わたしの好きな詩人

毎月原則として第4土曜日に歌人、俳人の「私の好きな詩人」を1作掲載します。

ことば、ことば、ことば。第16回 虫 相沢正一郎

2014-06-22 20:46:12 | 詩客

 ちいさな庭の柚子の木に、毎年春になるとアゲハがきて卵を生む。やがて、卵から毛の生えた幼虫が出て、しばらくすると皮をぬぎ、黒と白のまだらに。それからまた皮をぬぐと、全身いぼだらけに。四回目の脱皮で緑色の幼虫になると、ヒヨドリがやってきてほとんど食べてしまう。
 このイモムシを摑まえてきて室内で飼育したことがあった。幼虫をつつくと、あたまから二本の橙色の蛇の舌のような角を出したり、嫌な臭いを発したり。威嚇のつもりなのだろうが、鳥たちにとってはなんの抵抗にもならないだろうに。ともかく、天敵から保護し、虐殺からだいぶ救ってやった。イモムシはあちこち動きまわり、やっと部屋のどこかでサナギになる。やがて羽化し蝶になると、窓から飛び立つ。……もう、ずいぶん前の話だ。
 安西冬衛の短詩《てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。》(「春」)を口ずさむたびに、窓から飛んで行った蝶のことを思い出す。口から飛び出すことば――「てふてふ」と羽が空気を打つ音と「だったん」と濁る音がいい。はじめ「韃靼」海峡が「間宮」海峡だったというが、濁音に直さなかったら名詩として残らなかっただろう、きっと。ちいさな蝶と広大な海との対比もいい。
 「蝶」の詩で、ほかに思い出すのが三好達治の《蝶のやうな私の郷愁!……。蝶はいくつか籬を越え、午後の街角に海を見る……。私は壁に海を聴く……。私は本を閉ぢる。》ではじまる「郷愁」。また、本を蝶にかさねて《蝶よ 白い本/蝶よ 軽い本/水平線を縫ひながら/砂丘の上を舞ひのぼる》(全文)(「本」)。それから、《蟻が/蝶の羽をひいて行く/ああ/ヨットのやうだ》。「土」という題名から、しゃがんで見つめている人が嗅ぐの地面の匂いまで感じられる。
  さて、今年の五月、庭のイモムシが自転車のスタンドに蛹をつくった。それから二週間、自転車に乗ることができなくてずいぶん不便だったが、さいわい羽化の様子を目撃することが出来た。木の瘤のようなカプセルも、よく見ると黒っぽい中身が透けている。もうすぐ誕生だな、と期待していると、頭が割れて、チューブから押し出されるように蝶が現れた。まだ折畳み傘のように羽が縮れたままのろのろ地面を歩いている。枝に留まらせてやると、だんだん羽がぱりっと張っててくる。
 《梅雨空の朝六時半過ぎに/庭に出てみると/桃色のバラの花びらに/アゲハ蝶が一羽/合掌するように/羽を合わせて止まっている/幽かに震えている/羽化したばかりなのだ/少し経って/午前九時半頃に見にゆくと/こんどは/咲いた花びらの上に乗り/花柄の傘のよう/大きくきれいに羽をひろげている》(全文)「新生」。
  菊田守さんの詩集『雀』から引用した。ほかにも、このちいさな誕生の歓びは詩集『カラス』収録の「アゲハ」にみられる。《ある日 忽然と/みどりの幼虫は蛆となり/やがて蛆は蝶へと変身する》と、目のまえで変身するアゲハに、同時に《黒い死の影が色鮮やかに染めあげられている》のをも見ている。虫について書かれた詩では、菊田守さんの右に出る詩人はいない。それも安西冬衛、三好達治、それから後で述べる萩原朔太郎の作品が虫を「文学」に変えているとしたら、菊田さんは「虫」をそのまま捕えて、てのひらに虫の命を直接感じている。
 清少納言の『枕草子』(岩波文庫)では、蝶は四三段に《蟲は すずむし。ひぐらし。てふ。》(部分)と鳴き声のきれいな虫のつぎに出てくる。《蠅こそにくき物のうちにいれつべく、愛敬なき物はあれ》と、たくさんの虫のなかで、ただひとつ蠅が嫌われている。蠅といえば、《やれ打つな蠅が手をすり足をする》(小林一茶)の句。『枕草子』には、《にげなきもの 下衆の家に雪の降りたる。また、月のさし入りたるもくちをし》(四五段)とあるが、平安時代から江戸時代への長い時間を経て――松尾芭蕉が「下衆の家」に閑寂なおもむきを感じるようになった。よく知られた芭蕉の句に《蚤虱馬の尿する枕もと》がある。シェイクスピア『マクベス』の魔女の台詞《きれいはきたない。きたないはきれい》ということだろう。
 萩原朔太郎の蝶は《てふ てふ てふ》と《こんもりとした森の木立のなかで/いちめんに》飛ぶ(「恐ろしく憂鬱なる」)。また、《座敷のなかで 大きなあつぼつたい翼をひろげる/蝶のちひさな 醜い顔とその長い触手と/紙のやうにひろがる あつぼつたいつばさの重みと》(「蝶を夢む」)の蝶は、「腕のある寝台」のイメージに重なる。なるほど蝶だって、よく見ると毛だらけの頭や筆さきのような触覚、ストローみたいな口、網のある目、六本の脚、足のさきの爪と不気味だ。桜の花はきれいだが木の幹は黒くがさついているようなもの。蝶は、世紀末のエロチックな美に変身した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第125回 -... | トップ | 私の好きな詩人 第126回 神... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。