姫路城英語ガイドのひとりごと

姫路城英語ボランティアガイドでの出来事や姫路城のあれこれを綴ります。

菱の門その1

2017年04月23日 | 作事


これは姫路城の正門と言うべき菱の門です。三左衛門はパリの凱旋門と違ってシンメトリーではないこの門が大好きです。



正月にはこの門だけ写真のような正月飾りが付けられます。
そして、ガイドブックには必ず木製の花菱、黒漆、飾金具付きの格子窓、華頭窓、白漆喰の庇付き出格子窓の説明があり、
桃山時代の優雅で豪華な雰囲気を醸し出してあると書かれてあります。
姫路城は白漆喰総塗籠で、土蔵のような造りです。にもかかわらず、
この門の壁をよく見ると柱や貫、そして長押などの形が見てとれます。
天守や櫓の壁を見て下さい。柱の形は分からないでしょう。防火のため厚く、厚く壁を塗ってあるのです。
天守も同じです。
但し、大天守最上階だけは菱の門と同じ作りです。この写真は乾小天守最上階から撮った写真ですが、大天守最上階の壁をよく見て下さい。柱や長押の形が分かるでしょう。



ご存じのように大天守最上階は他の階と違って天井が張ってあったり、釘隠しの色が金色だったりで御殿風に作ってあります。だから、姫路城にあっては大天守が一番格式が高く、その次は菱の門だと言われています。

でも、なんかおかしいと三左衛門はずっと思っていました。菱の門は単に見せるための門なのか?
それが特別公開でその謎が解けたような気がしました。それは次回で。お楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の姫路城

2017年02月12日 | その他
これは修理前の姫路城天守の写真です。
小天守の方が白っぽく見えます。



これは修理直後の写真です。
まさしく白すぎ城。





そして、これが現在の姫路城天守です。




今回の修理ではレッカノンという名の防カビ剤を塗布されたのですが、残念ながら修理前の色に戻りつつあります。そろそろ汚れが付き出し、カビも生え始めたようです。



ところが、先日突然白すぎ城に戻りました。
そう姫路では珍しく雪が積もったのです。カメラを抱えて飛んで行きました。




小天守の屋根も白くなり文字通り白すぎ城です。
滅多にないチャンスでした。

















当サイトの画像等の無断転載転用はご遠慮ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

姫路城ナイトアドベンチャー

2016年12月18日 | その他


姫路城ナイトアドベンチャーに行って来ました。
3Dプロジェクションマッピングがそのウリだったのですが、三左衛門はそれよりも暗闇に包まれた、もしくは、ライトアップされた姫路城を見るのが楽しみでした。
初めて夜桜会に行った時、菱の門から見た天守は本当に素晴らしくその場で立ち尽くしてしまいました。その感動が忘れられなく、当時は持っていなかった一眼レフを抱えて登城しました。



プロジェクションマッピングそのものは綺麗かつ迫力がありました。とりわけ三国堀では水面にも映り素晴らしかったです。



でも、三左衛門はプロジェクションよりもお城を撮りに来ていたので、プロジェクションのお菊さんよりも暗闇のお菊井戸を撮りたかったです(;_;)



三脚禁止が大きく掲示されていたせいか、一眼レフを持った人もほとんどいませんでした。夜桜会ではアマチュアカメラマンが大勢来ていたのとは全く違っていました。
英語ガイドの仲間がこんなことを言っていました。
「プロジェクションなんかは大阪城とかコンクリートの天守ですれば良い。」

で、三左衛門が撮った写真はこんな具合です。
もっともっと色々な場所で撮りたかったのに、残念でした。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「はの門」その2

2016年10月10日 | 作事
さて、前回の続きです。
まずこの写真を見て下さい。



これは姫路城内において、大天守に次いで格式の高い建物と言われる「菱の門」の鏡柱(正面の主柱)です。通常鏡柱は太くて長い長方形の一木ですが、菱の門の鏡柱は一木ではありません。数本の角柱を束ねたもので表面をケヤキの板で張り付けた集成材です。そのため、板の継ぎ目を隠すために筋金を打ちつけてあります。では、なぜ一木を使わなかったのでしょうか?それは関ヶ原の戦い以降大材の入手が難しかったからです。

一方、こちらは「はの門」の鏡柱です。



ご覧の通り、筋金もなく一木です。
さらに、控え柱の表面にも注目して下さい。



ヤリガンナ、もしくはチョウナ仕上げと思われます。
さらに、さらに「はの門」は鯱瓦が揚げられていません。



姫路城で鯱瓦が揚げられていない櫓門は「はの門」と置塩城からの移築といわれる「との一門」、そして明治15年に櫓部分が焼失し、後復元した「備前門」だけです。備前門はよく判りませんが、「との一門」は明らかに古式です。

以上の鏡柱、チョウナ仕上げ、鯱瓦の事柄から「はの門」は秀吉時代のものだと三左衛門は考えています。すると、気になるのが秀吉時代の縄張りです。「ろの門」から「ほの門」への道筋は秀吉時代の縄張りとする説がありますがはたして・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「はの門」その1

2016年09月22日 | 作事


「はの門」は櫓門ではありますが、同様の「菱の門」や「ぬの門」と比べると見るからに貧弱で、ガイドブック等にも柱の礎石に使われている転用石のみが紹介されている場合が多いです。



でも、この門は「菱の門」の背面から「いの門」、「ろの門」の背面まで見通すことができるのでこの辺りの司令塔の役目をもった重要な門です。それ故細部をよく見ると色々なことが解ってきます。では、一つずつ見ていきましょう。

まず、この門はその荷重を石垣にかけず、柱で支えているということです。





これはどういうことでしょうか?
敵兵がこの門を攻めてきたらまず門扉を閉めます。
次に石垣を崩し、その石を利用して門を埋めてしまうのです。「はの門」は柱で支えられているので、たとえ石垣を崩しても倒れない構造になっているのです。
さらに注目は門の前の通路です。



門扉を破壊する時は通常長くて太い材木を多人数で抱えて門扉にぶつけるのですが、前の通路の奥行きが短いため長い材木が使えない仕組みになっています。

また万が一門を突破され、門の櫓部分に立て篭もったとしましょう。
そこからは天守群がまる見えです。



しかしながら、門の反対側と側面には窓がないのです。だから、攻め手側はたとえ「はの門」を攻略してもこの門を利用することができません。



以上が通常三左衛門が外国人相手に説明している内容です。転用石の話よりもこちらの方が興味深いでしょう?
さて、このブログを読んでいる日本人の皆さんにはもう少し詳しい説明を。
それは次回です。どうぞお楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加