姫路城英語ガイドのひとりごと

姫路城英語ボランティアガイドでの出来事や姫路城のあれこれを綴ります。

「はの門」その2

2016年10月10日 | 作事
さて、前回の続きです。
まずこの写真を見て下さい。



これは姫路城内において、大天守に次いで格式の高い建物と言われる「菱の門」の鏡柱(正面の主柱)です。通常鏡柱は太くて長い長方形の一木ですが、菱の門の鏡柱は一木ではありません。数本の角柱を束ねたもので表面をケヤキの板で張り付けた集成材です。そのため、板の継ぎ目を隠すために筋金を打ちつけてあります。では、なぜ一木を使わなかったのでしょうか?それは関ヶ原の戦い以降大材の入手が難しかったからです。

一方、こちらは「はの門」の鏡柱です。



ご覧の通り、筋金もなく一木です。
さらに、控え柱の表面にも注目して下さい。



ヤリガンナ、もしくはチョウナ仕上げと思われます。
さらに、さらに「はの門」は鯱瓦が揚げられていません。



姫路城で鯱瓦が揚げられていない櫓門は「はの門」と置塩城からの移築といわれる「との一門」、そして明治15年に櫓部分が焼失し、後復元した「備前門」だけです。備前門はよく判りませんが、「との一門」は明らかに古式です。

以上の鏡柱、チョウナ仕上げ、鯱瓦の事柄から「はの門」は秀吉時代のものだと三左衛門は考えています。すると、気になるのが秀吉時代の縄張りです。「ろの門」から「ほの門」への道筋は秀吉時代の縄張りとする説がありますがはたして・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「はの門」その1

2016年09月22日 | 作事


「はの門」は櫓門ではありますが、同様の「菱の門」や「ぬの門」と比べると見るからに貧弱で、ガイドブック等にも柱の礎石に使われている転用石のみが紹介されている場合が多いです。



でも、この門は「菱の門」の背面から「いの門」、「ろの門」の背面まで見通すことができるのでこの辺りの司令塔の役目をもった重要な門です。それ故細部をよく見ると色々なことが解ってきます。では、一つずつ見ていきましょう。

まず、この門はその荷重を石垣にかけず、柱で支えているということです。





これはどういうことでしょうか?
敵兵がこの門を攻めてきたらまず門扉を閉めます。
次に石垣を崩し、その石を利用して門を埋めてしまうのです。「はの門」は柱で支えられているので、たとえ石垣を崩しても倒れない構造になっているのです。
さらに注目は門の前の通路です。



門扉を破壊する時は通常長くて太い材木を多人数で抱えて門扉にぶつけるのですが、前の通路の奥行きが短いため長い材木が使えない仕組みになっています。

また万が一門を突破され、門の櫓部分に立て篭もったとしましょう。
そこからは天守群がまる見えです。



しかしながら、門の反対側と側面には窓がないのです。だから、攻め手側はたとえ「はの門」を攻略してもこの門を利用することができません。



以上が通常三左衛門が外国人相手に説明している内容です。転用石の話よりもこちらの方が興味深いでしょう?
さて、このブログを読んでいる日本人の皆さんにはもう少し詳しい説明を。
それは次回です。どうぞお楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度姫路城英語ボランティアガイド募集

2016年06月06日 | VEGA



昨年3月末に姫路城がグランドオープンしてからは、私達外国語ボランティアガイドは大忙しでした。
昨年度のガイド回数が過去最多の1,738回、盆正月を含め1日に約5回の案内を誰かがしております。
グランドオープンまでの5年間は氷河期でした。何時間待ってもガイドの申し込みがない。本当に辛かったです。
でも、この5年間は私達ボランティアガイドを鍛えてくれました。日に日に登城コースがかわるし、何よりも天守に入れない。何をどう説明するか、そして、天空の白鷺や天守に入るまでの行列を作っての長い間、何を話して興味をつなぐか、本当に勉強になりました。

グランドオープン後、当然の様に外国からのお客様が増えています。姫路城外国語ガイド協会(VEGA)も現在約40名の陣容になっていますがやはりガイドの数が足りません。そこで今年度も新入会員の募集を以下の通り行います。ふるって応募ください。なお、新入会員の募集に当たり、私達は有料の英語ボランティア養成講座等を開いていません。また、そういう養成講座とは一切関係がありません。ご注意ください。研修は1次試験合格後、姫路城内にて行います。


平成 28 年度姫路城ボランティア外国語ガイド募集要領 


姫路城外国語ガイド協会は、姫路城に見学に来られた外国の方々を外国語でガイドするボランティア 活動(無料)を行っていますが、この度平成 28 年度の新入会員(英語)を募集します。

1. 応募資格
(1) 満 20 歳以上であること
(2) 外国語(英語)は英検準1級同等の能力があること
(3) 日本史は高校卒業程度の知識があること
2. 申込期間、方法
6 月 4 日(土)~7 月 9日(土)(必着)まで
往復はがき往信用に住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、電話番号、返信用宛名面に住所・氏名記入 の上、姫路城外国語ガイド協会までお送りください。
〒670-0012 姫路市本町 68 番地 姫路城管理事務所内
姫路城外国語ガイド協会 TEL 079―285―1146 FAX 079―222―6050

3. 選考方法
(1)1次試験(英語、日本史に関する筆記試験)
● 日時 7 月 17 日(日) 受付 午前 9 時 30 分~10 時
● 試験 午前 10 時~12 時
● 場所 姫路城内迎賓館  受験料500 円を申受けます。

(2)2次試験(実地試験)
1次試験合格者には所定の城内研修を行った後、2次試験を行い、最終合格者を決定します。
● 日時 9 月 4 日(日) 10 時~12 時 (変更の可能性あり)
● 場所 姫路城内

姫路城外国語ガイド協会は昭和 59 年に設立し、これまで世界 150ヶ国、10 万人以上の方々に姫路城を案内し、現在 44 名(英語 43 名、中国語 2 名、韓国語 2 名)で活動しています。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

訪問者20万人突破

2016年05月31日 | その他


ブログを開設してちょうど8年。遂に総訪問者数が20万人を突破しました。
10万人を突破したのが、5年目。ということは、3年間でのべ10万人の訪問者がありました。1日に約100名、感謝です。

前回も同様の事を書きましたが、よくぞここまで続いたものだと自分ながら感心しております。と同時に20年以上も飽きずに英語ガイドを続けているものだとこれまた感心してしまいます。ここまで来るともう簡単には止められません。

10万人の時はこのブログを書籍化、とは言っても身内だけでの書籍化ですが、是非したいと書きました。でもまだ実現していません。焦らずそのうちにと夢見ています。それよりネタ探しに大変です(^^;;

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地震と城

2016年05月03日 | 普請
お城好きにとって熊本地震は本当に衝撃的な出来事でした。
熊本にもお城仲間がいます。その人自身が大変な目にあっているのに地震直後に
「祈るのみ頑張って熊本城」とfacebookへ書かれた文字を見て涙が出そうになりました。







今回の地震で三左衛門にとって意外だったのは建物の被害より石垣の被害のほうが大きかったことです。阪神大震災でのたくさんの倒れた家々を見るにつけ、天守や櫓の心配をしていたのですが、考えてみたら一般家屋や社寺には石垣はありません。城の建物は石垣の上に建っているのです。ある意味石垣のほうが重要だ。それなのに、以前こういう記事を三左衛門は書きました。

「姫路城は地震に強いのか、弱いのか」

>大地震で大破の懸念があるとされてきた世界遺産の国宝姫路城大天守は、震度6強の揺れにも耐え得ることが、姫路市教育委員会などの最近の調査で分かった。漆喰(しっくい)を塗り込めた城郭の壁が耐震に寄与。地盤も強固なためという。四百年前に築城された近世城郭建築の最高峰は、十分な耐震性も備えていることが証明された。

姫路城天守は十弁式定盤基礎という鉄筋コンクリート製の強固な基礎の上に建っています。昭和の大修理の時、地盤が弱い事が判明し岩盤まで掘り下げてコンクリートを打ったので、基礎はしかっりしているということでしょうか?



三左衛門にとって不思議でならないのは「なぜ、日本はセメントの技術が発達しなかったのか?」ということです。セメントの材料になる石灰岩もたくさんあるのに・・・

外国人に石垣を説明する時、セメントやモルタルは一切使われていないことを話すると驚かれます。そして、地震が起きても石が動くことによって崩れにくくなっていると付け加えます。けれど、熊本城の被害状況を見るとそれが正しいのかどうか判らなくなってきました。モルタルで固める方が強いのではと思ってしまいます。ただ言えるのは今回の地震は尋常ではない大地震だったということです。それにしてもこの尋常でない大地震に耐えた400年前の宇土櫓は驚異です。



ついでに付け加えると、地震の時天守の瓦が多量に落ちたのは重い瓦を落として建物を守る仕組みだという都市伝説?がネットのあちらこちらで見られますが、如何なものでしょうか?瓦が多く落ちたのはコンクリート製の復元天守で、宇土櫓の瓦はあまり落ちていないように思われます。そして、櫓そのものの被害も少ないように見えます。ちなみに、姫路城の瓦は落ちないように漆喰で塗り固めてあります。

熊本城の写真は熊本城公式facebookから引用しました。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加