恋の方程式が解けません in goo

よくわからないまま引っ越してみた?

いんたーみっしょん 休憩たいむ

2016-10-13 20:09:33 | 日記
さて、少し飛ばしてまいりましたが、休憩がてら、『ボクと黒い石』(仮題)のプチ解説をば・・。

ネタバレになるかもなので、全部読んで読み解くって方は今回は飛ばしてくださいませ。




多分、これ、初稿なので細かい調整とかしてないみたい。未上演だし。

とにかく、読みにくいと感じられると思うんです。

何故なら、全部、口語調というより、セリフだからです。

実際、脚本を書くときはブツブツ言いながら書いてます。

プロの作家さんでも、御付きの人とかに声に出して読ませる方もいらっしゃるようで・・。

なので、見て読むだけだと、頭の中にはいってこない場合があるかと思われます。

出来ることなら、声に出さずとも口を動かして読んでいただけると、ちょっとは理解の幅が広がるかもです。

普通の文章と違って句読点の位置もおかしかったりもします。


で、お話に戻しますが、

まず。この作品は、2000年ぐらいに書いた作品です。つまり15年ぐらい前なんです。

普通に携帯電話が登場してないでしょ。まあ、取り繕う設定も可能ですが・・・。

電波塔が沈んでしまったとかね。

と、いいつつも、近未来という設定にしてしまったんですよね~。

ほら、2000年の頃ってそこまで携帯電話が定着するとは思えなかったし・・・。

まあ、その話は、置いといて。

《設定》としての話

そう遠くない未来。なんらかの理由により一日で海面上昇をしてしまった日本。

海面上昇と地盤沈下がほぼ同時に起きたため、陸地という陸地が水面に沈んでしまった。

その中で海面上昇から逃れて、逃げ延びた人々。

国の機能は麻痺されるかと思われたが、奇跡的に機能していた。

海面上昇から数年、水は引くこともなく、人々は、残された建物で日常を過ごしていた。

あ、そうだ。どういう仕組みか、一秒も休まずにずぅぅっと雨が降ってます。

《相関図》としての話。

わかりやすく言うならば、海面上昇時に三人がアパートの上の階に住んでいて(家族と住んでいたかも)、

たまたま助かって、十数年たったってところ。

まず、主人公のミサキは純粋にオカマちゃんです。今は、近所の工場で働いています。

で、オザキは年上なのです。引き上げ屋という謎の職業です。

アサギは、ミサキの後輩なのですが、貯金があるのか男からせしめてるのか、働かずに過ごしています。

この脚本の中では姿は見えないのですが、イサギさんはアサギの元カレという存在。

(イザギさんが登場しないってのは、当時の劇団の人で不足によるものです(笑))



《謎》としての話。

とにかく、謎が多い話です。ツッコむ場所は多々あると思います。

異常でしかない非日常に人々は順応し、耐性を付け日常へと変換させていった。

そこへ、『黒い石』という新たな非日常が現れる。

簡単に言えば、こんな話です。ん~。もう今になってみると手アカまみれのネタですわな。

前回の『あかさや』は使う言葉が古いな~って思ったけど、これは作品の柱が古いな~って感じる(笑)

儂も歳を取ったわい・・・。

ま、この辺で。一応、最後まで書かせてね。じゃあねぇ~ヽ(*´∀`)ノ



PS.勿論、ここに結末は書きません(笑)

と、いったところですかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕と黒い石(仮題)その7 | トップ | 『僕と黒い石』(仮題)その8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。