S嬢のPC日記

2004年から2007年まで更新を続けていました。
現在ははてなで活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「悪徳商法」の記憶をたどる

2005年10月05日 | つぶやき
ご注意、ご注意」という記事がRinRin王国にピックアップされてました。
最近、巧妙な言い方で個人情報を聞き出そうとする電話が子ども絡みで増えていている(S嬢のPC日記)
 昔から有る様な気もする。
[関連]
ベネッセのダイレクトメールは住民基本台帳を元にしていた
RinRin王国 10月3日
この「昔から」というところ。
何らかの形で入手した個人情報を元に直接本人に、という営業は多かったと思いますが、第三者から「特定の人間の個人情報を聞き出す」というのは少なくとも’90年代後半以降なんではないかと思うのですが。
巧妙に「第三者を結果的に情報流出の加害者にする」という部分に悪質さを感じます。

’70年代後半から’80年代くらいの時期だったと思うのですが、直接子ども宛にかかってくる電話という「商法」がありました。
「子ども」と言っても、中学生や高校生がターゲット。
子どもの名前を言って親に取り次がせ、子どもに直接営業する、学習教材会社という存在があった。
電話をかけてくる人間は社名等を言わずに、山田とか鈴木とか佐藤とか、名前を言うわけです。
電話に出てみれば、なんともノリの軽い方が、なんやかやとべたべたと、友達口調で話し出します。
社名だのなんだのと言いませんから、休日の外出等で不在時にかかってきたとき、親がこんな言い方をします。
「今日、山田さんって人から電話があったわよ」
こうした電話が頻繁にかかってきたために、親は「どちらの山田さんですか?」という聞き方が日常になる。
携帯電話など無い時代ですから、「子ども」は非常に迷惑したものです。

’80年代に入ると、英会話教材の営業が盛んになります。
英会話教材、登録制のサークル、ショッピングに還元付きのカード、格安の海外旅行ツアー参加の会員権、これを全部含めて会員制で30万くらいってのが相場だったと思う。
20代、つまりクレジット契約ができる年齢層がターゲットだったと思います。
「おめでとうございます、○○があなたに当たりました」とかなんとかと、ある日突然、電話がかかってくる。
そして、その「当選した賞品」を取りに来いと言う。
うっかりのこのこ取りに行くと、営業が始まる。
登録制のサークルだの、還元付きのカード、格安の海外旅行ツアー参加の会員権など、あって無いようなもので、結局高い教材だけを買わされるというように聞いていた記憶があります。
「賞品」自体が何だったのか、これは周囲に引っかかった人がいなかったので、実際のところはわかりません。

さてさて。
わたしは’80年代初めに西新宿の住友生命ビルの51階の喫茶店でバイトをしていた時期がありました。
この住友生命ビル、こうしたうさんくさい英会話教材会社のひとつが入っており、この「おめでとうございます」で呼び出した相手との「面談場所」にこの喫茶店が使われていました。
女性エモノには、優しそうなよくしゃべる、いわゆる「場持ちのいい二枚目」の男性が営業し、男性エモノには女性の営業が付いていました。
この女性の営業、どの方もなんというか同じような服装で、きちっとスーツなんですが、なぜか胸元があいている。
というか、胸元のあきが大きい。
角度により、きっちりと谷間が見えるようになっていました、女性営業の方全て。
男性エモノに商品の説明をしながら、微妙に、その谷間が見える角度を作るんですよね、相手に向かって。
男性エモノは、たいがい、おどおどと顔を上げない。
テーブルに広げられた「紙」と「胸」しか見ていませんでした。
そして、この「顔を上げない」パターンは、たいがい「ご成約」コースでした。
この商法、のちに「デート商法」として発展していくことになる。
わたしが見ていた光景は、その「先駆け」の頃だったのでしょうね。

*参考リンク
 悪徳商法・詐欺一覧
コメント (9)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 働かされるサービス | トップ | リンク通知のあるニュースサ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LSTY)
2005-10-06 11:12:02
いいなあ、都会は。

ただで谷間が見られて。



え?タダじゃねえの?
Unknown (S嬢)
2005-10-06 11:42:44
タダだよ、

傍観者の従業員は。

「角度の計算」も知ってたし。



わたしは別に他人の谷間には興味も無いけど、しょっちゅう来てたのにこの営業の人たちの顔は全然覚えなかった。

つまりわたしも「顔」より「谷間」しか覚えてなかったってことだと思う。

社名も領収書切ってた割には覚えなかった。

4人席が25卓だったかのでかい店で、従業員同士で

「3番、谷間来たよ」

「あ、じゃ2人客ね」

とか言ってた。
Unknown (あをまる)
2005-10-07 00:28:53
デート商法、十年くらい前に流行ったなぁ、と思い出しました。

馴れ馴れしい口調で「友人の卒業アルバムを見て君の写真が可愛かったから好きになった、是非会って話したい」とか、、。

どう考えてもアルバムの写真で惚れられる程可愛くはなかった上集団写真の私はぼさーっと上向いててボタンの穴のように鼻孔が写りこんでいた事はよく憶えていたのですぐ見破って切りました。

その数年後友人に「卒業アルバムを見たという知らない男の人が会いたいって、、どうしよう!!」と、相談されたので結構ポピュラーな手口なのかな?と;



デート商法、今でもあるんでしょうか?
unknown (ピーちゃ♪)
2005-10-07 12:46:02
喫茶店ならお茶代(相手のも)負担ですね。

TAKOさんのようなテクを使えば別でしょうけど、、(^ ^;)



相手の事務所に行けばタダで、しかも複数拝めます。

ただ、美人とデート気分に浸るなら喫茶店かなー。。



尤も、何度も行きたいとは思わないですけど。。

断った時の冷たい態度でヘコんでしまうんです、私。

はじめまして (いしかわ)
2005-10-07 13:16:15
とってもタイムリーな話題でしてので、TB入れさせていただきました。
まあまあ (S嬢)
2005-10-07 14:25:13
あをまるさんにピーちゃ♪さん、

これはこれは、お久しぶりです。

なんか、すごいものになってるんですねえ、「デート商法」。

わたしが見ていた時代は、まだまだ先駆けで、生やさしいものですね。

ちなみに、たいがいこの喫茶店で頼むものは、コーヒー、紅茶、せいぜいジュース程度でしたが、全部会社持ちでした。

たまにいましたよ、スペシャルパフェを頼んで谷間眺めて楽しんで、契約失敗の方。

ピーちゃ♪さんは、この時だったら、このクチだたかも。



ああ、そういえば、わたしにもこのバイト先に来ていた会社から電話があったことがありまして。

「わたし○○でバイトしてるので、お宅の社員の方はよくお会いしてますから、あなたとも会ったことがあるかもしれませんね」って言ったら、早々に電話切られてしまいました。

客としてこの会社の奢りでパフェ食ってみたかったです。



PS:あをまるさん、gooにブログ開いたのね。
いしかわさま (S嬢)
2005-10-07 14:28:31
えっ~っと、そのぉ。

タイムリー?

わたしが入れたのは「20年ほど前」の話だと思うのですが、タイムリー?
タイムリーとは、、 (ピーちゃ♪)
2005-10-07 16:47:18
私も言えませんねー。

喫茶店プチデートは10年近く前になるし、事務所に呼ばれたのも2~3年前。



うーん、パフェなんか頼まないですよぉ。

制約していれば経費が出たのでしょうけど。。

そもそも経費であっても、年頃の女性に奢ってもらったことなんかないし。。(^_^;)



谷間だけでなく、お顔もスタイルもしっかり拝んでますよぉ。(自爆) あ、座ったらおみ足は拝めないか。(笑)

いずれにしろヴィジュアルはあまり記憶にないんですよねー。

雑談はちょっと覚えてるけど、、メインはおしゃべりの方なので。。ホンマカイ?

Unknown (S嬢)
2005-10-07 18:16:14
2~3年前なら、まだ「タイムリー」?



>うーん、パフェなんか頼まないですよぉ。



注文取りに行くと、営業の人がエモノに「コーヒー?紅茶?」って聞く。

つまり、暗に「それが選択肢だよ」と。

ここで「メニュー見せてください」と言った豪傑が記憶の中に。

営業がイヤな顔をした。

もしかしたら、ここからペースが崩れて「ご成約不能」になったのかも。



>年頃の女性に奢ってもらったことなんかないし。。(^_^;)



え? じゃ奢る?

(って、年頃じゃね~よ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デート商法の女 (ぽんすブログ)
【悪徳商法・詐欺について】 ・友人・知人を使い「既知の信頼感」を悪用して騙すのがマルチ商法。 ・異性
新宿住友ビル (行政書士メール相談日記)
最近のメール相談いくつかを元にいろいろ調べていましたら、タイトルのビルに 集中的にずら~っと立ち並ぶ?一段の相談対象企業があります。 以下のリストそのものは他所からの転載ですが、当事務所に寄せられた相談例以上に これだけの不穏な?会社があるようですね。  
懺悔 (無題ドキュメント)
S嬢のPC日記:「悪徳商法」の記憶をたどる ’80年代に入ると、英会話教材の営業が盛んになります。 英会話教材、登録制のサークル、ショッピングに還元付きのカード、格安の海外旅行ツアー参加の会員権、これを全部含めて会員制で30万くらいってのが相場だったと思う