Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『アーティスト』 (2011) / フランス

2012-03-30 | 洋画(あ行)


原題: THE ARTIST
監督: ミシェル・アザナヴィシウス
出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン
試写会場: よみうりホール

公式サイトはこちら。



第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選しました。
この日は間に合うかわからなかったので、確実に行ける友達に並んでもらっちゃいました。 (^_^;)
で、この試写の前日に、フィルセンの「現代フランス映画の肖像2」でジャン・デュジャルダン旧作の『何事も誓うなかれ』をあらかじめ鑑賞して予習しておきました。
感想はこちら。
『何事も誓うなかれ』の方が、ジャンは若い感じ。 『アーティスト』はオールバックの髪型だし、仕草もベテラン俳優っぽくしてましたね。
本作でジャンは一気にその名を世界に知らしめたことは間違いないので、貴重な過去作品の鑑賞ができてよかったです。
彼は表情豊かなのが持ち味ですね。



1927年のハリウッドから映画は始まる。
同年アメリカで世界初のトーキー『ジャズ・シンガー』が公開され、広く受け入れられた。 これがそれまでのサイレント映画からトーキーへの移り変わりと言われています。
本作はここを押さえておくととてもわかりやすくなります。
劇中でも、サイレント映画のジョージが時代の流れと共に取り残され、撮影所で知り合ったペピーはそれとは相反してトーキー映画のスターとなっていきます。
一時代を築いてきたスターにとって、自分の得意分野の凋落や、それに伴って落ちぶれていく自分を認めていくのは大変なこと。 
ペピーはそんなジョージをひたすらに尊敬し心配し、彼の力になれないかと願うのですが、過去の栄光や自分のプライドが捨てられないジョージはそんな彼女の想いも突っぱねてしまいます。
ひたむきな想いが通じた時、そして2人で新しい未来に一歩踏み出したとき、違う世界が開けてきて今まで見えなかったものが見えてくる。
そこと、サイレント映画からトーキーへの劇的な変化とをうまく重ね合わせ、映画史へのリスペクトもきちんとなされています。


サイレント映画、そして年度末で仕事帰りというめちゃくちゃ睡魔に襲われそうな条件がそろってたんだけど、これは全く寝ませんでした。
むしろセリフがない分映画に集中できることがメリットです。 次はどうなるか? と目を凝らしていないとわからなくなってしまうので。
言葉があふれている時代に、敢えて言葉のない映画を作ることの意味。 
それは情報過多の中で失ってしまった、大切なことを精一杯伝えようとする想いを今一度見直してみませんか? というメッセージのように思いました。
今は映画もいろいろな技術ばかりが先行してて、如何に快適に、如何に奇を衒うか、如何に目を引くか、ということが主流になりすぎているような気もして。 それも確かにいいんですけど、映画の原点に立ち返って考えると、とてもシンプルなものなのではないでしょうか。
本作は無声映画なのはもちろん、クレジットの作り方もとてもシンプルで、昔の何もなかった時代に苦労して1から映画を作り上げた人たちに対しての敬意を感じます。 
演技で魅せてくれたのは主役の2名のみならず、アギーちゃんもそうでした。 ほんと可愛い!
文句なしパルムドッグです。 アギーちゃんほんといいですよ〜(→しつこい。笑) 名犬です (*^_^*) 犬がここまでできるなんて・・・って、そこでも感動できます。


★★★★ 4/5点



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【現代フランス映画の肖像2】『... | TOP | コカレストラン @ 有楽町 »
最近の画像もっと見る

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
シンプル (まっつぁんこ)
2012-04-04 17:36:39
仕事はシンプルが一番なんだけどセンスないから複雑になってしまう。映画もシンプルで面白いのがベストだけどそれは難易度高いから技術に走ったり複雑にしてつまらなくなる。難しい。この作品が受賞するということがその証明。でも、ワタシはやっぱりややごちゃごちゃしたヘルプの方が面白かったです。(笑)
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-04-04 18:36:29
『ヘルプ』観に行かないとなーと思いつつ新学期でなかなか忙しいよ。
書いたらまたお邪魔します。

これ、トーキーの走りの感覚というか、あのころの映画ってものすごくシンプルだよね?
そういう風にわざと作ってるんだと思う訳。
それがかえって新鮮だったから受賞したように思うんだけどね。
Unknown (mig)
2012-04-04 19:49:37
roseさん
私も良かったは良かったしアカデミー賞とるのもいかにも赤会員好きそうな感じだしわかるけど、好みでいったらヒューゴの方が好きだな。
フランス映画っぽくなくて俳優もけっこうアメリカ人だしてましたね〜
内容もフランスよりハリウッド映画寄ってる感じしました〜
Unknown (KLY)
2012-04-04 22:25:45
映画の原点とはこういうことなんだなと。
もちろん現代の映画と比べても意味は無いし、それぞれ良さががあるけれど、 映画ってこういうものだったからこそ世界中で愛されたんじゃないかと思うんだよね。それを今に甦らせてくれたのが嬉しくて。昔の人がちょっと羨ましくなりましたよ。
逆にこういう映画愛に溢れた作品をフランス人に作られちゃうってのが、「それでいいのか?ハリウッド?」って感じ。本来これはハリウッドが作らなきゃだめでしょ〜。
migちゃん (rose_chocolat)
2012-04-06 07:22:29
これ無声映画らしくシンプルでしたね。 そういう意味じゃヒューゴの方が観てて単純にわくわくするとかそういうのはあったかも。

>内容もフランスよりハリウッド映画寄ってる感じ
単純な感じだからそこがウケたんでしょう。 アイデアの勝利かな。
KLYさん (rose_chocolat)
2012-04-06 07:48:38
満点でしたねー、最近少なかったから「おお!」って思ったよ。

原点を大事にしているからお話もシンプルでしたね。
そうそう、ハリウッドの話だからフランス映画とは思えない感じ。 でもまとめ方のスマートさなんかはフランス映画なのかなー。 余分なことがあまりなかったですね。
ハ〜イ! (マダム・ゴージャス)
2012-04-06 13:25:06
シロクロ映画好きです。って、チャップリンしか知らないんだけど。「英国王の〜」とか今回のとか、最近のアカデミー賞はエンタメ系から一歩引いてます? こういう映画を見ると、3Dなんていらないのかも。って思います。想像力こそキモではないかと。
マダム・ゴージャスさん (rose_chocolat)
2012-04-07 08:19:24
はい、私も3Dは眼が痛いので好きじゃないんです。
本来映画ってこんなにシンプルなものなんじゃないか、それにああだこうだと余計なものをくっつけないと満足できないのが今の観客なのかも。
映画としての芯がしっかりしていれば、無声だろうがモノクロだろうが、人の心をつかむことができると思いました。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-04-07 20:08:55
3Dの氾濫なんて、まさにメッセージ性の皆無の表れですよね。
そんな時代だからこそ、この映画が持つメッセージ性は素晴らしいの一言。
情報は多けりゃいいってもんじゃない!ということを久しぶりに映画から学んだ気がしましたよ。
■サイレント (えい)
2012-04-07 21:04:53
サイレントで描くということは、
自ら、その表現法を制約すること。
映像と編集で見せるわけですから、
その分、丁寧なつくりになりますよね。
もちろん、デジタルに頼っているところもあり、
すべてが昔のままとはいきませんでしたが、
それでも意欲的な試みだと思います。
こんにちは (ナドレック)
2012-04-08 02:28:18
パルム・ドッグ賞って企画そのものが傑作ですね:-)
本作はサイレント時代はなかったズーム等を排して、技術的にもサイレントに近づけているそうで、観ていてつくづく感心しました。
こんにちは (ituka)
2012-04-08 14:49:06
ワタシもたぶん寝るだろうなと思ってましたが
想像してたより惹き込まれ観てよかったです。
ジョージの危機に、助けを求めて疾走するアギーの姿に熱くなりました。
バス停のご婦人も殊勲賞をあげたいくらいです(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2012-04-08 15:50:00
映画の原点とも言うべき作品ですね。
この時代にあえてサイレント映画というのも逆に新鮮でした。
俳優陣も素敵でしたが、やはりアギーちゃんですよねぇ。
芸達者でとにかくキュート。ああ〜可愛すぎです。
私も感動しました〜♪ (テクテク)
2012-04-08 18:10:57
こんにちは

この映画は愛情に溢れた作品でしたね

ペピーが持つジョージへの愛情をはじめ
クリフトンが持つジョージへの愛情
アギーが持つジョージへの愛情
そしてジョージが持つ映画への愛情

すごくシンプルな物語でしたが
手法も含め人を想う気持ちなど
いろんな意味で原点に返る事の大切さを
スクリーンを通して観せてくれたように感じました
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:13:27
>情報は多けりゃいいってもんじゃない!
確かに。
昨今の映画事情に一石を投じたような作品でしたね。
えいさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:18:15
>サイレントで描くということは、
>自ら、その表現法を制約すること。
音がない分、丁寧に表現していかないといけませんし、
観る側も集中力が必要になってきますね。
音があった方が絶対的に映画としては有利なのに、敢えて無声映画を作った試みは素晴らしいです。
ナドレックさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:23:47
パルム・ドックはこれまで何匹か「お!」っていうわんこちゃんがいましたけど、
今回のアギーちゃんは間違いなく名演技。
あれどうやって指導したんでしょうねー。

技術も再現したということで、今とは違った苦労もありそうですけど、技術の進歩を振り返ることにもなったのでしょうね。
itukaさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:25:30
そうなんですよ、寝ませんでした(笑)
私映画は大体どっかで寝てしまうので、寝なかったということはすごいわよ(笑)

>バス停のご婦人
すっごくいい味出してましたよね〜。
確かに彼女がいなかったらこの作品、なかったですね。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:26:45
アギーちゃん! 走る走る、もうか〜わいいったらないです!
うちにもほしい。。。
コテンと横になってほしいな〜。 (*^_^*)
テクテクさん (rose_chocolat)
2012-04-09 01:27:59
本当に細やかな愛情がいっぱいでしたね。
今はこんなに周囲に愛を振りまく生活をみんながしてないと思うんですよ。
だから余計に沁みました。
こんばんは (ノラネコ)
2012-04-14 23:16:06
アギーちゃん凄い。
あんなん見たらイヌも欲しくなっちゃいます。
彼も含めて俳優達がとても魅力的。
言葉が無いからこそ、伝わるものもあるってサイレントの魅力を、現代に伝えた意義は大きいと想いますね。
まあ、同じネタはもう出来ないですが・・・
ノラネコさん (rose_chocolat)
2012-04-15 10:11:26
ほしいですよ〜アギーちゃん。
こちらの言うこと全部聞いてくれそう(笑)

>同じネタはもう出来ないですが・・・
このネタに気が付いた企画者の勝利ですよね。
サイレントの素晴らしさよりも、今は最先端
技術を追いかける方が熱心だもん。 
それに一石を投じた意義は大きいです。
Unknown (FREE TIME)
2012-04-15 21:55:25
こんばんは。
自分もアカデミー賞作品と言う事で劇場鑑賞しました。
3D、CG全盛の今だからこそ、映画の原点はサイレント、モノクロ映像である事を認識した作品でした。
あとワンちゃんがかわいかったですねw
FREE TIMEさん (rose_chocolat)
2012-04-16 09:47:18
私はどちらかというと3DやCGよりも、昔ながらのフィルムが好きなので、
そのさらに前の原点に帰るという試みはすごいと思いました。
アギーちゃん、どうやって指導したんでしょうね。 うまい。
こんにちは☆ (tomoco)
2012-04-20 10:03:16
roseさん、ジャンの旧作ってもうレビュー書いてたのね!
予告も見てきちゃった♪

これとはまた感じ違うね〜、
ヒュー・ジャックマンとジョン・キューザックを足して2で割った感じ?違うか?笑
コメディタッチ入ってて面白そう。
ああいう放蕩息子ってやっぱりフランス映画の方がはまるよね、俄然興味湧いてきちゃった(笑
tomocoさん (rose_chocolat)
2012-04-22 01:07:05
ジャン、旧作の方がよかったかな〜と。
やっぱり音がある方がどうしても楽しいし・・・。
でもいい役者さんでしょ? 
 (ボー)
2012-04-26 00:07:29
……(コメントもサイレント)

ってか、いいこと書けないのでっ。
ボーさん (rose_chocolat)
2012-04-26 08:56:50
山田くん、ボーさんに座布団1枚やって! ww
今日 (latifa)
2012-04-26 18:26:45
roseさん、こんにちは!
やっと今日見てきました。

ジャンさんの他の映画、見たことがないから、興味あるなー!
授賞式の時と、映画の中と、雰囲気違ったので・・。

ワンコ、可愛かったね〜。
彼が落ち目になって、一人になっても、常にワンコがいるから、悲壮感が若干和らいでた気がしたわ^^
latifaさん (rose_chocolat)
2012-04-27 10:09:53
ジャンの新作、今年かな? 出るそうですね。
旧作はなかなか機会がないですが、これから彼は出てくると思いますよ。

アギーちゃんすごいね。 どうやって撮影したのかなって思いました。
わたしも〜 (なな)
2012-06-29 21:57:12
仕事帰りのレイトショーで
サイレント映画なんて寝るんじゃないかと
相当身構えて行ったのですけど
全く退屈しなくて新鮮で
お話はベタなんだけどすごく面白かったです。
感動・・・というより物珍しさかな?
映画の面白さをまたひとつ知った感じもありましたね。
アギーちゃん・・・ある意味この映画の陰の主役かも。
何とも健気で可愛かったですね!
ななさん (rose_chocolat)
2012-06-29 22:02:49
モノクロ&サイレントの新作映画を劇場で観る機会って、後にも先にももうないかもしれませんよね。
現在のサイレント映画ということで、工夫もされていましたし、観るこちらは確かに珍しい。新鮮でしたね。
アギーちゃんとかどうやって演技つけたんでしょうね〜。 偉い偉いって言ってあげたくなりました(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

54 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優....
アーティスト/The Artist (LOVE Cinemas 調布)
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、...
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
『アーティスト』 (ラムの大通り)
(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...
「アーティスト」無声の声 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
アーティスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。...
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
アーティスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
映画「アーティスト」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
サイレント映画というのは、テレビでもチャプリンくらいしか多分観たことがない。いや、正確にいえば小学校へあがる前だから、5、6才の頃、祖父に連れられて1度か2度、時代劇ふうなものを観に行ったような記憶が
映画『アーティスト』 (健康への長い道)
 本年度アカデミー賞で作品賞他、最多5部門受賞。話題のフランスのモノクロ・サイレント映画です。でも、TOHOシネマズ梅田のシアター9は、空席の方が多いですね。 Story 1927年、サイレント映画全盛のハリウッド。大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジ...
アーティスト (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ ならずアメ...
アーティスト (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!
「アーティスト」声なき憧れの演技俳優スターの窮地を救った女優の憧れの人との声なき夢の共演 (オールマイティにコメンテート)
「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ〜(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...
劇場鑑賞「アーティスト」 (日々“是”精進! ver.A)
この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 58450...
『アーティスト』 (pure breath★マリーの映画館)
君と出会って、世界は再び色づきはじめる。 『アーティスト』 監督・脚本・編集・・・ミシェル・アザナヴィシウス 出演・・・ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロー....
アーティスト      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男優賞受賞のジャン・デュジャルダン(「ブルー・レクイエム」...
*アーティスト 感想* (★ Shaberiba )
全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
□『アーティスト』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:フランス映画、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン出演。
アーティスト (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『アーティスト』  (2011) 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 その後オーディシ...
アーティスト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920〜30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2〜3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
アーティスト (食はすべての源なり。)
アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? サイレント映画の大スターだったジョージは、トーキー映画の到来と共...
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
「アーチィスト」 モノクロ・サイレントという以外は平凡 (ももたろうサブライ)
監督 ミシェル・アザナヴィシウス
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
芸術家は死なず〜『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
『アーティスト』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
 『アーティスト/ The Artist 』 今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。 オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、 期待は高まる。     1927年のハリウッドで、サイレ
『アーティスト』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
「アーティスト」 (或る日の出来事)
このくらいの話って「並」じゃないですか?
「アーティスト」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く面白かったのだけれど、予告や宣伝で2人のタップのシーンを見せてしまってるせいで・・・
「アーティスト」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Artist」 2011 フランス/ベルギー ジョージ・ヴァレンティンにジャン・デュジャルダン。 ペピー・ミラーにベレニス・ベジョ。 アル・ジマーに「お買いもの中毒な私!/2009」のジョン・グッドマン。 クリフトンに「クィーン/2006」「ブッシュ/2008」のジェ...
アーティスト (こんな映画見ました〜)
『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミ....
アーティスト THE ARTIST (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞受賞作は、サイレント&モノクロで話題をさらったこの映画でした。 サイレント映画のスター、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、ちょっとしたアクシデントで彼の大ファンで女優志望のペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。ペピーはエキストラか....
映画・アーティスト (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス原題 The Artist モノクロのサイレント映画ですつまらなかったらどうしよう、退屈で寝てしまったらどうしよう、と心配でしたが、そんな心配は杞憂に終わり、良い意味で大きく裏切られました 1927年ハリウッドサイレント映画の人気者、ジョ....
[洋画] さすがはオスカー、すべてがうまい。「アーティスト」 (窓の向こうに)
オスカー作品賞受賞作。ともと封切と同時に観る予定だったのだが、種々の事情でできず、ようやく一週間経って観ることができた。……堪能した。これは文句なしだろう。 題名アーティスト(原題:The Artist) 脚本・監督ミシェル・アザナヴィシウス 出演ジャン・デュジャ...
芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』 (SGA屋物語紹介所)
気がつけば約10日ぶりの更新です。はっはっは… 本日はフランス映画でモノクロサイ
アーティスト (pure\'s movie review)
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ....
「アーティスト」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
口元の付けほくろ。 サイレントからトーキーへ。 アーティスト。
映画『アーティスト』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...