腱鞘炎日記

腱鞘炎生活もいつの間にか22年目!!
のんびりと付き合っていきます。

2日間お仕事してダウンして1日休んで1日お仕事してまたお休みです。

2017-03-28 20:32:46 | ギター
今日定休日ですからね。
お仕事サボっている訳では無いのです。
お仕事行かなくて良いのは幸せですなあ。


注文した青木君用の象牙サドルが今日届きました。
寸法を伝えてから5日間で到着
送料込で4000円でお釣りが来ます。
安いですがいつも仕上がりの良いサドルが出来上がります。
今まで付いていたサドルは高過ぎたので注文したサドルは1.5mm下げています。

さっそく交換です。



弦高は適正になり弾きやすくなりました。
音色もそこそこ良くなっています。
ペコペコした抜けたような音質も少し改善されています。
高音の歪もなくなりました。

弦の感触が柔らかくなり過ぎて音量が下がってしまいましたので象牙の弦留チップ装着です。

まだまだ柔らかすぎるので弦を太い物に張り替えです。
カンティーガクリスタルの赤→青

右指に掛る負担が少し大きくなりましたが音量が出てきましたし音も太くなっています。
とりあえずこれで良いかな????


近々実践で青木君を使ってみます。


昨日のお仕事中のお昼ご飯です。




退院後初スリランカカレー!!!
鹿島田のジャンゴでキーマカレーランチです。
色々と混ぜながら食べます。
キーマカレーバカうみゃです!!!
スリランカカレーは美味しくて健康的なのです。
幸せだあ。。。。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

青木君の目覚め

2017-03-26 19:31:36 | ギター
お仕事復帰しました。

でもすぐにダウンです。
今日はお仕事お休みしてしまった。。。
だってお腹が痛いんだもん。(←子供????)


さて先週届いたちょっと変なギター「青木君」が少しづつ目覚めてきています。




届いた時は音量はあるけれども鳴り(反応)が悪くて音が歪んでいるギターでした。
数日間弾いているうちに少しづつ鳴りが良くなって来ています。
鳴りが良くなると無理に弦に圧力を加える必要が無くなるので音色も改善されてきています。

まだハイポジションの音は鳴り切らずに歪んでいます。
もしかしたらサドルが高過ぎるのかも?
現状かなり弦高が高くなっています。
左の押えも辛い。。。。

今よりも1.5mm下げた象牙サドルをオーダーしちゃいました。

さらにもうしばらく弾いたら本格的に修理に出す予定です。
いったい修理代にどれだけ掛るのやら。。。。。


音色・音質面では他のギターと比べてしまうと物足りない青木君です。
それでも修理に出して使ってみようと思っています。
青木君は元々アマチュアの女性のために作られたギターで小ぶりで軽くて柔らかいギターなのです。
弦の感触が柔らかい割には音量がしっかりとあります。
右指に掛る負担がとても少ないのです。
青木君は無理せずに弾けるギターです。
そのためアンドーヴァーで習った事を実践練習するのにとても良いのです。
青木君を弾きながら狂ったボディマップの修正をしています。
そうすると他のギターに持ち替えた時にも良い効果がでています。
右指の巻き込みが減っています。

ジストニア対策ギターとして今まで使ったギターの中でも青木君は突出した効果が出ています。
音質・音色面がもう少し改善されたらさらに良いのですがねえ。。。。


名器と言われる楽器を弾きこなせる人から見るとチープで量産ギターと大差無いギタ-だと思うのですが、ジストニア持ちの私にはお金を掛けて修理する価値のあるギターなのです。

こんな楽器に当たってしまう事があるから〇フオクを常にチェックしちゃったりするんだよなあ。。。。
そろそろ控えないとねえ。


お仕事復帰しても太っています。



鶴見のアムラパーリーで退院後初の北インド料理
ちょっと贅沢にタンドリーチキン津k次のランチです。
それでも900円でお釣りが来ます。
そしてバカうみゃです。
ナンがむちゃくちゃうみゃーのですう。


そして



巨大唐揚げてんこ盛り!!!
鶴見区駒岡のまる屋さんで定番の唐揚げ定食。
熱々ジューシーでばかうまです。


入院太り+通常運転太りでたぶん過去最高体重になっているなあ。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また変な物が家に届く。。。。

2017-03-22 17:20:38 | ギター
もうすぐ社会復帰です。
体の方はそこそこな状態が続いていますが、、、、

また仕事のストレスにまみれた毎日に戻るのかと思うと憂鬱ですなあ。


手術後に動かなくなってしまった右指ですが、柔らかくて弾きやすいはずの長沢トーレスも杉の横尾ギターも鳴らせない状態です。
指の不調が酷いと普通のギターが弾けなくなるのです。
そんな状態でも古い量産ギターだと弦の感触が柔らかくて何とか弾けます。
でもねえ、、、古い量産ギターは音がねえ、、、、、
音質がボケているし音量も出ない。
音質が明快で音量のある量産ギターだとやっぱりジストニアの症状が出て弾けない。


それなりの音で弦がぶよぶよのギターが欲しい。
力木がファンブレーシングでは無く横棒だけの「19世紀ギター的内部構造」或は「昭和な時代の演歌系量産ギター的内部構造」のギターがあると良いのですがねえ。。。。。


そしてまた変な物が昨日家に届きました。

またか、、、、、、

またヤフオクで落札していました。





19世紀ギター風のブリッジのギターです。





ヘッドの形状が特徴的です。


写真を見て「昭和演歌的ギター」だろうと想像していたのですが、ちょっとタイプの違うギターでした。

弦の感触は物凄く柔らかい。
これは想像していた通りです。
このギターだと今の指の状態でも問題無く弾けてしまいます。
内部構造はまだ詳しくはチェックしていませんがファンブレーシングが基本になっているようです。
表面板を厚めにして力木を薄くしている????
反応は良く無いですねえ。
やや鈍い反応で音質も鈍い。
音色もややギスギスとしたペコペコ音であまり心地よく無い。
音量はあります。
抜けてしまった様な音でボコンボコン鳴ります。
想像していた1ギターと違い性格は新構造ギターに近い。


ただし面白いギターですなあ。
音色・音質に関してはギリギリですが弾きやすさと音量はかなり良いです。

表面板が割れています。
写真で見て判断していたよりも深刻な状態かなあ??
2本のクラックの間を指で押すとペコペコ凹みます。
しかもクラックには瞬間接着剤を流し込んである様です。
ネックは順反りしていますがとりあえずこれは問題無く弾けます。


青木保之と言う人の作ったギターです。
ネットで色々と調べてみましたが、以前北海道に工房があった事は分かりましたが現在製作を続けているのかは不明です。

面白いギターなので表面板の割れは直して弾いていこうとは思うのですが、名器なギターと言う訳では無いのであまり修理代は掛けたくない。
どこかにこの手のギターも気楽に修理してくれる工房は無いですかねえ???


それはそれとして。。。

昨日のお昼ご飯





地元のオサレなオープンカフェでお昼ご飯。
ランチセットの前菜の盛り合わせと生ビール
ぷっはあ。。
うみゃあ。




スモークチキンとバジルのトマトピザ
こりはバカうみゃです。
しかし、、
まだ体力が回復していないため半分位食べた所で顎が疲れてしまった。
美味しいから完食です。

明日一日だりゃだりゃしたら明後日からお仕事復帰です。
大丈夫かなあ。。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにお出かけしてきました。

2017-03-21 14:49:45 | ギター
久しぶりの外出です。

入院・手術から帰って来て以来、家からの外出は片道1~3分程度のコンビニとスーパーのみでした。
電車に乗るのは退院のために隣駅から地下鉄に乗って以来です。


術後はさすがに体調が悪くてねえ。
手術を甘く見ていた。
切られたお腹の痛みはたいした事が無く日常生活では咳をした時以外は酷く痛む事はありません。
何故かギターを弾いているとズキズキと痛みはじめます。
水が溜まって来ているのか少し膨れて来ています。
お腹を庇って変な態勢で過ごしているため背中痛が酷い。


「痛み」よりも問題なのが体力の低下と回復力の低下です。
これはかなりまずい状態です。
1時間程度ギターを弾いただけでダメージが溜まって右指の巻き込みが起きて弾けなくなる。
一晩寝てもダメージが回復せずにギターを弾くとダメージが重ね塗りされていく。

体力を回復させようと肉とか揚げ物とかカレーとかたくさん食べています。
食べた物が燃焼する事無く体内へ脂肪として蓄積されている????
ほとんど体動かしていないからねえ。。。。


そんな状態でもギターを弾きに出かけてしまうのです。
多少無理してでもね。
楽しまないとね。


久しぶりにこのギターを使います。







ボグスラウ・テリキスです。
腰抜けな弦の感触と鈍い発音が我慢できずに普段はまったく弾く気が起きないギターなのですが、、、、
今の体力で音を出せるギターはテリキスだけなのです。
柔らかくて弾きやすい長沢トーレスや杉の横尾ギターでも鳴らす事が出来ません。
相性の悪いテリキスに頼って弾いてみる事にしました。


練習会に向かう前に地元でお昼ご飯
久しぶりに外食だあ!!!




ビール解禁です。
ぷっはあ!!!うみゃあ!!!




狂気の価格設定のカレーショップでポークカレー
値段が高過ぎると文句を言いながらも度々食べに行くって事はお気に入りなんでしょうねえ。
カレーとビールでほぼ2000円です。
欧風スープカレーにスパイスの粉が浮遊している不思議な美味しさ。


それでは鶴川に向かいます。
ポプリホールのリハーサル室で練習会




動かなくなってしまった指でとりあえずギターを弾きます。
色々と崩れまくっています。
もう2度とテリキスは弾かない!!!
などとギターのせいにしたりします。


飲まずにやってられるかあ!!!
ってな訳で結局打ち上げにも参加して来ました。

ビールを沢山飲むと術後の経過が良くなるのです!!!(←ウソコケ!!!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりで歩いて電車乗って帰ってきました。

2017-03-16 14:29:06 | ギター
たいした事は無い手術だったって事でしょうが。。。。


半世紀以上生きてきて初の入院手術を経験して来ました。


仕事のストレスから解放されて、若くてかわいい看護師さん達から優しくしてもらって、清潔で快適な病室で食って寝て過ごす日々!!
天国ですなあ。
そんな入院生活のはずでした。


月曜日の午後から入院です。


病院の近くでお昼ご飯。



入院前に最後のビールを飲みたい所でしたがさすがに我慢してマンゴーラッシーにしました。



センター南のジャイプールでチキンカレーセット
真面目な北インドのカレーです。
ナンもうみゃい!!!


受付で入院の手続きをして病室へ行って着替えて1FのコンビニにTパンツを買いにくと、後はベットに寝っころがるだけでとほとんどする事がない。
ちなみにTパンツは手術用のおむつみたいな物です。
年老いた自分を自覚してちょっとだけ悲しい気分になるパンツです。

看護師さんが現れて問診したり熱測ったり血圧測ったりします。
中村静香の顔の看護師さんはいないし、別に誰も私に優しくなんてしてくれない。。。。
まだ元気なので当たり前なのです。


暇なのです。
暇過ぎて篠田節子の「ブラックボックス」を読み切ってしまった。
絶望的な読後感の小説だった。
何故篠田節子を選んでしまった????

スマホの充電が切れてしまったが病室のコンセントは使用禁止です。
電池式の充電池を使うがまったく充電が進まずこれで外界と完全に接点が無くなった。


晩ごはんはまったく期待していませんでした。
病院食なんて不味くて臭くて食べるのに苦労すると思っていました。



あれ????
意外といけます。
もっと不味い飯出す定食屋なんて世の中沢山あります。
量も結構十分ですし値段を考えたら十分すぎる美味しさです。
しかし、、、ビールがのみてえええええええええ。


夜は普通に寝ます。
ベットが硬くて背中が痛くて熟睡出来んなあ。
イヤホン付けてテレビみながら時間が過ぎるのを待ちます。

朝になっても暇過ぎるのは変わらない。

朝ごはん食べてちょこっとだけ検診してもらうと後はやることが無い。
もう2~3冊ダークな内容の小説でも持ってくれば良かった。


手術は1時からなので12時半にはTパンツに履き替えて待機です。

1次を過ぎても中々看護師さんが呼びに来ない。
結局2時になってようやっと手術室へ、、、、、

手術台に上で丸まって背中にズブズブと長い針を刺されて麻酔薬を注入されます。(←見えてないから妄想が入っています。)
冷たい物とかチクチクするものとかを肌に当てて麻酔が効いた事が確認出来たら手術開始です。
下半身は麻痺していますが感覚は残っています。
触られれば分かります。
上半身は元気な状態です。

見えてないからいつお腹切られたのか分からない。
突然にお腹の当たりの酷い鈍痛が始まります。
お腹の中をごそごそとされて物凄く鈍く痛い。。。。
力任せに腸をひばっり出されている様な痛さです。(←本当は腸は引っ張り出されていないと思う)
こりは我慢するのが大変な痛みです。
歯を食いしばって我慢です。
あまりに痛くて上半身が硬直してしまっています。
「もう止めてくれええええええええええええええええ」と叫びたいのを必死に我慢。
すみません。。。
たいした事無いと思って手術をナメテました。
反省していますから許して下さい。

麻酔医の先生が「痛いですか」って聞いてくれた。
「痛いです。とてつもなく痛いです。酷く痛いです。たまらなく痛いのです。」と呻き声で答えた。
点滴で麻酔の追加???
少し楽になったけど永遠に続くお腹のごそごそに伴って酷い鈍痛は続きます。

突然の事です。
唐突に手術室に音楽が流れ始めます。
マニアックなアニソン???あるいは地下アイドルの歌????
聞いた事も無いオタクな歌が手術室に流れ続けます。

もう無理。。。。。
などと絶望していたら手術している外科の先生から「後は縫うだけですから」って声を掛けられました。
いつの間にか変なアニソンみたいな音楽は聞こえなくなっていた。
あれは幻聴だったのか???


手術室から病室に戻るベットの上で看護師さん達の会話に答えていたら「もう意識がはっきりしてる」などと驚かれた。
下半身だけの部分麻酔だから意識があるのは当然です。
病室に戻ったのは4時半です。
結局2時間位の間はお腹をごそごそされていたのかあ!!!


その後病室には物凄い美人の看護師さんやら若くて可愛い看護師さんやらフレンドリーな看護師さんが次々と現れて優しい声を掛けてくれます。
若い女の子に優しくしてもらえる事なんてこんな時でも無ければ無いのですが、手術直後で痛みに堪えるのが精一杯で別に楽しく無い。


麻酔が効いているから下半身が麻痺していて動けない。
切ったお腹も痛いけれども、手術中に上半身を硬直させて堪えていたため背中が痛くてベットに寝ているのが凄く辛い。
麻酔が切れてきても体中に色々と計器やら点滴やら尿管やらを付けられていて身動きがとれない。。。
夜はほとんど寝れずに朝になるまでの時間が長くて辛かった。

絶望的な夜が明けて朝になって計器類やら尿管やら点滴の針やらを外してもらって少し楽になる。
昼過ぎには頑張れば一人で起き上がって歩ける様になった。


そして今日の朝10時にはあっさり退院です。

しかし、、、
中村静香似の看護師さんがいなかったのは残念ですなあ。。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加