さくらのユーホ

住吉さくらと申します。ユーフォニアムのための音楽などを作曲しています。よろしければ聴いてみて下さい。

女子高生の妊娠

2017-07-15 19:28:42 | 人権
こんばんは。住吉さくらです。
先程、ある人のブログを見て、血の気が失せました。妊娠した女子高生の殆どが無理矢理中絶か退学をさせられて、退学したら普通の仕事にも就けず、性風俗で働くか死ぬかしか無いという内容のものです。
女の子の親の皆さん。想像してみて下さい。自分の愛娘が性風俗で働いているところや苦しんだ末自ら命を絶ってしまう所を。自分の愛娘が望まない相手と望まない性的関係を持たされている所を。あるいは自分自身がその立場になっている所を・・・。
私には耐えられません。もしそんな事が現実になってしまったら、私は間違いなく自ら命を絶ちます。愛娘への謝罪を残して。守ってあげられなかった事を謝罪して・・・。
娘を守る事は親の義務です。いや、それ以前にそうでなくても守るのが当たり前です。私なら守ります。何としてでも、私の全てを投げ出してでも。
妊娠しても、子育てしながら高校に行っている女性は、もの凄い努力をしています。尊敬されこそすれ、非難される筋合いは全くありません。子育てを全て女性に押し付けて楽している男性とは違います(全ての男性がそうだとは言っていません。)。
妊娠している女子生徒が学校に行く事も、女子生徒が子育てをしながら学校に行く事も、女子生徒本人以外の誰にも何の障害にもなりません。妊娠した女子生徒が学校の邪魔になるのであれば、障害を持っている子も学校の邪魔になります。「障害児学級」はあってはいけないという事になります。障害者は排除しないのに妊娠した女子生徒は排除するのは不公平です、不当です、差別です。
子育ては妊娠した方と妊娠させた方が協力してすればすむ事です。子育てにかかるお金などは家族で話し合って決めればいい事です。
女子生徒を妊娠させて、妊娠したら捨てる、子育てもしないなんて事はさせてはいけませんし、許してはいけません。妊娠させた方は必ず責任をとらなければいけません。それに男性が子育てしてもいいのです。女子生徒を妊娠させておきながら責任を女子生徒に押し付けるなんて事はさせてはいけませんし、許してもいけません。
教師や親たちは、「好奇の目で見られる」と言っているそうですが、それは教師や親だけです。私たちはそんな目では見ません。暖かく受け入れます。
他の生徒から好奇の目で見られるとしたら、教師や親がそうしているからです。妊娠させられる事を悪い事として教えているからです。
特に女性にとって妊娠、出産は夢ですから当然です。
好奇の目で見られるとしても、それはそんな目で見る方が悪いのです。そんな目で見ないようにさせるのも教師や親の仕事です。
高校生より上の人が妊娠したら祝福するのに、なんで高校生が妊娠したら罪人として扱うのですか?。
妊娠を祝福する事と好き勝手に妊娠する事を良しとする事は違います。
妊娠した女子生徒を退学させるのは、女子生徒の妊娠が男性や親、教師にとっての価値観に合わないからなだけです。
他人の権利を奪う権利なんて誰にもありません。
男性は女性を妊娠させても学校を退学させられる事はありません。それまで通り学校に行く事ができます。なのにこの国では、妊娠した少女には学校に行く権利すらありません。
女性の皆さん、悔しくありませんか?。私は悔しいです。
男性は女性を妊娠させても学校に行く事もできる。就職してたくさんお金をもらう事もできる。なのに女性は妊娠させられたら退学させられる。就職もできない。お金ももらえない。採用される事ができるのは性風俗だけ。それが嫌なら中絶させられる。
男性は好きな仕事をしてたくさんお金をもらえる。女性は死んでもしたく無いしごとをしないと生きる事すらできない。
どうですか?。
女性は男性ほど給料が高い仕事にはまず就けません。中卒や高校中退ならなおさらです。正社員なんて夢のまた夢です。私は高卒ですが、なかなか就職できませんでした。
それに病気で退職しなければいけない人もいます。実際に私がそうです。せっかくの正社員を辞めざるをえませんでした。
生きていく事なんてできません。子供がいればなおさらです。
どうですか?。これがまともだと思いますか?。
妊娠させた方がお金を払えばいいと思う人もいるでしょうが、それは違います。妊娠させられた女性には大きな傷が残されます。退学させられても中絶させられても女性には大きな傷が残されます。
もちろん出産しても中絶しても女性には体にも負担がかかります。
なのに男性は責任をとらなくていい。女性に責任を全部背負わせていい。
これを正しいと思いますか?。
個人的な事ですが、私だったら妊娠しても子育てしながらでも学校に行き続けます。たとえ私を妊娠させた方からの協力が無くてもです。何と言っても子供の為です。それに私がそうする事で、他の人にもより良く理解してもらえるかもしれません。
他の子が妊娠したとしても、私は優しく受け入れます。おめでたい事じゃないですか。それに妊娠している女子の助けになるなんて、自分にとってもこんな貴重な体験は他にまずありません。そういう体験をする事で、自分も成長できます。
男性は妊娠しないだけ。妊娠するのが女性なだけです。
妊娠するのが男性だったらどうですか?。性風俗で働くという選択肢すらありません。普通の仕事に就けなければ「妊娠=即死」という事です。
確かに男性には性風俗などで働くという選択肢はありません。ですが、女性は死んでもやりたくなくても他に仕事はありません。
「女は性風俗で働けるだけまし」と思う人には、生きる資格も権利もありません。
しかも妊娠させたのは男性です。仮に当事者の男女両者が望んで行った性交による妊娠だったとしても、男性にも責任はあります。なのに男性は退学させられない。学校に通う権利がある。
不公平です。不当です。差別です。
まして男性が女性の意思に反して性交を行い、女性を妊娠させたのであれば、責任は男性にだけあります。女性にはありません。
緊急避妊薬もいつ飲んでも効果があるわけではありません。性交を行った後、早く飲まないと妊娠してしまいます。
しかも緊急避妊薬を買うお金すら無い人もいます。望まない性交をさせられても、妊娠を止める事すらできない人もいるのです。
それでも女性が悪いのですか?。
それでも退学させますか?。
それでも仕事を、生きる権利を、女性の命を奪いますか?。
好き勝手に妊娠していいわけではありませんが、悪のは妊娠する事では無く、妊娠した少女とせっかく少女のおなかに宿った子供を排除する事です。
退学させるという事は少女を殺す事です。
中絶させるという事は赤ちゃんを殺す事です。
親にも大きな責任があります。
性に関して教えていなかった事、そして、妊娠させた方の親には息子を少女に妊娠させないように育てなかった罪、そして妊娠させられた方の親には娘を守らなかった罪があります。
なのに妊娠した娘を助けず、追い出す親がたくさんいます。
性に関して教えない事は大きい事です。私は学校でも性に関してはあまり教えられず、親からは性に関する情報は一切遮断されていました。同級生の女の子から教えてもらった事以外は殆ど何も知らず、もの凄い恐怖を感じた事を今でも覚えています。
私の同級生にも「できちゃった結婚」をした人もいます。
人ごとではありません。誰もが当事者になり得ます。
子供は親が勝手に作ったのです。
責任は親にあります。子供にはありません。
本当に娘を大切に思っているなら、親は何としてでも娘を助けます。娘を守ります。娘に妊娠なんてさせません。もしさせられたら、させた方とその親に対して激怒するのが当たり前です。「私たちの娘になんて事するの!」と。私ならそうします。そうなります。当然です。
娘を守らない親は娘を大切に想っていないのです。子育てなんてせいぜい仕事感覚です。
子供は親が守らなければいけません。
子供を守らない者に子供を作る資格も権利もありません。生きる資格も権利もありません。
子供を、娘を守らないのであれば子供を作ってはいけません。
子供にも命があり、心もあり、人生もあります。
子供を作るという事はそれら全てを作る事でもあります。
親はを自分の命に代えてでも全てに代えてでも何に代えてでも子供を守らなければなりません。
お母さんが学生の時に妊娠しなかったのなら、それは運が良かっただけです。教育も含めて誰かが助けてくれたからです。女性は妊娠する生き物です。
そして、もし自分のお母さんが、妊娠しながらも、子育てしながらも高校に行って、自分を育ててくれたのだとしてもお母さんに感謝しないのですか?。それでも中絶か退学しなければいけないと言うのですか?。
私には言えません。私は言いません。涙をながして感謝します。そして謝ります。そしてお母さんを幸せにする為に必死になって頑張ります。
親が子供に好かれないのであれば、それは親に責任があります。
子供は親が守らなければいけません。
もちろん学校、教師も子供を守らなければいけません。国や自治体も子供を守らなければいけません。
学校、親共に女性を退学させた場合や助けなかった場合は、厳重な刑事罰を与えなければいけません。そうでもしないと、悲劇は繰り返されます。これは命に関わる事です。
女性の皆さん。自分を、我が子を、女性の権利を守って下さい。
男性の皆さん。女性を、子供を、女性の命を、女性の権利を守る事に協力して下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の夢 | トップ | 涼宮ハルヒと長門有希 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人権」カテゴリの最新記事