セビッチのつぶやき

主にバス釣りに関する日記
傲慢な弟子を持つ師匠の独り言・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年 11月1日(火)釣行

2016-11-02 23:57:34 | 釣り
今年のシーズンラスト釣行となる。

成田プロの利根川ガイドにおいて、利根川本流の新規ポイントを開拓したことにより釣りに対する期待感が高まった。

特にハードルアーの釣りが中心であったので、新たな釣りで釣りにのぞむ気持ちになれたことは大きい。

そしてすぐに影響を受けやすいタロー先輩は「クランキング派」に即座に転身した。

この変わり身の早さは仕事にも生かされ、すでに幹部候補の筆頭になっている所以である。

10月29日の土曜にも釣行していたが、その時もこの新規ポイントのポテンシャルの高さはいかんなく発揮された。

ただし、自分の腕の未熟さで1本しかとれなかっただけである。

今回も当然ファーストポイントはその新規の通称利根セブンとなる。

6時前に現地に到着すると雨が本降りとなっている。

タロー先輩からいただいた撥水ゼロのエセゴアテックスを着込み、いざポイントへ。

うーん、水位も下がっており流れもない・・・。

それよりも気になるのはベイトが見えないことだ。

前回好調だったトップでやり始める。最初はポンパドールjrを投入。

前回はバイトがあり、フッキングさせたのになぜかばれてしまった。

そして今回もしばらく流していると、バゴッ!というバイトともにポンパドールが消しこまれる。

この瞬間がとんでもない興奮をもたらす。引き味的にはまずまずのサイズ感。

しかし前回同様、ハズれてしまった・・・。

持っているポンパドールはナマズ用なのでバーブレスなのだが、それが原因なのか・・・。

今回はきっちりとロッドを立ててテンションを緩めずにやっていたのだが。

またしても無念のバラシである。

その後、ビンクシーに変えても反応がないので、クランキング開始である。

ここ最近の殊勲ルアーであるダイビングチェリーを投入。



するとテトラの脇からこの場で魚影が濃いスモールがすぐさまヒット。

やはりここは必ず反応がある。

しかしこの後は反応が得られなかったので、これまた新規ポイントの通称利根ビフへ移動するも反応なし。

横利根川で時間をつぶして、お昼へ。

シーズンラスト釣行の際は必ず鰻で締めることにしている。

今回は佐原にあるうなぎ割烹山田というところで食べることに。



鰻重ジカ乗せの上¥3,900を食す。

これはうまい。また食べに来ようと思える自分好みの味であった。

午後は前川をまわり、待望の夕方になってから再び利根ビフへ。

水位はほぼ変わってなく、流れもない。

これはあまり期待できる状況ではないが、岸寄りにベイトが見えることが唯一の救いだ。

ベイトが見えればビンクシーの登場である。

すると時たまテトラ帯の上でベイトが何かに追われているボイルのような感じが起きるのを発見。

そこにビンクシーを投入し、スプラッシュと止めを繰り返していく。

すると止めていた時にシュポッとビンクシーが消しこまれる。



サイズは38cmであったが、この時期でトップで釣れるだけでも十分満足である。

そして最後に利根セブンへ。

しかしこちらの方が状況は悪い感じだ。朝と同様ベイトが見えない。

前回の夕方はトップで3バイトあったが、今回は一度もなし。

結局レンジを下げて信頼のダイビングチェリーを投入。



今度はラージの30upを釣り上げ、17:00に終了。

シーズン終盤でこの新規ポイントの開拓になったわけだが、来年が非常に楽しみである。

ここ最近、釣りに対する情熱や楽しみを失っていただけにこの場所を知ることができたことは大きい。

来年は久しぶりにワクワクする期待感を抱きながら釣り場に行けることになるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 10月20日(... | トップ | 2017年 3月11日(土)バス初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。