expの独り言

音、文字、映像...殆どお買い物日記

14歳向けの本、なれど、知らないことばかり

2017年06月18日 | 読書

□ 橋爪 大三郎「はじめての聖書」河出文庫

この著者の「世界がわかる宗教社会学入門」が宗教理解の基礎になっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想い出話の後は、久しぶりの... | トップ | 自転車で転倒、その後、スナ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事