姫路城英語ガイドのひとりごと

姫路城英語ボランティアガイドでの出来事や姫路城のあれこれを綴ります。

菱の門その3 ー背面攻撃ー

2017年06月11日 | 作事
菱の門は池田時代の華麗な正門です。でも、それは平時のことであり、防城戦に於いては一見ひ弱に見えるこの門が実は重要な役目を果たします。



菱の門の大きな扉を打ち破った攻城側は次に目の前にある「いの門」を突破しようとします。しかしながら、菱の門は大きな扉を打ち破られただけで攻撃された後でも櫓門として残っている筈です。しかも、この門の2階へ入る入口は1階からではなく西の丸から入るのです。下の絵は菱の門を裏側から見たところです。



「城郭建築の至宝 姫路城」 萩原一義編著 より



従って、菱の門を突破したと思った直後、西の丸から多数の兵士が菱の門の2階に入り背面から攻城側を攻撃するのです。菱の門の裏側を見て下さい。



城内側にもかかわらず、窓の格子が漆喰を塗り籠めてあります。
白漆喰の格子はこちらをどうぞ。
窓の違いはこちらをどうぞ。

姫路城最強の「ぬの門」でさえ裏側(城内側)の窓は白漆喰ではありません。



だから、菱の門は背面攻撃を意識した門だと三左衛門は推理しています。
さらに、最初の写真で分かるように三国壕があるため、攻城側は兵を散開させることが出来なく固まって「いの門」に向かうことになります。すると、西の丸の土塀の狭間から側面攻撃(横矢)を受けることになります。そして、菱の門から背面攻撃!挟み撃ちなんです。

平時は御殿への正門。そして、戦時は背面攻撃の重要な門というのが三左衛門の考えです。
ただし、本多時代以降は「桐の一門」が御殿への正門だったと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度姫路城英語ボランティアガイド募集

2017年05月14日 | VEGA


平成28年度VEGAの1年間のガイド回数は遂に2000回を超え、2064回となり、案内客累計数は119,000人となりました。日本語のシルバーガイドさんにはおよびませんが、姫路市に於いては他の英語ボランティアグループはもちろん日本語によるボランティアガイドグループよりもガイド回数は多いと自負しています。

5年前と比べて案内客数は約2.5倍になっていますが、会員数は約40名とほとんど変わっていません。転勤や健康上の理由で退会される人がいるからです。そこで増加する外国人観光客に対応するため、今年も新入会員を募集しますのでふるってご応募ください。なお、新入会員募集にあたり、私達は有料の姫路城英語ボランティア養成講座等を開いていません。また、そういう養成講座等とは一切関係がありません。ご注意下さい。研修は1次試験合格後、すべて姫路城内にて行います。
参考までに昨年度入会された女性会員(半年間でガイド回数19回)のコメントを紹介します。Facebook の記事から引用しました。
あなたも姫路城英語ボランティアガイドを始めませんか?

「今朝は春の眩しい陽射しに誘われて、姫路城へ行ってきました。
NYに住むアメリカ人とコロンビア人の若いカップルをご案内しました。
おふたりとも弁護士さんです。
私がこれまでガイドさせていただいた外国人旅行者は、弁護士、医者、教師の確率が大変高いのですが、
裕福で、自由になる時間があり、異国の文化に興味を持たれる教養がある、ということでしょうね。
彼らは大変マナーがよく、話していてとても心地良いのです。
豊かな人生を送られている方々と過ごす2時間余りの時間は、とても楽しくて素晴らしい時間となります。
ツアーが終わった時には、私自身にエネルギーが満ち溢れ、幸せな気分に包まれて、しばらく顔がにやけてしまいます。
姫路城ボランティア英語ガイド、
本当に素晴らしい活動に携われてありがたいです✨」


平成29年度 姫路城ボランティア外国語ガイド 募集要領


姫路城外国語ガイド協会(VEGA)は、姫路城に見学に来られた外国の方々を外国語でガイドするボランティア 活動(無料)を行っていますが、この度平成 29 年度の新入会員(英語)を募集します。

1. 応募資格
(1) 満 20 歳以上であること
(2) 外国語(英語)は英検準1級同等の能力があること
(3) 日本史は高校卒業程度の知識があること

2. 申込期間、方法
6 月 1 日(木)~6 月30日(金)(必着)まで
往復はがき往信用に住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、電話番号、返信用宛名面に住所・氏名記入 の上、姫路城外国語ガイド協会(VEGA)までお送りください。
〒670-0012 姫路市本町 68 番地 姫路城管理事務所内
姫路城外国語ガイド協会(VEGA) TEL 079―285―1146 FAX 079―222―6050

3. 選考方法
(1)1次試験(英語、日本史に関する筆記試験)
 日時 7 月 16 日(日) 受付 午前 9 時 30 分~10 時
 試験 午前 10 時~12 時
 場所 姫路城内迎賓館  受験料500 円を申受けます。

(2)2次試験(実地試験)
1次試験合格者には所定の城内研修を行った後、2次試験を行い、最終合格者を決定します。
 日時 9 月10 日(日) 10 時~12 時 (変更の可能性あり)
 場所 姫路城内

姫路城外国語ガイド協会(VEGA)は昭和 59 年に設立し、これまで世界 150ヶ国、10 万人以上の方々に姫路城を案内し、現在 44 名(英語 43 名、中国語 2 名、韓国語 2 名)で活動



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菱の門その2

2017年05月05日 | 作事
菱の門は豪華で優雅な門ではありますが、守りの備えも抜かりがありません。



手前には高麗門はありませんが、ご覧のように通路を屈折させた枡形となっています。
門の前の石垣と土塀(この写真からは見えませんが)が効果的です。
優雅な格子窓や華頭窓も漆喰を塗られた雨戸を開くと鉄砲を撃つ窓になります。
また、頭上には塵(ちり)落としと言われる石落としがあります。
ちょっと見にくいですが、金網の部分です。鳥が入ってこないように今は金網で塞いでいるのかもしれません。



それでもなお「ぬの門」に比べると三左衛門にはひ弱に感じます。
こちらは珍しい2重の櫓門で、上からも下からも攻撃できます。さらに扉は鉄板で覆われ姫路城最強の門と言っていいでしょう。
ちなみに、現存する2重の櫓門は姫路城の「ぬの門」と「水五門」だけです。



「菱の門」はご覧のように防御が薄い様に思われますが、だったら「菱の門」の役目は何なのでしょうか?
ヒントは菱の門特別公開にありました。
今回の特別公開では外側から向かって左側の部屋(門番所)に入る事ができました。



入った正面の壁がなんと石垣です。



注目はその左側の窓です。



反対側から見ると



特別公開の看板にあるようにこの部屋は門番所です。
この窓から通行人をチェックするのです。
「菱の門」は平時にはこのように閉じられ、脇戸から通行するようになっていたと思われます。



反対側から見ると



私達お城好きは門や櫓を見ると、ついついどのような防御の仕組みになっているのかと考えてしまいますが、門本来の役目を考えると、通行人のチェックなんですね。御殿へ出入りする人を確認していたのです。もちろん城主や客人も通ったでしょう。その時は大きな扉が開かれたかもしれません。防御は薄いかもしれませんが、格式の高い「菱の門」は御殿の正門なのです。
なんと単純な結論!前回の最初に「これは姫路城の正門と言うべき……」と書いてあるではないかと言うツッコミが聞こえてきそうです(^^;
でも、今回門番がどのように登城者をチェックしていたのか推測ができて、三左衛門は大きな収穫だったと思っていますし、これからは堂々と Main Gate と説明できるようになりました。

ところが、「菱の門」はまだ他の役割があります。それは次回。Don't miss it

当サイトの画像等の無断転載転用はご遠慮ください










コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

菱の門その1

2017年04月23日 | 作事


これは姫路城の正門と言うべき菱の門です。三左衛門はパリの凱旋門と違ってシンメトリーではないこの門が大好きです。



正月にはこの門だけ写真のような正月飾りが付けられます。
そして、ガイドブックには必ず木製の花菱、黒漆、飾金具付きの格子窓、華頭窓、白漆喰の庇付き出格子窓の説明があり、
桃山時代の優雅で豪華な雰囲気を醸し出してあると書かれてあります。
姫路城は白漆喰総塗籠で、土蔵のような造りです。にもかかわらず、
この門の壁をよく見ると柱や貫、そして長押などの形が見てとれます。
天守や櫓の壁を見て下さい。柱の形は分からないでしょう。防火のため厚く、厚く壁を塗ってあるのです。
天守も同じです。
但し、大天守最上階だけは菱の門と同じ作りです。この写真は乾小天守最上階から撮った写真ですが、大天守最上階の壁をよく見て下さい。柱や長押の形が分かるでしょう。



ご存じのように大天守最上階は他の階と違って天井が張ってあったり、釘隠しの色が金色だったりで御殿風に作ってあります。だから、姫路城にあっては大天守が一番格式が高く、その次は菱の門だと言われています。

でも、なんかおかしいと三左衛門はずっと思っていました。菱の門は単に見せるための門なのか?
それが特別公開でその謎が解けたような気がしました。それは次回で。お楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の姫路城

2017年02月12日 | その他
これは修理前の姫路城天守の写真です。
小天守の方が白っぽく見えます。



これは修理直後の写真です。
まさしく白すぎ城。





そして、これが現在の姫路城天守です。




今回の修理ではレッカノンという名の防カビ剤を塗布されたのですが、残念ながら修理前の色に戻りつつあります。そろそろ汚れが付き出し、カビも生え始めたようです。



ところが、先日突然白すぎ城に戻りました。
そう姫路では珍しく雪が積もったのです。カメラを抱えて飛んで行きました。




小天守の屋根も白くなり文字通り白すぎ城です。
滅多にないチャンスでした。

















当サイトの画像等の無断転載転用はご遠慮ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加