知恵の輪の環
知恵の輪に興味ある人、うんちくを皆と語ろう!
 




何気なくamazon販売を検索していたら、Amazon.co.jp限定「はずるキャスト マーブル ウルトラマン」の販売が見つかったので、早速購入した。
ウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念して作られたものである。
ウルトラアマンの特徴的なシルバー&レッドのカラーリングをメタリックに表現した記念モデルである。勿論(株)ハナヤマの製作である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





はずるは「CAST MARBLE」である。通常のMARBLEは中心の球が銀色、周囲が黒色で地味であるが、ウルトラマンは中心が金色、周囲がシルバーとレッドで明るい。ウルトラマン好きには垂涎の一品である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は久々に組木を取り上げた。大きな箱に13個の組木が入っている。一般的に良く知られた組木がセットになっている。中国製である。丁寧な回答書が入っている。
パーツが軽く接着されているので、硬く組まれている。精巧で無い所をそれでカバーしているように思える。そのため、どのピースから解けるのかが見つけにくい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




組木の組み上げ方と言うか、解き方と言うか、そのポイントは、大まかに見て、次のように分けられると思う。
 1)要になっている1ピースを見つけて抜く方法。
 2)要のピースを回転して、空間を作り、ピース抜いていく方法。
 3)数ピースを順次動かして、空間を作り、ピースを抜いていく方法。
 4)対称になっているピース群を捻るなどして、2等分にして外す方法
なお、それぞれの組木に名前が書かれているが、中国語なので日本語に置き換えられないものもあり、適当に漢字を当てはめたり、勝手な名を付けたりしたのでご容赦いただきたい。
また、写真下段にピースを並べたが、出来るだけ組んでいく順に並べた。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(1)雪蓮花(中国名)
4種類のピースを花のように組んだ組木である。
解き方は2)の方法である。花弁のようなピースの中に中心が細いものがある(写真下段中央のピース)。それを見つけて90度回転すると隙間ができる。
形が美しい組木である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(2)6本組木(仮称)
最も有名な6本組木である。
解き方は1)の方法である。切り込みがない長方体のピース(写真下段右端のピース)を見つけて、抜けばバラバラになる。
外すよりも組む方が難しい組木である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(3)18本組(仮称)
長方体の両端に小さな円柱の突起が付いたピースを組み合わせた組木である。
解き方は1)の方法である。突起が片端のみのピースがある。(何故か写真のものは2ピースになっているが、誤りで、1ピースでOKである。写真下段右端のピース)それを探して、抜けばバラバラになる。
組むのは難しい、何度も手の中で崩れた。短気な人はバラバラにしない方が良いだろう。

                    (続く)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2)円形(仮称)
  3個の穴が開いた円盤に紐が結ばれている。この紐を外す知恵の輪である。
  解き方は「HEART(紐)」(「良く現れる基本の知恵の輪(その10)HEART(紐)」をご覧いただきたい。)に類似している。
  難易度は初級であろう。
  元に戻すときは初めの結び方を良く覚えておくことが肝要である。
h


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3)三角形(仮称)
  三角形の板に紐が結ばれていて、先端に小さなリングが嵌まっている。紐を解いて、リングを外す知恵の輪である。
  解き方はこれも「HEART」に類似している。前項の知恵の輪よりも複雑であるので、紐を捩らないようにすることが大事である。特に戻すときに。
  ちょっと珍しい知恵の輪である。難易度は初級と上であろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4)いったりきたり(仮称)
  この知恵の輪は「いったりきたり」である。ただビーズが3個ある。これらを自由に左右へ移動する知恵の輪である。
  有名な知恵の輪なので説明は不要であろう。解き方知っている人には容易であろうが、初めての人には難易度は上級であろう。

            (このシリーズは終わり)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ