My life ~楽しく生きていきたい~

主人と二人暮らし。
あかちゃんを授かれる日はこないようです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無題

2009-08-02 14:34:04 | 思ったこと。感じたこと。


誰かのある質問への返答の一部にこんな言葉が書いてありました。

”自分の子供や夫に生き甲斐を求めるのは危険だと思います。
              思い通りにならなかったときに絶望しますから。 ”


人に生きがいを求めるのは危険。


私が1ヶ月半頃まえにあることがきっかけで落ち込み、
消えてしまいたいとまで思ったのは
自分にとって、とても大切な人が自分の思い通りにならなかったから かな。

大切じゃない人だったらどうでもよかったのですが。

あることを知って以来、
その続きのことを知りたくもないし、
少しでも知ることによって、
そのたび泣かずに生活できていた状態が
再び暗くなりしんどいので連絡をとっていません。


今まで仲良しだったし、
それが変わることがあるなんて思いもしなかった。

このままの状態で一生が終わってしまうのかな。
それともちょっとしたことがきっかけで
案外あっさりとまた仲良しになれる日が来るのかな。。。

私だけがどうしても気に入らないだけ。

でも、今まで考えたことがなかったけれど、
それだけ自分にとって大切な人だったんだと改めて思った。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

民主党はえこひいき党だと思う

2009-07-20 16:32:45 | 思ったこと。感じたこと。


政治のことはよく分かりませんが、現在大変なことになっていますね。

今までどこの政党を支持する等、感心がありませんでしたが、
今は断固民主党以外です。

民主党のマニフェストの看板政策”こども手当て”
『中学生までの子供1人当たり月額2万6000円を支給する。』というもの。

めちゃくちゃ大きい金額ですよね。
たいてい二人子供がいるとして、1ヶ月5万2千円、
1年でなんと62万4千円の収入増ですよ。
該当する人にとってはそりゃーありがたいでしょ。

でもそのお金の出どころ、所得税の配偶者控除や扶養控除を見直して充て、
「65歳未満で子のない世帯(妻は専業主婦)では負担増となる」
「年収500万、配偶者は無職の場合、年間約3.8万円の負担増」
だそうですよ。

「年金や医療など将来の社会保障は次代を担う子どもたちにかかっている」
「子ども一人ひとりの育ちを社会全体で応援する」
のだそうです。

ニュースの記事はコチラ



65歳未満で子のない世帯(妻は専業主婦)は、
将来税金を納める大切な子供を産み育てていない罰金ですか?

妻は専業主婦、もしくは扶養に入れるよう年収を抑えたパートでも生活が成り立っているんだろうから、
子供もいなくてお金もかからないだろうしそこから取ればって感じですか?

子供がほしくでもできない人もいるんですよ。
その人たちをどんな気分にさせると思いますか?

やってられません。


子供をもちたいのにもてない人は、
そうでない人には想像がつかないくらい傷ついています。
お願いです、そっとしておいてください。



将来年金を支給する為には、
現在の子供が大人になって税金を収めてもらわなければならない。
その子供を産み育てていないんだから、当然と言いたいですか?


どうして年金って、将来の自分貯金という形ではなく、
今の働き手が収めた税金が今の老人の年金へとなってしまってるんでしょうか。
納得できません。


また、子供をもっていても、
ぎりぎり年齢が外れてしまう家庭は不公平に思いませんか?

今までそんな援助なしに必死に働いて子育てした方は不公平に思いませんか?


今までも定額給付金などなどいろいろと、
子供や高齢者のいる家庭とそうでない家庭への支給額は差をつけてました。
それも不公平だなぁと思っていましたが、この民主党のマニフェストには唖然。
生きる気力失わされます。


そして、このこども手当ての目的なんなんでしょう?
この手当てによって子供を産み育てる人が増えると思いますか?
この手当て、きちんと子供の為に当てられますか?
親の遊ぶお金、贅沢するお金にまわされませんか?
一生懸命夫婦で働いているのに生活苦の家庭には
子供の為に当てられるとまだ納得できます。
普通に暮らせている家庭では、このお金、
旅行代、おいしいお食事代等へとなるんでしょうね。


どうしてもこの政策を実行するというのであれば、
せめてそのお金の出どころ、公平に消費税でもあげて、
みんなから平等にとればどうですか?


それとこのこども手当てとは別に、民主党は政権を握った場合、
授業料相当額として国公立高校生の保護者に年間12万円を支給するらしい。
年収500万以下なら倍の24万円。
国公立だけではなく、私立にも同額支給だそうです。
経済的な理由で子供が高校に通うことができないのは、
その子の将来に深くかかわってくるとのでそれはかわいそうなことです。
どうせするなら支給という形ではなく、国公立高校授業料無料にすればいいのに。
そうするとたとえ他に使ってしまうという悪い親がいたとしても大丈夫ですし。
そして私立高校にも同額とは・・・。
どうにも公立に行ける学力がなく、私立しかいけないのであれば仕方ないですが、
そうでない場合、援助を受けなければ授業料払えないなら国公立に行くべきでしょう。




本当に不公平だと思う。
こんな不公平なことが現実になる可能性が今大きいんだから本当にやってられない。

民主党、えこひいき党 絶対反対!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

不妊治療を辞めて1年半後

2009-07-19 16:03:25 | 不妊


不妊治療を辞めるという前回の記事から1年半たちました。
今現在も何も変わることなく、主人と二人暮しです。

1ヶ月前くらいまでは、浮き沈みはあるものの
それなりにぼちぼちほのぼのと幸せに暮らしていたのですが、
あることがきっかけで、現在ひどい落ち込みです。

消えてしまいたい。そういう思いです。

テレビで地球滅亡説などしていましたが、
近い将来一瞬にしてそうなればいいと思っています。

子供をもちたいのにもてない人生。
私にとっては思っていたより精神的にかなりきついようです。



コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

不妊治療、最後の結果

2007-11-01 17:38:21 | 不妊

 

上の写真は不妊のお守りとして
ネットで有名になった『木村さん』と、
淡島神社の子宝のお守り。

少しでも気持ちを切り替えられるように、
もうこのお守りともさようならすることにしました。



あれから・・・。

10月16日に月経をむかえました。






結婚したらあたりまえに授かると思っていた赤ちゃん。

あたりまえに子供を二人もうけるつもりでした。




結婚と同時に家を建て、
子供部屋は2階に大きく一部屋作り、
成長にあわせて二つの部屋にくぎれるよう、
ドアは二つつけています。
今は少し荷物をおいてあるだけのめったに入らない部屋。

結婚前から私の車は後ろで子供が裸足で
くつろげるようにと後部座席のみ土禁にしてたこともあった。

主人の車の買い替えの時期となり、
もちろん家族が増えるつもりだったので
家族でのお出かけに大きいファミリーカーを購入。
主人の通勤だけに使用する車となった。

子供ができたら、
お庭にはパラソルと椅子、ブランコを置いて、
砂場も作って、と想像してワクワクした。

家族ですることを夢見て購入したバーベキューセット。

土地を選んだ時、公園が間近くでいい場所だと思った。
ここに入居して7年、公園に入ることはめったにない。

だれかに何故か頂いた子供用の小さい靴下や、
マジックや折り紙。
肌触りのいい高級な木綿の布。
いつかの子供のためにずっとおいてあった。

学生の時に勉強教材として購入した
『はじめての妊娠と出産』という本。
いつかまた読む日がくるんだと信じて置いていた。

友人に水泳の先生がいるので、私に子供が
できたら男の子ならカッコよく泳げるように
教えてあげてと笑いながら将来を夢見て話した。

私が小学校高学年か中学生の時に
母親にねだって買ってもらった『はてしない物語』という本。
すごく気に入って、いつか子供ができたらあげようと
思って大切にとってあった。

主人が会社からもう不要だからと頂いてきた
新品のままの野球のグローブふたつ。





他にもいっぱいいっぱい夢みた。






はぁ~~~~。。。














さぁ、新しい人生の出発です!!









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

不妊治療の終わり

2007-10-14 15:16:49 | 不妊


昨日書いたように、今AIHの結果待ちなのですが、
今回も陰性であった場合、積極的な不妊治療を終えようと
思っています。


自己にてタイミングを図ったり、気休めに漢方を内服して
みたりはするかもしれませんが、ラパロを受け、
排卵誘発剤を使用してのAIHでも授かれなかったので、
体外受精にチャレンジしない限り、無理でしょう。




体外受精すると授かれる可能性はあると思います。

チャレンジするか迷いました。



人それぞれ考え方、意見はあるけれど、
私はAIHもはじめ少し抵抗がありました。
神秘的な世界に今以上人の手を加えてもいいのか。


どうしても子供が欲しいのか。

どうして子供が欲しいのか。


体外授精までして授かれなければ、
ここまでしてダメなんだからと
あきらめがつけられるから
チャレンジしてみようか迷っているのではないだろうか?

あきらめきれる理由がほしいのか?



本当にどうしても赤ちゃんがほしいの?

どうしてほしいの?

かわいいから?

本能?

みんな子供がいるから?

自分とだんなの子を抱いてみたいから?




子供がいないとさみしいから?









ほんとはじめは、ただ純粋に赤ちゃんがほしかった。

ほしいのに理由なんて考えもしなかった。


ただただほしかった。






自分が不妊を経験し、いろんなことを考えることになった。








そして、子供のいない人生もいいのではないか。








主人に私の思っていること、迷っていることを話し、
主人は私が体外にチャレンジしたいのであれば
すればいいし、やめとこうと思うなら辞めておけばいい。
主人自身もどこまでしたいのか分からない。
と、私の心情と同じような様子。









私たち夫婦は不妊治療を終えることにしました。











また気は突然変わるかもしれませんが(笑


主人にも、

 「私は体外を絶対したくないわけではない。
  ほんとうに子供がほしいのか、
  どうしてほしいのか分からなくなってきた。
  だから自然にまかそうと思う。
  もし体外にチャレンジしてみたいと思ったら
  まだもう少しチャレンジできる時間は年齢的に
  残っているので一度しかない人生、
 
後悔しないように言ってね。」

と伝えておきました。

それと、以前にもちょこっと主人に話したのですが、

 「私以外の人とであれば、授かれるかもしれない。
  子供のいる人生といない人生、大きく違う。
 他の人と一緒になることを考えてくれてもいいよ。」

と再び話しておきました。

普段そんなまじめな話をする機会がないので、
照れくさく、半笑いでちょっと勇気を出して
話したのですが、だんなは聞いているのやら
聞いていないのやら・・・汗

私;「あのー、けっこうまじめに話してるのですが。」(笑

と返答を求めると、

夫;「ほんまにそうするって言ったらどうするの?」

私;「それはそれで、いいよ。
    ほんと子供のいる人生といない人生では大きく違うから。」

夫;「別にいないなら、いないでいいと思ってるよ。

 


 






 


 
       私は体外(顕微)受精に対し、すごく賛成というわけでも
    ないですが、反対な考えではありません。
    ブログやテレビ等で、本当に授かりたいとがんばっておられる
    夫妻が授かれたら、よかったねと心から素直に思います。
    見知らぬ他人事ながら、うれしさ、今までのつらさを思うと涙が
    あふれてきます。
    私は自分自身がどうしたいのか疑問をもったので自然に任せることにしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ後の不妊治療

2007-10-13 17:15:56 | 不妊


去年、2006年12月に不妊の原因と思われる子宮内膜症の
手術(ラパロ)を受け、その後の経過を書いておこうと思います。



ラパロ後1周期目(1月)
  タイミング療法(エコーにて卵胞の大きさをみてもらいタイミングを図る)
      右卵巣より排卵。(月経周期16日目)
      タイミングはうまく図れた。
  結果 陰性


ラパロ後2周期目(2月)
  タイミング療法を試みようとするも、
  月経周期14日にクリニック受診するとすでに排卵済み・・・。
  おそらく左卵巣からの排卵。
  一応その日に夫婦生活するもやはり結果は陰性。



ラパロ後3周期目(3月)
  タイミング療法
      右卵巣より排卵(月経周期16日目)
      タイミングはうまく図れた。
  結果 陰性



ラパロ後4周期目(4月)
  月経3日目より7日間セキソビット(排卵誘発剤)
  を朝・夕食後に2錠ずつ内服。
   (私の場合自己にて排卵できているが、
   質のよい卵子を育てるという目的にて排卵誘発剤を内服。
   刺激を与えてやると妊娠率があがるらしい。)
  AIH実施。AIH後排卵を促す目的にてHCG5000単位筋肉注射。
   左卵巣からの排卵。(月経周期13~14日目)
  高温期がやや短めということで、AIH後2日目と5日目にも
  黄体ホルモン補充目的にてHCG5000単位筋肉注射。

  結果 陰性



ラパロ後5周期目(5月)
  前回と同じ方法。
  月経3日目より7日間セキソビットを同量内服。
  AIH実施。AIH後HCG5000単位筋肉注射。
   右卵巣からの排卵。(月経周期15~16日目)
  AIH後、2日目と5日目にもHCG5000単位筋肉注射。

  結果 陰性



ラパロ後6周期目(6月)
  このまま同じことを続けても妊娠できる気がせず、
  こちらの先生は好きだが、不妊のみを専門にしているクリニック
  に気分転換に変えてみようと思う。
  この周期は休憩も含め、自己にて排卵検査薬でのタイミングを図る。
  検査薬はうまく反応してくれ、月経周期16日目に排卵したと思われる。
  自己タイミング図れたも、結果は陰性。



ラパロ後7周期目(7月)
  不妊専門クリニックを受診。
  以前にも採血等の検査は済んでいるが、期間もあいていることだし
  一通りの不妊検査を再び受ける。治療と検査を平行して実施。

  月経3日目 採血 
            C.トラコマティスIgA(クラミジア) (-)
            LH(黄体化ホルモン) 1.62mIU/ml 正常
            FSH(卵胞刺激ホルモン) 4.52mIU/ml 正常
            プロラクチン 29.76ng/ml やや高値もぎりぎり正常範囲

  HSG(子宮卵管造影) 問題なし

  排卵日に採血 E2(卵胞ホルモン) 324 正常

  排卵誘発剤の内服なしで、AIH実施。
  前日に排卵を促す為にプロファシー5000単位筋肉注射。
  右卵巣からの排卵。(月経周期16日目)

  AIH時の精液検査         
       精液量 3.3ml (正常値2.0ml以上)
       運動率 33%↓ (正常値50%以上)
       精子濃度 9100万/ml (正常値2000万/ml 以上)
       
SQA(SMI値) 226 (正常値100~450)

      運動率は低いがSMI値は正常なので大丈夫だろうとのこと。

  高温期4日目くらい 採血 P4(黄体ホルモン) 14.3 正常
  
  7周期目の結果 陰性



ラパロ後8周期目(8月)
  月経周期5日目より5日間、クロミッドを朝食後0.5錠内服。
  
  検査 HF(子宮鏡)  問題なし

  AIH実施。
  前日に排卵を促す為、プロファシー5000単位筋肉注射。
  右卵巣より排卵。(月経周期13日目)

  AIH時の精液検査
       精液量 4.1ml
       運動率 45%↓
       精子濃度 6900万/ml
       SQA(SMI値) 202


  AIH2日後より10日間、検査値は正常だが、
  黄体ホルモン補充目的にてデュファストンを朝・夕食後1錠ずつ内服。

  結果 陰性



ラパロ後9周期目(9月)
  月経周期5日目より5日間、クロミッドを朝食後1錠内服(増量)。

  AIH実施。AIH後プロファシー5000単位筋肉注射。
  右卵巣からの排卵。(月経周期14日目)

  AIH時の精液検査
       精液量 2.2ml
       運動率 50%
       精子濃度 5500万ml/ml
       SQA(SMI値) 210

  AIH後2日目夕方より10日間デュファストン朝・夕食後1錠ずつ内服。

  結果 陰性



ラパロ後10周期目(10月)
  月経周期5日目と7日目と9日目の3回、
  フォリルモンP(排卵誘発剤)150単位皮下注射。

  AIH実施。
  前日にプロファシー5000単位筋肉注射。

  右卵巣からの排卵。(不確かだが右に2個育っていたかも。
  1つはいい大きさになっていたが、もうひとつはやや小さめで
  排卵の可能性は少ない。
  左卵巣にも小さいのがあったがこれらは排卵まではいかない。)

  AIH時の精液検査
       精液量 3.4ml
       運動率 35%↓
       精子濃度 7200万/ml
               SQA(SMI値) 152

  AIH翌日夕方より10日間、デュファストン朝・夕食後に1錠ずつ内服。

  今まで漢方を内服したことがないので、気休めに処方してもらう。
  冷え性なので、カネボウ当帰芍薬散料エキス顆粒1回3g朝夕2回。


  現在結果待ち。

  

  
           

  
 
  

   
  
      
      
  
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本 『女ですもの』

2007-10-11 12:03:32 | 


タイトルに惹かれて
『女ですもの』を読んでみようかなぁ~と思いました。

内容は、内田春菊さんとよしもとばななさんの対談形式で、自分の人生について語るという感じ。

目次等を見て、二人とも母親であること、子供について書かれていることがほとんどな様子。

不妊である私にとって、読んでいてイヤになるかも、つらい気分になるかも、とも思ったのですが、そういう本を避けているのもなんだか逃げているような感じでやだなぁと思い、読んでみようと思いました。


読み出して12ページくらい。(P19)
【内田;最初が十五歳で、その後、十七、十九、二十一、とんで二十五と妊娠して中絶。三十三歳ではじめて出産したんですね。
  ーー中略ーー
十五のときは親に言われて、十七のときは自分で「わー大変」と思っておろしたけど、十九のときは、こういうこと繰り返すのかなと思って、(産んで育てることも考えて)貯金をチェックしたり。だけど、やっぱりダメで。二十一のときは、最初の結婚生活の最中だったけど、その人の子供を産む気になれなかった。二十五のときは、もう漫画家になってて、あー、今は子育てはできないと思って、以降七年間は妊娠は、なし。】
  
現在は四人の子の母。流産や子宮外妊娠もあるから、合計11回妊娠したそう。



・・・・・。

ありえない・・・。
この本を読むのをやめました。

中絶が悪いとは思わない。
いろいろな考え、事情があるとは思うけれど、妊娠してしまい、望まれない子供を産むことのほうが、その子のつらいであろう人生、望まない母となってしまった人生を思うと中絶という選択はあると思う。

でも、その前に産むことができないのであれば避妊をするのがあたりまえ。

はじめは若くてまだ認識不足だったというのであれば、まぁ、理解できる。
けれど、この人、学習能力がないというか、頭と股がゆるすぎるというか、あほ?
セックスするのは自由だけど、どうして避妊しないの?
外だししてたけど私妊娠しやすくて妊娠しちゃったとでもいうのでしょうか。。。
しかも、こういうことを何回も繰り返したことを堂々と世間に公表できる神経が信じられません。



この人は避妊とかどうしてたのか全く考えていなかったのか知りませんが、私が聞いた所、みんなきっちりと避妊をしている人って少ないんですね。
いわゆる外だしという避妊方法。。。
しかも排卵日を含む前後は避けているのかと思いきや、考えてないという。

お互い結婚するつもりだし、妊娠はまだ望んでいないが妊娠したらしたで喜んで産むよっ、というできちゃった結婚はいいけれど、そうでない場合。。。
そんな避妊方法で怖くないのでしょうか・・・。
赤ちゃんの尊い生命、また、この先長い自分の人生。

私にはそんな軽はずみな行動は理解できません。




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供をあやす意味

2007-02-22 23:08:11 | 思ったこと。感じたこと。


お友達に教えてもらったのですが、
子供が泣いた時、お母さんとかってその子の泣いている原因から気をそらして泣き止ませようとしますよね。

例えば子供にとって気に入らないことがあって泣いた時、「ほらあそこに虫さんいるよ~、見て見て~、何してるのかなぁ~?」など、子供の興味を他にそらして泣き止ますことです。

これってただ単に子供の興味を他にそらして泣き止ますだけの行為かと思っていましたが、実はこれって、

子供が成長していってストレスに遭遇した時、そのストレスにだけにはまり込んでしまわず、うまく他のことに気をそらすことができるようになる為に大切なこと

なのだそうです。

その友達は、そのまた友達の保母さんに教えてもらったらしいです。

ほっほぉーーーー! と大変感心しました。

そんな重要な役目があったのですね。   "φ(・ェ・o)~メモメモ

なんかいいこと教えてもらっちゃった♪ 



反対に、いくら泣いても自分の思うようにはならないよ ということを教える為にしばらくほうっておくという考えもあるのかなとか思っていましたが却下ですね。
(ある程度大きくなって時と場合にもよるのかしら。。。?)


 

 --


 

それと、もうひとつ教えてもらったのが、普通に育ててもらう、そのごく普通に育てるということがすごく大変なことで、ごく普通に育ててもらえたことを感謝しなければいけないということです。

自分が親になればもっともっとすごく実感するのでしょうね~。
育てるということがいかに大変なことか。


私はまだ親にはなれてないけれど両親には感謝感謝です。
それなりにいろんなこともあったけどひっくるめて感謝です。
ありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ後 初チャレンジ 結果

2007-02-19 20:16:14 | 不妊

 

えっと、ラパロ後初めての結果ですが、ズバリ、

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

                     撃沈。  

 

 

 

 

      うわぁ~んっ 




しかもですよ、ちょっと聞いてよ奥さん!!(笑


前回の記事を投稿し終えた直後、
「あれ?なんか不快感あるな」と思いトイレに行くと・・・・。

                     =( ̄□ ̄;)⇒

 



 




敷いていたオリモノシートを両手にすくうように持ち、顔をくしゃくしゃにして泣いてしまいました。


すぐに泣き止み、夕飯の支度をし、主人が帰ってきました。

1週間くらい前から生理前のお腹のしぶり感があるからいつ生理がきてもおかしくない状態と主人には言っていましたが、今回はラパロ後でタイミングもうまく行き、回数もがんばってくれたので、主人も少し期待してただろうなぁと思うと、少し言いにくかったです。


ごくごく普通にしていたのですが、ご飯を食べていると、

 夫;「なんか元気なくない? なんかあったんか?」

と言われ、主人はいろいろと鈍感な人だと私は思っていたので、びっくりしました。

 私;「えっ!?  ・・・・ 」

 夫;「きたんか?」

 私;「うん・・・。」

目がウルウルしてしまい、すぐには目をあわすことができませんでした。



だんなは落ち込む様子も見せずに、

 「残念やったな。
       大丈夫やから。

と言ってくれました。

 

 



 

ごめんねだんな様。。。

 

 

 

 


 

      まだラパロ後1回目。

            まだまだこれから (*'ー'*)

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ後 初チャレンジ

2007-02-14 16:43:53 | 不妊


H18.12.22生理後半でラパロを受けたので1月4日くらいが排卵日だったのですが、まだ夫婦生活許可はでていなかったので子作りは見送りました。

そしてラパロ後初めての生理が1月17日から始まり、今回はタイミングのみでチャレンジしてみようということにしました。

自分で排卵検査薬で調べてタイミングをはかろうか、クリニックで診てもらおうか少し迷ったのですが、せっかくラパロを受けた所なのにチャンスを逃してはもったいないのでクリニックで診て頂くことにしました。

クリニックはラパロ前に2回AIH(人工授精)をしてもらった所です。





1月29日(月)夕方(月経周期13日目)

クリニックに行き、先生にラパロを受けて来た旨を話し、タイミング指導をお願いする。

エコーにて右卵巣より、卵胞17㎜。

オオオオオーー!ちゃんと育ってくれてるよ~! o(TヘTo) クゥ

尿の検査もしてくれたけれど、まだ反応はないと。

次の日もエコーで診てもらうこととなる。




1月30日(火)夕方(月経周期14日目)

卵胞19㎜に順調に成長。

尿検査は昨日よりは値があがっていると。

「明日かあさってあたりですね」と先生。

明日はほんとたまたま主人がお休み。私もお休み。
こんなチャンスはめったにない!!

以前、一度他院で受けたフーナー検査の結果が悪かったことがとても気になっていたので、フーナー検査をお願いしました。

フーナー検査の結果がやはり悪いならこのゴールデン期間に可能性の少ないタイミング療法に時間をとられてはもったいない。結果が悪ければ早めにまたAIHを考えたほうがいいと思ったので。




1月31日(水)午前(月経周期15日目)

先生は夜に性交し、朝一番の受診でいいと言って下さっていたのですが、不妊専門のクリニックでは性交後2時間以内に受診して下さいというところもあるので、朝から主人にがんばってもらい2時間後くらいにクリニック受診。

でも朝から子作りの為、あんど検査の為の行為って気分が・・・・汗
仕方ないんですけどね(笑

婦人科だけれど、不妊を専門としている所ではないし、2時間前にしてきました!みたいな少しだけこっぱずかしかったです。。。

フーナー検査  結果は合格!!

わーーーいっ!! ほんとによかったよぉ~っ (*ToT)人(T-T*)

先生は顕微鏡を覗かせてくれたのですが、慣れてないと見難いらしく、1匹だけスタタタターッと泳いでいくのは一瞬見れたのですが、案の定ちゃんと見れませんでした(笑

数もまぁまぁ入っていたし、精子も生きていたと  (TwT。)ウルウル


卵胞の大きさは20㎜

「排卵がきちんとしたか確認の為、あさって又来て下さい」と。


せっかくのチャンス日なので、はずかしながらだんな様に夜もがんばって頂きました。(ウフッ




2月1日(木)(月経周期16日目)

基礎体温がカクッと下がる。

夜、だんな様にがんばってもらう。

うちのだんな様は、いつでも任せておけっ!というタイプではありません。
反対に別にしなくても大丈夫な人なのです。
できないのではなくて、しなくても別にいいのだそうです。
他でしてるからでは?とか思われるでしょうが、本当にしなくても大丈夫らしいのです。
そんなだんな様が、昨日朝晩と本日の夜と3連チャン。
がんばってくれました。
私がラパロを受け、チャンスを逃したらもったいない。私の希望になるべく沿うようにがんばってくれたんだと思います。
ありがとうよぉ~

 


2月2日金曜日(月経周期17日目)

クリニックにて排卵が済んでいることを確認してもらう。

よしっ!今回はタイミングもばっちり ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ





 --

 



そうして

今現在2月14日水曜日、

 月経周期29日目の夕方
を迎えています

私の月経周期は25~28日。年に1~2回30日になることもある。

12月末にラパロを受けたので月経周期に乱れがでてもおかしくない。

体調の方は、いつ生理になってもおかしくないような生理前の前兆のお腹の痛みというかしぶり感というのかそういうのは1週間くらい前からある。

おりものがいつもに比べると1週間くらい前からやや多い気がする。

3日くらい前にはツツツーと流れるあの嫌な感じがありトイレに行くも違った。





期待してはいけない。

今まで何度落胆したことか。

期待はしていない。        (ツモリ・・・)


でも、でも・・・・


いんや期待してはいけない。

まだ予定範囲内だし、今にも生理になりそうなお腹のしぶり感があるではないか。


でも、でも・・・。

 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ後の経過

2007-01-10 16:07:21 | 不妊


ラパロを受け、お腹の傷の痛みやつっぱりなどを気にすることなく気分的体力的にも普通に元気に動けるようになったのは、私の場合術後10日目くらいです。
それまでは傷に物があたったりした時の痛みは日に日にとれていったのですが、体がなんかだるくてあまりなにもする気になりませんでした。

でも傷は小さいとは言え、手術でお腹の中をいじくってもらったのに10日で元の状態に戻れるとはすごいですねぇ~。 (o^∇^o)ノ




昨日はラパロ後18日目

退院後はじめての受診に行ってきました。

傷はおへその部分のは、おへそ中の上の方におへそのゴマのようなできもののようなものができているといった感じの見た目。
おへその中の上のほうが変形した感じ。
他人からしたらどうもないじゃんと思う程度だとは思うのですが、自分では自分のおへそがわりと気に入っていたのではじめ見たときはちょっとショックでした。
まっすぐの切り傷のようなのだと自分的によかったのですが、おへその中でちょっとできもののように膨らんでいたので。。。
もうちょっと自然になじんできてくれるといいんだけどなぁ~。
手術を受けてこんな小さな傷なんだもん贅沢言っちゃいけませんよね。

残りの下の3つの傷はかさぶたも取れ、自分的には気にならないです。


採血と内診、エコーを受けましたが問題なし。
                   お会計¥2730

大晦日から陰部の掻痒感があったのでカンジダになってしまったと思っていたのですが、「へんなおりものもないし、おさまってきているならこのまま様子をみましょう」と。

手術について
「(組織を検査に出していたものは)やはり子宮内膜症とチョコレート嚢腫でした。
内膜症の程度はひどくなかったので、(内膜症が原因での不妊だとしたら)癒着が原因というより内膜症による炎症が影響していたのでしょう。
(今回お腹の中を洗っているので)半年は(妊娠を)期待して下さい。
もう今周期から(子作りを)開始してください。」

「普通は今後年に一度は検診という感じで受診してもらうのですが、あなたの場合軽かったのでいいでしょう。また何かあったらということで。」

とのこと。


子宮内膜症の人にとって、お腹の中を洗浄してもらうことは妊娠率upにとても意義があるそうです。


もともと子宮腺筋症も他院で指摘されていたので、腺筋症はどうでしたか?と尋ねてみたけれど、なかったように思うと。
手術前のエコーでも腺筋症はなさそうだけどなぁーと言ってました。
どうせあっても「軽い腺筋症なら、(子宮を)切ってしまうと、妊娠して出産する時、帝王切開になるだろうし、さわりません。」 ってことになっていたのですが。


こちらの病院は産科や不妊治療は診ていませんので、私は終了です。




   --




子宮内膜症の確定診断は直接お腹の中をみてもらわないと分かりません。
エコーなどだけでは内膜症であろう という所までで確定はできません。


私の場合、不妊検査の一環として今回ラパロを受けた病院と違うところで、膣式の腹腔鏡(クルドスコピー)を受け、そこで子宮内膜症の第3期・左卵巣チョコレート嚢胞・子宮腺筋症と診断を受けました。

それから内膜症という病気を自分なりに勉強し、ラパロは術者によって結果に差があるということを知り、どこでラパロを受けるか一生懸命探し、今回受けた先生にたどり着くことができました。


前の病院では術中のビデオや写真、資料もくれて説明してもらい、子宮内膜症の第3期でかなり進行し、癒着していてひどい状態と自分では解釈していました(だってビデオ見たけれど私のお腹の中すごいことになっていたんですもん)が、今回の先生の説明では癒着もそんなにないし軽い状態といった感じ。
1年半の間に内膜症ましになったとか?イヤイヤそんなわけないな。。。
今回ラパロをして頂いた先生は内膜症とラパロを専門とされており、私程度の内膜症は軽いうちに入っちゃうのでしょうか。

状態の判断というか先生によって違うものだなぁ~と思いました。

私の場合、膣式の腹腔鏡を受けて子宮内膜症と診断をうけ、次は違う病院でお腹からの腹腔鏡(ラパロ)と、2回も腹腔鏡を受けることになったわけですがこれでよかったです。
もともと内膜症かどうかも分からないのに不妊の検査目的だけでお腹から(多少なりとも傷がつく)のラパロを受ける決意をできたかどうか疑問だし、はじめに早くから膣式腹腔鏡で内膜症と確定診断してもらえ、そしてそれから自分がラパロしてもらいたいと思える先生を探して受けることができたからです。


今回ラパロの術中のビデオや写真を見せてもらえるというのがなかった所が残念ですが(自分のお腹の中を見てみたいもので)、自分なりに一生懸命探し、こちらの先生に手術をしてもらいたい!という先生にしてもらうことができて本当によかったです。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2006年 入院中のクリスマスイブ

2007-01-02 19:07:50 | おでかけ♪


2006年のクリスマスは入院中だったわけですが、せっかく都心の病院でのクリスマス、外出したくて。  入院前からたくらんでいたのです。
      ワクワク ワクワクッ


術後2日目で、想像していたよりしんどかったのですが、やっぱりせっかくの機会。
通常なら主人は人ごみが嫌いなのでクリスマスに人だかりなんて付き合ってもらえません。
この機会を逃してはナラヌ!
ということで、がまんできずに気合いでお出かけしました♪


まずはハービスPLAZA ENT。

   

ちょうどゴスペルコンサートが行われていました。

すんっばらしい歌声!! 

あんな風に歌えたら気持ちいいだろうなぁ~ 




術後なのでちゃんと歩けるかとても不安でしたが、いざお外にでてみると案外普通に歩ける。 ワァーイ
次いってみよぉーっ♪




それからロフト。 人・人・人・人、すっご~い人だらけ!

夫婦茶碗を買ってもらいました♪

途中、少し足が宙に浮いた感じのふらつきもあったのですがそんなの気のせいということにして、次いってみよーっ。




通りがかりのすいているお店で夕食としばし休憩。




そして次ー!
私が来てみたかったのがココ。
スカイビルでのドイツ・クリスマスマーケット
 
        

激しすぎる ザ・

身動きがとれません・・・。

傷のあるお腹だけにはぶつかられないように守っていると、だんな様が私の前にすっとでてきてくれました。  (タブン、お腹を守ってくれたのだとオモウ。いや、たまたまそこにキタダケカ? いやいや、ここは守ってくれたことにシテオコウ。ウンウン。)




ここではイエスキリスト様が生まれ、両親に見守られている様子の人形が展示されていたのですが、なんだか見入ってしまいました。

そして、まだ小さい赤ちゃんをパパさんが抱っこして幸せいっぱいの笑顔で写真を撮っている家族。

ちょっと寂しい気持ちがこみあげて目がうるんできちゃいました。

自分では赤ちゃんを授かれない人生を半分以上受け入れられていると思っていたのですが、ダメジャン。
まだまだあきらめきれてないじゃん。(ボソッ

まぁ、まだあきらめるもなにも、手術を受けたばかりで、これから半年~1年がチャンスなのですが(笑

 


だんな様に天使を買ってもらいました  ラララーン♪


      



大満足なクリスマスイブを過ごせました 

だんな様ありがとーっ!





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ入院記

2006-12-31 16:53:10 | 不妊

子宮内膜症・左卵巣チョコレート嚢腫・子宮腺筋症による不妊にて、とうとうラパロを受けてきました。

 

ラパロ2日前

入院。(早くから入院してもすることがないので、手術前日入院にしてもらいたかったのですが、その病院では麻酔科の診察の関係?で2日前入院がルーチン化されており素直にあきらめました。)

麻酔科の先生の問診。説明。

血栓予防の為に履く弾性ソックスのサイズ測定(ふくらはぎ周り)。

おへそのおそうじ(看護師さんが綿棒とオリーブ油でくちゅくちゅっと)。

切毛(オシモの上の方だけ自分でハサミでチョキチョキ)。

爪切り確認。

売店で腹帯(¥945)、T字帯(¥315)購入。

 

ラパロ前日

手術当日にいるもの(ネグリジェ、ナプキン、腹帯、T字帯、バスタオル、フェイスタオル、ティッシュ)、と手術翌日に着替えるためのもの(下着、パジャマ)を別々の袋に入れ分かりやすく用意しておく。

昨日おへそのおそうじ等すませているのですることなし。。。
シャワーを済ませておく。

21時 下剤(プルゼニド2錠)と眠剤(レンドルミン1錠)内服。

22時以降 絶飲食。



ラパロ当日

9時 浣腸(グリセリン浣腸60ml)

その後すぐに済ませるからとお願いしてシャワーをさっとあびる。
髪の毛は長いので邪魔にならないよう二つにくくっておく。

10時 ネームバンドを腕につけ、弾性ソックスを履き、病院の術衣に着替え点滴開始。

       



12時45分頃主人が来てくれる。


13時半 ベッドごと手術室へ

中ではクラシックらしき音楽が流れ、疲れていたのか集中するスタイルなのか先生がうずくまっていた。
麻酔科の先生が頭元にいて、酸素マスクを口の上におく。
いろいろ見てみたかったが突如記憶がなくなる。
点滴ルートからお薬投入されたのだろう。


14時半くらいに手術が終わり、主人が医師に説明を受けたらしい。

       



15時すぎ 「なによぉー、おなかいった~い!」 という思いで麻酔から目が覚め病室に戻る。


帰室時の状態は、腹帯・T字帯・ネグリジェを着用。
血栓予防の為、弾性ソックスの上から空気で加圧減圧するマッサージ機のような機械がとりつけられる。
点滴ルートの側管から筒の中に風船のようなものが入った、持続的に痛み止めが圧によって注入されるようになっている。おそらく中身は生食とフェンタネスト(痛み止め)。
バルン(おしっこの管)と酸素マスク、心電図モニター装着。

我ながら重装備だ(笑

手足が冷たかったようでお布団を追加してくれる。

お腹の傷の痛みの為、風船の痛み止めを一時的に少し多めに送り込む。

お腹の痛みもじっとしていればおさまり、手術を終えてちょっとテンションが上がっていたのか主人と話をして、記念にデジカメで写真を撮る。

  


しばらくして落ち着いているので主人は帰宅。

その後眠ったりしたかな?

そして消灯まで時間があったので持ってきていたPSPにてマンガを少し見てみる余裕あり。

酸素マスクがうっとおしくてずらしていると、看護師さんが鼻からのカニューレに変えてくれた。

消灯前に看護師さんが寝たまま水のみでうがいとあったかいタオルで顔を拭かせてくれる。
アー、ギモジイィーー
のどが渇いていたので、まだ飲めないけれどうがいは生き返るぅ~。

点滴の側管から抗生剤投与。

そして一晩寝たきり状態で過ごす。
看護師さんが頻回に血圧、体温等バイタルをとりに来てくれました。
体温は最高で37,6℃も自分では体熱感なし。
お腹の痛みは自制内。

 

術後1日目

朝、採血。
飲水可となる。

バルン抜去(一瞬だけどアイタタタターって感じ)、酸素マスクとモニター、血栓予防の足の加圧機械もはずしてもらい、看護師さんに手伝ってもらって体を蒸しタオルで拭き、着替える。
起き上がるのが傷に響いてこわかった。
あとは点滴のルートが入っているだけで歩行可となる。

だいじょうぶじゃぁ~んっ と思ったのもつかの間、動くと嘔気におそわれておとなしく臥床。

傷は4箇所。防水の絆創膏が貼られており、傷は見えない。

   (↓が頭側)


点滴の側管から抗生剤投与。

お昼3部粥からごはん開始も2割くらいしか食べられず。

食後しばらくしてから起きて動こうとすると吐き気が・・・。
ゲポッ 吐いちゃいました。

15時くらいに持続的にはいっていた筒に入った風船の痛み止めが終了。
その後動いても嘔気はおさまり、痛み止めの副作用であったと思われる。

バルン抜去後の初めての自尿。しみる感じ等はなく、普通に排尿できる。

夕方、抗生剤の点滴。
これが終わり、点滴のルートが抜去される。


夕食は5部粥。嘔気はおさまっていたけれど、半分くらい食べたかな。

咳をするのがお腹に響いてこわい。

少し歩いてみるもお腹の傷が痛くてへっぴりごし・・・。

他の患者さんもラパロを受けている方が多く、へっぴりごしな方が多い(笑



術後2日目

この日は日曜日でクリスマスイブ。
入院前から主人に約束していた通り、お見舞いにきてもらいました。

それと入院前から考えていたのですが、この病院は都心。
めずらしく都心でクリスマスイブなのだ!
主人は人ごみを嫌う人。こんな機会はめったにない。外出したい・・・・。

でも自分が想像していたよりもラパロ当日、昨日とけっこうしんどくてこんな状態で果たして人ごみをへっぴりごしで歩くことができるのだろうか・・・汗

でも昨日よりも調子はよくなっている。
ちょっと微熱と風邪ひいた感があるのはナイショ。

迷ったあげく、やっぱり外出したぁ~い♪
無理なら途中で帰ってこよう。

ということで外出許可をもらい、シャワー浴も許可がでたので朝からおそるおそるシャワーまでへっぴりごしで浴びてみた。

夕方からダーリンとおディト♪
都心のクリスマスイブということでやっぱりすごい人ごみでした・・・汗
服をちゃんと着替えてお化粧して。そうするとへっぴりしにならずに案外普通に歩けました。ただお腹だけは守って。
途中、ちょっと足が宙に浮いたようなふらつき感があったもちょっと椅子に座ると復活!
自分でもびっくりするくらい普段以上に歩きました。

行きたかった所に行けて大満足♪



術後3日目

朝、採血とエコー。

前日術後2日目で外出したと話すと他の患者さんはびっくりしてました。
気合いで出かけてきました(笑

ほんのちょっと風邪ぎみであり、この日はおとなしーくしてました。

傷は動いたら痛むけれど、じっとしていれば大丈夫。
防水の絆創膏が剥がされ、傷は縫ったりせずにテープで止めているので、そのテープだけの状態に。
  
  (↑が頭側。上のひとつはずれている所はおへそと傷)

もうこのままでシャワー浴していいそうです。
そしてそのテープが剥がれたらもう剥がれたままでよいと。

「もうこんな状態でいいんだ。はっやー」 と思いました。

シャワー浴びるのなんだかちょっと不安でしたがなんともなかったです。




術後4日目

退院

 

 

*お会計
  6泊7日大部屋(四人床)ラパロ(子宮内膜症除去術・チョコレート嚢腫摘出術)
     (3割負担で)¥146670

  同じラパロでもその病院では内容によって14万~22万くらいのようです。

 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊について

2006-12-18 23:20:12 | 不妊

 

主人は付き合っている時から、女の人が喜ぶような言葉や接し方をできる人ではない。

愛情表現がかなーりへたくそだ。(笑

付き合っている時も「別に私じゃなくてもいいんでしょ!」のような不満が私にはあった。



1週間ほど前、寝る前に突然だんなさまが言った。

 夫;「○○(私)を見ていたら、どっか(私が喜ぶ所)に
    連れて行ってあげたいと思う。」

 突然どないしたんやろ?私のごきげんでもとろうとしてくれてるの?
 冗談ばっかり~  という目つきでだんなを見ると、

 夫;「これほんまやって。」(笑
 
 私;(おっ、めずらしくうれしいこと言ってくれるじゃぁ~ん。うれしいっ
   「どんな時にそう思ってくれるの?」

 夫;「かしこー(かしこく)黙ってなんかしてるとき。」


かしこーって。。。(汗
黙々と黙って一生懸命家事とかしている時のことを指しているものと思われます。。。


そんな風に思ってもらえるなんてとってもうれしいです♪



私ってしあわせだぁ~!









私たち夫婦は付き合って7年(途中少し別れたりもしたけど)で結婚。
避妊は確実でした。

結婚2年目から赤ちゃんが欲しいと望み、基礎体温を測り自分なりにタイミングを図るもなかなか恵まれず、異常はないだろうが一応安心感を得るためのつもりで不妊の検査を受けたのが結婚5年目。

私の子宮内膜症・卵巣チョコレート嚢腫・子宮腺筋症と診断を受ける。
主人の方は問題はみあたらない。


結婚したらあたりまえに赤ちゃんができるものだと思っていた。
不妊なんて人事だと思っていた。


自分よりも後に結婚した人が次々と赤ちゃんを授かる。

元旦には新しい家族ができました年賀状が届く。涙が流れる。

赤ちゃんがほしくて仕方がない。

買い物に行くと以前は見かけると 幸せそぉ~ とこちらまで幸せ気分をもらっていた妊婦さんを見るのがつらくなる。

しまいにはにくたらしく思う時期もあった。それ以上にも思った。

そうして、そう思ってしまう自分が嫌であった。




子供を望みながらも月日がたち、子供のいない人生を受け入れなければと思った。




そして今、結婚7年目に突入しようとしているが、子供のいない人生を楽しむのもいいかもしれないと思えるようにまでなった。

なんといっても時間もお金も自由だし、子供のことでいろいろと悩まなくてもいい。
最近子供の自殺やひどいニュースを目にするからかもしれない。

もしかしたら、自分は授かれない可能性があるから、自分でも気づかないうちに目を背け、自分をいい聞かせているのかもしれないけれど。。。

年賀状も素直にかわいい~って喜んで見れる (*^-^)ニコ
逆に写真があるほうが楽しい。
以前の思いとは間逆である。

妊婦さんを見ても嫌な気分はしない。
大変そうだなぁ~、生命って神秘的だなぁ~って素直に思う。



不妊を経験して、病的とまではいかないも鬱っぽく落ち込んだこともあるが、今となってはいい経験をできたなって思える。

すぐに妊娠できていたらいろいろなことを考えることはなかっただろうから。



でも女性には妊娠、出産できる年齢が制限される。

あのときにもっと治療しておけばよかったと後悔だけはしたくない。

自分が納得できるところまでしておきたいと思う。


 

 

以前、夕飯を食べながら主人にさりげなく話しをしたことがある。

私;「もしかしたら私は赤ちゃん授かれないかもしれない。
   他の人とだったら授かれるかもしれないから、
   そういうこと(他の人との結婚)を考えてくれてもいいよ。」

夫;「本気でそんなこと思ってないくせにぃ~」(笑

私;「いや、子供のいる人生といない人生、全然違うし、
   あんたの人生やから考えてほしい。」

夫;「そんなんで別れたりしやんから。
   できなかったらできなかったでいいから。」


即答してくれました。


必死で涙をこらえながらごはんを食べ続けました。

 





だんなさんに自分の子供を抱かせてあげたい。。。。


   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラパロ  術前検査

2006-12-12 21:00:20 | 不妊

 

 

不妊の原因が子宮内膜症、左卵巣チョコレート嚢腫、子宮腺筋症ということでラパロ(腹腔鏡)を受ける決意をし、予約できたのが3ヶ月後。

その3ヶ月後が近づいてきました。

12月1日(金)に術前検査を受けてきました。
手術を受けても大丈夫かどうかの検査です。

採血・検尿・心電図・胸のレントゲン・呼吸機能。
呼吸機能というのが、口に筒のようなものを加えて息を吸ったり吐いたりするだけなのですが、おもいっきり吸った息を一気に吐き出してというのをうまくできず、4~5回やりなおしました(笑

                        お会計は3割負担で\5290

結果、問題なし。

予定通り2006年12月20日入院、ラパロ22日、約1週間の入院です。


入院の準備をしているのですが、術後に着せてもらうのに前あきの寝衣が必要とのこと。
前ボタンで上から下までひろげられるネグリジェを探してみたけれど、近くのお店にネグリジェなんておいてません(>_<)

和式の浴衣のような寝巻きはあるけれど・・・。   
そんなのいやだぁ! o(TヘTo)

ネットで探してみたけれど、その時しか着ないであろうネグリジェなので安物でいい。
でもかわいいのはやっぱりいいお値段。
セクシーなのもどうかと・・・ (*ノ▽ノ)イヤン

そこで思いついたのがマタニティーのパジャマ!
上から下までボタンで、ズボンなしで充分丈は足りる。
妊婦さんにまみれて探してきました。

しかし予想外な問題が・・・。

ほとんどのものに、授乳が簡単にできるよう、おっぱい窓口が!!
                               w|;゜ロ゜|w ヌォオオオオ!!

今後使用する日がきてくれるのかどうかもわからないのに、それだけは避けたい。


唯一おっぱい窓口がないものが1着!
その柄もまぁまぁよくてそれにけてーい! =*^-^*=



<入院の準備品>
    術後の腹帯とT字帯(病院の売店で購入予定)
    術後の寝衣
    夜用ナプキン
    下着
    パジャマ
    洗面用具
    化粧品
    タオル・バスタオル
    スリッパ
    お箸・スプーン
    コップ
    箱のティッシュ
    イヤホン
    認印
    承諾書
    診察券
    お金
    暇つぶしのできるよう本など



少しづつ、ほんとにラパロ受けるんだぁ・・・
って実感わいてきました。

お腹に傷がついちゃうよぉ (ノω・、) ウゥ・・


   

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加