バーク弾低気圧級



品川駅で飛び乗った京浜東北線が、東神奈川止まりだった。
どうしたもんかと逡巡した末・・・

そうだ、
バーク
行こう。

鶴見駅で、急遽下車。
鶴見は何度か訪れているが、なかなかタイミングが合わず、初『バーク』である。



鶴見線のガード下の風情からして、もうどうにもソソるのだ。さすが、その道(どの道?)では名高い店だけのことはある。

扉を開けていきなり目にした先客のテーブルのおかず(たぶんスタミナ定食)、そのお皿の盛り具合にたじろぐ。なんだ、あれは・・・
い、いや、オレは大盛りをめざしているんじゃあない。落ち着け、B食的なメニューに出会えれば、それだけでいいんだ。若い時の胃袋じゃないんだ。

で、頼んだのは「トマトかつライス」(700円)。



もちろん、トマトに衣を付けて揚げたのではないですよ、一応いっときますが(笑)。ご覧のように、かつライスのライスがトマト(ケチャップ)味ということ。これとか、これに似ている。つまり関東版の「トルコライス」風といえるかもしれないですね。

少し水分多めのトマトライスが、なかなかおいしい。デミグラ的なソースがかかった衣が薄い系のカツは揚げたて。ハフハフしながらライスと一緒に食べると、口の中で幸せが倍以上に膨らんでいく。

そして嬉しいのは、隣に盛られたたっぷりのキャベツ。コッテリのメインに対してさわやかさがしっかりバランスをとる。「バターライス(から揚げ)、キャベツ抜きで」と頼んでいた客の気が知れない。

おぉ、メニューに、「キャベツ大盛り+50円」とあるではないか。ここからどうやって大盛りに築き上げていくのか、それも見てみたいなぁ(笑)。

ライスは普通盛りなのにボリュームもけっこうあって、お腹いっぱいになった。その道(どの道?)では人気の店というのもうなずける。すっかりファンになってしまった。

さて、さっきの「キャベツ抜き」ではなく、やはり「バターライス大盛り」(700円+300円)※中盛り200円 を頼んだ若者が目の前の席にいて、そのお皿の盛りがまたすごかった。エアーズロックみたい(笑)。でも、彼は冷静に見えた。そう、旺盛な食欲を鎮めようと、淡々と流し込んでいる風にしか映らなかったのだ、僕の目には。


(写真は、3分の1ほど食べ進んだところ)

ところが、その見立ては見事にハズレていた。
表へ出てコートを羽織っていたら、その彼が扉から出てきたので思わず声をかけちゃった(笑)。

「いっつもアレ食べてるんですか?」
「いやぁ、キツかったっす。学生の頃はよく食ってたんすけど、10年ぶりに来てみたら、もうムリッす。今はもうダメっす」

別れ際に「ごくろうさまでした」と労わずにいられなかった(笑)。
あぁ僕も「大盛り(または中盛り)」をお願いせずによかったとホッと腹を撫でおろすのであった(胸を)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« プレミアムYEB... 病院で涙を流す »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。