酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

トナカイ観光牧場

2009-08-26 20:41:28 | 旅行記


トナカイ観光牧場のある幌延の町には
いたるところにトナカイモニュメントがある。



トナカイ観光牧場はものすごく広いのだけど、
寒い国のトナカイには暑いのか、
今はほんの一部の場所に少ししか出てきていなかった。




せっかく広い敷地なのに
こんなにはじっこに、みんな集まっているトナカイ。




あまり単独で歩いていないし、柵に近すぎるところにいるし、よく動くし、
なかなかベストショットを撮るのが難しいのだ。




ツノが無駄にでかい気がするのだけど、
こんな大きさのツノが必要なのだろうか?
どうみても邪魔そうなんだけど。




顔はロバっぽい。

毎日牛を見ていても思うけど、
牛とか馬とか、今回見たところではトナカイも含めて
みんな同じ系統で、近いんだな、ということがよくわかる。
なんだか似ている。




なんと、ツノまで、もわもわと毛が生えているのです。
超防寒対策。




観光客っぽく、エサを200円で買って、エサをやってみました。

さすが草食動物なので歯がとがっていなくて痛くないので、
手のひらから小さなエサをやっても安心。




気がモコモコのひつじさんもいました。
胴体とその他の部分がアンバランスで
「こういう形でいいんだっけ?」と思える不思議な生き物というかんじ。
この本体の模様のせいか?
小さい牛っぽい犬に無理やり毛皮を着せたようなかんじで
へんてこかわいかった。




ブタもいた。
ずっと地面の草を必死に食べていた。



なんだかやたらと悟ったおじいちゃんのような顔をしたヤギ。




レストランにて、トナカイバーガーを食べる。
トナカイ肉のハンバーガーだ。
味は、、うーん、ハンバーガーはやっぱりビーフだな、と思った。
ちょいとパサパサした肉だった。
しかし低カロリー高タンパクでヘルシーではあるのだそうだ。
まあ、そんなかんじの味ではある。



トナカイといえばサンタ、ということで
サンタの衣装を借りれる!。

園内には各種クリスマスソングが流れていて、
なんとなくスキー場っぽさがあった。




ここでは自生種は標高3,000~5,000Mのヒマラヤなどでしか見られないという
幻の花、ブルーポピーが見られるはずなのだけど
7月の見ごろを過ぎてしまっていたのでもう咲いていなかった。残念。
かわりに赤いポピーが見ごろであった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幌延探索 | トップ | 深地層研究センター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL