《世界三大健康野菜・稲敷アピオス最新情報》女性に人気のグルメ、美容・健康・ダイエット・アトピーにおすすめのふしぎなお芋!

女性に人気おすすめの美味しい野菜を、茨城・稲敷台地にて、アピオス・ゴーヤ・トマト・なす・チジミほうれん草等を栽培研究中!

メディアで話題クローズアップ!女性に人気のインディアン戦闘食野菜(芋)アピオス《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》  

2008年10月29日 | 女性の好きな野菜・おすすめ・美味しい・美容・美肌・美白・ダイエット・健康・スープ
インディアンの戦闘食野菜”アピオス”は、日本の東北大学農学部の星川清親教授によって、昭和の時代に入ってから、大きくクローズアップしました。
星川教授がアピオスに興味を抱いたきっかけは、大人の親指の先くらいしかない小さな芋が、抜群の強精作用をもっているということでした。
たまたまアメリカの開拓時代の、生活や食物について文献を調べていた教授は、インディアンが戦いの前に、地中から精力のつく野生の芋を掘り、強精食として食べていたという記述にぶつかったのです。
「それほど精力のつくアピオスとは、いったいどんな芋なのだろう?」と、星川教授は関心をかきたてられました。
白人がやって来て、武力で先祖伝来のインディアンの土地を侵略するのですが、最初のうちは、とにかく食べるものがありません。畑を開墾し、麦やトウモロコシなどの、野菜を栽培しようとしても、これらの作物が実るまでには長い時間がかかり、収穫までの期間をなんとかもちこたえなければなりません。
「おまえたちは、何を食べているのだ?」
困りきった白人が、侵略して支配下においたインディアンに尋ねると、アピオスを食べているという返事がかえってきました。そこで白人たちも、争うようにしてアピオスを食べ、作物が収穫できるまでの期間を無事に、乗りきりました。この時期には白人にとっても、アピオスは生きていく為の唯一の栄養源であり、スタミナ源だったのです。
しかし白人たちが種を蒔いた穀物や野菜が実り、食料が贅沢になると、インディアンの食生活も、次第に白人に倣うようになり、野生のアピオスを掘って食べるという習慣は、すっかり忘れられてしまいました。これはのちの話ですが、昭和五十五年、星川教授が『食用植物』の中で、アピオスを取り上げると、アメリカの農学者たちは、忘れられた植物であるアピオスを再認識し、栽培化を始めたそうです。日本の学者がアメリカ人に、原産地のアピオスを思い出させたというのも、おもしろい話ですね。
前置きが大変長くなりましたが、実物を写真にてご紹介いたします。
この「アピオス」という芋は、聞きなれない言葉だと思いますが、”活性酸素除去物質であるラジカルスカベンチャー”というものが大量に含まれていて、癌・心筋梗塞・アトピーを始めとして、あらゆる病気から守るふしぎなお芋です。
それでは、特とご覧下さい。
写真その①小粒(Sサイズ)な稲敷産アピオス
写真その②中粒(Mサイズ)な稲敷産アピオス

アピオスは、食用部分がネックレスのように根っこで繋がっています。


これは、大きなアピオスの種芋です。

夏には、このような綺麗な紫色とピンク色の蝶のような花が咲きます。


収穫した”アピオス”です。この芋が病気にならないようにする、ふしぎな健康・美容・ダイエット野菜です。

いかがでしたでしょうか。
この”アピオス”と言う芋は栄養価の高い食品として、非常に価値のあるものですが、価格が高いのが難点です。安くなれば、今後序序に消費者に浸透して行くと思われます。
メディアで話題クローズアップ!女性に人気のインディアン戦闘食野菜(芋)アピオス《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性に人気の、絶品なスープパスタの店《セモリナ最新情報》『Amazing Food』すばらしい食料・スチュワーデスのコメントより

2008年10月11日 | グルメ好きの女性に人気の・新顔野菜・アピオス・アップルゴーヤ・チジミほうれん草
女性に人気の、シンガポール航空スチュワーデスおすすめの絶品なスープパスタの店《セモリナ最新情報》褒めて下さる、お客様からの公開コメントより

『Amazing Food』すばらしい食料!
Dear Sir
親愛なる

My wife is an Air Stewardess with Singapore Airline. She is a avid fan of your food and will definitely visit your restaurant whenever she is in Tokyo. As such, her love for your food has brought her interest to another level.
私の妻はシンガポール航空会社の空気スチュワーデスである。彼女は彼女が東京にいる時はいつでもあなたの食糧の熱心なファン、完全にあなたのレストランを訪問する。それ自体、あなたの食糧のための彼女の愛は別のレベルに彼女の興味を持って来た。






We are interested to bring your amazing food from the town of Tokyo to the City of Singapore. We were wondering if you would be interested in such an expansion.
私達は東京の町からのシンガポール市にあなたのすばらしい食糧を持って来るために興味を起こさせられる。私達はそのような拡張に興味があるかどうか疑問に思っていた。

As we do not understand Japanese, I’ve tried an online translator to convert this letter from English to Japanese and hope it can show our interest in your amazing food and restaurant.
私達が日本語を理解しないので、英語から日本語からのこの手紙を変えるために私はオンライン訳者を試み、それを望むことはあなたのすばらしい食糧およびレストランの私達の興味を示すことができる。
スープパスタの店・セモリナ人気ナンバー1☆☆☆☆☆《明太子クリームスープパスタ》


スープパスタの店・セモリナ人気ナンバー2☆☆☆☆《うにクリームスープパスタ》


スープパスタの店・セモリナ人気ナンバー3☆☆☆☆《ポパイクリームスープパスタ》


スープパスタの店・セモリナ人気ナンバー4☆☆☆☆《カルボナーラクリームスープパスタ》


スープパスタの店・セモリナ人気ナンバー5☆☆☆☆《なすのピリ辛トマトスープパスタ》



I hope you can consider our proposition and you can feel free to contact us by phone or email at the following details:
私は私達の提案を考慮でき、次の細部で電話か電子メールによって私達に連絡して自由に感じることができることを望む:



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グルメ好きのダイエット女性に人気の、美味しいスープパスタの店《セモリナ最新情報》

2008年10月08日 | 女性に人気のグルメ・アトピー・美容・健康・ダイエット・美肌・美白・野菜・スープ

《美味しいスープパスタの店セモリナ》話題のスープパスタが好評で連日たくさんのお客様がご来店頂きましてありがとうございます。塩味系スープ・クリーム系スープ・トマト系スープからなる3種類スープパスタのランチメニューは、ドリンクとミニサラダが付きます。おいしさ盛りだくさんの内容ですので、本日も皆様のご来店を、従業員一同お待ちしております。本日のランチメニューは、クリーム系の人気ナンバー1である明太子クリームスープパスタとトマトスープパスタではナンバー1である、なすのピリ辛トマトスープパスタです。尚、ランチタイムは、11時から14時迄となっております《おいしいクリームスープパスタの店セモリナ》より
。”まろやかなクリームとちょっぴり辛い明太子がベストマッチ!”
メディアで話題・女性に人気の美味しい《スープパスタの店・セモリナ》の明太子クリームスープパスタは店主おすすめのナンバー1商品です。

トマトスープパスタではナンバー1である、なすのピリ辛トマトスープパスタ

ランチメニューにはソフトドリンクとミニサラダが付きます。

グルメ好きのダイエット女性に人気の、美味しいスープパスタの店《セモリナ最新情報》






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアで話題注目、美容・健康・ダイエット、女性に人気の美味しい野菜《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》

2008年10月06日 | 女性の好きな野菜・おすすめ・美味しい・美容・美肌・美白・ダイエット・健康・スープ

インディアンの戦闘食野菜”アピオス”は、日本の東北大学農学部の星川清親教授によって、昭和の時代に入ってから、メディアで話題になり、大きくクローズアップしました。
星川教授がアピオスに興味を抱いたきっかけは、大人の親指の先くらいしかない小さな芋が、抜群の強精作用をもっているということでした。
たまたまアメリカの開拓時代の、生活や食物について文献を調べていた教授は、インディアンが戦いの前に、地中から精力のつく野生の芋を掘り、強精食として食べていたという記述にぶつかったのです。
「それほど精力のつくアピオスとは、いったいどんな芋なのだろう?」と、星川教授は関心をかきたてられました。
白人がやって来て、武力で先祖伝来のインディアンの土地を侵略するのですが、最初のうちは、とにかく食べるものがありません。畑を開墾し、麦やトウモロコシなどの、野菜を栽培しようとしても、これらの作物が実るまでには長い時間がかかり、収穫までの期間をなんとかもちこたえなければなりません。
「おまえたちは、何を食べているのだ?」
困りきった白人が、侵略して支配下においたインディアンに尋ねると、アピオスを食べているという返事がかえってきました。そこで白人たちも、争うようにしてアピオスを食べ、作物が収穫できるまでの期間を無事に、乗りきりました。この時期には白人にとっても、アピオスは生きていく為の唯一の栄養源であり、スタミナ源だったのです。
しかし白人たちが種を蒔いた穀物や野菜が実り、食料が贅沢になると、インディアンの食生活も、次第に白人に倣うようになり、野生のアピオスを掘って食べるという習慣は、すっかり忘れられてしまいました。これはのちの話ですが、昭和五十五年、星川教授が『食用植物』の中で、アピオスを取り上げると、アメリカの農学者たちは、忘れられた植物であるアピオスを再認識し、栽培化を始めたそうです。日本の学者がアメリカ人に、原産地のアピオスを思い出させたというのも、おもしろい話ですね。
メディアで話題注目、美容・健康・ダイエット、女性に人気の美味しい野菜《稲敷野菜ランド・稲敷アピオス最新情報》
コメント
この記事をはてなブックマークに追加