姫路城英語ガイドのひとりごと

姫路城英語ボランティアガイドでの出来事や姫路城のあれこれを綴ります。

地震と城

2016年05月03日 | 普請
お城好きにとって熊本地震は本当に衝撃的な出来事でした。
熊本にもお城仲間がいます。その人自身が大変な目にあっているのに地震直後に
「祈るのみ頑張って熊本城」とfacebookへ書かれた文字を見て涙が出そうになりました。







今回の地震で三左衛門にとって意外だったのは建物の被害より石垣の被害のほうが大きかったことです。阪神大震災でのたくさんの倒れた家々を見るにつけ、天守や櫓の心配をしていたのですが、考えてみたら一般家屋や社寺には石垣はありません。城の建物は石垣の上に建っているのです。ある意味石垣のほうが重要だ。それなのに、以前こういう記事を三左衛門は書きました。

「姫路城は地震に強いのか、弱いのか」

>大地震で大破の懸念があるとされてきた世界遺産の国宝姫路城大天守は、震度6強の揺れにも耐え得ることが、姫路市教育委員会などの最近の調査で分かった。漆喰(しっくい)を塗り込めた城郭の壁が耐震に寄与。地盤も強固なためという。四百年前に築城された近世城郭建築の最高峰は、十分な耐震性も備えていることが証明された。

姫路城天守は十弁式定盤基礎という鉄筋コンクリート製の強固な基礎の上に建っています。昭和の大修理の時、地盤が弱い事が判明し岩盤まで掘り下げてコンクリートを打ったので、基礎はしかっりしているということでしょうか?



三左衛門にとって不思議でならないのは「なぜ、日本はセメントの技術が発達しなかったのか?」ということです。セメントの材料になる石灰岩もたくさんあるのに・・・

外国人に石垣を説明する時、セメントやモルタルは一切使われていないことを話すると驚かれます。そして、地震が起きても石が動くことによって崩れにくくなっていると付け加えます。けれど、熊本城の被害状況を見るとそれが正しいのかどうか判らなくなってきました。モルタルで固める方が強いのではと思ってしまいます。ただ言えるのは今回の地震は尋常ではない大地震だったということです。それにしてもこの尋常でない大地震に耐えた400年前の宇土櫓は驚異です。



ついでに付け加えると、地震の時天守の瓦が多量に落ちたのは重い瓦を落として建物を守る仕組みだという都市伝説?がネットのあちらこちらで見られますが、如何なものでしょうか?瓦が多く落ちたのはコンクリート製の復元天守で、宇土櫓の瓦はあまり落ちていないように思われます。そして、櫓そのものの被害も少ないように見えます。ちなみに、姫路城の瓦は落ちないように漆喰で塗り固めてあります。

熊本城の写真は熊本城公式facebookから引用しました。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

現存と復元

2016年01月04日 | 作事
前々回の話の続きです。



この土塀は変だと思いませんか?なんと狭間が無いのです。大手門から入って真正面に見えるのに、未だかつて外国人からも日本人からも質問を受けたことが無いのも変ですが・・

何故なんでしょう?

実はこの土塀の場所には4棟の渡櫓と隅櫓があったのですが、明治の修理の時に建物を復元していません。つまり築城当時通りには復元しなかったのです。費用や手間等の諸問題もあったでしょう。でも、この土塀は現存ではない事を一目で判るようにするため、狭間を造らなかったのではないかと三左衛門は推理しています。

天守群にも東西の心柱と同じ様に現存と復元が一目で判る箇所があります。



手斧仕上げの床板が現存で、台鉋仕上げが復元です。
写真でよく判るでしょう。
この説明すると手でなでる外国人も多いです。



これは特別公開の時のみ見学できるロの渡櫓です。
ここでは見事な現存の床板が見られます。



そして、この白木の部分は以前紹介した耐震補強材の覆いです。
なぜこんな色にしたのか、もっと黒っぽい色にしたら良かったのにと尋ねたところ、有識者の人達の強い意見だったそうです。現存と復元は一目で判るようにしなければならないと。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年初日の出

2016年01月01日 | その他
皆さん、明けましておめでとうございます。
恒例の初日の出撮影に男山へ行ってきました。今年はグランドオープンしたためか、例年の3倍ぐらいの人出で、場所取りに困りました。そこで背伸びをしながら撮った写真がこれです。








初日の出を取り上げたのはこれで4回目です。例年は初日の出を拝んだ後、天守最上階にある刑部神社に初詣へ行くのですが、今年は8時半開城でもう既にたくさんの人が並んでいたため初登城は諦めました。
それで昨年名古山から撮った日の出をアップします。2度撮りに行ったのですが、こちらも苦労して撮影した写真です〜。












当サイトの画像等の転載転用はご遠慮ください


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東大柱と西大柱の形が違うのはなぜ?

2015年12月13日 | 作事
先日、マレーシアからのお客さんにこんな質問をされました。
「東の大柱(心柱)は丸い円柱なのに、西の大柱(心柱)は四角い角柱なのはなぜ?」
ガイドの皆さんならどう答えるでしょうか?




三左衛門はこう答えました。
「東はオリジナルで、西は取り替えたものだから」
えっどういうこと?と思われる方もいるかもしれません。

以前、VEGA の研修旅行で備中松山城へ行った時のことです。
姫路城とそっくりの土塀が松山城にはあるのですが、土塀の途中に境目がハッキリ見えます。
ガイドさんの説明によると、重文である現存土塀と復元土塀をそこで見分けられるようにしてあるそうです。



やっぱりそうかと、三左衛門は大変納得しました。
姫路城の大柱(心柱)も同じ。現存と復元が一目で分かるようにしてあるのです。東の大柱はもともと丸いからそのままで、西の大柱は取り替えたことが直ぐ分かるように四角に加工したのです。

注目は地下の東大柱と西大柱です。両方とも同じ様な形状で四角いです。それは東大柱も地階から1階の途中までの部分は継いであるからです。つまり現存(オリジナル)ではないからです。東大柱の継いであるところから下は四角、そこから上は丸いのが写真から分かるでしょうか?









もともとの東大柱の根本はこんな円柱状でした。




では、取り替える前の西の大柱はどんな形状だったのでしょうか?
ご覧のように円柱状です。だから、角柱にしたのは上記の理由だと三左衛門は推理しています。
(但し、上柱が角柱なのは少し気になるところです(^_^;))





さて、この話はもう少し続きます。VEGA のメンバーにはネタバレかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鷺城のシラサギ

2015年11月08日 | その他


姫路城は別名白鷺城と言われますが、シラサギと姫路城が一緒に写っている写真を見たことがありません。
それでは私、三左衛門がと頑張って撮りました。





白鷺城の名前の由来は白漆喰で塗られた城壁の美しさから来ていると言われていますが、もともとシラサギが多く住んでいたからとも言われています。実際、城西側から北側にかけての通称「原始林」には多くのシラサギが住んでいます。ちなみにこの「原始林」を primeval forest と英訳して説明しているガイドがいましたがこれは可笑しいでしょう(^_^;)



但し、このシラサギ達はいつもそこに住んでいるのではなく、年によって移動します。少し前までは隣りの護国神社に居ました。そして、写真の場所にはゴイサギやアオサギがたくさん居ました。城内の三国堀でよく見かけるのはこのアオサギです。



グレーなのになぜアオサギと呼ぶかはこのコメント欄をご覧ください。

年末になって現れるのがユリカモメです。



そして、極めつけが三の丸で撮ったこのタカです。畏怖堂々して他の鳥を寄せ付けません。



残念ながら、このタカは姫路城周辺に住んでいるタカではありません。鷹匠が「天空の白鷺」より放ったタカでした。
見えますでしょうか?



以上小ネタ集でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加