしていかなければと思いました。
話をしている時に「へぇー」「そうなんだー」とい... (あいぼん)
2014-08-04 15:51:40
話をしている時に「へぇー」「そうなんだー」という簡単な相づちをしてもらうだけで、話しやすくなる、もっと話そうと思うようになることがよくわかりました。朝のスピーチを苦手に感じている児童がおおいので、少しでも話しやすくなるように、すすんでやっていこうと思います。ありがとうございました。
今日はありがとうございました! (ごっちゃん)
2014-08-04 16:06:16
今日はありがとうございました!

時代の変化の話で、4つの大きな変化を理解するのが難しかったです(>_<)
でも、先生が丁寧に説明してくださったので、以前と今の教育の違いがよくわかりました。
また子どもの振れ幅という言葉を初めて知り、指導ではなく支援が必要になったということがわかりました。

また、ストレスの話の中で、評価が大事だということがわかりました。
ストレスをうまく対処していける方法を、まず私たちが理解しておく必要があるなと感じました。
本日はありがとうございました。 (でこぽん)
2014-08-04 16:17:06
本日はありがとうございました。
社会の変化に教育の分野が対応しきれていないということを、ぼんやりとしか認識していなかったなと思います。「いつから成熟社会になったのか」のお話がとてもおもしろく、時代の中で自分も子どもたちも生きているんだと…、本気で活きる授業していかなあかん!と実感しました。
「怒り」への対応が日常茶飯事ですが、その一次感情に目を向けて対応していくということもまだまだ勉強不足やなと感じました。なんとなくやっていることを、振り返って考えてみたいと思います。
遅れて来てすみませんでした。敏ちゃんが来週肩の... (阪本)
2014-08-04 17:44:04
遅れて来てすみませんでした。敏ちゃんが来週肩の手術をするため、主治医と打ち合わせをしていましたm(_ _)m。
先生のお話を聞いて、いいホルモンが沢山出るクラスにしたいと思いました。楽しく、ためになるお話ありがとうございました。
今日はありがとうございました。 (おきく)
2014-08-04 17:45:19
今日はありがとうございました。
ストレスマネジメントの研修と聞いてどんな研修なのか楽しみにしていました。
先生のカラーで私達を染めながら、つっこみや笑いを入れての楽しい研修の時間でした。1番心に残ったお話は、現代の社会は成熟社会であって、子どもを支援していくことが大切だということです。教師の手のひらに子どもを乗せて、ホールド&モデルになって育てていく重要性があると感じました。様々な環境にいる子どもたち一人ひとり大切にし、その子どもに合った支援が必要だと日々感じています。
今日のお話の続きもまた学ばせていただけたら嬉しいです。=

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。