知恵の輪の環
知恵の輪に興味ある人、うんちくを皆と語ろう!
 



新しい「はずる(HUZZLE)」の第3弾が「CAST INFINITY」が8月6日に(株)ハナヤマから発売された。
名前の通り、「無限大」の記号「∞」の形をした枠の中に2個のリングが嵌まっている。2個のリングはグルグルと左右に回転する。これをバラしたり、組んだりするパズルである。
フィンランドのパズル作家Vesa Timonen氏のデザインで、LEVELは★★★★★★。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




解き方はまず2個のリングを自由気ままに「上下」「左右」に動かし、出来る隙間からリングの形や可動する仕組みを観察すると良い。次に何がリングの外れるのを妨げているか(またはどこがリングの抜け道か)を探り、その道を辿れば良いと思う。
難度は最高難度とあるが、リングの可動は素直(単純)で、意外と簡単に解けることが有るかも知れない。幸運を!
見た目の感じはシンプルで美しい。しかし中は未知の世界が仕組まれている。優れた作品だと思う。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




No.8(*)
良く現れる基本の知恵の輪「ジンジャーブレッドマン」である。
本体下部の三角形の所に嵌まっているリングを外す知恵の輪である。
解き方等の説明は「良く現れる基本知恵の輪(その6) ジンジャーブレッドマン」をご覧いただきたい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




No.9(**)
名前は知らないが、以前「NEW「鍛冶屋の知恵の輪」『上級コース』(その4) 」で紹介したものと同じものである。
本体に嵌まった棒状のピースを外す知恵の輪である。
解き方等の説明は「NEW「鍛冶屋の知恵の輪」『上級コース』(その4)」をご覧いただきたい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




No.10(***)
箱を開封して驚いた、「これだったのか!」と。以前「馬齢亭の知恵の輪Ⅴ(その2)」で紹介した知恵の輪だ。
本体から棒状のピースを外す知恵の輪である。
解き方等の説明は「馬齢亭の知恵の輪Ⅴ(その2)」をご覧いただきたい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




No.11(***)
「RASSO」と呼ばれる良く知られた知恵の輪である。一般的には青い紐の部分が紐だったり、チェーンだったりする。紐の方が美しく、扱い易いと思う。
本体の中央に嵌まったリングを外す知恵の輪である。
以前「良く現れる基本知恵の輪(その8) RASSO」で紹介したことがある。
解き方等の説明はそちらをご覧いただきたい。

                    (続く)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 (株)ハナヤマは今まで販売していたキャストパズルシリーズを、7月より「はずる(HUZZLE)」とシリーズ名を変更し、パッケージも新しくした。そして7月16日に新作を2種発売した。その1種が「CAST DIAMOND」である。
 なお箱書きに次のメッセージが書かれている。
 『「はずる」とは、ひらめきとロジックを駆使して解く大人のパズルである。そのミッションは「はずすこと」。そして「元に戻すこと」。シンプルなだけに奥が深い。頭と手をフルに活用して、さあ、あなたもチャレンジしてみてください。』
 「CAST DIAMOND」は同じ形をした銀色と黒色のピースからなり、それを組んだり、外したりするパズルである。アメリカのパズル作家Scott Elliott氏のデザインで、LEVELは★☆☆☆☆☆。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 箱には2個のピースがバラした状態で入っている。それを組むことから始める。今までに無いスタイルだ。
 2個のピースは不思議な形をしている。しかも同じ形である。無闇にピースの間隙を合わせて嵌めようとしても嵌まらない。形からみて、「回転すれば嵌まる」と分かるが、なかなか上手くいかない。ヒントとしては同じ形の時は「対象の位置」からスタートすることだろう。
 嵌まった瞬間「なるほど!見事! 実に巧みな形を考えたものだと」感心させられた。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「CAST CAKE」も7月16日に発売された新作である。
 薄い円柱の四分の1が切り取られたケースの中に、3個のピースが収まっている。3個とも同じ形で、ケースと同じく円盤の四分の1が切り取られている。
 ケースから3個のピースを取り出したり、収めたりするパズルである。アメリカのパズル作家Bram Cohen氏のデザインで、LEVELは★★★★☆☆。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 解き方はまず収まっている3個のピースの形を調べることである。3個ともシンプルで全く同じ形である。次にピースが何により、どのように出るのを妨げているかを調べることである。
 そして3つの切れ目をどう組み合わせるかであるが。90度ずらして組み合わせると4×4×4=64通りである。これをやってみた。隙間が大きくできる組み合わせが6組あった。これがヒントになった。後は・・・・・。
 シンプルな構造なのだが、ピースを取り出せる位置を見つけるのは難しく、見事に計算されたパズルである。
 箱書きに次のように書かれているが、・・・・・。
 「どうしても外せない、戻せない方は はずるホームページへ。http//www.hanayamatoys.co.jp/puzzle/ 」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ