☆~Carefree Life~☆

HPの管理人 Sugaryが、日々の出来事から、趣味や宣伝まで勝手気ままに綴ります。

オクラ収穫~

2017-06-23 10:20:36 | 家庭菜園(プランター)

花が咲いて1週間くらいで収穫できる大きさになる…とか書いてありましたが、これがなかなか大きくならない。
まぁね、プランターですし。
今までもそうですが、自分が思い描く大きさにはなかなか到達しないので、いつも小さ目で収穫してます。
それに、目標の大きさまで待っていると、いつまでたってもその上にある蕾が大きくならないんですもん。
──という事で、5センチくらいで収穫しました。
いつも初収穫だけはコビトにさせてます。





ちっさ…(笑)
なんか、ししとうと同じくらいだわ
それでも、収穫は収穫ですからね。
ちまちまと溜めて、1回分の食卓には並ぶでしょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更に、オクラとはっさく(?)のその後…

2017-06-06 10:15:43 | 家庭菜園(プランター)

オクラは順調に成長してます
コビトが1年生の時に使っていた朝顔の支柱。
ちょうどいいとばかりに、旦那が設置しました(笑)

この形のものが12個くらいできていて、形は星形ではなく丸型なのでこのまま大きくなるのか~…とか思っていたら…。



──花だった(笑)

ま、普通はそうだわな
花が咲いて受粉してから実がなる。
当たり前だけど、実と同じ形だったので不意打ちでした(笑)

そして、問題ははっさくですよ。
あんなに立派になっちゃって、しかも新たな芽まで出てきちゃってさ…。
しょうがないから3つの苗を植え替えましたよ。
でも、拒否したにも拘らず種を植えたのは旦那だったので、「植え替えも旦那がしてよねー」と旦那任せにしたら…。
随分前に買ってあった固形肥料をた~んとあげてました。
今は液体肥料なので使う必要もなかったのですが、あるならあるだけ使うという男特有の性格ですから、肥料があったんなら使っちゃえと、入れたんだな、うん。
でも、小さな鉢植えでも5~6粒なのに20粒くらい入れていたので、流石にそれはダメだと肥料を撤去させました。

ところが…。
やっぱり、いらんかったな、あれは…。
数日経つと、次第に葉っぱが丸まってきて枯れてきました
とりあえず土を全部入れ替えてみましたが、枯れ具合は止まらず…。
しょうがないから枯れた葉っぱを切り落としました。

なんとも、残念な姿です…。
ま、もうこれは無理なので成長したらどこに植えるか…とか悩まなくていいんですけどね
それでも旦那は懲りずに「また植える」と言っているので困ったものです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この季節がやってきました…(T_T)

2017-05-14 12:15:58 | 日常生活

10ヶ月ほど前に書いた、スメルハラスメントの事。
とうとう、この季節がやってきました。
北風だった冬を超え、南風に変わってきたこの季節。
徐々に、あの匂いが部屋に入ってくることが増えました。
えぇ、“香り”なんて言いません。
もう、“匂い”ですよ。
まだ初期の段階なので朝から晩まで匂ってくることはありませんが、これから増えてくると思うと、憂鬱で仕方がありません。
因みに、その発症源がどこなのかは判明しましたが…。

──さて。
コビトが持ち帰ってくる給食袋。
家で洗濯をしても、なんかすごく臭いんです。
臭いと言っても、悪臭じゃなく柔軟剤だか消臭ビーズだか、あるいは洗剤だかの匂いです。
1週間給食当番として利用し、家に持ち帰って洗ったにも拘らず、我が家の柔軟剤を押しのけ、1週間前の匂いが取れないってどいうこと!?
一緒に洗った洗濯物は我が家の柔軟剤の香りがうっすら残っていますが、この給食袋や白衣たちだけが前の匂いのまんま。
コビトが使う月曜日がどれだけきついか、想像するだけで気持ち悪くなりそうです…。

香りを付けたい人もいれば、消臭目的で香りを選ぶ人もいるでしょうが、柔軟剤や洗剤会社は匂いでごまかさない消臭商品を開発してほしいし、香りを付けたい人は、ほんと微香にしてもらいたい…と切に願ってしまいます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな芽が!!

2017-05-13 09:13:00 | 家庭菜園(プランター)

2週間前に撮ったはっさく

昨日、ふと気付きました。




な、なんと…!















新たな芽が2本も出てる!!


4月に実家に行き、その庭にたわわに実ったみかんを沢山もらってきました。
そのみかんの種を、旦那とコビトが「種を植える~」と言い出して…。

「もうこれ以上増やさないでよ~」
「植えるだけ植えて、水やって液体肥料やって世話するのは私なんだから、これ以上増やすな~」

──と拒否したにも拘らず、「大丈夫、芽なんか出ないさ」と植えに行きました。
その時点ではオクラを作っているプランターには何も植わってなくて、そこに種を埋めたもんだと思っていたら、どうやら、水やりの場所を増やさない為、はっさくの鉢の中に埋めたらしい。
それから2週間ほど経っても何の兆候もなく、その存在をすっかり忘れていたのですが…。

まさかまさか…。
4/27日から2週間経ったときには、こんなに元気な芽が出ているとは!!

「案外、簡単に芽が出るもんだなー」

──と家族で驚いていました(笑)
いや、もちろん芽があれば普通に出るんでしょうけど、なんというか…花とか野菜はともかく「木」ってそう簡単に芽が出るとは思ってなかったのでねぇ~
結局、新しい鉢を追加して、植え替えましたよ。

何やってんだか…ここはマンションですよ??(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴマすり器

2017-05-03 09:21:21 | 日常生活

1人暮らしをした頃に使っていたゴマすり器は、特に何も思わなかったのですが…。
アナログ故に全然壊れず、ただただ汚れが目立ってくるだけので、もうそろそろ買い替えようか…と思ったのが結婚後の事。
その時から、このゴマすり器が不満で不満で…。
何が不満って、思っていた以上にすれないんですよ
ガッツリはさんでゴリゴリすっていた昔のゴマすり器に比べ、なんかカスカスというかスルスルというか…そんな感じで、回した回数に比べてすられたゴマの量が少ない、少ない…
これはダメだと、すぐに新しいのを買ったのですが、それもダメ。
100均でも、一応「メイド・イン・ジャパン」を選んで買ったのですが、それでも納得できない。
じゃぁ、ってんで、100均を諦め、普通の値段で買おうと探したら…。
これが、ないの!!
ジャ〇コにも、ア〇タにも…私が普段買い物に行く場所には、昔からよくある赤い色のゴマすり器がないんですよ。
あるのは、1000円近い自動ゴマすり器。
いやいや…ゴマすり器に1000円も出せません。
──ってか、アナログが壊れにくくていいんですよ。
今まで買った、あのすれないゴマすり器は白色でして、まぁ、色はそんなに関係ないのかな…と思っていたのですが、ここまで来ると、昔ながらのあの赤いゴマすり器が欲しくてたまりません。

そんな思いでこの数年ずーっと不満に思っていたら、ある日のテレビであの赤いゴマすり器を作っている会社を紹介していました。
それがなんと、名古屋市中村区!
な、なんだとー!?
そんな近くにあるのに、この辺のジャ〇コやア〇タで売ってないとな!?
じゃぁ、中村区の店に行けば普通に売ってるのか!?
──と旦那に話したところ、あっという間にネット検索してア〇ゾンで売っていることが判明しました。というより、他にもネットで売ってますがな。
それがこれ。



これよ、これ!!
──と2個も買ったわ(笑)
このパッケージがもう、なんというか昭和で和む(笑)
この写真では分かりにくいでしょうが、写真の色合いというかちょっとピンぼけしているような、そんな感じの写真が、今の私にとっては「昔からある、よくすれるゴマすり器」という確信を持たせてくれます。

そして、早速ゴマをすってみたら…。

「おぉ! すれてる! すれてるー!…っていう音がする!!」

──と、音だけで旦那も分かるくらい、長年待っていた“すっている感覚”が手に伝わってきました。

か、感動…。
そして、嬉しい…

この段階で、ゴマすり器に入っているゴマが残り少なくなっていたので、喜び勇んで新しいゴマを入れようと、ストック棚から取り出したら…。














ゴマ…。
皮むきのゴマを買ってた…
前にも一度、間違えてこの皮むきゴマを買ったことがあったんですが、すれないゴマすり器ですると、軽すぎるのか更にすれなかったんですよ…。
しかも、ゴマは皮が付いている方が美味しいので、それ以降は間違えないように気を付けて買っていたのに…。
よりによって、新しいゴマすり器ですろうという時に皮むきゴマを使う事になろうとは…

まぁ、流石というべきか、新しいゴマすり器ではちゃんとすれましたけどね…。
こうなったら、なんにでもゴマをすって、早くこの皮むきゴマをなくしてやる~。

何はともあれ、念願のゴマすり器が手に入ったので幸せです
もし、アナログのゴマすり器で不満があれば、コレをお勧めします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクラとはっさく(?)のその後

2017-04-29 09:00:24 | 家庭菜園(プランター)

毎年、今年は何を育てよう…と悩みます。
別に菜園が好きなわけではないんですけどね
ただ、この食べ物はどんな風に実がなるとか、どういう花が咲くのかとか…そういうのを子供が自然と目にできれば…と思ってのことです。
もちろん、花に全く興味がない私としては、鑑賞モノより食べられるもの、というのが一番ですが(笑)
プランターで育てるので、それに見合った野菜を考えるのですが…。
今年挑戦してみるのは、オクラ。

結構大きくなるから…という事で、苗は1つだけ。
プランターで育てるような野菜じゃないのかもしれませんが、コビトがオクラを刻んで味ポンと鰹節をかけて食べるのが大好きなので、一度挑戦してみようと…
どれだけ大きく治るのか、はたまた失敗するのか…こうご期待(笑)


そしてもうひとつ。
実家から貰ったサニーレタスの苗が、この暖かな気温と共に成長速度を早めました。
それに伴い、これも葉っぱの数が増えました。

ジャーン!


今年の1月はこんな感じでした。
それに比べると、葉が密集し始めましたよ。
このまま成長したらどーすんだ??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

途中経過

2017-03-14 10:19:14 | 宣伝(小説関係・長編)

長編小説第7章の裏話4話を書き終わりました。
A4用紙で6枚だったので、早かったですな…

次はえっと…第6話目です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドアって、持たないの…?

2017-03-01 09:28:42 | 日常生活

回転ずしに行った時の事。
当然ですが、週末の夕飯時は混みます。
普通に店頭で受付しても、酷い時は2時間くらい待ちますからねぇ…。
最近はネットで予約して、その時間の10分くらい前に着くようにしています。
今回はいつも行っているところとは違うお寿司屋さんに行きました。
いつもの店は自動ドアでしたが、そこは引き戸の手動扉。しかも、開けて手を放すとゆっくりと閉まるような扉です。
中はすごい人なので、入口の外(と言っても、外の冷気が入ってこないように入口と外の間に少しだけ囲まれた空間があります)で待っていました。
待っている間にも続々と人が入ってくるのですが、そこで気になることが…。

扉って、自分の後ろから人が入ってくる時、親切心で開けていたりしますが、この後ろの人の事を考えて開けておくという動作をしない人が、まぁ、多い!
家族で入っていくときに、父親、母親、子供、子供…と順番に入っていったのですが、父親が引き扉を開けて入ると、そのまま母親が扉の取っ手を持たずに入りました。後ろから自分の子供が来るのに、ですよ?
でもね、子供は中学か高校生くらいだったので、その時はまぁ、いいか…と思いました。自分で開ければいいわけですからね。
──で、母親が入った時は何とかスッと体が通るくらいの扉の開き加減だったのですが、その後に続いた子供(中学か高校生)が入る時は、絶対開けないと通れないよ、というくらいに閉めかかっていたんです。な・の・に、この子供、両手をポケットに入れたまま入ろうとする。
案の定、閉まってきた扉に肩をぶつけ、そこでようやく扉を開けました。でもまたそこからですよ。その後ろからもう一人の兄弟が続いているのに、開けた扉は自分一人が入れるくらいしか開けないの!

マジですか!?

いや、普通、後ろの兄弟が通れるくらいは開けるでしょうが?
もしくは、入れるかどうか後ろを振り返りつつ確認しません?

更に!
外国人の母親と幼児が入っていったのですが、ちょうど後ろから別の家族で、子供、父親、子供…の順番に入ってきたんです。
その子供は最初に入った子が小学生くらいで父親の後ろに続いた子供は幼稚園児くらい。
先に入った外国人の母親は、扉を持っていて後ろから来る小学生くらいの子供の為に開けておきました。
ここで、小学生の子供の親が「すいません」とか「ありがとう」とか言うか、もしくは態度ですぐに扉が閉まってこないように支えるのが普通だと思うのですが、なんの言葉も態度もないまま、当然のように入ってくる。更には、父親の後ろから続く幼稚園児がいるにもかかわらず、通れるかどうか振り返りもしなければ、扉を持つこともせず入っていったんです。
外国人の母親は、仕方なく最後まで扉を持っていましたが、少し「え?」というような顔をしていました。

なんか、すごく腹が立ってきました。
親の背を見て子供は育つと言いますが、こういう大人がこれから増えるんだと思うと、なんか、すごく嫌です…。
トイレのスリッパも、ドアの開閉も…もっと、あとから来る人の事を考えた行動をしてほしいなと思います。
私が子供の頃は、それが当然でしたけどねぇ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

途中経過

2017-02-20 09:54:20 | 宣伝(小説関係・長編)

あれから3ヵ月。
長編小説第7章の5話を書き終えました。
これでメイン5話+裏話3話の計8話です。
今は裏話4話目を書き始めていますが、3カ月以内に途中経過を書けれるよう頑張ります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップルパイ

2017-01-31 10:00:49 | 日常生活

正月前後に、沢山リンゴを貰いました。
美味しいりんごもあれば、その時期を超えてしまったリンゴもありましたが…共通して言えることは、美味しいままの状態でこんなにも食えん。
──という事(笑)
故に、アップルパイを作ることにしました。
面倒臭がり屋の私としては、なんていうのかなぁ…オーブンを扱う事が嫌でして、タネを担当することになりました。
ま、それでも切ることは面倒なんですがね…
それでも、タネは作りましたよ。

中華鍋でこんなにあったリンゴ。



これでもまだ、リンゴが余ってますけどね…。
煮詰めれば半分くらいにはなるだろうと思っていたら…。



フム…。
あんまり変わらんやないかーい!(笑)

まぁ、いいや…。
余れば、普通にリンゴジャムとして使うからな、うん。
──という事で、あとは旦那に任せました。
そして出来上がったのがコレ。


甘さ控えめで、美味しかったです
でも、ここで満足する旦那ではありません。

「次は、もっと美味しく上手にできる自信がある」

──と言う(笑)

結局、この1週間後に残りのリンゴを使って、またまたアップルパイを作ることになりました。
今度は、切って煮詰めて焼くまで、全工程を旦那が担当。
焼き立てを食べようぜ、という事で、うっかりすっかり写真を撮るのを忘れてましたが…。

えぇ、美味しかったです(笑)

因みに、アップルパイの上に塗ってあるジャムというかシロップというか…そういうのを塗りたいと思ったので、いったいそれは何ぞや…と考えたのですが、雰囲気でフッと頭に浮かんだのはアプリコットジャム。
スーパーに行ってジャムのコーナーに行ったら、アプリコットジャムがない…。
じゃぁ、何か代わりになるものは…と、目に入ったのが杏ジャム。

う~ん…これくらいかなぁ…。

──と思いつつ買っていったのですが。
あとで調べたら、「アプリコットジャム」は「杏ジャム」の事だった(笑)
間違えなくてよかったと思うと同時に、43年間で初めて知った事に「ほぉ~~~~!」となりました(笑)
お菓子作りに全く興味がない人間は、こんなものかしら…?
──いや、違う??(笑)

何にせよ、うまかったからいいや
旦那は、また違うパイが作りたいとか言っています…。
男の人って、やりだすと凝るからなぁ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加